2015年06月17日

鬱的状況の基本的な解説

(最初に言っておきますが今回かなり難解且つ長文です。)

※基本的に以下解説は慢性的な背景のある鬱状況の説明であり、ホルモンバランス変化による更年期鬱や限りなくPTSDなトラウマ系を発端とする鬱の説明ではありません。
重要なので誤解の無いよう宜しくお願いします。

■「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう」
誰にでもあることですね。
この状況と対象性となる状況を表す言葉は「立ち直り」などでしょう。
だいたいにおいて言葉ってものは均衡する語彙とセットで”ひとつの概念”を表してます。
ですから、本来「立ち直り」までで完結を前提とする”さる目的”が、その途中で→たとえば「思い悩む事やふさぎ込みが継続し、立ち直りが発生しない」場合に「それは本来目的からして困った事が起きている」ことになり、ざっくり言えばこの継続する”さる目的”の途中停止状態が『鬱』って代物です。
当事者は”誰よりも立ち直りプロセスの発現が起きてこない”のをわかっているのですから、鬱的状況は深刻な問題であり、更に他からここにストレスが付加される事になれば「悪循環が重層化」してしまいます。

●事の発端というか「鬱的状況の仕組みとはどんなものか」。

■冒頭説明の構造読んでいただければ、具体的に悩んでいる”個別事項”やふさぎこむキッカケとなった”個別事項”にやれどうしたこうしたなど個別具体的な対応をすることは「実はまったく意味がない」ことがわかります、重要な鍵は「立ち直り」が起動しないところだからです。
個別事項に過度の関心を向ける事は逆効果になる場合すらあります。
時に相談と言えば「話すだけでも楽になる」なんて言説もあるため個別事項を詳細に話す事に意味があるようにも思えますが、個別事項の解決が有効性を持つのは→「話す事により”標準立ち直りプロセス”を促すキッカケとなり得るから」であって、「立ち直りプロセスそのものが発現しない状況」となる鬱状態の場合だと全く違う意味にもなるからです。
(※目先の具体論がいかに”立ち直りなど起こり得ない深刻性”のあるものかの説明に利用されてしまうケースが多い。)
(※2「限りなくPTSDなトラウマ系鬱」の場合は発端となった事件を語ることによりジャーナリズム的に発端となる事件のネタバレ解体という意味で”効果を持つ”ものとなるため、ここの判断は重要。)

なかなか説明難しいところなので、更に解説していきましょう。
 ↓
●標準立ち直りパターン
 「思い悩んじゃうよね」
 (パチンと膝などを叩くとか、吸っていたタバコをぐっと消すとか、お茶や珈琲を一口飲んでカップを置きのような「転換ポイントみたいな”拍子”」を取った後に)
 「さて!」
鬱的メンタル問題がある時には、このプロセス「さて!」が発現しません。

では、標準の立ち直りプロセスが起動時に自我は内部で何をやっているのでしょうか?
 ↓
「思い悩んじゃうよね」
事実関係のジャーナリズム切り分け発動→「何があったのか第三者的見地で確認」→「何ができて、何ができないか」→「”できる”判定行動の中から何を選択するべきか」←こんな感じのオルタナティブ思考のプロセスがスパコン並みの速度で脳内展開され、
自意識にはこの瞬間の自分を「うーん」だとか「あ〜あ」だとか「え〜っと」などの感覚で認知されます。(※機能的には無意識DATAとの中間点のような位置にあるので”前意識領域”みたいなところでパパパパパと自動で反射的な脳活動が派生。←立ち食い蕎麦やの券売機の前で「えーっと何にしようかな」な時に脳内でメニューがパパパパパと展開する時の”アレ”です。ちなみに「フラッシュバック現象」もこのパパパパパの類。)

