2011年06月20日

パソコン腱鞘炎になりました

二度目です、
前職のCAD計測のマウス腱鞘炎を入れれば三度目ですか。
まー痛いもんです。
酷い時には湿布無しだと痛みで夜目が覚めるほどで、収まっていても”パチパチ”原稿打ち始めるとモゾモゾモ〜っと痛みのボルテージが上がってきて(熱くなったヤカンに触れなくなるように)「痛ったタァーッ!」な感じでマシンの前で悶絶するワケで(笑
事務職で書類のテキスト起こししているとか長文のブログ書いているとかライターのみなさんには経験者も多いのではないかと思います。
(喫茶店でひとり悶絶している自分が笑えるてな状況に、)

簡単な対処法は炎症している筋肉(腱)なりを動かさないように”グルグル巻き”にして、湿布などで冷やすって事しかありません。
前回やった時にはもうね腕が革紐でグルグル巻きだぐらいになってた時期あります。
(概ね一ヶ月前後で自然に治る)
今回は更に40肩的症状を併発しているのか痛みでは無くて「特定方向に力入らない」なる状態が発生してしまい「あれっ腕立て一回もできネーぞおい(カックンとなる)」まーね腕もそこそこ温存しておかないとパンクしますよって教訓です。

(ここが原稿書きの悩みで、テキストが走っている時に一気に書いてしまわないと手が止まるというか”書きながら出てくる時のアイデアのボリューム”はログが多すぎて休憩すると全体像を記憶バッファに保持できないんですよ、断片的だから。これホントの話でメモ書き残す暇あったら書いちゃった方が早いと。)

そうですね〜かれこれ一ヶ月で後ちょいではあるんですが、今回の奴はなかなか違和感抜けないってかいくつか筋トレ系のリハビリやらないと「うっかり筋力落ちてるところを忘れてしまう」な感じもアリなので(痺れているだけって言えばそうかもしれないが)ちょいとやっかいです。
治りかけはテーピングが相当に有効。
テーピングしたままリハビリも同時進行でと思っちゃいるんですが、、

お悩みの方もいらっしゃると思うので私なりの対策をいくつか、
・「マウス腱鞘炎にはレスト付きパッドよかマウスの位置をイロイロ移動して姿勢が楽なポジションを探すのが吉」
・「キーボード(とかIBM特有のトラックポイント症)系の腱鞘炎には手首サポーターが意外と有効(予防的に使う手もアリ)。勿論疲れが出たら予防テーピングって手もアリかと」
・「特にノートは”パームレスト”のポジション対策が有効かも」
 ↑
最後の奴は検討中の対策です。
結局ね、原因考えると『手が止まっている時の無理のある形(なんでしょうかスタンバイ状態で延々と停止中みたいな)』これをナントカしなくちゃいけません。
(それこそうっかり無意識に悪い癖状態でスタンバイポジションで考えてしまう)

■右腕専用のマシンから独立した矯正パームレストが究極の対策ではなかろうかと、
そこでIBMなのに無線の小型マウスを持ち歩く事にしてます。
コイツをとっかかりに(またぞろどこか改造して)完全対策といきたいっスね〜
現在構想中なのはマウスケース共用で厚みのあるマウスパッドですかね。
(ノートPCのキーボートの高さよか微妙に高いぐらいの厚みがいいかも)


※6/25追記編集
胸郭出口症候群』なる分類名称があるようですな、
興味ある方はこの名前であれこれ探すと対策などが出てくるかも。同じような腱鞘炎状況だったりする皆さんの検討を祈るです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0