2013年07月18日

鳩ポッポが叩かれている件〜そして(マスコミは)180度逆さまに

この人はホントに素直バカというか(それこそユートピア思想の人だから)、怖い物知らずというか「やっちゃう、言っちゃう人」で、尖閣といい沖縄の時といいそれを勇気と言っていいのか正直評価が難しいのですがこんだけ『共同幻想』”見えて無い”人も珍しい(笑
鳩山氏には「とっくの昔に世界は『単独者』の時代」に見えているのかも知れません。
まーそんな鳩山氏の発言内容が問題なのでは無く、話がややこやしくなっている背景は「中国・韓国」における複雑な世論にあります。

これやりだすと又各方面から関係の無い批判も飛んできそうなので、あんまし乗り気じゃないんだが、日本がWWUで占領した各国は(日本の行為はある意味「帝国主義時代」の欧米列強最強神話のネタバレと大日本帝国への期待と失望なる複雑なネタバレであり)非常に複雑怪奇な『共同幻想』を抱えます。極端な反日とならなかった各国は「なんだかんだとその戦後の独立仮定に旧日本軍関係者」が一枚噛んでたようで(これが又歴史の暗部なので詳しい事実関係はわからない)、代表的な一例はタイ軍なんかが自衛隊関係者を招くときにタイ軍が思い切り旧日本軍の軍艦マーチだったかを熱烈歓迎で演奏するなど(ベトナム軍にも旧日本軍が残りベトナム戦争まで戦ったという話もある)、台湾などは日清戦争戦った蒋介石の国民党がだ「旧日本軍を顧問白団」として迎えて中国共産党軍に対する云々とかの経緯があって、親日傾向にあって更に台湾の場合日本植民地時代に中国からの上位階級的振る舞いのある外省人との関係が微妙な本省人(台湾の先住民族)を公平に扱った事からそれこそ田舎の高齢者が「天皇陛下万歳」とかのノリも残っているぐらいであって、
韓国の反日はまず置いて置くとして、
中国の反日のわかり難さに話を移すと、中国は日中戦争のさなかで中国共産党の内戦に至り日中戦争の当事者が台湾に落ち延びた関係にあるため、田中角栄の訪中時などでは「中国共産党は日本軍を嫌うどころか(国民党を潰してくれて)感謝している」という逸話が残っている(非公式な話なので正確な文面はわからないが事実とされている)。
つまり現在中国共産党が絶賛展開中の反日は「事実から完全に乖離」している。
(更に言えば中国国内での殺戮を引き合いに出せば「文化大革命」のが酷いんじゃないかと洒落にならない背景を抱えつつ、)
そして韓国だけれども、
俺も不勉強を恥じなければいかんのだが、日本国内における北朝鮮系・韓国系の所属というのは出身地により分かれているのかと思ったら全然違うとの事で(そもそも日本に来日した時には統一朝鮮である)、戦後南北に朝鮮が分裂するに至って、どちらを統一朝鮮の政党政府と考えるかみたいなところで分岐しているようで(詳しいことはよくわからないが)、日本の北朝鮮系政治団体が=北朝鮮出身者を必ずしも意味していないという複雑な背景を考えると(仮に中国の南進で朝鮮半島の赤色化に成功していれば南朝鮮政府が日本に亡命政権を作る形になっていたのではないか)、その背景は複雑です。

戦後の冷戦期だけでなく戦前から日本にも所謂左翼「共産主義革命」を夢見た勢力があります。
■ここでおさらいしておくけれど、共産主義は「東ローマ帝国反動」みたいなっちゅうかキリスト教系自由主義圏に対する対抗軸で(マルクスと言えば反宗教みたいなイメージあるので誤解する人多いんだけれど)、むしろ現在のイランのような原理主義派による一党独裁政権が特徴で(共産主義における理想論もキリスト教の宗教革命的科学主義と見ればわかりやすい)、構図は『世俗主義VS原理主義』だったんだよね。
日本の戦前における共産党弾圧もなんというか江戸時代のキリシタン弾圧と似たとこがあって、
根っこにキリスト教『共同幻想』などが無い(なんでもあり系の)日本社会では潜在的アイデンティティーに欠ける政治運動になるワケさ。
(※ぶぅっちゃけ日本は民主主義すら浮いているんだから)
当時の中国も朝鮮半島も近代以前の封建主義国家みたいな状況だから、そんなキリスト教『共同幻想』に関係する原理主義的『共同幻想』がそのまま入ってくるには無理がある。
事実北朝鮮は世襲制の共産主義という、これ全然共産主義とか違う「絶対君主制独裁国家」なのであって(一部には旧日本陸軍の特殊工作機関がバックにいて天皇制と日本の軍国主義国家を模して設立に協力したというトンデモ説もある→なので北朝鮮の核は米国を狙うものだとか)、
だから中国にしろ韓国にしろ(日本における民主主義が浮いている状態の三倍増しぐらいの)政治や社会構造における『共同幻想不安』を構造的に抱えていて(ある意味日本の場合は象徴天皇制がこれを補完している)、中国においては共産党政権の正統性不安、韓国はご存じのとおり長らく軍事独裁政権だったのであり国家としてのアイデンティティーそのものが当事国の歴史文化との連続性を欠いており、「常に不安定」と考える事ができる。
簡単に言えば『保守本流』という概念が成立しない。