簡単にまとめると「問題の切り分けと整理による状況判断と可能な選択肢の確認」です。
このプロセスの起動と実行の一区切りが、
『パチンと膝などを叩くとか、吸っていたタバコをぐっと消すとか、お茶や珈琲を一口飲んでカップを置き』などの行動で認知・確認されてるワケです。
(或いは自意識が「はいここまで」と終了命令を出している。)
軽い日常時であれば、この選択はぶっちゃけサイコロのような場当たり選択で構わないため、脳内にパパパパパと展開しているイメージを「はいここまで」を勘だけで止めて(パチンと膝を叩いた時に見えたものでいいやとか)アバウトに決めちゃっている場合もあるかと思います。

パパパパパの部分は”前意識的”に行われており(自意識と無意識の微妙な中間点で意識的に考えるというよりも過去用例のDATAベースを閲覧しているような感じ)、あたかも「DATAベースの結果リストをザザーっと一目しているかのように」展開し→自意識は「うーんと、どれだろう」検討する格好になります。
呼称付けるなら「脳のシミュレーション機能」でしょうか。
選択が終わると「さて!」の発音でプロセスは終了します。
勿論この状況は前述のように「アバウト過ぎ」な場合もあるのでww
「あー、ちょちょっと待って(もう一回)」とやり直す場合も珍しくありません。
 ↑
上記のように思い悩むほど選択事項が深刻では無い場合、この時間は(蕎麦屋の券売機前のように)とても”短く”、その様も「深刻そうな様子」には至らず、「一瞬真顔になる」程度で完結します。


■では「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう状況とは何か」更に分析的に考えてみましょう。
生物にとって「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう」事は一見すると生命活動上無駄な行為になりますが(なので軽い事項のプロセスは瞬間で終わる)、何をやっているのかと言えば「発端となった失敗(過失)」などを自我の”ライブラリー(ライブラリ)”とでも呼ぶような部門に「注意事項」としてDATAベースに追記していると考えられます。
「深刻事項だ重大事項だ(一瞬真顔程度ではダメ事例だよ)」という認識の追加です。

即座にDATAベース立ち上げる状況では無い(場合によると過去用例が無いかもしれない)。
この注意事項の追記時に「注意事項となる”何か”をやらかした担当責任者である『自意識』がそれなりに落ち込む(=追記中に長時間真顔になる様)」ってことなんですが、
自我がDATAベースの設定に「これはGOでこれはダメだろ」を新規に獲得していくプロセスは、生物動物全般において原始的というか原則的に「痛覚などが感知するほどの大失敗」などで認知しているため(全力でジャンプしたら痛かったなど→これは重大だ高さの見積もり間違えたなど)、
重大事項を感知した時に自意識は実際には身体に痛みを伴わない場合でも(人間などに限りよくある)、人は何かミスをした時「あイタタタタ」などの言語表現を行い、注意事項追記のプロセスを走らせます。

2chなどにより広まった「痛い(ニュース)」などの言語の使われ方も同じですね。
「痛い」という言語は「失敗感やダメダメ感の表現」であるのと同時に「注意事項フラグ記載」を自意識が認知したことを表しているのでしょう。
勿論、狙いは自我の”ライブラリー”とでも呼ぶような部門に「発端となった失敗(過失)を以降避けるため」この情報をそのまんまスルーで無意識過去領域に落っことしてしまうのでは無く、「自意識の近くに置いて読み出せるように、前意識的領域に何らかの方法で溜めておくため」です。
テスト前の一夜漬けを思い出してください(ここを覚えとかないと痛い目に合うぞ)。

■言うならば「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう」って状況は、自我の”ライブラリー(ライブラリ)”領域に注意事項を書き込み中の様子である。
(※これが「一夜漬け」水準だと、テストが終わったら忘れちゃうワケでありまして、「この世からヒューマンエラーは消えない」理由のひとつです。動物にとっての「食べられるもの食べられないものの情報」のような希求性や重要性に比較すると人間の生命活動のリアティーはどうしても劣りますからね。「あイタタタタ」って言葉もイメージだし。)
テスト前の勉強で失敗したら体罰が効果的なんて話じゃありませんから誤解の無いように(笑
 ↓
ちなみに、教育論として重大過失事項の後にも当事者が「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう」みたいな状況が見られない時に「わかってんのか!」と教育者がつい体罰行使を考えてしまう論理は、事の重大さをスルーする状況を見るにみかねた教育者がそのまんま「痛みが不足しているぞ」と連想してしまうため発生します(勿論元ネタは親の躾など)。←ところが教育の場でさして体罰に効果が無い理由は「発端事象と痛みの関連性が弱いから」です(殴っているのはテストでは無く教師ですからww)。
更に体罰を受けた側が「この教師はすぐ暴力を選択する特異な人物だ」などと認知していた場合、体罰による痛みとの関連性は「全く過失事項と関係の無い教師個人に関連する情報」となるので、教師の意図とは全く別の「あの先生には気をつけろ」という注意事項が書き込まれる事になってしまいド・ナンセンスとなります(笑

