2004年05月05日

「広がる環」だっけか

今はもう読まないスペンサーのハードボイルド小説にありました、そんな本。
全然関係無いのですが、いいことばかりがきっかけにはなりません。何のきっかけかってそれもよくわかりません。
ただ、何かが動くって事は悪い気がしません、そんな話です。
だとしたらどうでしょう「こりゃダメだ」って事“一段”で考えると話は単発で面白くありません、その後に起きる予定外の流れは自身の手に寄らないものなので、考えるだけ野暮です。

何が何って、某なんとかセミナーでは「ネガティヴシンキング」とか「ポジティヴなんとやら」とかの話がでてきますが、一概に「まるでしょうもない」とも言えません。つまり「わからん」って事です。ちょっと見「こりゃダメだ」って事の続きがちょっと面白いって可能性は予見不可能です。だから「なんだかやだな」って事で足を止めるのは損かも知れない、そんな風に思います。

「次を予定できない」って事は、不安にも繋がりますが、もしそれが不安なら、「予見できていない証明」でもあります。不快感を「なんかの兆し」と捉える事も可能なのじゃないのかって俺は思います。
posted by kagewari at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0