2017年08月12日

基本用語のまとめ(6)「強迫心理」

継続的読者の人はあえて説明を必要としていないのだろうけれど、
新規閲覧者の方にとっては「何のことですか」ともなり兼ねない頻繁に使用されるいくつかの用語を別カテゴリーでまとめておこうと考えたものです。
(重要項目なので予告なく編集される場合があります)

■フロイト心理学的には『抑圧』の方が重要なのかなと思いますが、
「”状態”か”構造”や”構成”か」と考えた場合(フロイト心理学からして構造主義って評価もあるぐらいですから)、図式として抑圧を行う対象である「強迫構造」をメインに据えた方がわかりやすいだろうと(敵が誰なのかはっきりします)、「強迫心理」を「ぐるっと回って『抑圧』を説明する意図」で使ってます。
説明するまでも無く強迫心理により『抑圧』されているのは”中の人”である『自意識』です。

「いやいや人の自我の中身はどうなっておるのかね「強迫心理」なる人物もいるって話は違うのじゃないか」なご意見あると思います。

その通りです。

「強迫心理」とは、固定観念などの言語で知られる”概念”であり、そういう”中の人”が共存しているのでは”ありません”。
たとえば「牡蠣にはレモンだろう」みたいな”定型”、
或は常識論として自我を拘束する(=『共同幻想』です)概念も同じ。
●ぶっちゃけ「強迫心理」の元ネタはズバリ『共同幻想』です。
『共同幻想』からして、組織運営維持のため個人を従属させる概念ですから、重要な機能として”強迫的強制力”を保有してなくちゃ話になりません。
それがダイレクトにメンタル問題とならないのは「その概念が(権威性や多数決や偏差値により)目的とする対象社会において合理性が”名目上”保たれている(”概ね”正解である)」からで、
そこに『抑圧』がかかっても約束されたインセンティブ(利益誘導)により帳尻が合うようになっとると、こういう仕組みです(昭和で言えば「炭鉱町には大規模な飲食店街も栄えていたり・ハードなサラリーマンには結婚相手の事実上の斡旋」があったり)。

●さて、上記の合理的強迫性と、メンタル問題に至る「強迫心理」の違いは何か?
子供時代に刷り込まれる『共同幻想』なんてものは誇大性や妄想性に満ち満ちてます。
「先生に言いつけてやる」だとか、
「それは法律に書いてあるんですかあ」だとか
「何時の話?何時何分何秒!何時何分何秒!」などなど、
強迫性をかさに着て(大人社会で言うならば権力をバックにいばりちらすように)子供特有の強弁ふるったりなど、無茶苦茶なワケです(強迫性の更にその根拠は権威性なのでそれを誇示すると”権力をバックにして”などの図式が成り立つ)。
勿論その方便の強制力は自身にも及んでおり、権威性証明のため過剰に友人関係に翻弄されるなどの問題を併発する(組織構成員の地位を失うことは”ケツ持ちを失う芸能人”同然ですから)。

当然の如く「ハンバーグって本当はお肉で作るんだね」と涙ぐむ姿にあるように、
大人社会に意図的に(便宜的に悪意では無く)騙されている事実関係もあるワケで、
(ここが反抗期における「クソババア」などの暴言に転じるのですが)
刷り込まれてきた様々の概念をガラガラポンでリストラしなければなりません。
サンタクロースの件もそうですが、思春期において決定的なのは、
「子供はSEXしたからできるんだね(両親SEXとかしてやがったのか、、)」
に代表される、子供故にタブーとして伏せられてきた事実の開示です。

子供時代の幻想は(ヒーローになる夢も)ガタガタと壊れ、
現実を前にして大人バージョンにアップデートされます。
■この時、
「ほんとうはかくかくしかじかなんだろう」と不良的アウトローな行き過ぎは厳しく叱責されもするのですがその程度の事は進行の障壁となりません(ぜいぜい青春の彩り程度で)。
この辺のやりとりが’”何らかの事情から回避されたり旧幻想がモデファイされるだけで”旧幻想のネタバレ崩壊を伴わない場合”、
引きずられるようにトンチンカンな子供概念もそのまま温存されます。
(その代表例がフロイト心理学を代表するエディプスコンプレックス「お父さんは絶対神でお母さんは女神なんだね」「僕の選択が認められない時には殺されちゃう《死ぬしかない》んだね」)

