2013年06月24日

報復論の誤謬(ルサンチマン化リスクてかそれはトラウマ論か)

メンタル問題の現場で頻繁に遭遇する事象に「報復論的ナントカ」がある。
端的に言えば「被害認知を起点にやり返す欲求の肥大化」だ。
ちょっと話が長くなるかもしれないんだがおつきあいいただきましょうか、
まずもって、事の是非はともかく(確定的事実もともかく)、
動機形成の起点が『被(こうむる)』になっている時点で上記認知は「強迫的である」と定義される。勿論細かいこと言えば「反動形成」であるとか「安全保障上の正当防衛」だとか局面は様々だと思うが、詳細はこの件に関してはそれほど大事では無い。

話をわかりやすくする意味で、巧妙な詐欺にひっかかったであるとか「100%事実関係として当事者が”絶対被害者”である」前提で考えてみよう。
■言葉巧みになんとか詐欺にみごとにひっかかって身ぐるみはがされた。
この状況は4分6分なんか割合はともかく、かなりの人が「自己責任」も意識します。
■突然何の前後関係の経緯も無く暴力を振るわれて大けがした。
この状況は4分6分なんか割合はともかく、かなりの人が「自分で身を守る部分や警察による職業的公的治安責任」も意識します。
(実際の事件事例で加害者は勿論として同時に警察など公権力側を報復的に訴えるケースが頻繁なのもみさんご存じでしょう。)

思いませんか?「極端な報復感情に支配されない」ケースがかなりの割合に及んでます。
むしろ事象なり事件なりの理解はスッキリしており、次に起こす行動のターゲットや自らの行動・動機形成に迷うところもありません。「大問題は大問題だが、メンタル的固着のような状況には至っていない」。
「前提条件”絶対被害者”でも」ですよ。
(※ここはある意味「メンタル問題と”わかり難さ”の関係性」と同じ原則。)


報復ではなくて個人的『復讐』で考えてみよう。
■大事にしている何らかのものを不当に破壊なり殺戮された。
1警察なりに対処を求め裁判では検察に死刑を求める。
2「これは俺の手で」のように個人的決断で復讐を実行する(このケースは相手が特定されないとできないが)。
上記2例どちらも「強い復讐への動機、意識がある」事になりますが、「報復感情に支配される」ような状況には至りません。
犯人なりの殺害が目的化しており、こうなると起点となる被害は(犯人を殺害するという目的の条件として)与件化され、表現としてはアレですが後に尾を引くことは無い。
(大事にしているものの破壊や殺戮によるロスに起因する鬱状態などは別の論議。)

『絶対被害認定』のうな”わかりやすい事例”(表現は不謹慎ですが「わかりやすい酷い被害事実」)であればあるほど、所謂メンタル的な「報復感情に支配される」ようなストレスにはなり難い。
(特に『復讐論』で言えば、復讐の決断によりこれは解決するというか、覆される。←この判断が確信犯的であればあるほど「復讐のスケール」というのものが具体的に検討されるので、更に不謹慎な発言ですが「それなりの具体的損失の評価」が自主的に行われるのも事実。復讐論の1においては検察の求刑に「死刑以上が無い」部分は合理化されそれ以上の過剰ストレス化しない。逆に言うと「復讐の物理的スケールに見境が無い場合」それは100%別のメンタル問題の介在が想定されるべきである。)

■ちょうど前述の括弧書きのところに被るんだが、
場合によると「ルサンチマン」とも呼ばれる「報復感情に支配される」ような状態。
これは何だろうか?
勿論冒頭説明にあるようにそこに「強迫心理」などが関係しているのは言うまでも無いが、
決定的な論理矛盾があるところが案外スルーされているのじゃないかと考える。

