2019年07月27日

リクエスト関連(あーくると思った子供を持つ親さん)


私は(同一人物かわからないのですがと)取り立てて誰と言ってないんですけどね(笑
どうしてなんでしょう
ご自身で似ていると思い当たるふしがあるのかしら?
自分はこの人と同一人物では無いと頼みもしない自己紹介もされておりますが、
さて、事前に想定していた反論へ対応開始しますか(報酬15円で)…。

小島一朗→発達障害で人間関係が上手く築けずに退職、定食に就けない。岩崎隆一→いじめられっこコミュ障、トラブルメーカー、『引きこもり』だったのは紛れもない事実。青葉真司→定職に就かず、コミュ障でいじめられっこ、引きこもり。植松聖→職に就くも失敗続き(社会適応失敗)。人と上手く関係が築ける人やコミュニケーションが取れ、普通に働いてる人にはこういった犯罪を犯すなんて話は聞きません。ちなみにいちごさんとは別人物です。

■もういっかい言いますよ

俺は『刑法39条』大反対派なんですよー
子供を持つ親さんは、何故殺人事件の犯人を庇って精神鑑定の必要性を説き(犯人は精神病だと強弁し)、彼らを微罪で社会に放つことに必死なんですか?
お子さんを危険にさらすだけだと思うけど?
根本的に論理矛盾してんだろ。

それとも何ですか?
よく似た過去投稿者のように「ナチスの優生学」よろしく、精神科通院歴ある人物を問答無用でガス室送りにするなり、過去日本がやらかして政府も謝罪した「旧優生保護法(障害者に対する不妊手術)」を大々的に復活しろってお考えですか。
(※しかもその判断があなたが決めるとしたら人口の1%前後=126万8000人殺せと?←1%根拠は後述参照)
 ↑
オメーが犯罪者だろ、とっとと刑務所行けよ。
(そんな発想の親の元で育つ子供を守らなければいけないですね。児相の方「ここにカルト思想の危ない親がいますよ!」)



■個別各論でもういっかい説明しますけど(溜息出るわ、、)
あのさ、
刑務所に入っている人(=責任能力アリ=健常者)何人?
逮捕されたが精神障害を理由に罪に問えず釈放された人何人?
日本のどこかで、逮捕したがいいが精神鑑定の結果「精神障害を理由に次から次へと容疑者が釈放されております」←こんなニュースどこにある?
幻聴でもなければ、聞いた事無い筈です。

※確かに(誰の入れ知恵か知りませんが)近年精神鑑定留置は増加傾向ですが
2006年で221人、2010年で483人、
ちなみに年次は重なりませんが
H29度の公判請求人員は8万3,988人(前年比3,747人減少)
精神鑑定留置が右肩で上がってると想定して(仮に800人としましょうか)
えーと犯罪者における健常者は「公判前に精神障害を主張する容疑者の104倍」
率で言うと「公判前に精神障害を主張する容疑者は0.0096%」です

総人口における精神科等の通院者の比率を推定できるDATAはありませんが、
そうですね、
少なくとも「子供を持つ親さん」は近隣にも経験的に存在するんだという事を根拠にするから、お子さんが心配だという設問になるワケだから、
少なくともあなたの見積もりですと1%前後の感覚なのかなと思います。
しかし?
実際に「公判前に精神障害を主張する容疑者は0.0096%」
 ↑
健常者よりはるかに犯罪発生率少ないですよね。


●「マヌケなフェイクニュース垂れ流すワイドショーの見過ぎじゃないですか?」
今どきお子さんもいるいい歳した大人が情報弱者ってことも無いでしょう、
(とにかく昨今のマスメディアはアンチネット世論で、目立つ犯罪あるごとに《何故かマスメディアの人はネット世論の中心が引きこもりだとか決めつけて蔑視しており》こいつも引きこもりなんですよみたいな報道傾斜の角度がつくことが多い。)


