2006年11月21日

集団心理や考え方とか

精神分析だとかのジャンルは専ら個人心理学的位置付けに偏りがちなんだけれども、自我の構造の中でも超自我についての論議だけでなく、経験的な判例主義的判断を含めて必ずしも自意識が主導権を握っていないエリアがある。
そして超自我がそうであるように、現場対応を活躍の場とする自意識に比べてフォーマルなルーチンワークを担当する超自我系列の(構造としては超自我の補完的知的資産)存在は上位概念になるし、感情としてストレス信号を送る頻度も自意識マターとは比べ物にならないぐらい多い。

何故ならそもそも超自我の発端である「良い悪い」の導入過程で、不快感を伴う記憶や快感を伴う感情的興奮がワンセット(連想記憶の方法論のように)になっているのだから感情的興奮を伴うのが超自我の商売だと考えたっていいぐらいだ。
その点で、意識レベルで「どうなってんだよ」とかの現場対応ストレスが中心の自意識マターに比べれば、感情の支配率としては超自我は圧倒的でもあるし逆さまに考えると「超自我マターだな」と認識された時点で人は安易に感情的になる。
この超自我系列のアイデアこそ、延長上の連想として「社会」に結びつく分野となるので社会適応のフェーズから見ると、決定的な要素だといえる。

ここに『葛藤』現象を理解する上でわかりやすい構造も見える。
つまり、上位概念である超自我(反射的に判断する分野)と現場対応担当(考える分野)の見解におおきな矛盾を抱えてしまうと、どっちに動きの取れない不快感が発生する。これはストレスを代謝できないプロセスからくるもので(この構造をフロイド的に「リビドー充当」とかって見てもいいかも)解決を求めて自意識のアイデアを抑圧し、これを制圧する反動的超自我が組み込まれる(鬱構造)という形にもなる。

話は戻るけれども、この超自我こそ集団心理のコアとなるもので、共同幻想であったり集団が暴走する時の”動力”となる(個別のアイデアが介在しにくいのでこれを「動機形成」と捕らえるのは難しいだろう)。
この段になると「被(こうむる)」という構図も見えてくる。つまりこの時自意識は心理的な現象の”渦中”にあってその立場は受身になるからだ。
無力って事は無いけれども、感情的ストレスを前にこれを「自分なりの考え」によって反抗するには相当の力が必要になるから「ちょっと疲れがたまっている」等の時にはとてもじゃないが抗しきれない。
結果的に「気がつくとどうにも引くに引けない立場に立ってしまっている」等の二次災害にまで発展すると自意識の感じる被害感(二次的ストレス)はこれまた甚大だ。
つまるところ集団心理とは、個々人の組織論や社会を考えるアイデアによっていて。わかりやすく言えば、自分の超自我に反抗するための理論武装を予めしておけば、精神的な体力としてそこである程度戦えるとも言えるんだけれども、それじゃあまりに場当たり的というか無頼漢過ぎる話になるので(これじゃ最後にゃボロボロになってしまう)、構造的な『見方』ってか『切り分け(ある部分は完全に降参)』していのがベターになる。
さて、精神分析的なカウンセリングってのは遅効性の典型の典型だから、即座になんかがズバッと解決なんてことは決してあり得ない。
その代わりに「なるほどそうだぅたのか」な現象は自意識の理論武装(哲学的発想)の分野ならよく起きる話だから、自我の全体を見ていくってイメージからすると平行して「何がおきているのか」的な事をのんびり考えるって話は根本的解決からは離れているかも知れないが非常に重要だ。
校長自殺問題然り、昨今目立つブログ(炎上)リテラシー然り、マスメディアの退廃然り風通しの悪い現象は後を絶たない。風通しの良さって「自意識の自由さ」の事だからここは「いかに思考の透明性(公開性)を保つか」が大事だろう、
つまり、カウンセリングの場では常に悩みの正面の論議をするのではなく、社会現象や最近思う(考える)事をとりとめもなく話す(公開性)のも大きな意味を持つのでむしろ効果は軽微でもその即効性は高い。

実はここいら辺には裏話があって、哲学や心理学の世界には「難解な専門用語や造語」が良く飛び交う。何故かって、考える手がかりも無い時には思いつかないテーマをアイデアのテーブルに載せるには「超自我(常識)的権威性」に反抗する理論武装が必要で、簡単な話なんだけれども「その話し手が考える時にも超自我的反動に抵抗力のあるするコトバ」を選択すると考える自由度が高くなるのだ。
なもんだから専門用語だらけになったり、とてつもなく難解になったりするのは”考え手”の事情でもあるんだけれども、そこはあなた『同様にそれを読む人にも難解であるおかげで超自我の分野に切り込める』とも言えるのだから迷惑な話とばかりは言えないじゃないですかー。
つまり難しいそうな表現は「特に難しい事を言いたいので難しいのではない」。
ってもね〜、皆目意味がからないほど難解だと困るわな(笑
posted by kagewari at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0