日本の戦争責任問題をややこしくしている背景は、右翼なり保守派の「責任論」に不徹底なところがあるっていうか(勿論これをやれば中国・韓国は激怒するだろうけれど)、
日本の右翼や保守派は「アジア開放で行ったのなら少なくとも満州から朝鮮半島から撤退するような無責任な事をするべきではなかった」という論陣がもっと目立ってなければならず、
名目は本土決戦に備えてだが「大陸から逃走した」としか言えないんだから。
(それが中国残留孤児問題だったんだから、)
中国との戦争も(後から台湾と関係強化となるのであれば)戦争中に重慶の国民党軍を和平を行い共闘し共産党軍と戦うという状況があれば、そもそも敗戦後の朝鮮戦争は無かったのかもしれない。
更にロシアも動き難くなったでしょう。


で、中国・韓国内においてネット掲示板などでどんな論議になっているのかと言うと、
当事国では売国奴認定されているような(殊更親日でも無いだけれど)掲示板とかがあるワケですよ。そこで語られている話って言うと、
中国で言えば「反日デモとかに出てくる無知蒙昧は本当に迷惑だ」だとか「民度の点で中国が日本にかなう訳が無い」だとか「共産党の妄言始まったか」みたいな話が公然と語られており、
(歴史を紐解けば中国に共産党が拡大した背景は第一次世界多戦後の反日運動という話もあるようなのでここリンクしているのは事実なんだけれど、)
韓国においては日本とある面似た構造があることがわかる。
ひとまず韓国事情は置いて置いて、
似た側面って要素の日本の話にしましょうか。
日本の左翼運動も思想的つーか政治思想としては(日本はキリスト教『共同幻想』関連国家ではないので)実存不安にあるわけで、その活動の中心は専ら「労働運動」ってとこにありました。
同時に戦中の弾圧期には(島原の乱じゃないけれど)「日本の政権」そのものに対してルサンチマンがあるわけです(江戸時代なら討幕・現代社会だと反政府)、
つまり「反政府・労働運動」が必然的なテーマになります。
そしてマルクス主義は一見優れた科学的哲学のような姿であるため、当時のインテリ階級に広く普及していて(社会学的に言うと「宗教信者が増えていたように」と見ればわかりやすい)、これがマスコミであるとかに浸透します。
韓国の場合だとそれは「反日帝であり反軍事政権(反米)・北朝鮮を正当政府とする統一」となり、
つまり、本来のマルクス主義の「反キリスト教保守主義」という歴史的連続性が無いので、その「反ナントカ」の行先がわけわからんところへのルサンチマンになってしまうのであります。
現実と乖離するため「歴史を改変しないと辻褄が合わない」というか、、
そして日本の左翼運動も「反日本政府」という点でここに一致している。
現在の韓国は20年前ぐらいの日本において保守論壇が批判を恐れ非常に発言に苦労していたのと全く同じ状態があるようで、韓国国内においても日本の賠償は完了していて云々(韓国の近代化は日帝支配による貢献が大きいなど)知っている人は百も承知で「だけれどもこれを容易に発言できない」状況にあり(日本で20年前あたりの自虐史観に10倍ほど猛烈なバイアスでかかっていたらみたいな感じなのではないでしょうか)、韓国国内の保守派は口をつぐんでいる状態なんです。
間違っても「敗戦間近、同胞である日本陸軍の朝鮮半島撤退が無責任であった」という戦争責任の追及とかを口にできる筈が無い。
更に日本国内では「労働運動」の点から左翼運動家と各朝鮮半島系政治団体との共闘が進むことは自然な流れになるし(小泉訪朝まで社民党は北朝鮮の拉致は無かったと主張していた)、この状況はマルクスさんに聞いても「どういう状況?」な複雑な背景を抱えたものだと言えるでしょ。
(まーどの宗教革命もその時々の民衆の不満なんかを糾合するものだったのだろうと思うけど。)