具体例あげてますが(事件詳細に興味無い人は末尾まで読み飛ばしてください)、

新幹線事件の「小島一朗容疑者」
彼の素性は以下のような部分も存在しているのは事実
小島一朗容疑者の現在。新幹線無差別殺傷事件、本人に反省に色なし修学旅行気分。家族(父親)は他人事のよう。
https://no-tenki-e-tenki.com/3341.html
中学2年生『授業についていけない』を理由に不登校になる。
両親との折り合いもつかなくなった。両親と一緒に住んでいた一宮市を出て生活困窮者の支援施設で約5年も暮らした。
そして職業訓練校に通う事になる。施設から定時制高校に3年間通い、名古屋市内で1年間職業訓練を受けた。しかし施設での問題行動などは無く、本来4年かかる所を3年で卒業するほど高校の成績は良かった。
2015年職業訓練を終え機械修理会社に就職。施設を出て埼玉県愛媛県で働いたものの人間関係を理由に退職した。
<以降一部略>
2016年人間関係のトラブルをめぐって、離職(この期間に精神科に通いつめていた事もあった)
2017年離職によって両親ともトラブルになり、実家を出て祖母の家に泊まることになった。
2017年祖母の家でも頻繁に家出を重ねるようになり、この時期から『旅に出る』と言い残して姿をくらませることが多くなった。

独居房に収容された小島一朗容疑者はまるで修学旅行生のようだと関係者は語っているようです。
警察官にも笑みを浮かべ、反省しているようにはこれっぽっちも見えないと。
夕食出されたカレーライスを『いただきまーす』と声に出して平らげ、3食を5分〜10分で食べ終えているようです。小島一朗容疑者は警察官に対し、『畳の上で寝るの久しぶりなんですよ』などとも話しているようです。

父親は語ります。
警察には『親子の縁を切られた』など、家族への恨みつらみを話しているとか……。なんでも人のせいにする性格は、昔からまったく変わっていません…

支援施設時代や高校時代など「問題見受けられず」
彼が(人間関係含む)問題が起きているのは(施設を出て)血縁者との接点やその可能性が身近になってきてから。
犯行後も意識しているのは血縁との面会拒否などだか、
刑務官には友人に話しかけるように気さくにコミュニケーションしている。


<父親の断片的な証言から考えても>
彼の職場などでの関係悪化には(父親など)血縁関係者の投影などが関係している可能性があり(中学=思春期反抗期発現から両親との関係に問題が起きており→不登校の原因もそれかもしれない)、
逆に言えば、関係が断絶している「施設内や刑務所内」では気さくに冗談を言うなどコミュニケーションする一面を見せていることになります。

犯行時も(詳しくわかりませんが家出中?年齢的にホームレス状態という意味でしょうか)
祖母の家にいることの不満(推定ですが「親はなにやっているんだ」みたいな謎理論に発展していたのかもしれません)、

詳しく経緯知りませんし(個人的にこの事件に関心も無いので)
凄くアバウトな推測になりますが、
●「犯行動機は、親の気をひくため」ではなかろうかと思います。
(犯行も彼が狙っていたのは女性ですから、母親を投影したものかも知れません。)

つまり、エディプスコンプレックスこじらせるみたいな家族関係の影響(や投影)及ばないところでは、彼は普通に健常者として生活しているワケで、
 ↑
■■■【ここが重要なところですが】■■■
たとえば、彼は刑務所のような(血縁物語から)隔離された環境には気さくで冗談も言う人物として立派に刑務所社会に適応するパーソナリティーを持っていることです。

(※京都アニメーション事件情報はまだ断片的で未確定なところも多く、アレなのですがこの容疑者も「《下着泥棒検挙時の》刑務所はよかった」みたいな供述をしているという話もあります。)

何が言いたいって、全寮制の工務店だとかゼネコン発展途上国勤務みたいな環境の道筋があったとした場合(潜在的危険性そのまままに)スーッと見かけ社会適応した好人物として潜在化していた可能性だって十二分にあるって事です。




<てかさ、岩崎隆一容疑者については、何度これ書けばいいの?いちごさんとか名前意識されているなら、当時のログも読んでますよね?それともわかって嫌がらせで書いているのかな?>