事の発端はどの場合でも(反射速度的に)「被害認知に始まる」ので、どうしたって『被(こうむる)』乃至は「強迫的」状況に至る。
このストレス信号へいかに『自意識マター』が直面し状況を考えるか。
そこでメンタル問題の行先は決まる。
「強迫心理的な突き上げ(エスからのなんとか)」に抗いきれず押し切られてしまえば、認知は現実から乖離してしまう。
一見脳内では事実関係を事実関係として認知していつもりなんだけれど、「どうしてもおさまらない、我慢ならない」のような状況に収拾がつかなくなってしまう。
構造は簡単で「無意識なので詳細を自意識が認知できていないだけで、無意識下では「強迫性」の原則によって(不安をバランスさせるために見込で過剰にバランスさせようとする原則)現実とは乖離した被害認知が行われており(無意識下なので過去用例の被害実例ファイルと連想化される)、そのスケールが既に現実認知から乖離してしまっているので『自意識』にとって手にを得ない状況が派生している」と考える事ができる。
▲この顕著な例は「歴史問題戦争関連」で某国なりのメンタルなり共同幻想が収拾つかないみたいな事例で、特にそっち方向で極端な報復欲求的暴走に至るのは「そもそも戦争など行ったこともなければ、当時産まれてもいない層」だったりする。
(※ここは日本における戦中派右翼とネトウヨの乖離も同じ)
そもそも当事者ですら無いんだから。
上記の国際間の問題の背景は当事者国の『共同幻想(そもそも組成は強迫的)』がキーとなって話がややこやしくなるので個人間の問題とは関係ないように”見える”んだが、
果たしてそうだろうか?

ここは「トラウマ論における問題」にも多分に関係しているように思う。
『共同幻想』の有事とかではなく”平時”の非積極的な日常論的幻想(論理構造)が関係してないか?
「普通なら○○していて○○な日常がある筈だったのに」
(特にトラウマ論には上記認知関係しているように思う)
『絶対被害者認定』の場合どうだろう?詐欺の場合なら「儲け話という非日常」が関係し、いきなりの暴力行為の被害でも「状況そのものが非日常」である。そこに『共同幻想』があてこまれる状況は無い。判断であるとか対応は”独断”に任されているというか『自意識マター』を突きつけられているとさえ言える。
(PTSDの最初の事例は戦争後遺症だが、軍=最強の『共同幻想』であることを忘れてはいけないだろう。)
しかしだ、
「普通なら○○していて○○な日常がある筈だったのに」
この『保障された既得権益感』、
(本来は「儲け話」と同じなんだがこれを『共同幻想』があたかも適応者の既得権益のように喧伝するので「儲け話」的非日常性を認知できない→てか『共同幻想』はそれをあたかも既得権的日常として保障されてますよ詐欺をやってんだけども)
即ち『共同幻想』は認知そのものが『自意識マター』に対して抑圧的であり(勿論強迫的で)、漠然と抽象的な反動なりを助長し兼ねない仕組みである。
この辺(詐欺性含めて)『共同幻想』の構造そのものにこの問題が織り込まれないのは当たり前で、『共同幻想』というのは”想定内の常識論”を規定し半ば設定のように強迫するもので、非日常は=『共同幻想』的場面では無い(極論するとプライベートな問題には『共同幻想』は責任取りませんみたいな)。
 ↑
※ここに二重に皮肉な構造が被っているのわかりますかね。
(既得権で常識であると保証した事項が破綻しても『共同幻想』は「あっそれ非日常だから」と言えば、責任取らなくてもいい形になっている。←ところがその破綻した日常感は『共同幻想』の影響で各個人無意識領域などで肥大すんだな。←同時にこの肥大を『共同幻想』はその導入ルートでインストーラー的に利用している。)

