2014年02月13日

正直都知事選には驚きました

(一部を除き)各政党が消極的に応援する知事選で、事実上安倍政権的には「公明党に貸し」を作る事に成功し(安倍政権らしくない候補者容認で)、勝手に連合まで(原発労連さんが)自民党推薦候補を支援しちゃうというね(笑
「票が減るから表に出ないでくれ」と指示が出て勝手連で細川支持していた民主党ですが大問題なのは支持母体の連合と完全に割れちゃったのが「その後たいして大騒ぎにもなっていない」という事で、
盛り上がりに欠く選挙と言われていましたが、各政党さんのグダグダっぷりには目も当てられないというか、、
今回に関しては盛り上がりに欠けた部分を都民の責任にするのも無理筋過ぎる。

■筋論から言えば細川氏圧勝でよかった選挙なんですが、
「未だに東京都の人間が他県の原発の電力使ってきた自覚に乏しいトンデモ無責任主義でした」という結果になりました。沖縄基地問題と似て「他県の原発の事など関心ないわ」てなところでしょうか、
(冷静に考えれば安倍政権にしても再稼働絶賛大賛成でも無く、既に保守系だからといって原発ドンドンでは無いって事情が一番盛り上がりに欠けた一因かな。)
脱原発陣営的にも「一定の支持集めておけば保守系を慎重派に留めておく効果としては十分」な思惑も見え隠れした感じありますね。
(そもそも民主党なんてところは脱原発とか発言する資格あるのかって内部事情なんだから。)
舛添氏を事実上擁立した理由も「公明党受けが良くて自民党離党除名の曖昧さ」がメインで拍子抜けした保守系支持者が大挙田母神氏に投票したぐらいです。
(被災者で現在住民票東京の方も原発より保証金の方が直近の問題でしょうし、脱原発って言われても被災地では「もうぶっ飛んだ後の話」ですからね。)

■結果の分析も大変わかり難い事になってますが、
今回最も株を下げた政党は「社民党」で間違い無いでしょう。
(いつも最後に期待を裏切る的な諦めの境地に近い感覚が再び。)
覚えている方も少ないかと思いますが、小泉氏が原発0突然唱え出した時(誰がセッテイングしたのか知りませんけれど)何故か「社民党がご意見伺いたいと小泉氏と会談しているんですよ」。ええ、随分前の話です。
(猪瀬知事辞任関連の前でしたっけ、ま、その辺の時期的なものは重要ではありません。)
逆算して考えれば「何らかの局面で脱原発で一本化する可能性」を視野に入れた確認の部分もアリアリの階段だった事は間違い無いでしょう。
事実、脱原発陣営一本化の噂が台頭した時には社民首脳から「重大な決意もあり得る」みたいな話もちらっと出てましたが蓋を開けてみれば分裂選挙で共産党の補完戦力におちぶれるというねww
これって、細川政権から新進党とかのアレの時といっしょだなというか(流石に今回は自社連立とはなりませんでしたけど←てか小泉氏がどうこう言う前に社民は”自社さ政権”の総括とかやってんのかな)、実際のところ細川陣営内部も「左翼お断り」だったようなで、そこに雪もあって細川氏惨敗という結果になりました。
もう「やる気あんのかっ」て。。
(※共産党に至っては、選挙結果を評価するとか言ってのけてますから。←そういう事は政策実現性を担保してから言えと、)

安倍政権的には「なんちゃって候補出しておいたらなんか勝っちゃったけど大丈夫ですかね」という結論では無いかと思います。
事実、原発推進とと取られるような事が無いよう再稼働関連は慎重にという声も出てますから。
なんだかな〜

■確かに細川氏が勝ってしまう事の怖さもあったんですが(現在の国際情勢から安倍政権に正面から批判的とも取れる動きは避けたい)、小泉氏的にもそういった部分を排除する意味もあっての「細川氏を保守候補としてアピールしたい」側面あったと思うんですよ。外交的側面で現政権を批判している部分無いですし「間違っても共産党と一本化する事はあり得ない」的な。
具体的なとこから言えば、早々に立候補表明してしまった宇都宮氏の判断に尽きるんだけども(何を想っての判断か知りませんが)、
『各政党のヘタレっぷりには目も当てられない』に尽きますね。
(安倍政権は自民党主流派じゃないですからね?ここ間違えないように、)
政策を実現するために政党あるんだから、組織防衛優先で限り無く消極的になってしまいまう体たらくはどういう事なのかと思います。
(細川氏の票が減るから的に露出も遠慮した部分は、まーいいとしてですが。)

■安倍政権支持者の保守系のみなさんもちょっと聞いて欲しいところなんですが、
野党が弱すぎると、政権運営で全責任が官邸に集まってしまうので必ずしも官邸にとってもベターと言えない部分あるんですよ。プロレス的要素があればもっと楽に進められる部分あるでしょうから。
ぶっちゃけ、安倍政権は増税も本音反対だったし(法案的に撤回できない状態だったことから野田政権の仕掛けた罠とまで言われていた←てかこれは谷垣政権前提とするおみやげだったんだが、、)、なんとか脅してでも経団連筋にはベースアップやらせたいという「どこの社会党ですか」なところが政策の売りでもある。←つまり安倍政権としても「野党サイドの阿吽の呼吸的協力」ある方が楽なんだわね。野党としてもそこで交換条件で一本優先順位の高い政策でも交換条件にできれば成功だし。
事実安倍政権が、維新やみんなを重視するのは「自民党内では必ずしも主流派では無いから」でありまして、舛添でいいよってのも官邸ごり押ししていない証拠でしょう。

知事選に関しては社民党がアレだったと言えますが、
国政全般に関して言えば、『民主党』残党が壊れないってところが一番政局をパッとしないものにしている原因でしょう。←『民主党』残党のみなさんは何考えているのかさっぱりわからないですから。
連合に怒るでなし、党内で集団的安全保障も意見集約無しで、党内で野田政権総括をやってないものだから安倍政権の増税部分を批判できない(てか安倍政権をして増税とめられない状況にしたの野田政権と谷垣氏の民自連合ですから)。←何がしたい政党なのか完全に意味不明となってます。
(こうなってしまうと、政党助成金を分配してもらうためだけに存在しているかのような、、)
知事選におけるフラフラっぷりにも目を見張る凄さありましたね(笑
(ぶっちゃけ全員落選したいただきたい。)

■しかしますます野党の糾合は難しくなりました。
(てかぱっと見、今のままではどうしたって不可能だよね。)
割れるほどではありませんが、自民内に野党的グループできつつある雰囲気があるので、そこがどう出るのかってとこでしょうかね。にしてもいろんな意味で与党頼みには違いない。
(いやはや考えれば考えるほど、谷垣政権で野田財務大臣になっていたらと思うとゾッとしますが、ハト派の古賀氏が不支持表明で消えた谷垣再任は以外にもタカ派安倍政権に繋がりましたが、ここ古賀さんは自分の政治行動どう評価してんだろ。)

知事選はともかく、安倍政権には秋の日露首脳会談までは支持率も盤石で行っていただきたいものです(消費税増税がね〜ちょっと厳しいなここは)。
野党の糾合はその後の話じゃないですか?安倍政権がロシア外交で中国けん制と北方領土などで得点かせげば社民や小沢陣営の左巻きもいい意味で詰むだろうし、連合もいい加減方針転換するかも知れない。心おきなく安倍政権も消費税10%の方を無しにできる可能性高まる。
知事選も今年の秋以降だったらもう少し盛り上がっていたでしょうね。


posted by kagewari at 07:05 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0