えー、ままよでやりますか、、
川崎殺傷事件「岩崎隆一容疑者」
当時の報道には煽り記事も多く、私が気になって(重要かなと)覚えている部分が以下
子供時代の友人の話として
「彼の印象は特に覚えていないが、一緒に道で野球やって遊んでいたら(とにかくババアが怖くって)凄い剣幕でお婆さんに叱られたことをよく覚えていますよ」
週間文春からの引用
「J」の元オーナーが当時を振り返る。
「彼は麻雀が物凄く強かった。責任感も人一倍あったので、夜中から朝10時までの夜番の主任を任せていました。メンバーは自分のカネで現金打ちをするから、給料が20万円でも負けが続けばアウト(店への借金)を作ってしまうものですが、彼はいつも7、8万のカネをポケットに入れて、それだけで賄っていた。麻雀をやる人間は、ゲームの時に財布を出すと舐められるから財布を持たない。事件後の報道で、彼のポケットに現金で10万円が入っていたと聞いて『彼らしいな』と思いました」

他断片情報
岩崎容疑者は同市麻生区の民家で数十年前から伯父夫婦と共に暮らし、定職にも就いていた。近隣では「りゅうちゃん」と呼ばれており、同容疑者を昔から知る住民は「最後に会った時は髪を短くしていた。絶対、容疑者なんですか」と驚いた様子だった。
(他に10年前後は働いていないという証言もあり、この辺正確なところは不明)

相談は今年1月まで計14回に及び、市の勧めで伯母が同月、岩崎容疑者の部屋の前に手紙を置いたところ、岩崎容疑者は伯母に対し、「自分のことはちゃんとやっている。引きこもりとはなんだ」と話したという。
「親族は本人の気持ちが聞けて良かったと思っていたようです。本人なりに考えて今の生活を選び、関わりを断っていると考え、『しばらく様子を見るつもり』との連絡がありました」
そのため、市もその意向を尊重し、様子を見る判断をしたという。

●注この報道時、とにかくマスコミはこのネタをひきこもりに結び付けようと必死で(勿論ネトウヨのような奴だろうの憶測もあり)、実際彼の部屋にネット環境が無い事や雀荘で働いていたことなどが漏れ伝わるなか、なかなか報道を覆すことも難しくお茶を濁していたら、
(勘違いからそれに触発され)
 ↓
「元農水次官の子息殺人事件」が起きる

話を川崎殺傷事件に戻しますが、
勿論この事件の狙いは、自分が子供時代に移り住んだ伯父でしたか?そこの子供達は襲撃したミッション系学校に通っており、家族関係の怨恨を投影したものだろうと推定されます。

●ひとつ気になる事件の背景は
ここの祖母が、ゴッドファーザー的な強権者で、
彼の両親を強制的に離婚させ、
子供をお前らが育てろと弟夫婦に押し付けたのはこの人物のようで、
(そことミッション系スクールの進学に何か関係あるのかな?)
この辺の葛藤が爆発したのだろうと(基本の殺人動機は近親者への怨恨)、
トリガーは公的機関への相談という話しも(高齢者が家に介護ヘルパーを呼ぶ事へ反発したため)

さて、このケースも
仮に彼が祖母の横やりでは無く(仮に両親は離婚することに至ったとしても)
児相から児童養護施設で育っていたら?
(そもそもミッション系スクールとの接点は無い)
雀荘での振る舞いから見て(高いコミュニケーション求められる職場です)、
チンピラ極道として社会適応していた可能性も否定できません
(或は祖母への恨みから「オレオレ詐欺」で無頼の営業成績叩き出してたかもしれません)


■まとめると
犯行動機はいずれも「血縁者に対する怨恨」
被害が拡大した理由は「容疑者の想像力事情で無関係な人物にそれが投影されたため」
あたかも彼らが、なんとか障害であるとか、引きこもりであるなどの話はかなり尾ひれもついており(ネトウヨを敵対視するマスコミの願望捏造もあり)、事件を語る上で主要な要素とは言えない。

故に、犯行動機や責任能力に問題無し(精神鑑定留置の必要無し)
「犯人は健常者であり死刑」
 ↑
何か問題が?


あー疲れるわホント、、
(鉄板で論説するとなると、普段生活に目につく頻度《仮に1%としましょうか》、その頻度でやれ《特定カルト思想な方から》コミュ障だとか評される人格がどうして存在するかのような認識がまかり通りのか?《そして実際のところはどういう人物なのか》みたいな社会分析もやるべきなんでしょうが、流石に範囲外なので省略。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:57 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0