とにかく話複雑なのでアレなんだけど話戻すとだ、
この状況に至る心理的問題化へのポイントがどこにあるのかといえば、
「これはプライベートな”状況問題”で俺個人の問題だ(俺の『自意識』マターだ、或いは俺のヤマ(事件)だ、或いはこの場面は俺の出番だ)」とわかりやすい判断が可能なのか(この場合「報復感情に支配される」ような状況は発生しない)、
或いは「普通は○○な筈なのにこれはなんだ」のような曖昧で(あたかも『共同幻想』の責任でなんとか弁済されるべきだろうみたいな)『共同幻想』固有の強迫性(過剰化肥大化)が「あたかも数式のように無意識下で機能して『自意識』の知らないところで現実との乖離に至る」判断以前の”設定”的理解になってしまうのかの差異だと思う。
ちょっとわかり難いので補足すると、
『共同幻想』固有の強迫性ってのは、
「それが常識だ」「はっ何が?」で終わって(ネタバレ切りされて)しまっては『共同化失敗』なんであって(笑
いかにも、いかにもにそれが(階級や権威を利用して)「従うべき常識なんだ」と(説得力というよりも)強制的に自我を抑圧する仕組みなんであって(アメとムチも駆使しつつ)、自意識を押し込むのに抵抗できないぐらい話のバックグラウンドに(無意識的に)過剰化を誇大化を使っている。
(親子関係で言えば、幼児特有の親子性愛依存関係を利してこれを刷り込む。)
なので、
『共同幻想』を前提とした破綻話ってのは常にこの「現実との乖離」を派生させる。←この乖離(勘違い度)による過剰な権威認知が超自我が自我の上位に君臨可能とさせている一種のレトリックなのだから。
(『共同幻想』導入時に『自意識』の反論を抑圧した根拠が、無意識下で常に数式的係数・乗数になるので『自意識』立ち上がり間に合わないと、無意識下の誇大化を放置する事になる。)
極論「神がそれを罰するであろう」になっちゃうからさ。
最大級上記の認知に至っても『自意識』が脳の認知に追いつけないと「神罰」すら合理的破断であるという認知を追認するだけになってしまう。勿論その「神罰」を想定しているのは各個人なんだからそんな認知は100%誇大な妄想なんだが、これを『自意識』が容易に「なんかおかしいぞ」と知覚できなくなるって事。
深層心理でその状況ができあがってしまうと、もうちょっと『自意識』には収拾できない。
(見掛け上泥酔状況下の『自意識』ぐらいに後退してしまう。)

なかなか、、
ここの仕組みわかる人には一発でわかると思うんだが、
なんと言うかつまり、
言語フラグとして「普通は○○だろう」に始まる認知は”ヤバい”というか『共同幻想リスク』なんだよ。ここ『共同幻想』の弱点として普遍的な問題なワケ。
逆に言えば常に「これは俺の問題だ」と(当事者として事象の所有権を全部「俺のものだ」と認定)『自意識マター管轄』であると明言した瞬間に「収拾つかない報復感情はストップする」わけさ。

■この問題がやっかいなというか、ある意味半分冗談みたいな本当の話なんだけれど、
「これは俺の問題だ(或いは「俺としてはよ」)と認知するところから」と状況説明するとメンタル問題下の自我はその7割8割が、
「俺のせいだというのか!」になるんだよね。
(「俺に問題があったというか」バージョンもあります。)
全然違うってか、、間違えすぎるというか、、
極端に言えば日本語を間違えている級なんだが、、
その責任の責任じゃないでしょと(その問題の問題じゃないでしょと)、『共同幻想カウンター』使えば「責任者のがエライ」方の責任だっちゅうの→「これは俺の問題(ヤマ:事件)だからお前ら(雑魚は)はすっこんでろ」的意図なんだからさ←ところが言葉の意味が「俺のせいだと言いたいのか」に180度意図が逆転するワケですよ(”俺に所有権がある問題(ヤマ:事件)だ”が”俺に問題があるのか”に)、それも7割8割の高確率でこの誤読法則は発生します。
心理的に言うと、
初期認知で「普通は○○だろう」から始まっているので(実は無意識に『自意識抑圧』をしているのだけれどここは無意識・無自覚で)、「俺は出てこないんだよ!」になっているんだよね(笑
俺が出てこない話ななら当事者は誰なんですかってことなんだが。。。
ここに「普通は」って単語は(自然とか合理的にって意味ならなんら問題ないのだけれどあうんの呼吸で『共同幻想的常識論』になってしまうと)「普通は=『(私の)共同幻想』が」という語彙に脳内展開しちゃうわけ。
で、このロジックは『自意識抑圧的』なので(まーね超自我と自我の関係ね)、
「俺なんか出てこないんだよ!(=俺はすっこんでろと自分に言ってしまう=『自意識抑圧』)」
という致命的な論理矛盾が発生するワケ。
いったい何の話をしてんのかいなとという問いの答えがですね、
「神罰がくだるべきだという話をしてるんだから俺の出番はない(私が何かをすればとかそういう話は出てこない話だ)」というロジックになっているため、永久に出口は無いワケだ。
(※結論から言えば「何らかの権威(=ガチで『共同幻想論』)が上からこの問題を、神罰が下る的に解決し、私の被害も同時にその神的存在により弁済なりが行われないと気が済まない」←どこの世界のファンタジーですかってとこにいっちゃってしまう訳ですよ。)

