2019年07月12日

『家族共同幻想』(”家幻想”)を考える(1)

考えてみれば『共同幻想』論として心理学に及ぶ話の根幹。
(社会学的には国家論とか会社などの組織論の話なんだけど)

フロイト心理学におけるエディプス・コンプレックス論であり、
岸田心理学における『共同幻想』論の”展開場面”である。
■『家族共同幻想』(”家幻想”)
主として現代のメンタル問題に関係するのは
「産業革命以降・高度経済成長『共同幻想』モデル」となるんだが、

フロイト先生の活躍時代は「近代宗教革命『共同幻想』モデル」だったのでしょう。故に当時のフロイト先生の話に登場する症例は「おおよそ上流階級世帯だとか貴族階級などの話」であって(そら一概には言えないけどさ”プチブル階級”が主体と言って間違いじゃなだろう←少なくともこの時代の当事国は複数の植民地を所有する側だったのだから)、
同様症例を古くひも解けば王家や特権階級に見られる話となる。
メンタル問題の背景として
「生活するに困らない豊かな環境」が前提となるからだ。
 ↓
故に高度経済成長による先進国にテイクオフした国においては、
メンタル問題が全階級(国民全体)に及ぶ話となる。

■ざっくりこの辺の経済的背景を踏まえることが理解の近道で、
反面「生き死にが身近すぎるド貧乏」なる生き様がどれだでエキサイティングで「人生エンタメ論的に快感代謝が滞るなんて隙間すら存在しない」ことを示唆している。
(命賭ける殺し合いの格闘技真っ最中の野郎どもに欲求不満が発生するだろうか?ってさ、同時に少しでも受動系を見せるカモはそもそも長生きできない社会ってことにもなるから。←症例発現する前にもう命が無いワケで、、→棲み分け論的に受動系サイドも命懸けで新天地を求めて逃げる《アクティブ行動》を選択するので→環境が受動形を継続させない《そして民族遠征の神話もうまれる》。)

●話を簡略にする意味で
本論ではひとまず「メンタル問題とはプチブル病である」と定義します、
逆説的に言えば「退屈しのぎ(それが趣味や主義や使命や放蕩でも形式・様式でもサブカルでもなんでもいいのだけれど”それぞれ自分なりの面白いこと”)を文化や習俗として自力で思いつけなければ、速攻『退屈したら死ぬ病』が発動する」ってことです。
 ↑
経済学で言えば「伝統的農業・工業からの離脱(『共同幻想』の崩壊)、とりわけ第三次産業(サービス業)の拡大は、自ら需要を読んで何か面白いことの提供無しに発展の継続は望めない」←故に先進国経済の維持においては”プライバシーや個人の自由(創意工夫)”は必須となる。
 ↑
そもそも伝統経済からの離脱は(エジソンやらアインシュタインじゃないけれど)知恵の実食べた人類ヒト科が内包していた”性(サーが)”であって、いいも悪いも無い。
先進国テイクオフ以降は(わかりやすくいえば奴隷解放なんだから)
「好きに考えて行け」って社会のシフトチェンジが行われるのは人類の運命みたいなもの。

(若い人で”プチブル”ご存じないかもなので→”プチブル”って「小ブルジョア」って意味。ブルジョア《資本家特権階級》気取りの小市民みたいな?フランス革命以降に貴族の真似事のようにレストランで料理食べたり、ペットを飼ってみたりと一気にブルジョア趣味が大衆化するんだが、そんな様から始まった言葉かな。)


<さて、一度ネジ巻くけれど『共同幻想』論の原理原則的に>
■『家族共同幻想』には「必ず何らかの特権意識や階級意識」が入り込んできます。
何故なのか?
 ↓
(現在の生存状況それ自体が何らかの権利抜きに説明できない豊かさとの接点を持つため←自然界の法則じゃ本来生きるか死ぬかの生存競争しているのが本来の姿の筈だからね。)
民族で言えば「だから我民族は神に選ばれし民なのだ(神話)」とか、
所謂支配層を形成する”何らかの階級的優越とその承認”が自分の生存に決定的影響があると”思えてしまう”(哺乳類としてこんなにも特権階級なんだから)。
 ↑
ここかなりの方が意味わからないと思うので長めに補足します

●たとえば、腰のガンベルトに銃を下げている。
銃の腕前が下手なら「残念でした」って社会だとする。
この場合、自らの生存状況は「全て自分の銃の腕前に頼るものだ」となりますね。
誰かに承認されたり、おべっか使ってさ気に入られようとする必要は全く無い。
 ↑↓
●たとえば、屋外には蛮族がいて一歩でも許可なく屋外に出れば殺戮されるとする。
この場合、屋内のルールなり居住権は優越的特権になります。
逆に言えば何?屋内のルールに違反したり(道徳違反)、屋内権威ピラミッド社会から承認されない場合、死を意味しますね。
「当該権威に対する道徳的恭順や自らの承認に依存する心理」が自動形成される。

