2018年12月13日

なんだか問い合わせ窓口に規定外メール着信があり(しかも返信するとエラーとか)

勿論送信されたアカウントをこちらも着信拒否設定の処理を行ったワケだが、
あまりにも的外れで意図不明な内容を前に、
てかさ、返信1時間かけて書いた後、
(本来心理学的見解を含む返信は有料なのでそれを書く俺も俺なのだが)
 ↓
Subject: failure notice
From: MAILER-DAEMON
does not exist
送信不達エラーメッセージにブチ切れない方が無理って話だよね(笑
悪いけど

プライバシーに配慮するため、
メールの文面をそのまま引用することはしませんが、
書いた原稿が勿体ないでしょ(俺の1時間を返せと)

返信としてかいた文面の一部を編集して今回記事とするため加筆してみたよと、
(俺もただじゃ転ばないから)

■えーいただいたメールの論旨をまとめると
「言わせていただきます」
・私は結婚もしていて幸福だ『共同幻想』は正しい
・”ぼっち”と呼ばれる階層はそうできないだけの哀れな人達だ
・知人に『共同幻想』適応でも依存では無く単独行動する人もいる
・私の知人はリア充です<返信は不要>

 ↑
だいたいこんな感じ

「ふ ざ け と ん の か」と(笑
「喧嘩売っとんのか」「そして返信不達とか意味わからない」



<<<以降送信できなかったww返信本文の一部と加筆された補足>>>
このアカウントは有料メール問い合わせであり、
個人的なやりとりや感想を一方的に送信するものでもありません
規定違反としてアカウントは着信拒否とします

それからですね、
<ここから本題:メール文面は口語調となっております>
ご自身の発言、全く無責任なものですよ(お気づきで無いと思うので説明しますが)
あなたが何をどう考え思おうと自由です(言論の自由)、
ただ、その学術的論旨や根拠希薄なまま(このサイトで御法度の知人がどうしただの自分はこう感じたなどの主観で)、
子供の素朴な感想文じゃないのですから、『共同幻想』に対し強迫的プレッシャーや抑圧や依存性に起因する(臨床業界においてはやれ症例だ病名だのの認定もされる)メンタル問題の解決を意図したテキストなどに、
(コメント投稿規制が行われているサイトにおいて許可無く)
読者を強迫的思考に追い込むような(『共同幻想』を有意な論旨もなく肯定する)『煽り書込み』をされてですね、


一体どれだけの読者がそれで不安から状況悪化するとか思いもしないのですか?
(実際読者から「怒りに震えた」的なのが私の耳に入ってるから、マジな話)

リア充的にも常識だからわかっていると思うけど、ブログのコメント○は管理人へのDMじゃないからね?読者全体に向けての投げかけであり、言い換えれば演説みたいな一面もあるのだからさ。


■私の論説はフロイトに始まる学術的(及び私の心理学以前も含めれば40年近くの)経験と研究から論証されたテキストであり、
私の主観や感想では あ り ま せ ん

一体どのような(その論旨を論理的に証明可能な)学術的根拠でおっしゃっているのかわかりませんが、
(少なくともそれは米国のルビオやペンスなどの宗教保守派の意見とほぼ同じですから、宗教保守派論壇を名乗って語るならまだしも、自らの所属する階層をリア充だと名乗り一方的に語るってのは言語道断でしょうが。←やれチェスタートンがどうだの言うつもりありませんが、個人的に政治信条保守系なので彼らの言わんとする論旨や根拠も理解しているつもりです。であるなら自らの政治思想なりを名乗れっての、)

<まず確定事項とも言うべき部分を列挙しますが>
■家族幻想含む『共同幻想』は、原始以来の人類ヒト科のデフォルトの本能的帰結では”ありません”
●また、文化伝統という意味でも”違います”
●特に封建時代や(欧米で言えば伝統宗教の教会権力が強かった時期に)社会を権力が管理する都合上便利な制度として導入され、普及されたものです(近代以降の経済力も制度維持に必要なため経済学的な裏付けも必要な論議である)。

人為的に”思いついた統治手法のひとつ”です。
(しかも封建制度や近代教会権力などにとって都合のいい制度になっている)
(てか一夫多妻のイスラム圏ではもうNGじゃねーかよ)

■わ た し は 
結 婚 や 子供を産んでみたり 誰かの親を義理の親と認識しようが自由だと言ってるんです。
(そもそも『共同幻想』崩壊時代は、『単独者』の時代とも呼べますが、このブログで再三説明しているように、そこには「確信犯的『共同幻想』再選択者」の社会も併存するワケで、)
それをあたかも道徳的なんとやらのように周囲に押し付けたり(自分の所属する階層がリア充だと誇示したり)、違う意見を言う人や階層を(ぼっちだかなんだか知りませんが)侮蔑的に表現したり、『共同幻想』的な煽りを同調圧力に利用するのは大間違いだと言ってるんです。
あ た か も 「社会適応の条件」であるかのようにね。
できない奴は落伍者でダメで哀れな奴だと無意識にに侮蔑することをヤメロと言ってるんです。
(んなもんトンデモのレイシズムだろーがよ)

