2010年12月26日

相当大きな規模のメディア逆転現象が起きると思われますね

先物買いじゃありませんが、常に情報チェックしてきたフリージャーナリストの岩上安身氏がドデカイ獲物を釣り上げました。
ご存知の「小沢一郎単独インタビュー」です。
今年になってチェックを始めてからの推移はあれよあれよという間に拡大を続け『拡散』という言葉そのままにその流れは止まらず(大きく流れが変わったポイントは”森ゆうこ議員””元外務官僚孫崎享氏”のTwitter参入でしょう)、『Twitterだから』という事では無いのですが、総和としての”コンテンツ”の総量がマスメディアによる一日の報道番組の放送時間を超えて始め、ひとつの番組構成に近づいてます。

なのでコアメンバーは全員がTwitter繋がりということは無く「森ゆうこ議員・元外務官僚孫崎享氏・元検事の郷原信郎氏・小沢側近だった平野貞夫氏・週間朝日の山口一臣氏・江川紹子氏、他マスメディアでは放送できない事件関係者(代表格は元検事で裏金問題で有名な三井環氏)」、総じて言えばマスメディアでは何らかの理由で表に出る事の無い(或いは少ない)ながら、ニュースとしての価値は大きい人達。
このメンバーをコメンテーターに従えてメジャーニュースを放送すれば「そのまま報道番組になる」構成陣が揃ってます。

鍵はTwitter繋がりというより『現在岩上安身氏が無料奉仕で活動中』であるとことで、
正に”フリーエコノミー”ですよ。
(その場でツールとしてのTwitterが見事に機能した)
オープンソースであるが故に(あたかも岩上安身氏というフリーソフトが機能を拡大していくように)、コンテンツビルダーが思い思いの勝手な事情で集まってくる。
マスコミ関係者なら考えるまでもわかる事だと思いますが、
「小沢一郎単独インタビュー」
これをコンテンツとしてその筋に売れるとしたらどんだけの価値かって話です。
それをいとも簡単にというか、無造作なぐらいに岩上安身氏は無料のコンテンツとして報道した。そこにリテラシーが発生し『拡散』が連鎖している。
(インタビュー直前で放送がニコニコ動画と同時配信となったとことも同じ←ニコニコ動画はインタビュー前の岩上安身氏へのインタビューもコンテンツにしているワケで)

来年岩上安身氏はサイトの運営の一部有料化に踏み切りますが(そりゃいくらなんでも毎月250万やらの赤字じゃ死んじゃいますよ)、そこで鍵となっている”フリーエコノミー”の仕掛けが壊れない形で成功すればちょっとした大変革(サクセスストーリーと言ってもいい)ですよ。(その急速な展開において上杉隆氏を超えているのじゃないか)
その号砲として「小沢一郎単独インタビュー」はこれ以上ない代物でしょう。
このインタビューが岩上氏の自腹以外無報酬の中で成立している凄さは半端ではありません。
『マスメディアの組織や権力とカネ』に対して個人が無報酬って世界で対決している、

何ですかこの図式は(笑
もう笑うしかないというか痛快ですよ。

小沢一郎氏のインタビューは以前ニコニコ動画においてもありましたが、ニコニコ動画といえどもマスコミ的進行という要素があって、「聞けない話が次々と」って勢いにはならなかった。しかし、今回岩上安身氏のインタビューは圧巻でした。

101223小沢一郎衆議院議員 from iwakamiyasumi on Vimeo.



