2016年01月19日

所得分配政策の意図

昔の記事にどこかで書いてますが、
経済において「お金が増える仕組み」にあるとおりで(金融機関を通じて派生する信用創造などで無い筈の金がある事になるとかを経て”回れば回るほど”どんどん市場のマネーが額面として増加する←融資を受ける企業も翌月一括で返済などしないのでこの辺のタイムラグ込みで100万円が1000万円になったりする仕組み)、富が増えるプロセスってものは「極論すると労働や生産とは無関係である」。
(重要なポイントは生産性の向上は「ほら話の辻褄あわせ」に必要なものなんだわ。)
投資の合理性ってのも、本来的には「生産性が増し大量生産などが可能となり」などなど需要と供給がタイムラグを経てバランスしトータルで生産量が増えるところがポイントで「勤勉さやハードワークが道徳的に奨励されご褒美で経済成長が起きるみたいな御とぎ話」にるなろうものならはっきり言って経済学にとって迷惑な話(週休二日制の普及などの方が合理性を高めるのだから)。←そこはインセンティブで担保される話になってないと合理性失うから。

なんだか「楽して儲ける与太話」のように聞こえるかも知れないが、
経済学の大前提として、この学問は山師的な要素や心理的錯覚を取り扱い専門にしているのもので、WW2のトリガー(世界大恐慌)となった米国市場の大暴落だって、信用取引(購入した株をまた担保にして手持ち資金以上の投資を行い倍々ゲームで投資額を倍増すること)をバックグラウンドにしており、同時に資本主義で信用取引に制限設けるなんてナンセンスである。
投資なんて言葉を使っているが、背景に博打要素(経済ではリスクと呼びますが)の無い投資などあり得ない(←かといってキャピタルゲインが本質だみたいな事は言ってませんよ)。
西欧諸国などにおいてもその『共同幻想』の殿堂である宗教的倫理観を宗教革命により世俗化できたから、資本主義・自由経済があり得たのであって、原理主義的道徳観が本質的に経済の足を引っ張る要因だってのはガチですから。

当時笑い話にもなったが、ライブドア事件の時の経済界が「汗水流さず物作りがなんとかこうとか」みたいな腰抜かすような道徳論をツラツラ発言した無知蒙昧な方いらっしゃいますが、お宅のメインバンク含めて金融界の仕事をご存知ないのかと、、。
資本主義を批判した、マルクスの共産主義だって背景に労働者革命的な理想論や倫理観はあるにせよ(案外ここ重要なんだけどね)着想としては「資本主義のリスク管理が市場経済だけで合理化・最適化されるなんて幻想だ早晩過剰在庫で破綻する」ってな話で、名目上は「過剰在庫がノーリスクな経済の拡大が可能なのだから計画経済のが正しい」てな話(ま、結局そんな理想論の方がよっぽど根拠の無いリスクだったのだが)。
この共産主義が心理学的に「事実上宗教改革を経て世俗化を受け入れた資本主義に対する、キリスト教的反動的批判である」と分析されてしまう根拠は、なんだかんだと彼らの資本主義への批判は宗教教的道徳や倫理観に始まるものであって見方を変えれば「世俗主義への原理主義的批判」に他ならなかったからだ。
(あたかも人間主義的に労働者なる階級を聖人視したとも受け取れる。←これじゃ宗教的『共同幻想』手法と何ら違いがない。)

かといって山師だらけになれば詐欺師と見分けもつかない(笑
(本質的に経済学は原理主義派から見れば紛れも無く詐欺に限りなく近い代物なので、それでもいんだけどさ。「破綻しないネズミ講を発明したらノーベル経済学賞です」。)
そういうこっちゃないのだわ。
「宇宙拡大の理論として、なんちゃら粒子がなにをこうした時空間の何があーして質量保存を踏破するなんとか拡大がどうこう」←みたいな研究している人にさ「勤勉さや物つくりの倫理観に欠けている」なんて批判していたら馬鹿丸出しでしょ。

