2016年09月26日

『共同幻想』論と戦争

「面白さ」や甲斐論の続きです。
果たして『共同幻想』適応人格の場合はどのような世界となっているのだろうか。
話をわかりやすくするため今回は極論で進めます。

■その代表例が”戦争”です。
「現代戦においては国家総動員の全面戦争は無くなった」←ここにも関わる話です。
(故に現代先進国は『共同幻想』崩壊過程にあるのですから。)
逆に『共同幻想』全盛期の近代から昭和までの時代は戦争と言えば国家総動員の全面戦争(総力戦)だったのであり、銃後の守りを含めて、『共同幻想』に関わるすべての活動はどこかの線で国家の命運に関わる、あるいは関係付けられるものでした。
エンタメ性という論議の是非はともかく(高校野球におけるアルプス席から田舎の応援会の様子などを想定していただいても同じ話です)、末端のどんな活動も国家的権威の命運に関わる重大事なのである。それが参加における『共同幻想』特有の”甲斐”であり、
身近なところでは地域のお祭り行事において、些末な飾りつけであってもローカル『共同幻想』における絶対的権威であるお祭りの実行において明解に参加している”甲斐”。

注:明治以降の総動員体制的『共同幻想』は完全な明治維新における典型的な捏造のひとつ。
戦国時代の戦に庶民はほんど関係が無く、野球観戦のように楽しみに観ていたという話まであるし、事実戊辰戦争の時上野公園あたりに立て籠もった幕府軍に対し西郷が根津の方角から砲撃するのだが、当時江戸の庶民は幕府の武士を憐れんで炊き出しやらで応援していたって話が残っている(つまり庶民は攻撃対象では無かった)。
時にWW2の関東軍の蛮行のように知られている逸話のいくつかは、武田信玄戦法の影響が残る旧陸軍において「補給はいいから現地徴発で(食糧現地調達)」な戦術的ナンセンスが悪癖として残っていたからで(且つ中国南進は後に軍法会議ものとなる軍令部命令無視の暴走だから補給が十分な筈も無い)、日本の軍部に庶民を攻撃する意図は伝統的にも文化的にも存在しない(そもそも日本には文化として西洋のような奴隷制度も無いのだから合理性がどこにも無い)。

話は戻りますが、この明治にやらかした歴史的捏造『共同幻想』を、
戦後もサラリーマンによる経済戦争みたいな”お話”で引っ張ってきたのですが、元から底の割れた話でした。そんな当時の『共同幻想』の硬さの話はともかく、
『共同幻想』戦争論において同時に言えることは、
そこでサボタージュしたり、権威の正統性を毀損するような振舞があったとしたら?
速攻、非国民であり、売国奴となります。
(ちなみに「村八分=事実上の一族殺害」など、いざ村社会から敵勢判断された時の仕打ちは明治以前のが苛烈でしたが、)
所謂現代イジメ論に連なるような「『共同幻想』によるなんだか曖昧で妙な同調圧力的強迫心理」つーのは明治以来の傾向と言える話です(はなからそんな伝統日本に無かったんだが)。

「戦後が終わった」なんて言うならですね、明治以来のでっち上げ『共同幻想』やその亜流の崩壊も意味していなくちゃ〜いかんのでありまして、
江戸文化や上方文化が日本の本道とは言いませんが、明治維新のやらかしが極めてインチキ度高かったのは事実であって(列強の圧力を前に生存のためやむを得なかった「黒船反動形成」な部分もありますが)、地方のマジ同族恐怖政治的なローカル『共同幻想』とともに、都市部においてはあっけらかんとして自由気ままな市井の人々って姿こそ保守本道の日本らしさだと思う次第です。

■話は『共同幻想』における「面白さ」や甲斐ってところに戻りますが、
高校野球の事例のように、あるいはWW2総力戦のように、
『共同幻想』における社会が明解なヒエラルキー構造であり、3人集まる友人関係にも”内々に上限関係が’成立する”社会でありますが、「どんじりの末端クラスにおいても(上部構造全体との)一体感を甲斐として感じることができるのです」。「面白さ」をエキサイティングを(社会適応した構成人には”自分もその一部であると”)提供してくれるワケです。
「人間である必要は無い(『自意識』の一部は自ら抑圧しなさい)、お前は立派な兵士であれ(自分である前に立派な構成員となれ)。死に場所は(=生き甲斐)は俺が決めてやる」
 ↑
つまり内部的には『共同幻想』社会も(表面的には競争社会になっていても)真面目に適応していれば、表面的に無能で怠けものであって全然可なのです(しかも婚姻相手などまで年功序列で斡旋してくれる)。「結果論には関係が無い」という心理学的原則論はそういう形で成立している。
勿論、その大前提は所属『共同幻想』に対する疑いようの無い”愛”が条件になります。


至極簡単な話で、
「広島カープが好きでも無いのに、ファンクラブに加盟すると優勝の喜びと興奮を甲斐として感じられるのか」って考えるまでもありませんわね(笑
社会適応することやその内容が重要なのではありません、広島カープ愛の有無が重要なワケで、
そこが「確信犯的『共同幻想』選択」などの概念にも連なるワケですが、
●「それこそ好きなものがみつからない時にはあーたらどーたら」って話になると思うのですが、
あのですね「愛着」って言葉がありますね、「愛用」もあります。
つまり長く継続利用したものには愛情の関連性フラグが普通に立ちます(慣れや安心などと信頼は関連性がありますから)。日本人なら誰しも日本語に愛着があるわけで、
『共同幻想』世界の格言に「朱に染まれば赤くなる」みたいなのありましたよね?
たとえば、赤いユニフォーム来て足繁く広島カープの試合を観に行けば自然にカープファンになるのです(そういうもの)。

実に簡単な話で、たとえばどこだか製の万年筆を使いたいと思い立ち大枚はたいて購入して継続して使い続ければそれは愛用品になります。
愛情を注ぐ対象は選択できるのであり(或は選択するべきもの)、何を選択するのかは自発的・自由意思としての『自意識』マターで可能なことです(てかそうあるべきものだろうと)。

ある意味『共同幻想』選択は”様式美”的選択であり、
『単独者』系選択とは個人的”美意識”の選択である。
いずれにしても主体的選択が担保されていれば、強迫的思考の介入が過剰化することはあり得ない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄トラックバックを閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで時折記事のコメント欄などが承認制になっていたりしますが(或いは昔の記事など)、現在のブログ運営方針が「コメント欄トラックバックの閉鎖」なので、仮に投稿があっても内容に関わらずもれなく削除となりますので宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:41 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)





kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0