2006年07月05日

オシムはノムさんか?そして中田引退

弱小チームの再建にかけては名人、よく似ているのじゃないか?
オシムは茶髪は禁止とは言っていないが、「頭を使って」って部分や「強いチーム相手にも本気で勝ちに行く」なとこは良く似ている。身体能力を大事にする部分も同じ(ノムさんは「足が速い」「球が速い」「守備が上手い」「異様に野球が好き」に突出した選手を使う)、経歴やキャリアや才能だけでは選手を判断しない。
ノムラ語録ならぬオシム語録まである
この二人の共通点は何か、
ってか、忘れがちな話だけれども「弱小チームの選手の心理」ってのを忘れちゃいけない。
ここは、ノムさんがタイガース監督時代に実績を上げられなかったとこが参考になる。野村監督がマスコミのバッシングで辞任した後タイガースは星野監督で優勝するんだけれども、ともかく野村時代には巨人相手の対戦成績だけは良かった。
つまり「エリート意識ではなく自分達が弱小であると認識がある方が結果がいい」(これは反面タイガースの選手には巨人以外のチームに対してはエリート主義であった証明)。
つまり、強いチームに向かっていくという心理は「弱小チームに今自分が所属している存在意義と重なる」からだ、
当然、弱小チームに所属している二流選手的な見方は当事者に面白い筈も無く、そんな時に「このチームで勝つ」とマジな顔で言われれば、心理的には弱小チームの方がモチベーションは高くなる。
そもそもスポーツ等というものは、勝つのが面白いのであって、負ける為にするものじゃない、
ここを前提とすると、
「他球団をクビになったベテランを再生」とか「身体能力の高い無名選手の起用」とかが心理的にもハマルってのがわかってもらえると思う。

さて、今の日本代表は?
どちらかと言えば『エリート主義』
WBC野球の日本代表は「パリーグとイチローのチーム」ここにエリート主義は無い。
よくイチローと比較される中田は?
同じ孤高の存在だが「イチローは今回チームを引っ張り、中田は結果的に浮いてしまった」そんな評価があるが、恐らくそれは180度間違っている、
WBC記者会見でのイチローの発言は微妙な国際関係に影響し、むしろ外国メディアに大々的に報道され極端に言えば失言だった、
極端なガッツポーズも紳士らしくないという文化を持つ野球ってスポーツからすれば、これはWBCチームの目玉として相応しい発言では無かった、
同時に、同じ感覚を持ったチームメートもいただろう。
それに比較して中田の発言はとても慎重で、失言も無かった、
むしろ「このチームでは勝てない」と苦言を呈していた
実際WBCでのイチローは「勝たせてもらった感」があり、そんな尊敬の中心という存在こそがチームをまとめてきたと言える(その意味でNYの松井がいない事は幸運でもあった)。
しかに、サッカー日本代表の選手達には中田に対してのライバル意識すらあっただろう。野球と違って「明解に数字の差が見えないサッカー」は、なかなか「今の自分の実力」を冷静に判断する事は難しい。

ある意味試合を見ている観客にだけそれがわかった。
誰が見ていても、チームの中心は「圧倒的に中田」であり、日本代表を応援していた人達の気持ちは「中田に引っ張ってもらいたい」という気持ちも強かった、

その中田を日本代表は孤立させてしまうチームだったのだ。
WBC日本代表を引っ張っていたのは宮本であり、和田だった、この二人のそれぞれのリーグのベテランがチームを引っ張り、優勝に繋がる原動力は若いロッテの選手や松坂上原という投手の柱であって、実際の試合でチームを引っ張ったのはイチローではない。

試合の中でも孤軍奮闘として、唯一人ベストのパフォーマンスを発揮する中田の存在感が、目に焼きついている。
そう、中田が孤立したのではない、彼だけ抜きん出た存在感を示した
この国のメンタリティーが彼を孤立させてしまったのだ。
日本の文化等というものよりスポーツとしての野球の文化が優先するほどの歴史を持つ野球だからこそ孤高の存在のイチローを溶け込ませる事ができたんだろうと思う。
「イチローがいてもいいぐらい、チームは高度に機能した」
ところが、自由な若い人のファンが多いサッカーは、決して自由ではなく「突出した才能が孤立する日本の社会を引き摺っていた」、

彼の引退を、称える方向の報道は多いけれども、
個人的にはとても悲しい引退だった。
二度と日本代表でプレーする中田を見る事はできない
それが悲しい

サッカー界のノムさんじゃないが、オシムとは相性が良かっただろうに
中田は「仲間には上手く伝えられ無かった」と言葉を残し引退する、
W杯終了後、彼の元には5万通を超えるメールが殺到し、HPは繋がりにくいほどアクセスが殺到した。日本代表を応援していた人の気持ちに、彼は感謝で答え「ここに何か残せたかな」とコメントした。自分はやるべき事をやったんだと、実感したと

オシムにとって、今の日本代表は「タイガースのノムさん状態」に近い
だからこそ、メンバーの選考は彼の思うままに選考してもらいたい。
オシムが日本代表メンバーを招集した時に、今後の姿が見えるだろう
中田が引退によって残したメッセージはあまりにも重い
とにもかくにも、ここは哲学者オシムに期待するしかないか・・・
posted by kagewari at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0