(上記の「体罰教師の心理と失敗」の話って、鬱現象の解説にかなり被るところなのですが、詳細は末尾の方で説明します。)

話を戻しましょう。
■幼児の立ち歩き
何が面白いのかわかりませんが、動物というものは活動領域や稼動域の拡大を認知すると「領土拡大」じゃありませんが「自由度の確認」と言わんばかりに、興奮伴いつつ盛んな動機形成が行われます。そりゃどんどんフロンティアを拡大して生存競争に有利となることは動物の生命活動にとって重要ですからね、この辺の行動原理はDNAレベルに書き込まれいる事項なのでしょう。
ざっくり言えば「いけいけどんどん」状態。
「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう」の間逆ですね。
ある意味動物の行動原理として、体力に余裕があれば「いけいけどんどん」状態など放っておいても発生するものだし(過度だと寿命縮むけど)、「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう」なんてのは注意事項の書き込みさえ終われば速やかにリカバリー(立ち直り再起動)したい事項になります。
 ↓
落ち込み事象の意図は「注意事項の書き込みと再起動」となるのであって、「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう」状態が単体で存在しているのではありません。書き込み終わればその設定でDATAベースを再起動して、パパパで選択という流れでセットになってる事項です。

繰り返しますよ、
「思い悩む事や、ふさぎ込んでしまう」状態が単体として独立して存在しているのではありません。
■この現象の本質的意図は
「発端となった失敗(過失)」を自我の”ライブラリー(ライブラリ)”領域に「ここ注意事項だから」を追記する事です。→そして再起動(立ち直り)により行為として完結している。
更にこの処理内容の詳細と言えば、
 ↓
事実関係のジャーナリズム切り分け発動→「何ができて、何ができないか」→「”できる”判定行動で何をするべきで、何をするべきではないのか」→「どうするか?やることはこれだ」←こんな感じのオルタナティブ思考のようなプロセスがスパコン並みの速度で脳内展開し、自意識にはこの瞬間が「うーん」だとか「あ〜あ」だとか「え〜っと」などの感覚で「転換ポイントみたいな”拍子”」として認知されてる。
(「さあ今年の宝くじなんとか番号は?」ダラダダダダダダのドラム音の後「パチン!」」)

基本「メモ帳などに事の顛末などを書いてライブラリーに保存すれば後はDATAベース立ち上げと選択で終わり」なんです。
※哲学的思考みたいな(前意識メモの文字数を超える)複雑な思考の場合も「一見落ち込んでいる時によく似た”深く考え込む”状態」になります。←この場合はデスクトップ上の専用領域に詳細で膨大な内容を書き込み中のため真顔が長時間継続するので『ロダンの考える人』みたいなポーズをも派生させる。パッと見の仕草や様子は鬱状態に似てますが「全く違う状態」です。


