2017年01月26日

ついにきたか喫煙の効能

きましたわ、この時が、
ニコチンが統合失調症の原因となる脳活動障害を正常化することが明らかに
http://gigazine.net/news/20170124-nicotine-brain-activity-deficit-schizophrenia/

(一部抜粋)
統合失調症のハツカネズミに毎日ニコチンを摂取させたところ、不活発だったハツカネズミの脳の活動がニコチン投与からわずか2日で活発になり、さらに1週間ニコチンの投与を続けたところ、ハツカネズミの脳の活動は正常になったそうです。このことから、ニコチンが脳のニコチン受容体に作用することで、認知機能が正常に戻ることも明らかになっています。
(中略)
なお、研究チームによると「hypofrontality」は注意欠陥・多動性障害や双極性障害のような精神状態と関係のあるものだそうで、最終的にはニコチンを用いた薬剤を開発して多方面で活用することを計画しているとのことです。


そしてディスカバリーチャンネル的には「先進国国民は総じて統合失調系遺伝子のキャリアである」と紹介されております、
両者をまとめると=「先進国ではタバコ吸うのがお勧めだ」となります。

(2chでは「嫌煙派の逆切れ原因が判明しましたね」的に盛り上がっているようですがww、ついに止血以外のタバコの効能が発表されたという。)


多数のご批判を集める意思はありませんので(笑
決して喫煙を勧めるものではありませんし(タバコによる健康被害を否定するものでも無く)、
喫煙を正当化する意思もありません。
あ く ま で も、
”上記記事の補足”として書いておりますが、
禁煙ナントカで用いられるニコチン吸引ナントカの方がタバコによる喫煙より副作用などの心配が多いとされており、ニコチンの摂取にはタバコによる喫煙が安全な方法の”ひとつ”であることを書いておきます。

補足するなら、
仮に安全にニコチンを吸引するなんらかの方式が確立された場合「VRタバコ」というものが登場してくれれば(嫌煙派の方に対しても)完璧かも知れませんね。
(VRメガネかけると煙も見えるよみたいな。)
そんなことはともかく、、

タバコなんてものはネイティブアメリカンの酋長会議などで、喧々囂々暴力沙汰とならぬように「ま〜落ち着け」的利用法から始まっているのですから、
”経験的に”言わせていただくと、集中して何か考える時に補助となるのは実用性として事実です。
(ぶっちゃけ原稿書くときには手放せなかったりしますから。)
「タバコ部屋ではいいアイデアが出る」じゃないけれども、
そんな一面もあるんだよって部分を知っておいて損は無いでしょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄トラックバックを閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで時折記事のコメント欄などが承認制になっていたりしますが(或いは昔の記事など)、現在のブログ運営方針が「コメント欄トラックバックの閉鎖」なので、仮に投稿があっても内容に関わらずもれなく削除となりますので宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:25 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)





kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0