極論すれば、
「自分もいい歳なので、まさかサンタクロースがこの世にいると思っていないが(商業主義の捏造であったり『共同幻想』のインセンティブ演出であることもわかっているが)、クリスマスには凄くブルーになる」←これは間接的に”『自意識』ではいないとわかっているサンタクロースが、どうしても本当にいるんだと”思ってしまう構造”と言い換えることができる(素では思ってもいない事に振り回される)。

なんの事情があって云々は精神分析の出番となりますが、
今回のテーマは用語説明「強迫心理」です。
事情はともあれ、ここでは「どうして強迫性が『自意識』の上位概念のように振る舞うのか」を以降詳細パートで説明していきます。


<語彙的には>
”中の人”『自意識』が思う事をくじき「こうでなきゃいけない」と強制する概念の事。
重要なのは、そもそも『自意識』が思う事すらそれ自体を抑圧し(想像する事すら禁忌だみたいな嫌悪感のような要素も込みで)、実際自分の本音はどこにあったのか?すら経験・体験的にも蓄積されず『自意識』の交渉上の引き出しというか、経験値がまったくダメダメとなってしまう可能性で、「強迫心理」解体後も、自我が安定軌道に入るには(『自意識』体力回復のため)一定のリハビリ期間を必要とするところ。


<詳しい解説は以下>

典型的な『共同幻想』神話の構造は以下のようなものです。
目的:円滑な農耕の運営
狙い:適正な時期に落伍者無く格工程が行われる事と、同情報の拡散徹底
作戦:農地は太陽の神によって守られている、神はその条件としていくつかの条件を求めている(様々な宗教儀礼など)
権威側黒幕:星読みなどの天文学者が夏至や冬至などを調べ、科学的に種まきなどの最適期間を特定
権力者:文字も読めない無知蒙昧な集落に対しいかにしてこの情報を伝達させるか
演出:日常から吟遊詩人みたいな芸能者に「太陽神の伝説」などを村に流布する(神のご加護や神罰などなど)
勧誘:祭事には必ず商業の民の大規模な市が出て賑やかな特別な日となる
罰則:参加拒否の違反者が出た場合、下手すると生贄として殺される
インセンティブ:大人の間だけで周知される秘密のしきたりとして、祭事関連事項の中に男女関係の酒池肉林の秘め事がセッティングされている
 ↑
これに反抗するって命がけですよね(一歩間違えば本当に殺されるし)
しかもどこやらの時期に種まきしろって、科学的にも正解である。

「なんか今日は疲れちゃったから、集落の種まきに参加するとか嫌だなあ」なんて思う事があったとしても(それが『自意識』の本音でも)、
●「大変だ!今日は○×祭じゃないか!急いで支度してなんとかかんとかの供物も容易しなければ」
ガーン!!と引っぱたかれるように”そう思ってしまう”仕掛けになってなけりゃ『共同幻想』として中途半端なワケです。

●勿論、その合理性(科学的根拠)が、文明の発展により新設に覆されるなど根本的にダメダメになってしまったり(てかその情報を高学歴な市井の民が当たり前に獲得するなど)、怪しげなインセンティブも「公然わいせつ罪だろ」のうような名文法法治国家となれば、強制力は無力化され文化伝統部分だけ残る。形となります。

上記のように、社会学的には原始『共同幻想』は”文明の発達と民衆の高学歴化に比例してガチ崩壊する”のが決定事項です。

■ある意味、それは個人の場合も同じ。
前段説明の
「無知蒙昧な原始時代の集落」は=「幼児時代」
「社会が高度に発展する過程」は=「思春期」
「現代社会で『共同幻想』がガチ崩壊する過程」は=「大人時代」
と こ ろ が
北朝鮮や、怪しげな新興宗教団体だったら?

「なにかにしたらかならず神罰がくだる」←のような関連事項多数となります。
トンチンカンな幻想は温存され(本当にサンタクロースなる決して逆らえない人外の人間上位種がこの世にいると”思ってしまう”)、恐怖政治の中”疑心暗鬼”になることもしばしばでしょう。
(ガチのシンパ構成員として躁状態で”体制側”にあるならまた別ですが)
本当にゲシュタポのような秘密警察もいて、日常の一挙一動にも神経を張りつめます。

「何が怖いって、わたしにもよくわからないんです。目に見えない怖さっていうか、どうしても”なになにと思ってしまう”、ここはそんな社会です。自分の自由のことなど考えたこともありません。」
 ↑
つまり、『自意識』に上位概念が存在し(この段階で当該『自意識』は階級主義を無意識に肯定している)、決して逆らえないのだと、
●もしそんな状況が現代社会に存在すれば、それは刑法以前に憲法違反だしあり得ない事ですが、家庭などの(一時期民事不介入原則から家庭内は事実上治外法権とも言えた)泥臭い社会においては、妙にわかり難かったりえげつない事から意味のわからない人間関係などおおよそ現代文明社会の理解とかけ離れた状況は”どこにでも”存在します。