問題の解決ってか(厳密に言えば諸問題各論は結果どうなろうと関係無いんだけどさ)
話がメンタル問題化している理由は、
言語学的に『共同幻想固有の普遍的問題フラグ』を踏んだ、
「普通は○○だろう」的な被害認知に始まるロジックは物理や数学の法則的確率で「誇大化し現実と乖離するので」→物理的にそのままだと「(ファンタジー世界だとか異世界でも行かない限り)現実世界で一生解決しない」話になる。そりゃ悩みは永劫回帰するわいな→「報復感情がルサンチマン化」、
つまり”その問題”の根本的”解消”ってのは、
「これは俺の問題だ(お前らはすっこんでろ)」的な『自意識』が喧嘩上等と登場する事に尽きるんであって、
そこで(7割8割で発生する)斜め後方からの「俺のせいだというのか!」が出てくると(鉄板の予測でわかっていても)またかオイ的にズッコケるんだわね。
この椅子から転げ落ちる的ズッコケで、ケツが痛くてしようがないみたいなのって半ば法則になっているんだが、、非常に高い頻度でこの「誤謬」が発生するのは事実。

問題が二重に矛盾している点もその特徴で、
場合によってはいかにも『共同幻想』的な問題などでその被害認知が発生しとるというのにその敵方が更に上位の『共同幻想』的な(敵方のロジックをステレオタイプに用いて)神罰なるイメージを”個人”で発動されるべきという心情に支配されるという図式はですね、、、
極論その無意識下のロジックを表に引っ張り出せば「神格化された”血縁権威者”がマジ出てきて」みたいな、、アニメやラノベでもお目にかかれないような脳内イメージになってしまっていて、、「当人『自意識』まったくそんな事思ってない(そもそも親子関係はうまく行ってないとかなんですから)」収拾のつかない矛盾が公然と展開してしまう訳だよ。
勿論心理学的には思考ルート上(幼年期〜中高生ぐらいまで)「高い頻度で発生するイメージの典型」ではあるんだが、この話の要点ってのは心理学上のエディプス云々では無くって(そんな事はわかりきっている)、認知上言語学的に特定フラグを踏むと(バックグラウンドやら『自意識』は十分心理学的知識などで承知していても)無意識下の展開に追いつかず、事後的処理役に回されて(初期認知や事象認定時に『自意識』抑圧され権限を失う)、後追いで「強迫心理のスポークスマン」に成り下がってしまう『事の流れ』と典型的に発生する『誤読』(『誤読』しないと『自意識』は無意識下で進行している「強迫心理」が根本的に矛盾している事を”ネタバレ”してしまうので『誤読』によりありもしない話に既成事実化する必要がある)、これがあたかも「自己保存欲求」的に(「不安:不安定」を最も経験的に高い成功確率で安定させようと無意識的に選択される無意識的・反射的認知)発動してしまいがちだと、
こういう『プロセス論』が重要なんですよ。
「そうなっちゃう法則」みたいなものは現象として前述のようにネタバレしている事なんだが、
記載のとおり説明なりの過程において「日本語が通じなくなる(てか意図的に逆さまの意味の文章に改変される)」という必殺技が登場してくると、非常にあれやこれやと難航する。
これは言い替えるなら「当事者の存在が希薄(自分が今の現況に存在している時間的認識が希薄なのと等価なので)」という状況なので問題の解決以前に「いったい何をやっているのか自分でもよくわからない(パニックにも似た)状況」となるから(仮に『単独者』なら致命傷となる「実存不安」)、
実際起きている状況は違うんだが、
「責任者でてこい!」と呼んでもシーンとしちゃうような(責任者=管理者権限当事者だから当然こうなるんだけど)、個人なのに派生しているのはあたかも集団心理における『思考停止』に似た状況が発生していると考える事もできる。(てか集団心理ってものはもっぱらが『共同幻想適応人格』の専売特許なワケだが、)