これほど小沢一郎の生の声というものが映像化されたことってあったでしょうか?
あの新宿での代表選演説とは又違った形での「小沢一郎」が語られてます。
完全にコンテンツの逆転が起きてしまっている。
明らかに『マスメディアの組織や権力とカネ』はこの事項(小沢一郎)において完敗した、
致命傷は、このインタビューの”マスメディア報道”ですよ。
ネットでは誰しもが本編一次情報ををノーカットで閲覧できるのに「それをワザワザ(自分の都合悪いところをカットして)一部のみ報道するマスメディアの図」←この図はどういう図ですか(笑
 ↑
この点で今回岩上安身氏は「意図的な仕掛け」をしたと思う。
マスメディアのクロスオーナーシップ(新聞とTVの資本系列関係)の問題と、新聞の再販制度など『100%TV新聞上で報道されないテーマ』を小沢氏にぶつけてます。
(放送できるものならやってみろ的な思惑が無かったと言えばウソでしょう)
これに阿吽の呼吸で小沢氏が答えている。
又、どちらかと言えばジャーナリストとして岩上氏は「米国陰謀論」的立ち位置だったりするのですが、ここに小沢氏は(外交的配慮もあるのだろうけれど)「マジに俺違うと思う」投げかけを見せます。
(本編見ればわかりますが、小沢氏は日本国内の米国従属主義的既得権益が形成され、自らの組織防衛で動いていると考えている)
そういうところが聞きたかったんですよ、マジに。

同時に、そんなな話は既存マスメディアの報道やインタビューでは決して聞き出せないって決定的な一打となった。

現段階では小さな波紋かもしれませんが、
(変節という意味では当初期待した高野氏主催の「The journal」がズッコケて)
いい意味で「失うもののない男」でもある岩上安身氏の開けた風穴はとんでも無い広がりとなるかもしれない。
『TBSラジオアクセス』が消え、『The journal』主催の高野氏が変節し、『田原総一郎氏』はただのワケわからない老人となり(サンプロなど消えて結構)、『小沢デモ』には組織分裂が止まらず、菅総理はもう確信犯なのか(或いは意図的なリークなのか)
 ↓
事もあろうかまーコアなマスメディア三悪人と会食
首相動静(12月23日) (時事通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/politics/story/101223jijiHT77/
午後6時22分、公邸発。同35分、東京・芝公園の日本料理店「とうふ屋うかい」着。
星浩朝日新聞編集委員、岩見隆夫毎日新聞客員編集委員、橋本五郎読売新聞特別編集委員と食事。

小沢インタビューの日のスケジュールとして好対照過ぎる。

それだけ岩上氏のインタビューには破壊力があった。
マスメディアのどんな報道を見ても「空々しい」インチキ臭さが倍増したというか、
海老蔵の次は麻木久仁子さんが日本の重大ニュースなんですね「は〜そうですか」と、、
何か異世界に飛ばされたそうな錯覚でクラクラするワケです。
「ダメだこりゃ、完全終了。」

この図式がコンテンツとしてインタビューを見た人に途切れること無く連鎖していく。
一種Wikileaks的衝撃でしょう、
「一次情報をユーザーが無料で手にしてる世界なのに、有料のマスメディアは同じ一次情報の一部のみを偏向もしくはカットし或いは伝えさえしない(最も重大ニュースは麻木久仁子さんの不倫だと言う)」
どんな冗談なんですかコレ?
価値の無い情報を強迫される拷問なんでしょうか。
そんなメディアの頭目が支持率下降の止まらない首相と「ご機嫌にとうふ食べてる」。
(ご機嫌伺いの結果か週末報道番組は仙谷官房長官ゲストに”その線”で決まりですか)
シュールなコントを見ているようですよ、、

※あくまでも『憶測』ですがインタビューで小沢氏が米国陰謀論的フリに対して「うーんそうかな〜、そこまでやるかな」と微妙な答え方しているところが気になる。
(「それは米国の一部であって勘違いすると別の目出るよ」と、その意味をわかる人だけにわかるような表現だったのかもしれない。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<各リンク>
岩上安身オフィシャルサイト
http://iwakamiyasumi.com/
小沢一郎インタビューページ
http://iwakamiyasumi.com/archives/5300
The journal
http://www.the-journal.jp/index.php

Twitterリンク
岩上安身(ジャーナリスト)http://twitter.com/iwakamiyasumi
森ゆう子(参議院議員)http://twitter.com/moriyukogiin
郷原信郎(元検事)http://twitter.com/nobuogohara
元外務官僚孫崎享氏http://twitter.com/magosaki_ukeru
江川紹子(ジャーナリスト)http://twitter.com/amneris84


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0