2010年07月12日

菅首相は(別の意味で)大丈夫だろうか

※実はこの原稿の大半は参院選前に書き始めてるので、最後の方に参院選結果とからめた話になってきます。

言動や表情、政策的な勘違いなど(特に政策的な部分に関しては学生レベルの経済学でも無理がある)、ここのところの菅首相は財務省がどうであるとか小沢・反小沢的権力闘争であるとかという世界で説明のつかない状況が見て取れる。
心理的視野狭窄というか『認識と現実との乖離』がこれ進んでいますよ、

同時にやっかいなのは官邸という場所はあらゆる情報が集まるように見えて政権内部でも孤立もしやすい場所で(要の官房長官である仙谷氏は必ずしも菅首相と気脈が通じているワケではなく党に対する権力基盤として必要だった人事)、視野狭窄の状況に陥るとそれを促進してしまう環境には違いなく、
参議院選挙の結果予測は難しいですが、
こっちの方は予測簡単です→「(菅首相で大丈夫か)リスクは更に進行しますよ」

消費税関連で支離滅裂な対応に追われる中、本気でちょっと前の発言が記憶に残っていない可能性もあって(喪失では無い→”あっちに行く”ような感じ)、
(※実はこの辺の心配は以前から心理学のブログで話しているようにオバマ大統領も同じ)

考えてみると困った事になったなんて話では無くですね、
現代社会の認知として「一国の首相なり大統領のメンタル」という部分は既に織り込まれているのであって(安倍首相にしてもそうなんですし)、”そりゃあるわ”って話なんです。
メンタルな問題は先進国においては心理学的に”常識”なのですから(文明化・先進国化の過程で必ず起きる)、驚くことじゃ無いのです。
むしろ反対に「一国の首相なり大統領なりに登りつめる人物はその過程で(バトルプルーフされ)自身の問題があればそこに(政策判断として)気が付く筈だ」と”うっかり勘違いしている”我々の心理の方が甘いって事なんですよ。
(すっかり第二次世界大戦前後の近代激動期の事など忘却の彼方で)

そもそも心理学的に政治家を志望する事自体大いに”反動形成”としてその心理的背景を考えるべき要素があるのは自明ですし、
世襲議員であるとかを多数抱えるこの”社会(政界)”には、それ系の話はむしろ一般社会より頻繁であって自然なのであって、心理学的に言えば「その反動的モチベーションが社会変革的な政策目標に帰結することで現実との接点が保持され同時に一般社会では考えられない旺盛なモチベーションを発現させる」という、一種芸術家の心理と似たような部分があるわけで、
(官僚心理には過度の共同幻想系権威性認知などの別の要素がある)
エキセントリックな部分や、少々の奇行があっても政治家ともなれば余裕で個性の範囲なんですが、それが現実との闘争(権力闘争であっても可)としての政策に帰結するのでは無くて、現実と乖離する方向にいってしまうと”なんせ仕事が一国の政治”ですから、政治の舞台では『側近の直言』などが重要になります。
むしろ政治の社会ではそういう組織論が(リスクヘッジとして)重要だったりするワケです、

プロ野球界における野村監督じゃありませんが「気付かせ屋」的意味の心理的直言が可能な単独者も(プロ野球界同様)一般社会に比べれば多く含まれる可能性のある政界において、どんな側近を従えるかって当事者のメンタルにおいても重要で、
(小沢氏にとっての平野貞夫氏であるとか)
政治家の心理を考える場合、『偶然反動形成的誇大性を現実世界に表現可能な状況』いわば才能という形で(ある意味フロイド的昇華って奴)、心理的な問題となるのではなく超人的モチベーションの発現(選挙となればドブ板でも何でもやり、普段はわざと庶民的な地方の訛りを残した話方していながら政治家同士となると途端に横文字連発となり、70歳超えてもバリバリに前頭葉全開な超人)となるのが政治家ってものでしょうから、一概にその反動形成をメンタルな”問題”とは言えないのが政治家であり、
と、同時に客観的に見れば反動形成が疑いようもない状況こそが『政治家の資格』でもあるワケです。