(※何度も言いますがだから米国NRAは(全米ライフル協会)、市民が武装することを推奨するんですよ。全員リバータリアンとは言わないが、生存権を自らの銃で保持してこその民主主義であると。)
(※或は国民皆兵徴兵制の政治的意味ともされる。)
(※そして事象の認定に道徳的判断持ち込むことがもうヤバいって話の根拠もここね)


豊かな先進国に生まれ、のうのうと平和な生活を享受していることは自然界で言えばトンデモの特権階級なワケですよ。
(自ら殺戮の記憶も無いのにこの安全)「生きてる実感がないじゃないか〜」級の
逆に言えば、無意識に動物的に体感されるこの特権は何に依っているのか?
感じないワケいかないのだよ。
 ↓
●我が家は立派なホニャララの構成員として認められているからこうやって豊かな暮らしがあるんだね(命懸けで自分の命を守るために奔走しなくてもいい←護身用の銃が必要無いとかありエネーどんだけ平和特権階級なんだよ)。
わかんだよサルの本能でも「この縄張りはズゲー」って(万能感とまで言わないが)、
 ↓
そして、幼児期躾などの場面において、
「なんとかじゃないと、大変なことになるんだよ!」
(暗示してますよね、てか無意識に動物的にそれは死を意味すること体感します)
「ははーなんとか様〜」
 ↓↓↓
『家族共同幻想』には「必ず何らかの特権意識や階級意識」が入り込んできます。

(その逆に甘やかし放題のガキは?)
「オマエもなんとかしろ!」みたいなさ、
どこで覚えたのか知らないが、暴君気取りの振る舞いを始めます。
(教育も受ける前なのに、権威とは権力とは何かを体感的に・直感的に知っている)

あえて言おう「ネコでもわかる既得権」
(逆に言えば「それを取りそこなったかのように受け取る場合の恨みつらみ《賠償イメージ》がひでー事になる遠因でもある。」←実際はアンタが凄いんじゃなくて人類が凄いんだけどさ、サル《幼児》には即座にそこまでわからないんだわ、)


そらさ、全部が全部じゃないけれど、
●少なからずそんな生存環境が示す”イメージ”ってのが、脳内世界観のモデルとなる。
(※幼児が幼少期の頃から詩的判断力を偶然持っているとかさ、宗教的アイデアを自ら発明するみたいな素養があれば、何が違う方向のトンデモにもなるだろうけども←よっぽど例外的個体の話でしょ)

=自動的に
・親は存在それ自体が幼児に”権威者としての認知”を刷り込む
・幼児は望む望まざる関わらず、無意識に動物的直観的にも「親の権威に依存する」
・その環境が構成員全員に「特権階級的権利の存在」を匂わせる
(=そこからの離脱がどれほど大損失となるのか的脅しも自動成立)
・幼児・子供はそれぞれの反抗期に(自立的能力覚醒期)、脳内イメージのアップデートを行う
・広い意味で(権威ピラミッドの本体)本来の権威である政治権力は、オンザレールに構成員が「権威への依存を自動的に権力への恭順」に切り替えることを理想形としており(都合のいい労働者階級への進化)、経済学的にも「まーまーwinwinの合理性枠内の話」となる。
 ↓↓↓↓
■いやいや確かに、民族や国家レベルで言えばさ(ギリシャ文明のスパルタじゃないけど)
(権威社会が集団心理を利用してアレするのも)そうかもしれないが

(ま、『家族共同幻想』とはそんな末端組織であると同時に、幼児子供階級にとっては支配的な砦でもあるってことなんだわ。)


<つづく>



<<<<今回のED>>>>

前回のミュージカル繋がりで
『The WIZ 』より(オズの魔法使い)Diana Ross Home (1978)

(Diana Rossっていえば、マイケル・ジャクソンのエンタメ界における親代わりみたいな人だけど、まーいい声しているよねホント惚れ惚れする。てか何故か泣けてくる…)

ある意味さ『共同幻想』世界だって無意識にわかってんの
こういう芸術のメインイベントは”ソロ”だよね、
(勿論前回のミュージカル『ヘアー』やゴスペルみたいに合唱だから派生する疑似的一体感ってのもあるけどさ、奥深い個人的心情の表現って言えば「やはり”ソロ”パート」でしょう。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 21:22 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0