2016年07月20日

あまり大きく取り上げたくは無いのですが(メディアにも出ちゃっていたので)精神科投薬の話

お題はこちらです
「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている
「薬漬け社会」のタブーを斬る

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48911

(驚くようなネタは書いてありません。唐突にCMが増えるとアレだみたいなところが読みどころか。)

この辺の話は一部ネット世論あたりでは”既知”の事実だったりするので、話を難しくするつもりもありませんが、
俺は精神科投薬の全部が全部問題だとは”思っていない”し、書いてきてません(喧嘩するつもりないですから)。更に付け加えれば特に男性の場合微妙な問題があるのです(詳しくは後述)。

当サイトの見解は「医療機関は基本”対処療法”を基本にしており(風邪の特効薬は無くても解熱剤などケースバイケースの対処療法を行っているなど)、炎症などある場合にはその原因はともあれ炎症を止める処方を行うなど精神科においても脳内物質の受容性など含む即効性のある対処を得意としており、風邪の治癒が体力回復後の自己治癒であるように精神科の対応は”自分で問題の本質を考える時間的猶予”をその対処で確保するところを主眼とする(風邪ひいたときに自己治癒能力回復まで対処療法を行うのとパターンとしては同じ)」というもので、興奮の度合いが尋常じゃないなど「”即効性を要する劇症化した事態が発生している場合”医療機関は最もベターな選択」になります。

(※しかし心理学の原則論として「問題の本質を認知できない抑圧構造」など知見のある第三者による聞き取りや分析を抜きに当人が問題の本質に対峙できない状況が予見されるため、解決のプロセスに直接投薬の有用性は”確認されていない”と考えている。←風邪薬の構造と同じです。)

また、問題がメンタル問題ではなく実際に脳外科的要因も考えられるため”検査という見地”からも医療機関の有用性には疑問が無い。

■精神分析などの場合もそうですが、前述の投薬問題についても『依存性』が弊害を引き起こしており(営業上医療機関の一部は同種の投薬を永久に行うことに躊躇しないケースもあるでしょう)、その点自己管理ができていれば問題無くても、カウンセリングの場合でも投薬の場合も同様にその利用に過剰な『依存性』を発現すれば別の意味で大きな問題となる可能性があります。
というか、メンタル問題の場合心理学的見解として『依存性』に関する自己管理ができないケースが多くなってくるため(当サイトも『依存性』に関する告知記載がありますが)、同種の問題が起きやすい傾向があるのは事実というか自明なのが問題を複雑にしているのだと思う。
(※その辺の『依存性』に関わる心理学見解を果たして医療界がどこまで理解しているのか疑問であるのは事実としてある。←勿論医学的に確認される障害実態が存在し医療方針として「一生服用」を想定している療法もあり得るので、十分に投薬方針の説明を受けて判断すべき部分です。)

■加えて(性差:ジェンダー差別の意図はありませんが人格傾向として)とりわけ男性の場合、
カウンセリングなどの心理学的アプローチそのものに対する忌避感が発生する率が自我構造の特質として高くなる部分があります(心理学の精神分析は初期段階において権威性認知を”逆手にとって利用する”ことで可能になっている部分が自我における男性的プライド要素部分に抵触してしまう)。
端的に言えば「ガードを落として話をするなら寡黙なバーテンダーやタクシーの運転手さんの方が楽」のようなスタンスです(「言いっ放しまでが限界」など)。
この場合医療機関の存在が無ければ相談先がどこにも無くなってしまいますから、様々な問題があったとしても精神科・心療内科の有用性は社会的に認められるべきでしょう。
 ↑
ここの「男性自我タイプ固有の傾向」を解説します。
フロイト心理学で最も有名なアレ「エディプスコンプレックス」典型例のひとつとして、男性にはマチズモ(男性誇示的な)強迫傾向がどうしても高くなるワケですよ(所謂男性DVの原因のほとんどはこれ)。
「男性誇示的なプライドを保持できなければ自我が強烈な防衛反応を引き起こす」的な強迫心理です。


あくまでも仮説ですが、
■心理学会などにおいて「自己分析リスク」なるものも警告されているので微妙なとことなのですが(この点の疑問は過去に別途記事に書きましたけど)、「男性自我タイプ」の場合、心理学そのものを知って自己分析などを進める方がベターなのかも知れません(その都度「言いっ放しの場」であれこれ確認しつつ)。但し、困った事に(そこは関連過去記事にも書きましたが)心理学の習得に『単独者』系の第三者性が半ば条件となっているため、事実上「自己分析の有用性はその後『単独者』系を選択する場合に特化している」とも言えるので、どうなんでしょうね〜
(※そうなってくるとネタバレに歩留り設ける臨床系なんちゃって心理学の社会的需要というものも積極的に認めていくべきなのかも知れません。)

ちなみに、
「男性誇示的なプライドを保持できなければ自我が強烈な防衛反応を引き起こす」的な強迫心理心理は「女性自我タイプ固有の傾向」における”結婚願望”強迫心理と対象性を成しており、男性が固有にどうこうでは無く「男性にはマチズモ系、女性には結婚願望系の特徴的心理的ウィークポイントがある」という大雑把な分類があるよってレベルの話です。
あくまで統計的なものであって各人個別の分析の前提とするものでは無く、心理学的一般論とご理解ください(現代社会では「典型的な男性系自我であるとか典型的な女性系自我のような傾向は個性化の中で細分化しより曖昧になる方向」にありますから)。

精神科の投薬問題記事に関する考察から、すっかり男性自我タイプの話によれてしまいましたが、
「男はつらいよ」←ここに昭和の男性自我リスクみたいな部分が表現されている、てなお話でした。

●ちなみに「結婚願望強迫心理」は次回解説の予定です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄トラックバックを閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで時折記事のコメント欄などが承認制になっていたりしますが(或いは昔の記事など)、現在のブログ運営方針が「コメント欄トラックバックの閉鎖」なので、仮に投稿があっても内容に関わらずもれなく削除となりますので宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:36 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0