2007年07月04日

システム論

再三心理学をテーマにした話で登場する『共同幻想』って言葉だけれども、これを心理的な切り口じゃなくて文明化社会におけるシステムとして考えてみよう。
どうも心理学的な話だけだと、心理学の性質上概念のあり方が個人ベースに偏りがちでどうにも社会学的な社会適応的発想との関連を認識しにくいからだ。
実際の話個人心理学の水平で集団心理の枠を論じていても、「仮想敵国の心理的な意味合い」てーな枠から出る事は多くないので、『共同幻想』をベースに派生する集団心理や社会心理ってな存在の構造それ自体が説明する事に無理がある。

卵が先かニワトリかって話に限りなく近いんだけれども、これシステム論で考えればモデル自体は実にシンプルだ。
社会を構成する個を想定するためには、仮想上の普遍的自意識を各々の個に定義しなければ共通意識としての合理性が担保できないのでその集団を社会とは呼べない。
かといって、個々人に無秩序に仮想上の普遍的自意識を定義しても各人の考える集団的秩序という概念がてんでバラバラならそこには”法”というような外部的な概念をガチではめ込まないと機能しないし、その準備段階としての”教育”というシステムによってそれを実証する必要もある。
ところが、仮想上の普遍的意識って奴の容量は逆算する事も出来ないし、話の発端である個々人の自我の発想その全体を拘束する概念は存在しないのだから、機能的なシステムとしてこれを完成させるためには随分と哲学的に広がった普遍的価値体系でこれを拘束する方が機能的であるには違いない。
たとえば”バイブル”や”コーラン”、
しかしダイレクトにその著者に書かれた意味を問う事のできないロジックは、常に解釈の予知を残し結果として普遍性そのものを担保できないので、確かに民族性であったり地域文化の醸成に一役買う事は間違い無いのだけれども、それが完全な社会モデルの構造に寄与するのかって言えば「何とも言えない」のが本音、

近代以前の血縁社会で言えば、その普遍性を非個人的血族の常識的なくくりで自我の自由度を拘束してその共同幻想の収まりを担保する事も可能だったけれども、この場合には地域性や伝統といったもので、そもそも各血族の普遍的価値意識を擦り合わせしない事には、いけないのであって個々人レベルでは安定しても、社会としては至極不安定でもある(アフリカでは氏族間の戦争が今でも続いている)。

近代社会ではこれを民主主義による「改正を延々に継続する法」という概念で構成する事になるのだかれども、いかんせん運営に時間のかかる民主主義社会では、外部化された価値体系を構成する事はできないしそれは超越的にも上部構造的にもなり得ない。
むしろ「改正を延々に継続する」という民主主義における最も重要な部分が、法案の普遍性を逆に毀損してしまうから、その外部的価値体系は常に暫時的だし刹那なものでしかない事になる。
近代以降の共同幻想の不安定化は、そんな社会の流れに応じて流動化し曖昧化するのだけれども、結果として「個々人の自由度の拡大」をそのバータとして獲得する。
回答は実にシンプルな物で、共同幻想の不安定化による個々人の人格モデルの不安定化も実体として個々人の独立する価値体系によって代行されて→民主主義の発展とパラレルに関係するってストーリーになっている、
なっているんだが、

個人心理学的な意味から考えれば「超自我的な共同体意識を代弁する仮想上の普遍的価値体系」なるものは「全く個人的価値体系を認識する自意識と分野が違う」のであって、『家族意識』なる仮想上の普遍性を各世帯が意図的に緩めて合意的(民主主義的)な緩やかな集団として再定義されないと、そもそもの「個人的価値体系を認識する自意識の自由度が少な過ぎて、主の無い共同幻想が反動形成の都合のいい受け皿になる」という危険性を構造的に持っているので、

話の始まり、
「言い出しっぺの社会そのものが、このミスリードを予見してくれよ」と思うんだが、なんせ社会なるものには当事者を特定する要素が無いので、経験的に発生する問題の蓄積の後に総体が後追いで変質するってな、えらい長期間のタイムラグを生む。
結果的に個々人の共同幻想(これは常に仮想的なものなので)は、その暴走を止める要素を本来もっていないので(ある意味共同幻想の鏡像である超自我が自意識の暴走を止める要素)、社会を構成するための個人的な仮想上の普遍的価値意識が、各個々人の個人的自意識に干渉して自我が矛盾を構造的に織り込むてな、やっかいな問題を派生している。

そもそもここをシステム論的に言うなら、実際運用されているシステムってのは随分と瑣末な”現場対応”な小社会で機能すればいいいのだし、これが又そのシステムの意図している総体ってのは近代以降「仕事だけ」に矮小化しているので(衣食住から戦争まで全ての合意をまとめないと集落が絶滅するような環境は現代社会にほとんど存在しない)、現代社会のテーマは何かって言えば『仮想上の普遍的意図をいかに解体するのか』にかかっていると言い換えてもいい。
即ち民主主義の本旨にも関わる試行錯誤の個人的思考が自由にできるって素性が必要なんだが、共同幻想的強迫(脅迫)下にある精神的な問題の大半が「居場所と称して社会適応を希求する事が大半である」のはどうしてなのか?

これは共同幻想そのものの始まりに起因していると言ってもいい。
集団で暮らすことを本能とするサルの末裔である人類にとって、幼児が成長する環境が集団化せざるを得ないのは普遍的な素養だし、
生物は集団そのものにストレスを感じるのだから、この集団化によるストレスをなんらかの方法で緩和しなくてはいけない(サルで言えば毛づくろいや擬似性交、オスのサル狩り=祭り)。そこで生まれるのがコミュニケーションという処方や、ヒエラルキーなんかの階層構造で、これが社会や自我の母体となっている事には違いが無い。
コミュニケーションを爆発的に発展させた直立歩行がここで関わる。
それこそ神学的に神が関与したなんて発想するなら類人猿複数タイプを直立歩行させたところで(人類以外の直立歩行タイプはおそらく人類により絶滅)、直立歩行による姿勢変化で人類は前頭葉の肥大化と発声能力を手にした。
(言葉だけならボノボでも理解するしキーボードを使えばボノボは会話能力もある)

単一の名詞的言語が意図する理が”ロゴス”としての普遍(動物的言語)だとするなら、コミュニケーションのために発達した論理としての”ロジック”は文法の獲得と共に高度に発達し、独立して意志を代弁する鏡(或いはデスクトップ)として成立する事で、対比される生物としての欲求の総体を無意識化(自意識が代弁する事で結果的に)した。当事者としての自意識の台頭と言ってもいいのだけれど、

ここで話がぐるーっと1周する。
◎「主の無い共同幻想が反動形成の都合のいい受け皿になる」という危険性を構造的に持っている
この部分だ。
つまり共同幻想のデフォルメによる肥大と無意識化を原因とする神経症的不安感ってものは、反射的に「居場所」という暗韻を踏む事で、その共同幻想の”主”を求める事で不安感の原因とも言える共同幻想の安定化を希求しているとも言えて、
本来であるなら、自意識による共同幻想のサルベージが求められる現実と、深層心理の欲求は完全に180度逆さまになっている。
この矛盾こそ、精神的な悩みからの脱却を難しくさせていると原因だと考えるべきだろう。
posted by kagewari at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0