2019年07月19日

JASRACがメジャーレーベル系音楽の世界を終わらせるのかもしれない

確かエイベックスが離脱、
(坂本教授なんかが批判文を書いてJRC・イーライセンスとかの団体も力持つようになっている←ここにエイベックスが移籍したみたいな)

現状のJASRACの問題をわかりやすく解説しているコラムがこちら
JASRACは何と戦っているのだろうか(日経ビジネス)
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00116/00030/?P=1


このブログでも以前から海外のリアクション動画を紹介する中で、
「著作権管理で反応動画を削除申請しまくるのもどうなんだろうかと」訴えてきたつもりなんだけれど(音楽に関してはCDやDVD化されないライブ動画なんかも存在するワケで)、前述コラムに見られる
JASRACの動きにはちょっと尋常じゃないものを感じる。

話を海外のリアクション動画に戻すけれど、
思うに、著作権者サイドの考えは「それも二次創作的に(収益得ている動画なら)支払うべきものがあるだろう」って事になるのだと思うけれど、
視聴ユーザーから見れば(ましてやリアクターのキャーとかオーとかの声の入ったソースで元になる動画なり音楽なりを楽しもうって輩もいないでしょうに)、レコード会社のプロモーションで行われるTVやラジオの紹介と”違いが無い”のであり、

「そこで稼ぎを得ているだろ」って注文つけて幾らか巻き上げるって手法は
(リアクター無しにその収益は存在できないんだから)
いくらなんでも行き過ぎな気がする。

特に、音楽でも映画でもアニメでも「なにがしの解説あってこそ理解し感動がある」って要素は確かに存在しており(youtubeコメント欄なども重要な情報源になったりする)、
この辺のサイドストーリーは専門誌などの購読者しか知らない話であって、
反応動画がきっかけでファンになり、元版を購入するライトユーザーから見れば貴重なプロモーションコンテンツなんだよね。


■過去にも書いたけどさ
「JASRACは日本の大事な文化だったJAZZ喫茶をほぼ壊滅させました」
(俺が17年も通った吉祥寺のJAZZ喫茶もそれが原因で廃店したんだから、個人的にも許せないところがある。)
既に時代としてオンタイムではなかったJAZZなんてさ、
そこで初めて知る曲ばかりなんだから、
JAZZ喫茶が無ければ全く売れないレコードだって存在したワケだよ。

言うならば店主がプロモーター的に「これがいいよ」って(60年代なんかの名盤)紹介する場だったワケで、

ちょっと違うけど、youtubeの反応動画にも似たとこあんだよ。
(あーこのパートの演奏って楽器できる人が聴くと凄いんだとか、普段気が付かない感じ方に触れることもできる。)

本来そこは米国の”フェアユース”がガイドラインになってきたと思うんだけれど、
(報道におけるマスメディアの問題と同様に)エスタブリッシュメント(既得権支配層)が、自らの権益を守るために、(正体の知れない)ネット社会全体を問答無用に敵に回すような振る舞いは、
(現代的にはネット社会こそメジャーな空間だってのに)自殺行為に他ならない。
「てか、(時代の流れの中崩壊セクターサイドの判断としても)愚行でしょうよ」

●冒頭紹介のコラムと同様に
「一体何かしたいの?(何と戦っているの?)」
誰でも素朴にそう思うよね。



※サブカル繋がりになりますが、、
アニメ制作会社である『京都アニメーション』が放火され多数の死傷者が出る痛ましい事件がおきました。薄給で働くクリエイターが何の理由も無く惨殺されるこの行為は断じて許せません、
(何回も宣言しているとおり俺は「刑法39条大反対派」です)
きっとワケのわからない事を言うであろう犯人を許すワケにはいかない。←(不可能だろうけれど)心理学に知見のある検事が担当し「死刑になる前にそれがどれほど悪質な犯罪なのか理解させるべきだ」
(”明解な”犯行動機無しにこんな事件を起こすことは不可能であり、《犯行能力》=責任能力です。何やらこの事件官邸からも徹底捜査の命令が出ているようですが、更に裏があるんでしょうか?)

いずれにしても、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。





<<<<今回EDは>>>>

日本のトッド・ラングレンと呼びましょう(音楽性は違うけど)、
平沢進wikiより
「音楽業界及びJASRACの著作権管理体制については厳しく批判している反面、リスナーによる二次利用については「資本主義と相容れない音楽の性質」として黙認しており」
(勿論JASRACから脱退するためメジャーレーベルとの契約を解除している)

『【平沢進】夢の島思念公園・Full(歌詞付き)〜妄想代理人OP〜』





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:41 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0