世俗派・現実主義(或いは実存主義)には理想論も倫理観も無いのかって批判もまた違う。
■その代表作がジーンハックマン主演の映画『ポセイドンアドベンチャー』であり、
「沈没した豪華客船を巡り、リスクを取って脱出路を探す道を切り開く牧師と、船室に残り救出を待つ大半の乗客のため祈りを捧げる先輩牧師の姿」に象徴される。
どちらが倫理的だ道徳的だみたいな論議の範囲外の話であって(一部から批判も多い芸名”ファンド村上”氏の「物言う株主論」だって彼なりの正義感込みで発言しているのだから)、どちらが上とか下とか無いのです。
(俯瞰で見ればヤクザVSカタギのスタンスという構図にはなるけど。)
勿論映画は世俗派をよしとする米国のスタンスそのままに「リスクを取って自ら脱出路を切り開く牧師」が主人公として描かれる。
はてさて、経済学は「世俗主義の殿堂」な側面がその本質になっちゃうんです(学問としての始まりがそうなんだから)。

●内需拡大策の失敗例「不動産バブル」がありますが、
わかっちゃいるのに、どこの国でもやらかしてしまう理由も簡単で→「土地ころがしほど金融機関連動性で信用創造(金が金を生む)が容易な方法はないから」であって、結果過剰なインチキ需要によってその土地価格が暴落し、いつか破綻するババ抜きゲームになるのですが、筋書きとして破綻するから問題なワケで金が金を生む富の増加プロセスが間違っているのじゃありません(経済学的にはうまくいっている間は本当に金が増えてることになる)。
問題があるとするなら「インチキ需要の筋書き」です。
「織り込まれてる破綻が短期的すぎるから」でもいんですが、まっとうな投資話だって似たり寄ったりなんですよ「消費の拡大で”生産性の向上やイノベーションが見込める”」的に「後から帳尻合わせの”何”が起こるだろう」って話なんですからね。

話を戻しますが、
社会インフラに”実需”がある時なら、ケインズ政策の所得分配策は有効である(同じ眉唾話の投資でも筋悪にならず帳尻が合う確率が高いって意味)。
いずれにしても投資話が筋悪にならないための鍵は”実需の読み”です。
世界経済を見る上で、第三世界の成長が大いに期待される理由も「貧困国には膨大な潜在需要があるから」つー見立てに他なりません。
サービス業が主力となっており、且つ内需中心経済であり、ロボット産業により投資効果・生産性向上可能性もある前提条件が整っていれば(いかようにも後から辻褄が合う)、貧困層への手厚い直接所得分配政策は分類として「堅い政策」になります。政策判断上の鍵となる”実需”がアリアリなんですから。
(第三次産業はあまり投資効果を期待できない産業なのだけれど、日本にはロボット産業などの台頭もありますから第三次産業に対する設備投資と波及効果も見込める。←少子高齢化だからこそチャンスは拡大している。)

そんな時に、
一部(多分ネタで言っているのだろうけど)ネトウヨ保守論壇に見受けられる「働かざるものなんとやら」の原理主義的倫理観を持ち出されると、経済政策の足を引っ張るだけです。
現代ラッダイト運動じゃないんだからさ、、。
そういう事を言っているのじゃありません。
国が赤字財政であっても、債権が国内通貨建てであれば唐突に金利が上昇して経済が破綻するとか起きないので(しかも日本は過剰なまでの再建国です)、インフレターゲットで(半ば詐欺なんだけどさ)ちょっと見わからないように赤字を踏み倒し続けるやり方は「インチキ錯覚上等」な経済学の王道なんだから。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄トラックバックを閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで時折記事のコメント欄などが承認制になっていたりしますが(或いは昔の記事など)、現在のブログ運営方針が「コメント欄トラックバックの閉鎖」なので、仮に投稿があっても内容に関わらずもれなく削除となりますので宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:39 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0