2021年01月09日

『共同幻想』崩壊の社会論と「米大統領選不正事件」

『共産主義』ってのはコテコテの『共同幻想』であり、
その派生にイスラム原理主義もあるのであって、「ISみたいなものだ」と考えるとわかりやすい。
(スンニ寄りなのかな?社会主義アラブ民族革命バース党みたいなんがあって《確かフセインやアサドはこっちだったんじゃないか》、更にこれに対抗するペルシャ帝国の筈が反動でホメイニ革命《アレレ?》みたいなヘンテコ展開した、これに負けてたまるかとサウジで勃興した原理主義がIS)
本来『共産主義』は「カソリック教会権力に対するプロテストの一派」であって、
逆説的に言えば、その求心力は教会権力だった。

これに対して民主主義や米国共和制ってのは、王権や宗主国に対する独立戦争として台頭したものなので(反動では無く本当に相手を打倒し獲得された)、その組成が『歩留まり』的自由の概念を内包し、社会の変革などに応じて姿を変えられるようになっている。
「有権者の投票で随時変えられる」のが前提だからね
(※つまりさ産業革命以前までは『共同幻想』権威性統治でいけたワケ→産業革命以降に崩壊プロセスに入った)


話を『共産主義』に戻すならば、
翻って現代社会において、何故に近代の『共同幻想』が存在できているのかって言えば、
反動元を、教会権力から『米国』に切り替えたからだ、
表現を変えると、
旧ソ連も、20世紀のイスラム革命も、現中国も、『米国』の覇権に対するプロテスト(反米)をレーゾンテートルにしている。中国に至ってはその経済成長も米国に依存していた。

今回本家の米国がこの浸透工作により瓦解したのだとすると、「反米もクソも無くなった」のです。
●唐突に「憧れのアメリカという国家の覇権が手に入る」ってことなので、
我先に手を突っ込んでくるって話になります。
もうちょっと話を単純化すると、
FBIが解体され、群雄割拠のマフィアが(それまではアンチFBIで共闘していたものが)
「俺が大統領になるから、いや俺だと主導系争いを始めるような状態」ってこと。

そもそも反米なるキーワードは自身のアイデンティティーでもあったので、
そこに手を突っ込んで乗っ取るもクソも、(私の新アメリカ構想みたいなんがあったワケじゃないので)乗っ取った先の統治能力も無い(笑
当面は顔真っ赤にしてトランプ叩きに明け暮れるんでしょうけど、
大統領で無くなればトランプ叩いててもしょうがないワケで(安倍ロスと同じ《桜で盛り上がろうとしたけどチートも盛り上がらない》)、
 ↓
こんな感じですよ、
 ↓
筋の悪い総会屋と労働組が、反創始者経営陣でタッグを組んでいたのはいいが、
経営陣一掃の謀略に成功し、会社を乗っ取ることになった。
しかし「会社経営のことなど考えていた奴はひとりもおらず」、
(人の稼ぎを脅してかすめ取るのは得意だったけれど、自分が稼ぎ手になる準備は全く無し)
とりあえず、当面は「俺が社長だ」の仲間同士の抗争が始まるのだけれど、
ま〜誰が勝ったところで、下手したら会社倒産するよって話。

西部劇で言えば、
「牛泥棒の間はよかったが、牧場主を殺害し牧場ごと乗っ取ったのはいいが、牛の飼い方知ってる奴が誰もいなかった」←みたいな話さww
『七人の侍』で言えば、
「農村を推そう野武士の間はよかったが、農民を皆殺しにしてしまい、農業のやり方知ってる奴が誰もいないので(民主党は違法移民の奴隷労働でどうにかなると思ってんのかもしれないが)、今年の収穫ゼロなのに村長争いをおっぱじめた」みたいな(笑

→続きを読む

posted by kagewari at 05:32 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(アメリカのことさん”Make America Great Again”)