えー又中国に話を戻しますか、
確か四川大地震の時、小さく報道されたものですが、
北京政府要人が非公式に日本大使館に現れ「自衛隊の救助を要請した」(後に否定)という話がありました。推測されたのは人民解放軍とのなんとやらがうまく行かず、救助を急ぐためマジ自衛隊にみたいな観測だったように思います。
中国の場合北京政府が非公式なところでは「いやいや反日は方便だからゴメンね」的につーかーだったのはある面常識で、これがやっかいになった背景は『天安門事件』です。
この事件はひとつ間違うと「最強に中国国民殺しているのは誰か」みたいな”何”になりかねず、文化大革命云々もからんで、中国の屋台骨があやしい事になる訳です。
そこで中国共産党の正当性を(当事者の主体はどちらか言えば国民党軍)人民解放軍VS日本軍的ファンタジーに求め(勿論共産党軍も日本軍と戦っているけれど共産党軍における大勝利ってのはむしろ国民党軍との国内内戦なのだから)、「なんか収拾つかなくなっちゃった」のであり、この歪な反日教育の発端は中国国内における『共産党正当性へのブーメラン』となり兼ねない問題もあり(自分で地雷を仕掛けたような話)もう引くに引けないのです。←ある意味共産党が勢力拡大へと繋がったのが「第一次大戦後の反日運動」だったとの事なのでその史実に対するノスタルジーなのかもしれない。
(実際先日あった中国国内でのクーデター騒動は毛沢東主義を掲げた勢力であり、ここ最近の異様な反日が「共産党正当性不安の高まり」に比例していることは間違いないでしょう。皮肉にもこのクーデター話が出たのは重慶市で元国民党の支配地域だったのも皮肉ならがら、そこが毛沢東主義を掲げってのが更に歴史の皮肉というか、、)

で、日本の左翼運動は「中国共産党との政治的関係は浅い」ため(国交回復が遅れた事もあるでしょう「毛沢東”思想”」の方は大流行しましたが)、日本国内の反中は今歯止めとなる国内勢力がそれほどパッとしない事もあって増すばかりなんであります。
そして嫌韓に話を移すと、嫌韓は『日本国内の嫌左翼と同義語』になっておりアンチ左翼知識人アンチ左翼マスコミを経由すると自動的に嫌韓となる増幅回路がある。フジテレビのアレは完全な笑い話というか”皮肉過ぎ”る話。
(えーとマスコミ関連ではですね、戦中の日本が特高警察などに拷問され日本では暮らしにくくなっていた共産党系インテリ人材などを積極的に満州鉄道新聞などで活用しただとかそういう歴史的経緯も関係しているのじゃないかと思う。うーんと戦時中の軍部は「敵の敵は誰でも見方」なので、対ロシア諜報活動でロシア共産党を援助しロシア革命煽ったとかもやっていたのでありまして、ここも政治思想なんかで割り切れない世界があるんであります。←北朝鮮に旧日本軍部関係者が関係しているトンデモ説なんてのもそういった時代背景もあっての話でしょう。)
■昭和の政治的バックグラウンドで言えば、安倍ちゃんなんて本来岸系列のコテコテの親韓であり(この場合連携しているのは韓国保守派)、親中国と言えば田中角栄氏の背中を押した公明党、そしてその流れから自民党田中派って事になりますが(信頼関係としては公明党より北京政府と旧田中派のが強いんじゃないでしょうか)、
現在この辺の「非公式にあれだよねな会話」ができる環境が完全に崩れており、
それぞれの思惑を考えてみれば、
安倍ちゃんのところは小泉氏を経由した関係で「北朝鮮との交渉」にかなり強い思惑があり(ここ韓国保守派と思惑的にずれたのでしょうか?)、公明党はどこまでも自民党にくっついていく政党になってしまいましたから(ある意味田中派裏切ったというか)中国どころではありません、
旧田中派は小沢氏んところがぽしゃってしまいましたし。
(ある意味困り果てた北京政府が小沢氏の天敵旧田中派の最後の重鎮野中氏呼んだりしたのであり→頼むから”棚上げ”である程度北京政府立てる形で現状を収めてくださいみたいな。)

