2017年11月20日

『共同幻想』論 「空気を読む」とか(2)

前回に引き続き、今回は「社会性のズレ」についての話です。
社会性って何の事?っていいますと、
社会学上の代表的分類
『ゲマインシャフト(Gemeinschaft)』血縁や地縁社会
『ゲゼルシャフト(Gesellschaft)』近代以降の会社などの利害関係社会
経済学もからめていくと、
社会解約説やら宗教革命からフランス革命まで含めての、伝統権威と権力が一致していた封建社会から民主主義(世俗主義)社会への変遷という位置づけになります。

更にこの先があるとするなら「権威性崩壊(ヒエラルキー構造崩壊)による(国民が皆一家言語る)クラウド社会(民主主義も本格機能)」みたいなものになるでしょう。
言わずと知れた『単独者』が多数派になることで形成される高度先進国社会を意味してます。

上記はいずれも歴史的変遷の中、
■「近現代にかけて後者の社会にシフトしてますよ」って話なのですが、
これって、個人自我心理学にとって、子供時代から大人時代への変遷でそのまんま(世界の歴史と同じ流れで)辿る道筋も同じなのです。

さて、前回解説にあるように、
●メンタル問題における「強迫心理」の元ネタは子供時代のデフォルメされた『共同幻想』です。
即ち、現代社会における利害関係社会において、「強迫心理」とは封建社会的認知な『共同幻想』を継続するかのようなことになります。
例として適当じゃありませんが、現代サラリーマン社会に唐突に戦国時代の武士が登場するような”乖離”です。
(読む空気の時代が違うみたいなズレが発生します)
 ↓
子供時代のデフォルメされた『共同幻想』は、権威者の偉さ感が凄く大きなイメージですし(この世に殿様や我が王家が存在しているかのような)、お家の(家族ネタで)一大事ともなれば切腹しようかって高まり(興奮)を見せたり、権威や道徳や礼節じゃないですが立ち振る舞いに関わるナントカに非常に敏感であったり(言葉使いをキッカケに想定外な興奮に至るケースも多い)、
立派な”何々”に成人しなければもう生きている意味が無い(家督相続の資格が無い)ってな勢いで自身を強迫してしまったり、所謂症状として知られる過大な興奮を伴う不快や不安の背景構造であったりもするのです。

■見方を変えてみます
古代や中世に詳しい統計は残っていないので、ざっくり現代社会における発展途上国と先進国の分類なども参考に考えた場合、
メンタル問題は古い時代なら「皇帝病」、中世なら「貴族階級」などに限って発生するもので(権威性や家族制度などがガチでハマるケースは同階級にしか存在しなかったため)、更に『共同幻想』の神聖化も強力なので、庶民階級においては1家庭の上に強烈な上部構造が存在する事も明白で(自分の親は非常に末端の管理職に過ぎないなど親子におかる上下関係の距離も近い)、
通常庶民階級には「メンタル問題」は発生しません。
 ↓
メンタル問題が庶民階級に波及し出すのはフランス革命以降の話で
(ニーチェがそれに怒ったじゃないですが、フランス革命後庶民は貴族階級の暮らしを模倣し貴族の文化が広く普及していく、)
封建社会のような強大な権威上部構造が崩壊すると、小さなお山の大将じゃないですが(事実高度経済成長期のサラリーマン社会のマイホームの夢は「一国(一石)一城の主」のキャッチコピーで呼ばれた)、国家単位でピラミッド型に構成されていた『共同幻想』は、議会制度などのリンクは残しつつも崩壊し(軍国主義などの反動時代も経つつ)、民主化されます。
 ↓
民主化ってのは、結果としてその過渡期のおいて「王様役や神官や巫女も家庭内民間ベースでお好きにどうぞ」って事になる訳で(これが昭和の受験戦争に繋がる)、
小貴族主義みたいな展開を経ます(プチブルなんて呼ばれたりした)

●何か変
変ですよね?(笑

フランス革命の時に王侯貴族を打倒したなら、家庭における権威主義も否定されるべきじゃないのか。
しかし(てか前述ネタバレのように、庶民がこぞって貴族特権階級だからこその文化を模倣してくのであり)
そうはならなかったのです。
(ニーチェが憂いていたような衆愚による文化の崩壊も起きなかった→スノビズムのようなナンチャラなアレは各所で起きますが、大学を中心にアカデミックな権威がピラミッド型とは別の外部に模索されていきますから。)
結果として国単位でやっていた強権政治を一家庭に縮小したみたいな話になるんですよ。
そこだけ放置されてしまうかのように(民事不介入みたいな?)、
 ↓
いやいやいやいや近代においてとっとと『共同幻想』それ自体を崩壊させればよかったのではないか?
そりゃ〜無理なんです、
識字率やら義務教育やら普及する前に『共同幻想』を壊してしまえば、公衆衛生や子供の人権からそりゃメチャクチャな事になるわけで(昔のしきたりや伝統は概ねこの辺の社会的リスクを管理するためのものである)、
『共同幻想』壊すと言わず改正する程度でも義務教育普及100%、高校進学8割以上とかじゃないと危ないし、現役の『共同幻想』適応世代も「先祖が許さない」勢いで大反対しますからそもそも不可能です。

本格的に概念としての『共同幻想』が壊れるのは先進国化以降の話で、
『共同幻想』概念が壊れないまま家族社会だけ放置されるとどうなります?
「王様役や神官や巫女も(その『共同幻想』運用は)家庭内民間ベースでお好きにどうぞ」的に、
『共同幻想』の上部構造はとっくに壊れているのに(民主化世俗化)、家庭内だけで封建時代のような王家と家臣みたいな寸劇を継続するという荒唐無稽な状況になります(名前付けるなら「ホームドラマの時代」)。
 ↑
これがメンタル問題最大の「リスク環境の背景」です

親世代は(上部構造と糸が切れたような恰好のまま)、『共同幻想』どころか妄想に限りなく近い線で振る舞わざるを得ず(自ら親権という謎の権威的特権階級の証明を何ら説明できないまま)、既成事実としてのなんちゃって『共同幻想』家族社会が各個に展開され、
昭和においては問題作とされたTVドラマ『岸辺のアルバム(脚本:山田太一)』に代表されるように、家族とは何か?現代にいたるまで彷徨う事になります。

■オマケみたいなものですが
そもそも論として天皇制の存続などでよく語られている論議ですが、「一夫一婦制を導入したら確実にどこかの世代で血統は途絶えます」(確かこれ生理学的な根拠となる論理があった筈→江戸時代の大奥みればわかるって話で)、
半分推測ですけどね、近代以降に一夫一婦制を法制化するみたいな流れは、市民階級から権威階級を脅かす名家が台頭することを抑えるためで(市民階級は血統の永続性を半ば禁じる事が法制化されているようなものです)、権力側には実に都合のいい制度な訳です。
(※近代までの王家や名家は妾制度など事実上一夫多妻で運用されていたし、農地相続をめぐる庶民階級においても長男家に子供が生まれない場合、兄弟の子供を養子として納入させるみたいな運用も平然と行われていた。)

『共同幻想』の幻想性(正統性っぽさ)を半ば否定されているところに「家族の肖像」は放置されていたのであり、事の顛末はなんともバカバカしい話だった。



<次回に続く>



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄を閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで記事のコメント欄が承認制になっていたりするケースもありますが(或いは昔の記事など)、現在の運営方針は「コメント欄閉鎖」です。仮に投稿があっても内容に関わらずもれなくことごとく削除となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


posted by kagewari at 19:57 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0