■確かに認知上の問題にもみえるようなこの「普通は○○だろう」的な被害認知に始まる『誤謬』は、集団心理のメンタル現象などにも顕著に表れるもので、→■国家感の宗教対立の根っこもコレです。
双方所属国内におけるプライベートの事項では一概にそういう発想に至らない人格でも「一度同認知が出来上がってしまうと」、後から各人の『自意識』が追っかけ出張ってきても「スポークスマン役」しかさせてもらえない状況となる。
(※直前の集団心理における『思考停止』に似た状況というのがここ)

■注:問題を難しくさせる背景として
「俺の問題だから雑魚はすっこんでろ」によりメンタル問題の「報復感情に支配される」ような恒常的ストレス(論理的に決して解決しない事項に固着している論理矛盾)は解決するんだけれど(心理学の専門分野はここまで)、
発生した事実関係の事故性やトラブルなどが固有に解決するワケじゃないので(逆にここに心理学が出しゃばってくるとなんとかセミナーと変わらなくなる←個性をネグレクトするのも等価)、
『自意識』を立ち上げる取引材料に乏しいってところがあるのも事実っちゃ〜事実。
どっから読んでもやかっいな問題なんだわなここ。
「さて、どうすっか」に至った時点で心理学的には解決なのでありまして、
更に心理学的にはそれ以降の結果は『結果論は常にどうでもいいことだ原則』の話になるので、同時に説明の難しい2つの側面を証明しないといけない図式にもなる。


俯瞰で見てみれば、
『共同幻想』が予め織り込んでいるフラグ(或いは呪術的記号)と考えてもあながち間違いでは無いかも知れない。心情的に(そのままモロに自意識バレすることは無いが)内面のイメージが”神罰”なんて事象そのものが『共同幻想』にとって損な筈は無く、
その心理ルート上で「検察・警察・国家などの公的権力」への依頼・依存が高まる事は彼らの思惑としても(イレギュラーなケースには違いないが)”都合のいい話”だからだ。
▲被害認知に始まるってのは集団心理やプロパガンダって世界で言えば、
「リメンバー・パールハーバー」など『共同幻想』伝統芸のひとつ。
この現象が個人心理内(しかも『共同幻想適応自我』以外でも体験的に『共同幻想』ルート(家族育ち)であれば)、或いは殊更極端なエディプス問題を抱えていない状況の「事象の理解レベルで発生する言語フラグ」ですら発生する事だ。
まさに「リメンバー・パールハーバー」なワケだが、、、
「普通は○○だろう」というコピーに始まる『自意識』拘束。
「ひとりプロパガンダ」とでも言うのかね。

(※現在『単独者化』が社会的に進んでいるので、この辺の論拠も時代の変遷の中で表現変わってくると思うけど、人類のメンタル問題における致命的側面のひとつであるのはあんまし変わらないのじゃないか。)

■次回は地味に「反動形成」とか「芸術家心理」とかを考えてみますか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:58 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0