2009年02月01日

『フェアユース』

すっかり動画関係の”なんチャラかんチャラソフト”の名前として有名な言葉ですが、その趣旨(これはソフトの趣旨でもある)というか根拠は米国の著作権関係の法律用語で、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
Wikipedia:fair use


腐ってもアメリカじゃないですけれど、なんだかんだいって前衛国家としてイロイロ問題抱えつつも個別の部分では世界的に突出する概念や認識ある国家に違いなく、
「フェアユースの認定があれば著作権の制約を超える利用が可能である」なる発想は、メディア論としてインターネット社会のフリーソフトのレーゾンテートルとも被る形で重要な要素になっている。
インターネットの現実では、有名なフリーソフト関連サイトが閉鎖に追い込まれる等その戦いは継続中なんですが(アメリカ的発想で言えば”根拠が明快ならその戦いは終わる事が無い”→勝ち取ってこそデモクラシーみたいな部分もある)、概念として”フェアユース”の在り方は大いに参考になるところです。
※同時に米国が平行して知的所有権を重視しているのもご存知のとおり(国際政治においても重要政策だったりする)

日本も後追いで著作権法の整備にとりかかってはいるんですが、なんせ政権がこういう状況なので官僚筋で検討されているって段階なんでしょう、
特にインターネットの社会の場合「自由とタダ」は圧倒的に強いキーワードで、ポータルサイトの存在が形骸化している以上(限りなくプロバイダ:ISPとしてのサービスの方が重要度が高い)、インターネットのインターネットたる所以は現実社会以上の情報交換の総量できまってくるので(商店街であるとかデパートとかって運用は「ひとつの固定枠に留まる」特定分野って認識の方が高いでしょ)、『実際どうなの?』なプルーフに対する要求はアウターな社会以上に高いレベルを求められる。
言い換えるとインターネット社会では「パッケージの裏表紙だけ見て購入する的需要」はマイナーな存在であって、その”何”のリンクが”何”でレビューが何で、個人のブログにどんな記事があって、実際使ってみてどうだまで『求められる現実性は現実社会より高いレベルで求められる』、
なのでその”何”が何らかの作品である場合、旧時代であれば「圧倒的にメジャーレーベルでの配給や配信」に売り上げの成果が強く連動するんだけれど(つまりそんな”コネ”がクローズドなインナーワールドになるので、インターネットに比べて現実の法がヴァーチャルな要素が多い:この場合のヴァーチャルは共同幻想的な与件化とか合理化)、インターネットの存在意義はメジャーもマイナーもwebでは同一線上だって部分がとても大きい。


だものだから、余計にインターネット社会における”フェアユース”ってのは、ネット社会における現実を保持する上で欠かせないもので、『非名文的な公正さって暗黙の紳士協定』のような合意(これは常にプルーフされ続ける構造にあるので現実社会と違って与件化や合理化的幻想性が無い)の元に存立するもので、
同時にその”何”の潜在的なパフォーマンスの実存となる場合もあある、
古くから言えば「非合法を意味しない”ハッカー”なる言葉」に始まる「なんちゃら使い」の存在がweb社会のファンダメンタルにとってインフラに近いレベルで重要だったので、web社会における「合理的判断って何」の答えが「それは有料で」となる。

誰かが自分の人件費から逆算すればどう見ても合理性を欠く”個人の持ち出し”による成果がその利用も含めてフリーの存在意義を構成するので、非合理的とも見える世界に『フェアユース』が存在し、
そこで合理的判断があればそれは購入動機の形成になるのであって、これはネット社会の両輪とも言えるし経済社会との親和性を阻害するどころか促進する要素だと言っていい。

ある意味『フェアユース』ってものは、独立する個人と社会の関係性や自我単体を考える上でも重要なキーワードなのかもしれない。
posted by kagewari at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0