2013年07月26日

諸外国の『共同幻想』

勿論ひとからげにして語れないので、『共同幻想論』なんてものは研究者とか学者では無く市井のアングラ系論壇なりが(掲示板だとかで)各国でやればいいことなんだと思うんだが(かといって岸田心理学の『共同幻想』とか広まっているわけじゃないつーか欧州ではフロイド心理学をマジでやるのも難しい環境だったりする)、国際関係なり社会学的『共同幻想論』とかする上である程度想定しておかないといかん事項に違いない。
細かいところは無理だし「そもそも国が違えば『共同幻想』まるで別物」なんだから、ザックリ大まかなところでしか考える事はできない。
てか、そんぐらい想定できれば大丈夫な事かなと思う。

日本では外国掲示板なんかの翻訳ブログが「ひとつのジャンル」として定着しているので、参考程度の意味でしかないのだけれど、生情報的にはそこいら辺で発見される傾向なりは何とはなしに留意している。
(※前述のアングラ論題の掲示板などって話は、以前韓国だったかに「日本ネタを日本のユーザーとバトる掲示板」が存在し、日本の一部ネトウヨと比較的知日韓国ユーザーで連日激しい論争を経た中で双方で文化人類学的知識が大幅に拡大したなどの事例もある。)

さてアウトラインから話を進めると、
主に中東に由来する一神教伝統宗教と、古代ローマ帝国における国家像なるものが組み合わさった”なんとか”をビヘイビアとする各国の状況は(例外はヒンズー教のインドぐらいか)、「宗教権威や戒律」が『共同幻想』では無く共同体の中で「権威」として有無を言わさず確立している社会で(批判は普通にできるにしても「大前提の権威の存在」を無視して話ができる環境ではない)、
■この意味はたとえば宗教戒律をどこやらで論駁するとか全く意味が無く、社会なり個人なりのバックグラウンドや無意識に避けようも無く(その共同体では誰でも知っている神話でも同じ)『幻想』として成立しちゃってる(知らない人がいない)ところがポイントになる。
音楽にたとえると『共同幻想』は当該民族の伝統音楽などにみられるコード進行だとか誰しも思い出せるフレーズだとか音感などの現象とほとんど同じ。
(当該民族言語固有の語彙とかなどは更に決定的な『共同幻想』だと言える。)
或いは「その民族なり集落では皆が知っちゃっている記号で且つ意味をもつもの」、
こんだけで人の自我構造においてそれは無意識的領域から必ず個人の人格に影響を与えるので(個人が作曲しようとするときに「伝統音楽や流行音楽の」←とかで想像してもらえるとわかりやすい。)
▲「社会なり個人なりのバックグラウンドや無意識に避けようも無く誰もが知っている権威」
このキャラクターは「クラシック」に近いものなので(聖書は誰でも知っているがその解釈で様々な分岐がある=譜面は同じだがN響とボストンオーケストラじゃ別物)、関連する権威性指導者だとか母集団への浸透性などこれかなりハイレベルで、簡単に相対化による無力化とかも難しいワケでありまして(叙事詩みたいな長文相手に反論とかも何もね、、)、
「あーめんどくさいもう異教徒でいいよ」みたいな(事実ビートルズの台頭がそうだった)、確かにないかにつけめんどくさい話になる。

※ちなみにビートルズ台頭前は、ポップスも教会音楽やフォーク的諸民族の伝統音楽の影響下にあり、そのビートルズも60年代サイケデリックで(ロックの限界感から)インド系音楽だとか「所謂多民族の伝統音楽などをカウンターに持ち出す」手法にハマるだとか随分苦労するワケだけど、
(ちなみにヘビーメタルは教会音楽回帰的なロックだと思う。)

このさビートルズ台頭以降に「極端な世代の分断」が発生し(『共同幻想』お家断絶的な)、ヒッピームーブメントに代表される世界的な変革の予感のような状態に至るんだけど、
この時の『極端な世代の断層』のような要素は解決する事なく延々と現代でも「特に欧米系では続いている」。
(欧米でサブカル系に一歩踏み出すと、とにかく至るところから「何か言われる」閉塞感を体験する(あるいは心理的に感じる)のであり、東西冷戦は終わっているのだが文化的側面は「いきなり異教徒扱い」みたいな覚悟なしに個人の趣味もできないみたいな世界があるのは事実。)
理由は簡単で権威性の点で『クラッシック最強』のような知見は「誰もが知っている(自分も知っている)」ビヘイビアがそう簡単に変わる事が無いからだ。

■日本がトンデモ系henntai国家として異例な発展をした背景には「親鸞などの”斜め上”の宗教革命?」があるからで、かなり昔に「伝統的権威はこれだけトンデモです」みたいな前衛的伝統文化論が広く浸透した歴史的経緯があるからだと想像される。
(※勿論同様の「斜め上解釈」は欧米・もスリム社会などでも多数あったと思うんだけれど、「斜め上解釈」がメジャーになるためには、日本のような小さな島国じゃないとほとんど不可能なので極めて地理的環境の偶然によって日本の「緩い『共同幻想』」が発案されたと言える。←ちなみにこれは明治〜昭和の軍国時代に異様にネジを巻かれ歪み、現在ゼンマイがほどけるように崩壊中。)