※付け加えると小沢氏が自由党当時から外国人地方参政権を支持したのは論議はともかく結論を急ぎ過ぎた話だと思います。地方議員は国会議員選出の運動員的意味合いもあるので小沢氏なりの思惑もあったのでしょうけれど(これが原因で小沢氏は保守系世論からかなり強烈に批判されている)、納税している永住者の権利として現状のままでいいと思えませんが、いきなり参政権の法案化具体化を進めるのは『差別的右翼活動を極度に刺激する』だけでなく(実際そうなっているし)、逆にややこやしい問題に発展する可能性がある事も考えなければなりません。
(この点に関しては反対した亀井氏に一票です。→亀井氏は「帰化論」だけでなく、浪花節的に「いきなり選挙運動を持ち込んでしまう事は人権擁護に繋がらないのではないか」と主張していたように記憶してます。:過剰な集票活動など)

さて話は戻って「こちらの事情を非公式に忖度してくれる要人いませんか」的なところに、
ひょっこり現れた鳩ポッポだったのです。
(イメージ的に想定されたのはカーター元大統領などの非公式外交とかなのかなと思いますが)
彼の場合、民主党に引導渡されてブチ切れし「残った金と残った生涯を鳩山式”大東亜共栄圏構想”に捧げる」腹ですから、ガンガンいっちゃったと。
そら叩かれますよね(笑
こんな状況なんだから。
先方の思惑も「ダメ元」なんでしょうが(てか売国奴と叩かれる事承知で堂々と発言することが可能な鳩山氏の振る舞いもそうながら、堂々と帰国できる日本って国の方に心底驚いたのではないでしょうか)、結果は勿論『むしろ逆効果になった』というところです。

みなさん「どうしたらいいのか困り果ててる」状態で、、
北京政府にしても現韓国政権にしても北朝鮮にしてもです。
もうね当事者能力ギリギリなんですよ。
(昔頼りにしてた友達も思惑が違ってちゃったりぽしゃってしまってたり)
ですから先日の『中国韓国首脳会談』は両者の思惑が支離滅裂のその先のファンタジーな世界まで行ってしまっており(彼ら現在休戦中朝鮮戦争の実質敵同士ですよ)、これを見た北朝鮮が「何事か」と椅子から転げ落ちたという有り様で、
「共通の夢」とか言われても「う〜ん何の事でしょうか」な激しいすれ違いが笑顔と握手でかき消されるという茶番劇に至ったワケです。

厄介な事に米国も欧州も似たり寄ったりな状態です。
どうすんだろ(笑
鳩ポッポ叩いて溜飲下げている場合じゃないと思うが。
アメリカも中国と本当に自国有利な外交交渉ができる根拠があるんだろうか(現在国防省はどちらか言えば反中で国務省はチャイナスクール状態)、てかさ北京政府が今ギリギリなのにこれをアメリカはどうするつもりなの?エジプトみたいに時代遅れの下手踏んだら逆にもっと収拾つかなくなるってか、軍事援助しているわけでもないからさ干渉するネタが無いでしょ。
(高級官僚が外国にプールしている不正蓄財で脅すぐらいが関の山)
そもそも今中国の経済は凄くヤバい状態なのに、手柄欲しさで中国すり寄っても儲け話はもう終わりっぽいんだが。(北京政府の方が強気に揺さぶりかけているように見えるだけで、実のところは米国の後ろ盾を最後の切り札的に欲しがっているような気がしてならない。)

そんな中小沢氏は岩手県演説して回ってます、笑うところじゃありませんが、
あちゃ〜っとなりますわね、
(野村監督がシダックス率いて都市対抗目指してた落ち方そのままですねこれ)
先日あったIWJのインタビュー聞くとすこぶる元気というか上機嫌のようにすら見えますが、この歳で流石というほか無いです。
まーしかし、その池に落ちた犬を棒でみたいな勢いで官房長官の菅氏が岩手に乗り込んでガンガン演説していく図はですね、「随分暇なんですね」と言わざるを得ないというか、、
流石の読売も野村監督が都市対抗戦ってた状況では「撃ち方止め」だったのであり、武士の情けじゃやないけれど、安倍氏含めてですが官房長官も政治家として経験不足な感ありますな。
(それでも安倍自民は石破氏より遥かにマシな政権だと思いますよ。)

