2019年07月13日

『家族共同幻想』(”家幻想”)を考える(2)


ある意味における末端組織『家族共同幻想』(”家幻想”)ってのは、
幼児に対し乳幼児期から”社会的権威の存在”を示し、
シームレスに『家族共同幻想』から『学校共同幻想(或は保育園・幼稚園)』を繋ぎ、オンザレールに違和感無く『共同幻想』のインストールを進める機能や義務を負っているワケですよ。

「こうするんだよ、わかったわね」
(言い換えれば”わからせる”だよね)

なぜ通常は自動的にそうなるかって?
●だから結婚式は宗教的権威などを前にして誓うんだよ
「ハイル(万歳)なんとか、神(権威)に誓います」ってね
日本の場合は『共同幻想』同盟及び関係する構成員全てを呼び、その承認の元に恭順を誓う(ぶっちゃけた話になるけどその承認を得てSEXが許される→それ以外の性行動は不純ナントカや不倫などのアンチ道徳的意味の造語で呼ばれている)。

故に、現代『歩留り』層は結婚という概念の危険性を(動物的直観と申しましょうか)
なんとなく知り
「非婚・晩婚・夫婦別姓・事実婚」を探り出した。
 ↑
この『歩留り』層の潜入工作(まーオンザレールから見れば「破壊工作」だわな)、
動きというか狙いは、
『共同幻想』末端組織としての家族の概念を、
個人の思想信条の方に(社会的権威から)切り離そうってことで、


■<<<では、切り離せないとどうなるのか>>>
(いやいや昭和であれば切り離されちゃ困る話だったんだけどww)
ガチ『家族共同幻想』が(本体権威と共犯関係にある)末端組織の場合は?
機能的には使い物になりつつある「高度経済成長『共同幻想』モデル」を誰も頼んでいないのに(脱構築も行われてないしね)無理を押して子供なり構成員に強要する末端組織になりつつあって、

やっかいな事にさ、
たとえばだ(子供であるとか配偶者など)構成員から
「時代的にもうおかしいんじゃない?(或は自分自身もそう思っていたり)」などの疑問があってもオンザレールな『共同幻想』適応人格は「認知リミッター内臓(社会的権威なぜなのか?は知るべき事項では無い)」しているので、
「決してそれを説明することができない」のだよ。
 ↑
100パー疑問を持った家人と関係悪化しますよね(意思の疎通ができないんだから)←当該人物も好きでそうしているワケでも無く(自我構造上の能力的に)不可能なものだから(そこをまた悪性格的に決めつけられる始末で)、余計話が拗れるワケだよ。


これがフロイト先生活躍当時の19世紀特権階級に頻発した「メンタルリスク」そのまま
●「エディプス・コンプレックス」バリバリでどうぞ

ここが各所で書いてきた『共同幻想』崩壊過程において、自身のメンタルに問題意識を持つ個人(略して”メンタル問題”)が続出すると説明してきた理由そのままです。

でね?
「時代的にもうおかしいんじゃない?」って疑問や違和感ってさ、
ある意味間違いどころか、ナチュラルに誰でも思いつく事項だよね(とりわけネット社会になれば)
ところが、
このような状況で大立ち回りに及び、
なんだかんだ「強迫心理」を抱えることとなり(答えを求める謎が転じて何故か悪性格の被害者みたいなストーリーになっちまうしで)、

事が転じて、後々うまくいかない事が続くと
「ナントカ発達障害」とか言われちゃうワケだよ。

どうなってんのと
(メンタル問題続出するって言ってたのは多分心理学サイドだけだと思うけど)
素で考えれば高校生でも予測できる事だからね。

<つづく>



<<<<今回のED>>>>

俺の中では『BABYMETAL』ファンとして結構有名な人のライブ旅行動画
(てかスゲーいい席で観てるのねこの人)

 ↑
■ここにもシンプルな『共同幻想』が構成される図があって
コアとなる権威は『BABYMETAL』だよね
その権威を同時に複数の人が「これが凄いんだ」という事項を共有
(『BABYMETAL』のファンはメイトとかも言うらしいんだがよく知らん)
ライブ終了後、ファンたちは赤の他人同士でも(勿論顔見知りもいるんだろうけれど)”同じナントカの一員”という『共同幻想』を構成し、自我の一部を「『BABYMETAL』のファンの私(その一員)」という”共有自我”に預けるって流れだよね。

それはともかく
5:07辺りからの新曲「Shanti」これはいいよマジ
https://youtu.be/Wp0oYFkzWf4?t=308




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:15 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0