ところが今回の菅政権は「菅グループにどんな側近がいるか?」という話じゃなくて、
政権内部とりわけ官邸に側近を配していないんですから。
(※それがたったひとり独裁状態でできるのは小泉元首相ぐらいでしょう)
いちおう側近各の大臣はいるんですが、例の「キャミソール大臣(荒井聰国家戦略相)」なワケで政権内で何を発言するも何も無い、
必ずしも政界内で近い関係ではない仙谷氏の官房長官起用は主に旧民主党政権における権力基盤としての登用ですが、内心「顧問弁護士にもなるか」な意味もあったんでしょう。
(※それこそ組閣時官房長官人事や党三役人事に菅グループから反発があったほど)

確かに心理的な「気付かせ屋」の立場は第三者性として「顧問弁護士」に近いんだけれども、これはクライアントが相談する側になる場合で、菅首相が仙谷氏を大統領補佐官重鎮のように見立てて相談に行くとも考えにくい。
仮に相談したとしても、仙谷氏は官房長官の職務上の範囲内で答えるだけでしょう。
事、政治家のような権力者の場合「気付かせ屋」は老中のような直言ができる側近であるべきで(小沢氏側近の平野貞夫氏は引退の身ですが評論家的には現役)、「顧問弁護士」的立ち位置だとちょっと弱いでしょう。

ええ、こう思います。
「”消費税増税”って言葉はは象徴化され”違った意味の何か”みたいなものになっている」
小沢氏の動向に見られるように、菅政権の権力基盤は脆弱で(特に今回の消費税の困った発言で支持基盤の旧民主党政権主流派内がガタガタ)、連立与党である国民新党からも総スカンなワケですから、現在の菅首相の「大丈夫だろうか状態」はそれほどたいした事じゃ無いのですが(あったととしも突然衆議院解散するぐらいでしょう)、
菅首相個人で考えればゆゆしき事態に違いない。
菅政権の混迷は政治家としての資質ってレベルでは無くて、菅首相のメンタルは大丈夫だろうかって話なんだと思う。彼の認識というか政治判断は権力の頂点に近づくにつれて明らかに変節している。
1月の予算委員会で「消費性向と乗数効果を勘違い」して赤っ恥かいたころから何か様子がおかしくなってきていたのかも知れない。
(執務室に帰ってから大荒れだったという話もある)


俺は思うんですが、政界の人材不足というかメンタルであるとかって世界的トレンドかもしれなくて(欧米にもそういう論議あるみたいで→その結果世界の有力な政治家として小沢氏が3位だったりしたらしい)、
金銭スキャンダルなどでどうこうすることなかった欧州でもそれ系のニュースがあったり、
英国のキャスティングボードとして突如登場した第三党自民党党首も「誰なんだ君」みたいな感じですし(著名な政治評論家の方が空回るような感じらしいですし)、
西欧文明の代表格である米国大統領も心配な状況と、
韓国においても保守的政策が完全に裏目に出ているし、ロシアのネドベージェフがどういう存在かって疑う人もいないし(プーチンは別の意味で更にだし)、豪州はクジラ関係の印象しか無く、北京政府が建設中の空母の使い道を思いつけるとは到底思えず、

所謂現代社会システムにおける政治というものも共同幻想には違いなく、
小沢氏や亀井氏のような”昭和の政治家”は、崩壊以前の現実認知が今現在も保てているのでしょう。
若い世代の”冷戦後世代”における先進各国の政治風土は既に共同幻想として”ダメ”が出始めていて、単独者的人材の頭角まで「もうちょっと時間がかかる」状況なんだろうと思います。
(※勘違いされるといけないので補足すると「単独者だらけ」になるべきだって話じゃありません、社会の変遷に合わせて旧来の共同幻想的位置づけだと単独者比率が低すぎるって事です)
実際個人情報知る由も無いので推測ですが民主党の人材としては岡田外務大臣あたりが単独者かなと、
困った事に政党は組織でもあるわけで、独立事業主でもある各議員とどういう折り合いで運営すれば単独者比率が上がるのかここも皆目わからんのですが、
・政党交付金の法改正
・地方自治体首長兼任国会議員
・ネット選挙の拡大(公職選挙法改正)
・マスメディアの解体
・官僚機構そのものの”なんとか法人化”
・公職選挙法改正
等々いろいろやってみないと進まない話かも。