■『鬱状態』がやっかいなのは
「痛みの連想です。」
前述の「痛みによる事の重大さをなんとやら」の流れが成立するのは、そりゃね「痛覚が興奮を呼ぶから(いい話だと”感動”と認知しているかも)」に相違ありません。
脳内物質を大量に分泌し(この脳内物質がメモ帳に注意事項を書き込む時の”インク”とでも考えてみましょうか)、ガチっと太字のボールペンでメモ書きが可能となります。
しかし、ご存知のように「興奮」ってのは脳内では「同時に快感分類そのもの」です。
ガチっと太字のボールペンで自意識の近くに書き込まれる事項ってのは「忘れてはいけないこと」ですよね?=「これは大変なことなんだ」と、いつでも追体験可能な状況でチラチラと視界に入る場所にあります。
そしてこのメモ帳を開くと「興奮(脳内では同時に快感でもある)」も再現する。
(この興奮再現が無いと「注意事項をケアする工程」を発動する動機形成モチベーションが不足する。)
 ↑
トラウマ論思い出してください。
そしてフラッシュバック現象。
もし、ガチっと太字のボールペンどころじゃなくて、黒い墨で太い毛筆による書初めみたいにその注意事項が書かれていたら?『大 蔵 大 臣』とか『長 嶋 茂 雄』とかね。
 ↑
ある理由で恒常的な欲求不満状態に置かれている自我が、うっかり通常あり得ない「黒い墨で太い毛筆の筆で書初めみたいに書かれた注意事項を見ると」(あかたも禁じられたヘアヌードグラビアを見たかのような)興奮(脳内では快感)を派生させます。
恒常的欲求不満が固有にこの快感代謝に依存(ハイパーリンク)する形になったらどうなります?
(これって「反動形成により興奮を伴う特定感情に固定化される構造」と同じです。)

中断説明に出てきた「体罰をふるう教育者」、
この体罰が成功するケースを考えてみましょう。
(なんからかの事情でその教育者の権威が揺ぎないものに認知されている場合)
「○×(メモ書き注意事項)を見る度に△先生の顔思い出しちゃうよ(笑。△先生怖かったな〜ww」
この人物が超権威である場合(字の太さがフォントにも無い太字毛筆の場合)、
興奮と注意事項の威力は「容易に人格の全否定も可能」な権限を持ちます。←そしてこの強大な力を持つヌードグラビアの興奮は権威性の”超度”に比例するだけで無く、反動形成つけて(係数付きに)倍化する可能性を示唆しています。
「鬱酒に飲まれてしまう」ような可能性はとても高くなる。
そしてこの深みにはまると(快感代謝量も膨大で場合によると過剰になるので)依存・中毒症状に至る場合も想定され、反動形成で快感代謝が係数付きで過剰化する分「同じ水準の快感代謝を現実世界に求める事は量的に不可能であり」、戻ってくるのは大変であるだけでなく鬱状態となると(過剰な快感代謝による)強い疲労感を伴う。

■重要なリスクは二つ
1「フォントにも無い太字毛筆で書くような”重大事項”の認知経験」
(巷間伝わる「真面目な人ほど」のバックグラウンドになり得る)
2「恒常的な欲求不満」
(こちらも巷間伝わる「真面目な人ほど」の特性)

対抗策は
・余計なストレス追加を極力避ける
・目先の個別具体的な悩みに重要性を主張しない(注意事項はせいぜいボールペンで)
・無駄だとわかっていても現実世界の快感代謝をコツコツとでも義務付ける(散歩や体操や室内で全裸になってみるなど→ですから入浴も有効)
・幾分かでも状態の緩和があれば趣味など快感代謝効率の高い行動を進める
・小手先に見えますが「扇子でパチン」みたいな拍子木効果のあるグッズをゲットする
(散歩のコースに必ず神社を入れて拍手を日常化するのもアリかも)
・無駄に「よし」とか「さて」や「どっこいしょ」とか言ってみる
・根源的には毛筆の『大 蔵 大 臣』や『長 嶋 茂 雄』を破り捨てるかボールペンで書き直す
(「限りなくPTSDなトラウマ系鬱」の場合はここが「発端となった事件のジャーナリズム的解体」アプローチになります。)

などなどですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄トラックバックを閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで時折記事のコメント欄などが承認制になっていたりしますが(或いは昔の記事など)、現在のブログ運営方針が「コメント欄トラックバックの閉鎖」なので、仮に投稿があっても内容に関わらずもれなく削除となりますので宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:
posted by kagewari at 22:27 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0