2004年04月11日

イラク問題が解決しそうですね

ここのとこテレビを見る事が少ないので(全く見ないに近いです、、)どう報道されているのか良くわかりませんが、人質開放は何よりです。

 スンニ派の指導層の一部が動いた、との事です。もし彼等の判断ならこれはヒットですね、テロリズムよりよっぽど政治的には効果的です「日本の平和運動家に、自衛隊撤退運動を呼びかける」なんですから。
 背景事情が見えてきました、家族関係者のインタビューによると、彼等は「平和運動家」寄りの人達のようです。「小泉首相に面会を求める」、、よくわかりません。
 これが日本国内の犯罪だったらどうでしょう?
 今回の犯行は国際問題を背景にしたものですが、罪は罪です。
 法廷でも如上酌量や、事件の動機は争点でしょうが、行われた犯行は拉致誘拐です。捜査担当の責任者に会う事はあっても、首相との面会を望む人はいません。(逆に首相が面会にいくなら「票稼ぎ」と揶揄されるでしょう)
 イラクに行くって事は、テロに巻き込まれる可能性が高い事を意味します、そしてそんな国際感覚のある人物達が、日本の国策を知らないはずありません。昔の話なら「私もイラク復興のために一肌脱ぐ」でしょうから、当然日本の自衛隊派遣には賛成で、もし誘拐が行われたら家族が「彼(彼等)の意思として、決して自衛隊の撤退はしないでくれ」とコメントが出るでしょう。
 今回は若干違うようです。
 北朝鮮拉致問題は、この国の怠慢(安全保障としても)が関わりますから、最高責任者が何らかの動きを、被害家族に見せる事は当然でしょう。
 しかしイラク派遣は国会の承認を得ていますから、これは日本国民の判断、という事になります。(国会の決定が民意を反映しない、というのなら、選挙は茶番になってしまいます。これはいくら時間がかかろうと、各人の投票行動と、国会の選挙制度改革の手続きを踏まなければならないでしょう。それが出来ないのなら、それがこの国の民度です、なおさら自衛隊派遣は国民の意思なのだ、と言えるでしょう。選挙における企業の関わりを争点にするなら「その企業に勤める人は誰ですか」「消費者は誰ですか」悪政の元凶になるような企業が大手を振っている国はどこですか?になります。それも又民度ではないのでしょうか。権力を悪用して悪の企業が、、なんて時代ではありません。リコール一つでひょっとすると大企業が潰れる可能性のある時代なのですから。)

 各個人の判断は詳しくわかりませんが、彼らも彼等なりに理想を持ち、イラクまで行ったのですからその意思は尊重すべきです。そして人命尊重として、その人質解放に政府が動くのも当然でしょう。
 しかし、彼らは個人の判断で行ったのです、その立場が「日本人として」だとすると、随分国家主義的発想です。人間の尊厳を見つめるなら、彼らの個人の意思を尊重すべきで「日本人だから」を引き合いに出すのは問題です。
 つまり彼らの意思が「アメリカの軍事行動に反対する」だった場合彼らの家族関係者は「米国大統領との面会を希望する」と言うのでしょうか?(テロリストの要求が「アメリカ軍の撤退」であった場合になりますが)

 この事件には様々な背景がありそうです。きっとその全貌は報道されないんでしょうね、政府の動き、モスリム指導層の動き、アメリカの情報機関、イギリス辺りの国際テロ専門コンサルタント、、。
 とにかく三人が無事に開放された事は、何よりです。
 願わくば、彼らがその意思を貫徹すべく「私人」として、イラクに留まり活動を続ける事を願います。イラクの人達も、そう願っているのではないでしょうか。
posted by kagewari at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

不動産・賃貸ニュース「礼金0」
Excerpt: 中河原の「礼金0」物件の追加情報と、HPについての告知です。 中河原グランシャリオ(管理会社さん問い合わせにより)3LDKの図面に修正 ・玄関寄りの洋間に窓がある事を確認 ・床材の確認、洋間は木目調ク..
Weblog: retour&Retour
Tracked: 2004-04-11 18:47
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0