ここに対峙するため『自意識』が(理論武装など)『抗(あらがう)』準備や心構えがあれば別ですが、強迫心理に抑えられ『被(こうむる)』ばかりの自我にとって「抜け出すことのできない」みたいな認知に陥ります。

でー
■重要な事ですが、フェチシズムのようにここの強迫的影響の及ぶ範囲や内容ってものは当該人物の幼年期の幻想がどのようなものかによって違ってきますから(もしこの世にメガネが発明されていなかった場合、この世に「メガネフェチなど存在しない」)、何がこだと必ずここがこうなるとか”ありません”。
(この点からkagewari相談事務所の見解として、臨床系の病名分類にはほとんど意味が無いという見解)

「かくかくしかじかな事があったのです」←この現象が強迫性によるものか否かの判断が重要で、且つ(精神分析などが)可能であれば、どこいら辺のポイントから『反抗期』の腰がれたのかだとか、深層心理の強迫性後ろ盾となる’権威者は誰?みたいな部分のネタバレ崩壊。
そして、自我内の様々なところに波及した強迫観念を各個撃破していくみたいなプロセスが求められ、(ここも当事務所固有の判断ですが)メンタル問題被験者なら(論理耐性のような自我傾向の共通性により)自己分析でもそれは可能である。

独裁政権も問題ですが、独裁政権崩壊後ってどこも大変です(だからといって前近代的で人権無視の独裁政権を積極的に保護しようってのもおかしな話です)。
個人の場合も本丸のネタバレ崩壊とか、そこはそれ必要十分条件ですが、それによって様々な工程にコピー挿入された”上位概念だよモジュール”がサクッと消滅するワケではありません。
個人心理には、国の場合と違い政権崩壊後に内戦やら国境線をめぐる争いなどありませんから国際政治にあるようなリスクは無い。

(しかも個人心理の場合・強迫条文を構築しているのも自分なので、ロジカル耐性というか統治スキル的に自我が「独裁者崩壊後の混乱」のような事にならない。→自己分析にリスクがあるのはメンタル問題の自覚の”無い”『共同幻想』適応者の場合に限られる。←『共同幻想』適応者は時事地上自我統治の一部を外部《『共同幻想』》に依存・アウトソーシングしているため、メンタル問題に悩む自我と比較して『共同幻想』適応者は統治スキルが不足するため。←『共同幻想』適応人格者の自己分析には「知的中産階級の少ない独裁国家の崩壊みたいなリスク」があるって事。てか、そもそも『共同幻想』適応者には自己分析もクソも《強迫性の》認知リミッター的に「心理学がそもそも理解できない」筈なんですけどね。)

■まだピンとこない方いるかもなので「個人差の中で強迫心理が波及する点」補足しますが、
法律論でよく言うじゃないですが「この案件は民法で言えば何条の適応案件でしょう」みたいな。
こんな感じで、過去に強迫的フラグのあった項目には「個別に(そう元締めがいて一括管理しているのでは”無く”)、友人関係と言えば”強迫第5条適応”なので(『自意識』がどうおも思おうが思うまいが)何々があれば絶対なんとかだと思ってしまう」のようになってます。
心理学的にどうこうじゃなくて、論理的に”上位概念”ってそういう認知の事ですから。

「他者の視線がなになにしかじかだと(絶対どうしても)思ってしまう」や
「友人の反応がきっとかくかくどうしたなのだと、いつも思ってしまう」や
「職場では、、、」「電車では、、、」などなど、作戦行動に対して個別の”強迫性フラグ”がくっついており(何々と思ってしまった時々にそれは強迫関連事項となる)、
「法律改正でヌード解禁になりましたよっ」と号令がかかっても、「ここは全裸で行ける」云々は作戦行動個別に(無意識に自分で)規制や強制事項を設けてますから、その反対に「かくかくしかじかみたいに思ってしまっているのだとしたら(まだ上位概念崩壊の意味が周知徹底されておらず)”ネタバレ崩壊した強迫関連事項により無効”の一文を同じように入れ込んで解除していく必要がある」のですよ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄を閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで記事のコメント欄が承認制になっていたりするケースもありますが(或いは昔の記事など)、現在の運営方針は「コメント欄閉鎖」です。仮に投稿があっても内容に関わらずもれなくことごとく削除となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 09:43 | 『基本用語』の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)





kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0