2011年07月22日

『シングル社会』

単独者の時代が来るみたいな話じゃありません。
(概念のとして単独者傾向の社会に変遷中なのは確かですが今回は現実の統計DATAのお話です。むしろ社会構造の変遷ですね、)

先日出た政府統計紹介記事がこちら
男性の生涯独身傾向が加速:国勢調査抽出速報
http://blog.dandoweb.com/?eid=125857

一部引用すると
男性の生涯独身傾向が加速された点を指摘しておきます。
男性は2005年の14%が17.2%に急増、女性は2005年の6.2%が7.8%に増えています。
(中略)
このほか今回の集計結果で注目されるのは、一人暮らし世帯が最も多い家族類型になった点です。単独世帯が31.2%を占めて、夫婦と子どもからなる世帯の28.7%を初めて上回りました。

以前からこの辺の話は(少子高齢化も同じく)『文明化の帰結』であるという認識が重要で(なんと言えばいいのか『文明化・先進国化における自然現象』)、昭和における核家族もそうですが社会心理云々を論じる前に事実関係として『シングル世帯がマジョリティーである』という事がポイントです。

全ては先進国であることがそれを可能にしています。
・少子高齢化はむしろ『高寿命化』
(仮想不老不死志向:昨今のアンチエイジング志向)
医療や日常生活の栄養面など先進国ならではのものです。
・独身世帯の増加は昭和以来の大家族から核家族化(大家族を子供の数と勘違いしている人いますが大家族とは「世帯における複数世代的同居の話」です)、
勿論これは住居としての社会資本の拡充であったり(それこそ供給過剰で住宅公団が組織として整理されたワケで)、これも先進国ならでは、
・高学歴化や男女雇用機会均等法と表裏一体の晩婚化や非婚化、
勿論ここも先進国だから可能となってます。

この辺の実数には(幾分信用性の無いDATAなんですが)結婚コンサルタント系の会社(オーネット)の調査にも実数の裏側を補完するものがあって、
20、30代未婚女性の6割超「恋人いない」〜1996年の調査開始以来最高値
http://beauty.oricon.co.jp/news/89281/full/

(公開掲示板などで「若い人には誰にでも彼氏がいる」みたいな強迫観念に「全然違うから」的な話を再三してきていますが、そのとおりの統計です。グラフを見ると『共同幻想崩壊過程』において、結婚志向が→わかりやすく漠然とした結婚願望として強迫観念化している傾向も見てとれます。)

先進国化自体は自然現象じゃありませんが、
先進国化における上記現象は自然現象です。
むしろ後追いで「単独者の概念」がキャッチになってきているのであって(そもそも単独者の概念の頭角なんてものは随分昔の話ですから)、各個人の自我が先に概念として単独者の概念を獲得したからって話ではありません。
自然現象として(モチーフやアイデア的にも)そっちに流れざるを得ないという社会学であるとか文化人類学的な変遷です。

(社会資本整備として政策的に考えるなら『シングル住居』に投資すべき)

勿論おおよそこのような現象は都市部で特化していると予測できますから、東京なぞは”大シングル都市”って事になります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0