2018年06月28日

退屈だと死ぬ病

男は退屈より電気ショックを選ぶ:研究結果
https://wired.jp/2014/07/07/men-would-rather-give-themselves-electric-shocks/
<一部抜粋>
ひとりで何もせずにじっとしているくらいなら、自分に電気ショックを与えるほうを選ぶ傾向があることが、最新研究で明らかになった。

ハーヴァード大学とヴァージニア大学のチームが『Science』誌に掲載した研究では、200人あまりを対象に、11のさまざまな実験が行われたが、基本的にはすべての実験が、何もない部屋で、何もせずに6〜15分間過ごさせるという単純な方法で行われた。

その後被験者は、「希望する場合はさきほどの電気ショックを使ってもよい」と告げられてから15分間ひとりで何もない部屋に入れられた。すると、男性被験者の67%(18名中12名)が、ひとりで過ごす退屈さを避けるために、最低1回の電気ショックを自らに与えた。また女性被験者も、1/4(24名中6名)が自らに電気ショックを施した(平均は1.47回。なお、中には15分間に190回もの電気ショックを与えた男性被験者も1名いたが、この被験者のデータは平均から除外されている)。

■心理学がよく取り扱う「欲求不満(退屈)」を甘く見ちゃいかんってことと
●「快でも不快でも脳にとって『興奮』を伴えば全部快感代謝分類」→『快感原則』そのまんま

重要なポイントは欲求不満が累積すると(しかも15分ほどの水準で)、
不快でも構わないので(快感とそれほど違いの無い優先準で)『興奮』による快感代謝が優先されるって事で、
(※何故人は「疲れた疲れた」言いながら毎日毎日仕事をしたがるのかも簡単に説明できますね)
強く、恒久的な不快感を訴える事例においても、獲得されている代償満足的な二次的利得をしっかり説明しないといかんっちゅうことです。
 ↑↓
不安や不快感が恒常化している背景に「脳がそれでもいいやと望んでいる」つーことと、
■ゴリゴリ私利私欲で自我を動かす能動性が欠けるのならば、速攻パッシブで不安ネタを思いつこうとしたり不快感に及ぶ行為を(その可能性が軽微でも)訴えてみたり、本当に強い不快感に陥り(高い興奮レベルの獲得に成功した場合→それは脳にとって成功体験となり)、半ばそこに依存する形で(脳と脳内物質の関係で言えば半ば薬物中毒的側面も加味され)不安や不快感が著しく反復再現されかねない。


逆に言えば、
ゴリゴリ私利私欲で(自らの幸福追求を)『自意識』がなんら中とする事無く自我を動かす、主体的能動的欲求が「どんだけ大事な自然な振る舞い」であり、
『自意識』の抑圧は「どれだけ(快感原則で)トンデモな不快や不安を呼び寄せるのか」と言う事です。
 ↑
●更に重要なポイントは
『抑圧』の始まりは些細なキッカケでも、そこに起因する「欲求不満」により(反動形成によりエスカレートする不快興奮や不安煽りが派生し)、現実や環境実体を超えるコンプレックスの形成や、あられもない認知の偏向(事実認定錯誤)が後日談的に派生する可能性を予見しており、
(※ひょっとすると米国で過去に”噂”として語られていた、幼児への性的虐待の申告件数が”多すぎる”件の背景事情となっている可能性もあります。←あくまでも可能性ですが。)

だとするならば、
精神分析の過程における「過去の事実認定検証と分析」において、
当事者により全く素直に語られる内容や証言そのものに「反動形成」や「後日談的に発生した脳による煽り」が関与している”可能性”にも留意しなければなりません。
注意する点として
『自意識』に対する『抑圧』がかかっていなかった場合の”読み”
 ↓
●一般的には「のっぴきならない事情から『抑圧』がガッチリかかった」想定から「その発端を分析」するのですが、エピソード記憶の後半部分などに後日談的なバイアスが既にかかっている可能性もあり得る。←この点は当事者には全く自覚が無いため、分析する側で留意しなければわからない。

事実、ナルチシズムなどの局面において、
雪だるまが転がるように話がどんどんあっちの方にいくって有るじゃないですか。
辛いもの好きな人の行動にたとえれば「求める辛さがどんどんエスカレートしていく」ような。
(ここが、不快興奮などのレベルが同水準に保てない場合、脳は”退屈”しますから。話の筋読みからして更に盛った方向に転じる事になります。)

なんていうか経済や経営で言えば「財務における不良債権の構造」のような、
(鬱症状における状況の深刻化プロセスにも関係している話かもしれない。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄を閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで記事のコメント欄が承認制になっていたりするケースもありますが(或いは昔の記事など)、現在の運営方針は「コメント欄閉鎖」です。仮に投稿があっても内容に関わらずもれなくことごとく削除となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:03 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0