あ の で す ね
極論すれば、江戸時代の将軍家や天皇陛下の伝統、
本来のその姿は一夫一婦制の家族共同幻想家族世帯 で し た か!!!
(違うだろーが)

■とーぜんの如く、それが支配サイドに都合のいい制度と気が付いた民衆は革命に及びます
そ れ が フランス革命 で す
(ギロチンで有名なフランス革命を私は肯定しているんじゃありませんよ。社会学的な変遷の歴史として重要視しているんです。)
ですから、現代でもフランスは恋愛の自由や(大統領も事実婚で婚姻届を出さなかったりする)、政府首脳に愛人がいて私生児がいても「誰も一切批判しません」。
フランスの出産における過半数は「戸籍上はシングルマザー」です。

そのフランス革命の人権宣言を憲法としている米国は?
(保守派の反動ありつつも)特定宗教の戒律を背景とする論説を公的メディアなどで発言することがPC(ポリティカル・コレクトネス)で自主規制・事実上禁止されています(勿論それはやり過ぎでリベラル主義の暴走ですが)。
この米国において60年代にウーマンリブや、フェミニズムの運動がどれだけ血を流してきたのか?
(勿論その論旨は『家族共同幻想』など”近代のでっちあげ”制度に過ぎないです)

●あ の で す ね
あなたの言うように古式ゆかしき『共同幻想』をあたかも正義であるかのように肯定するのであれば、
60年代にあった女性解放運動も「間違った発想(あわれなボッチの考え)」となります。

で、え?何ですか?
例えば「朝○半島における」
あまりに強い封建制度で○権が強すぎ、
処女の嫁を父親が先に○す「試し腹」という文化伝統がありますが、
それも正しいのかよ?
 ↑
こういう悪癖をだ、誰がただしてきたと思っているの?
(彼らを左翼と批判するか否かはともかくだ)
フランス革命に始まり60年代荒れ狂った人権活動の成果じゃネーかよ。

あのさ、
随分幸福な結婚生活されているのかもしれませんが、
その(穏便で世俗主義的保守制度の設立や)生活に関わる法整備に汗流してきたのは、(家族共同幻想を似非だと理解していた)政治活動の屍の上に成立しているのわかって言ってます?

なんですか?サルトルやボーボワールは「哀れなボッチでそんな話聞く気にもなれない?」
(左翼的だという批判は認めるが)
はーーーたいした思想家なんですね。

■プラトンに始まる「常識を疑え」って視点のためには、
自らの思考を組織や群れや社会や文化や伝統に依存していたら不可能なの。
中立的立場、
客観的思考ってどういうことよ?

何かの制度をやみくもに(私は幸せだと思いますだの主観を根拠に)肯定し、その論旨も語らず、
客観的視線(第三者だなんだから『単独(ソロ)』のスタンス以外何があるよ)、
それを「愚かで哀れなボッチ」と断じるあなたの言説は無責任だし断じて認められない。
つかよ、
それを『妄信』や『思想的依存』以外のどんな言葉で説明しればいんだい?

※更に補足すると日本の仏教はぶっちゃけ正当な仏教じゃありません(インドの本家じゃ御大層な墓参りや仏壇なんて習慣も教義も無く←日本でやってんのは古来からのシャーマニズムや中国儒教の影響だから)。←この段階で先祖信仰含む日本の家族制度は”なんちゃって”だとか”極めてご当地事情”に応じて発展してきたローカル限定的なものでそこに宗教的普遍性とか”無い”からね。

※また皇族の皇位継承でいつも話題になるけれども、一夫一婦制だと生物学的に・数学的に必ずどこかでお家断絶します(後継者不足で)。故に武士が闊歩した時代や古くは将軍家や宮家では事実上の一夫多妻を「家族制度を保守するために」必要とした。
つまり一夫一婦制を保持する=予め家族共同幻想崩壊フラグなワケでさ、、
一夫一婦制の信奉者は「自らお家を潰します」と宣言しているのも同義。
(つーか権力者を脅かすような貴族階級的名家の登場を防ぐための一夫一婦制って側面もあるでしょうよ)

※つまりその永続性を担保する(一族の繁栄を担う)責任当事者意識も無く、当面数世代の再生産を目にして「なんだか伝統保守の担い手であるかのような幻想」に酔うってことであったりだ、
極めて残念な事だけれど、(高齢の不妊治療は障害児可能性が急速に高まるのに)無理な不妊治療をその自己満足でしかない事情でやらかしてみたり、
現行制度や慣習そのものが(本来の保守思想から見ても)無数の論理矛盾を抱えている。

●こういう表現は保守系論壇怒るの承知で言うけれどもだね、
現状のなんちゃって「家族(一族)共同幻想」ってのは、その実態として左翼運動に見られるコンミューン(共同体)的な依存関係によく似ているワケです。
冷徹に見れば「それが現代保守思想と言えるの?」という状況なワケ
どっから見ても現代家族社会”核家族”のコアは「赤の他人の夫婦関係」だからね。
(少子高齢化時代の核家族って状況それ自体『共同幻想』保守派から言わせれば堕落しきっている姿だし)
米国宗教右派あたりの確信犯的主張はもっと腰の入ったものだぜ?