<1/9追記、ローマの記事出ましたね末尾参照>

アメリカのことさん
>実況&分析ありがとうございます!昨夜のお通夜ムードから一転、リンウッド弁護士ブチ切れててワロタwwと思ったらここへ来てペンス2重スパイの可能性…。議会からペロ氏?のPC入手したらしいですが、警察と組んでいたのはトラさん側で、亡くなられた退役軍人の女性はミッションだった(撃ったのは民主党側)ということ??確かにトラさん「警察は味方だ」って発言してましたが…。もしそうならこの人達凄すぎます。不謹慎ですが面白すぎますw 今どんなエンタメより面白いです。新党の話もありますし、落ち込んでる暇は無いですね!

<情報が常にアップデートされるので現状の読みって話ですが>

●僕は現状をこう読んでます

あの時の共和党議員の反応がオカシイんです
(映画のシナリオなら、トランプ支持者の応援団がきたぞってむしろ議員が議場のドアを開けてUSA!USA!の中でオブジェクションを認めますとなってオカシク無い)
なぜ、議員達は
「侵入したのば暴徒で、平和的なデモを台無ししたテロリスト」というお約束を知っていたの?

てかこの悪党シナリオも筋がオカシイんだよね、
これは香港の平和的な抗議デモでは”ありません”
議員達にプレッシャーをかける革命的民兵行動を織り込んでます(トランプもその目的で呼んだ)
議場になだれ込んでも上等のデモなんです。
(香港のようなアピールして帰りましょう:デモの目的は香港の実情を世界に知らせるため←こういうデモとは決定的に違う)
 ↑
民主党もCCPも筋からして読み違えており(東京地検のバカ冤罪並みに)

トランプも、トランプ支持者も「はっ?」なんですよ、
(このデモをどうしてそう読めるの?キチガイなの?)

ですから、僕は思います、
退役軍人の彼女は「あっアンティファじゃん」気が付いていたかもしれない、
いんです、便乗して後ついていっても「信用ならないテッド・クルーズにヤジ飛ばすぞ!」

で、頭のオカシイ民主党・CCPはこの”バッド・シナリオ”をペンスと共有していた、
僕の読みはその舞台設定としてテッド・クルーズがこれに協力していた。
「みんなバットガイ登場するから」
ペロシは議場警察のガッデムスーツに「アンテイファはCCPの手先でアタシ達はなんとも思って無いし(やっていいとは言ったけど”アタシん家のガレージ落書きは汚すぎ”万死に値する)、BLMのゴリラなんて人とも思ってないから、バッドガイを一人二人射殺しなさい」言ってたんだと思います。

●ところが起きたのは、
バッドガイ達が窓破ると「おーアンティファやるじゃん言いながら、トランプ支持者が殺到」
「クルーズ出てこいコラ!」→勘違いでBANG!
ペロシ真っ青で警察署長に「撃っていいのはゴリラだけと言ったでしょ!」

議場ではシナリオどおり、
「バッドガイは許せない、平和的な?オブジェクションが台無しになり、上院議員が署名を削除しました。共和党議員としても今回の暴力は許せません(は?暴力行使したのがガッデムスーツ警官ですが?)」
この時事情を知らない民主党議員は(BLは忘れましょうと)
「守ってくれた警察アリガトウ」とスタンディングオベーションみたいなことに、
(バカなの氏ぬの?)


●リアルタイムで起きていたことは
トランプ「議場乱入はヤバいから(ペロシが射殺とか言ってる)」
トランプ「州兵とSWATに出動要請(デモ隊に帰ってもらって、アブナイから)」
議場警察と、外部からきた制服警官とは「シナリオの共有が無く」
議場の窓破る後方直前に制服警官きていたのに
(そうとは知らず、ガッデムスーツが制服警官直前でBANG!)
慌てて制服警官はすぐに救命措置
(ひょっとして警官同士で睨み合うような雰囲気も感じた)

→続きを読む

posted by kagewari at 02:10 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0