20年前から日本人は自立するべきだと唱えていた小沢氏ってのは頭ひとつ抜けた存在なんですが、結果彼の政治家としての人生振り返るに「結局旧来の政党に収まらなかった人」であったところがひとつの検証になるのかもしれない。

■こういう状態だと先進各国における政界事情の”なんとやら”というのは結構時間かかるかも知れないっスよ。

<ここから参議院選挙後日談>

菅首相の逃げまくりは、誰だったか自民党議員のコメントにあるように、各党党首が取材に応じる中さっぱり出てこなくて、紅白のオオトリよろしく主賓登場を思わせる「ちょっとどうなの」な共同記者会見の笑顔と涙目。
彼の代名詞イラ菅であれば激怒しそうな厳しい質問に「ちょっと質問が多くて(何言ってるのか覚えておりませんが)何ですか」とくったくない笑顔を見せたところに全てが現れているでしょう。
しかも「誰かギリシャと言ったらいかんという奴いないのかよ」と突っ込みたくなる『ここに及んでも尚のギリシャ発言』、
後ろに引っ込んでいる間に何を相談していたのかさっぱりわかりませんが、思うに「何にも頭に入ってなかった」のではないかと思います。
マジに開票速報見つめて「50に乗らないものか」と根拠の無い願望一杯にモニターでも見ていたんでしょう。
責任論に対して事もあろうか「これからスタートです」って、見ている側が表情に困る苦笑しっかない発言といい、
(結果郵政法案も先行き不明で国会延長を逃げて選挙を優先させてこの体たらくかと国民新党は激怒しているでしょう)
菅首相の目には現実には存在しない世界が開けているとしか考えられない。

政界には噂ありますよそりゃ
・旧民主党は小沢グループを切って自民大連立を目論んでいる
・実は菅首相と小沢氏にはホットラインがある
てか、そのどちらも事実でしょう。
しかし政局オンチというか菅首相はそのどちらも自ら壊してしまったワケです。
所謂反小沢組閣人事は小沢氏黙認のプロレスに近いもだったし(小沢氏も反小沢シフトに怒っているどころか枝野で大丈夫かと心配していたぐらい)、
自民が崩壊寸前だったのも事実です。
これを半ば個人的理由で唐突に持ち出した消費税論議で飛ばしてしまった、
小沢氏との決裂には案外小さい事ですが首相に決まった週に即日組閣せず小沢グループ切り崩しのような小ざかしい動きを始めた当たりで疑問符が付き、崩壊後の自民と政界再編的に大連立って話も”妙に自民が勝ってしまい”夢と消えたというワケです。

■『相手も存在しない権力闘争をし掛けて、一歩目ですっころんだ』

(少なくとも自民を崩壊に追い込む成果無くしてどっちの道も無かったのであって、少々失敗しても負けないという優位性を自ら捨ててしまった失点はあまりにも大きい。消費税論議は政界再編的自民との連立において初めて有効で、自民勝利を前提にしてしまえば”そのままスンナリ目的税化だけで消費税増税になるだけ”なんですからね。)

これからスタートですってあなた(笑
民主政権崩壊のスタートですかって話で、

巷というかマスコミにおいても「いくらなんでも責任論として菅首相退陣はすべきじゃない」って論調になると思いますが、
いえいえ違いますって、
現状を冷静に考えれば「菅首相は(別の意味で)大丈夫だろうか」ってマジな話だと思いますよ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0