上記つらつら書いてきたことをだ、
あたかも普遍的常識であるとか良識であるかのように”私はリア充上から目線”で豪語されてもだ、
自信満々に語るなら批判に耐え得る根拠を書けよ。
(「私の知人は幸せそうです」みたいなのは勘弁してくれ、、、←それ何の根拠にもならないから。つかこのサイトでは「知人の話」は《あまりにも論証として無意味なので》御法度です。)


<話は戻るけれど>
コメント○書○みには、全て根拠を提示し全否定しました(根拠として書かれた内容はボロボロで、ほとんど噂やデマの類でしたねと)。
全事項に鉄板の根拠を述べてます。
(そこで全否定の論証された件に関しては華麗にスルーしておいてww)
挙句の果てに何が目的なのか知りませんけどね、
●ぼっちが哀れだの、
●『共同幻想』適応人格が単独行動しているだの(だったら『共同幻想』に対する批判意見があるだろ←どこにいけば聴けるのかね。←常識を疑え=第三者的立場とは全方位に公平な批判的視点をもつことなんだが)、
●腹いせなのか知りませんが、
こういうさ「規定を無視する社会的リソースの私物化」
(いったいどれだれ傲慢なのか知りませんけど)、
そういう行為からしてNGでしょうに←あんたの大好きなリア充『共同幻想』的非常識だろうーが!
自分のやらかしていることを認識できていない状況こそ問題じゃないのかね(リア充名乗るなら)。


●私は個人的には保守系なので
書こうと思えばなんぼでも保守的論説も書けますよ?
「『共同幻想』適応選択の諸君に告ぐ」的原稿ナンボでも書けます。
(実際メルケルやマクロンなど大嫌いですしトランプ大統領応援してます。)

しかし、
このブログは心理学・精神分析サイトであり、向こう側には「自らのメンタルに問題意識をもっている自我」があるわけ、
(ここは心理学の相談サイトなんですよ?保守論檄文とか書いて何か意味ある?)
フロイトのエディプスコンプエックス論ぐらい(リア充なら常識なので)ご存じだと思いますが、
この症例なり症状ってのは「何らかの事情」で、
『家族共同幻想』などの権威認知が過剰化(乃至相対的に誇大化)しており、いわれの無い強迫的(脅迫的)圧力を無意識に形成し自我の自発的思考そのものを『抑圧』する事で発生します。
(基本構造は同じで、それぞれ症状に応じて強迫サイドの手口や手法は変わってきますが)

●なたたがコメント欄でやらかしたのは
 ↓
言い換えるならば、戦争後遺症のPTSDの患者に、
「お前は弱虫の落伍者だ」と軍歌を聴かせ
「ぼっちは哀れだ、早く部隊復帰しれ」
だとか、
過労死寸前のパワハラ職場鬱の患者に
「怠け者で無断な人生を生きている、ちゃんと働け」
「社会できちんとは働いている私こそ幸福なのです」
 ↑
こういう言説を平然とやらかしてるのと同じワケ
(関心は自分のことばかりで、それが彼らの耳にどう聞こえるのか考えもせず)、
私が鉄板で論証したように、
(こちとら慌てて閲覧者に悪影響が及ばないように即レス状態で反論原稿仕上げることを余儀なくされてんだぜ?←一時的に削除しても違う意味に解釈されるリスクもあるからね。)
そして、話しの内容はこれがまた誤りやデマばかりときてる。



どうすんのよこれ?<伏字引用>
>私も○○いい歳○○です

いい歳してんなら
(これまでその上位階級”リア充”とやらの社会で何を学んできたのかね)
最低限自己責任担保できる考えを持ちなさい
(こんな知人がいます論だけは勘弁してくれ全く意味無いから)
自分の発言に責任持てる論旨や思考のプロセスってものを学びなさいよ
それができないなら、
(迷惑でしかないから)偉そうに平場のコメント○に意味不明な言説を語るなよ。

以上、
(冒頭記載のとおりこのアカウントは着信拒否とします)

<ここまで>


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
<オマケ>
前回は「平成の名曲」でしたから、
今回は趣向を変えて、過去にも紹介した「昭和の名曲」
中央線の英雄『筋肉少女帯』「踊るダメ人間」で閉めましょう
(限界超える大音量でどうぞ)



それから『BAND MAID』の(MUCCのカバー)ハニーもあったのではっときます
(興味ある方は続けて大音量でどうぞ)





posted by kagewari at 10:16 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0