たとえば、中東モスリム社会でも現在のエジプトジャスミン革命やトルコのデモに見られるように、どんだけ世俗派的運動が発生(或いは主流派として成功)しても、近隣各国が現存するわけで当該国内の保守派までその「斜め上に染まり緩い『共同幻想』にまで至る」事はほぼ有り得ない。
欧米においても、「秋葉原は天国」「新宿2丁目が天国」などと知られているように当該国では「ゲームユーザも非常に多数」だったり「同性愛の結婚も認められていたり」いかにも日本より前衛的に見えるのに、現場では常に厳しい保守派の視線が消えるワケでは無く「心理的に厳しい状況」は継続している(そもそも大規模デモや政治的争点になっている事自体「異教徒の権利闘争」みたいな枠内でしかない証明である)。
■この特有の閉塞感(てか日本の『共同幻想』が異様に緩いんだけど)、決して保守派は消えないし保守派のよって立つ権威を「知らない人がいない状態」は欧米や中東諸外国の普遍的バックグラウンドであることは事実だと考えていい。

※ちなみにフランスの世俗主義が例外なのは(そもそもフランス革命無しに米国の独立も無いのであり)、アンチキリストとも言えるレベルのフランス革命闘争を暗黒時代とも言われる100年規模でやって初めて可能となっているもので、この国の世俗主義だけは「根性が半端じゃない」ので例外だと言える。(あんまり根拠の無い話なんだがWWUでいきなりドイツに降伏しちゃう様に「根性入った世俗主義」が関係してんのかもしれない。最強とか違うかもだがフランス軍主力に「外人部隊」が存在するのは『保守系共同幻想国家対抗組織』の一面もあるかも。)
日本との比較で言えば、「フランスは根性入ったサブカル上等・日本はいいかげんでええじゃないか」みたいなものですかね。
(日仏両国ともに”モダンJAZZ”がカルト的人気になった歴史的経緯があり『共同幻想』語る上で重要な共通点かもしんない。)

俺が「ウィーン→パリ→NYその次は東京論」を掲げている根拠はサブカル系の前衛文化が花開く母体となる都市ってのはまーね、そういう空白感だとか自由感無しにはあり得ないからで(ウィーンの場合は当時『共同幻想権威文化の殿堂』だから意味が違うけれども)、
米国の凋落を背景に考えると現在考えられる候補都市が東京しかないからだ。

さて話は戻るけれども、
■硬性の『共同幻想』を抱える欧米・中東各国にとって、現代社会は極めて適応に苦労する状況であり極論すると「経済学」まで「そこから先へテイクオフできず下手すっとかなり極端な破綻を織り込まざるを得ないのじゃないか?」とも考えている。
存外に各国の経済学は『共同幻想』の影響下にあり、所得格差であるとか高度の所得分配による内需型経済へのシフトがうまく行かないなど、場合によってはかなり強い足かせになる。
これはですね、案外簡単な構造で、
(えーと宗教やっている人の異論はあると思うが←最初に言っておきます)
伝統宗教ってのはその当時考えられる「幸福論」みたいな啓蒙思想なワケで、現在社会のような経済規模は想定外なんだよね。
つまり場合によっちゃ前衛ユートピア思想的な着想無しに語れない現代経済学は”その先”の話になっちゃうからさ、対応できんのだよ。どうしても経済学的な保守バネと化してしまう。
確かに気象条件から”島国的前衛都市国家”である北欧がかなり実験的な政策を進めているけれど、その規模やスケールの点で欧米・中東圏のメインをリードするのは不可能だといって言い。

では日本初で「現代社会経済学」が花開くかって言えば、現在『解体する共同幻想過渡期』で相当あちこち変遷中で(整理されるまで後10年ぐらいかかるんじゃないか)、日本が世界に何か発言できるとかとてもとてもそういう状況ではありません。
(それでも条件は「よりまし」だと思う、)

■どう考えても硬性の『共同幻想』を抱える欧米・中東各国の今後は厳しい、
下手にしっかり「政教分離」に成功しているため、社会変革時に血みどろの「共同幻想解体的な宗教革命」の論議に”構造的にならない”んだよね←心理学的に言えば『歩留り個性化選択』定着しているんだわ。
破綻目前の各国経済の今後はとてもとても明るいとは言えず、
発信力の点からそれが可能なのは現在のスーパーパワー国家的には米国だけなんだけれど(ロシアはおもしろネタ国家化しているし)、そのアメリカがね〜、、、
それでもアメリカだけが大統領選挙の時なんか「共同幻想解体的タブーも論議になる」傾向あるかもな〜な期待も0では無いから、大統領候補の人材次第な気もするけれど、どうだろう=「運任せ」だよね。てか「ここがインターネッツですか」が、ウオール街の資金抜きで当選できる大統領を出現させる可能性足りえるのだろうか、、
(その辺は「インターネット=基本アングラサブカル系」→『ミドルメディア対既存メディアの相克』てな具合で、同じように硬性の『共同幻想』にぶち当たるのは間違いないんだけど。)

そんな関係で現在の硬性の『共同幻想』を抱える欧米・中東各国の状況は出口論を先に考えられないから、おっかなくて見てられない。
どこかで「息が詰まるように戦端が開く」とか勘弁してもらいたい。
(イスラエルに宗教革命なんて無理難題なんだから、なんだかんだで「米国主導によるパレスチナ和平交渉の解決」が成功しないことには、この不安は消え無いのじゃないだろうか。でもエジプトの状況など見ていると、とてもとても、、、だわな。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:40 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0