官僚の諸君もこれでいいのかね?責任とれんの?と思いますが、
「あーこれが小沢氏だけでなく大東亜戦争研究者が言うところの”官僚における不作為の暴走”」って奴なのかなと思ったりもします。
鳩ポッポが売国奴と昔の政治家仲間からマスコミから叩かれ続けている図(売国奴って言葉は20年ほど前はそれこそ自虐史観の中で放送禁止用語並の禁句だったんですが随分気軽に使われるようになったものです)、
まさにこの絵が「世界を含む現状の政治状況」を表す象徴的な代物に見えたワケです。
なんかもうねギスギスしてんな〜ってか、

欧米における硬性の『共同幻想』は(言うならば「合理的明文化法理主義と潜在的階級社会」)破壊レベルまでいっぱいいっぱいで(だから米国なんかの場合「ゲイの同性婚合法化」だとかが保守派の絶対防衛ラインとかになる)、
日本における軟性の『共同幻想』は(言うならば「慣習法運用主義とムラ社会」)日々これ絶賛崩壊中で、
中国を代表とする「元々『潜在的共同幻想不安』を抱える国家」は不安の表面化にオロオロしており(しかもネタバレ=ハードランディングというか激しくブーメランだったりする話)、
過渡期も過渡期で見ている方は面白くて結構なんですが、

正直「えらいことになってきたな」としみじみ思う今日この頃です。
(自衛隊が銃を撃つような事は起きないと思いますが、この間保守派思惑(軍拡)・リベラル派思惑(米軍基地削減)そのどちらも→自衛隊の拡大が求められるのは間違いないでしょう。失業対策にもなるので自衛官諸君の給与を上げるとか雇用期間の延長など「地味な法改正」が現実的に思います。)


■で、え〜何でしたっけ
そうそう、
そして、ついこないだですねジャパンハンドラのみなさん(GHQの日本営業部)が日本記者クラブで一発ぶちまして(どの口が言うって話を)、記者会見では無くてマスコミへのレクチャーですね(笑
元米高官、安倍政権に注文 中韓との関係改善を
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013071601001992.html

思いっきり右寄りの方「梯子外されちゃいまして」(話違うだろう状態でしょうね)。
俺はジャパンハンドラのみなさんが意見を変えたとか最初から自民右派を騙すつもりだったとかでは無いと読んでます。
単にホワイトハウスか国務省からアホか何勝手な事してんだとダメ出し食らったんでしょう、ついこないだも国務省で「共和党政権の元高官が(これジャパンハンドラの方かと)最近、ケリー国務長官とアジア問題で協議した」って報道あったんですが、ネトウヨの耳には「ケリー氏自らの無知を知ってビックリ」という内容になってるんですが、思うにこれはガチで「大喧嘩した」って事でしょうな。
その後日本記者クラブの記者会見なんですから(笑

で日本総督府の営業部が記者クラブで報道レクチャーすると「仕事が早い」(笑
安倍内閣支持率“5割切る”政権発足後初…
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000008811.html

参院選:投票先「自民」減少37% 内閣支持55%、連続で下落−−毎日新聞世論調査
http://senkyo.mainichi.jp/news/20130715ddm001010042000c.html

(改憲派を自認する読売はまだ抵抗しているっぽいのかな〜どうだろ、)
あえて詳しく書きませんが石破氏が又大問題になりそうな失言をしており、
勿論自民の勝利は動きませんが、ホワイトハウスが(安倍氏どうこうでは無く)「大中・対韓に対しても米国の許可なく自主的外交判断とかしてんじゃねーぞ」というお叱りでしょうね。
(許してあげるのは金融政策までだ←財務省の後ろに米国もいたって事ですか、)
安倍内閣も河野談話受け入れとか涙ぐましい努力(安倍首相的には屈辱なんでしょうね)の甲斐も無く、なんだかこれ以降もイロイロ起きるんじゃないでしょうか。
(中川氏や小沢氏パージの時同様にマスコミ発で、)

そして、今日ですか小沢氏は外国人記者クラブで記者会見と、
http://www.youtube.com/watch?v=MnN0B6wXCKI&feature=player_embedded

日本の政治は静観、海外見ておく方がいいと言ってきましたが、
まーあからさまにそういう話になってきました。
しかし米国の狙いが正直イマイチわからないんですよね。本当のところは対中政策で何を狙っているんでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 01:39 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0