2020年10月29日

確かに「世俗化VS原理主義」で考えるとわかりやすいかも

ISみたいなさ、宗教原理主義(狭義化)は”神話や奇跡の退行主義”(エンタメ復興主義)と言い換えてもいいよな、
これに対し(フランス革命はやり過ぎ殺し過ぎだが)
世俗化(広義化、大人化)っつーのは、エンタメ性が劣るワケだよ
(言えば”貴族文明の庶民化”→”日常化”だもん)

宗教の(世俗化による)エンタメ性崩壊は。
求心力の低下=遠心力の増大だから、
(もちのろんで『共同幻想』崩壊プロセス)
このままいったらこの宗教が終わると保守派が危機感持つのもごもっとも
 ↑
●この状況は個人心理でも同じな、

子供時代に思った夢は、反抗期(ネタバレ崩壊期)を経て世俗化(大人化)する
現象としては”家幻想”なる宗教の崩壊であり(自立独立)
(求心力の低下=遠心力の増大)
このままいったらこの家(乃至血族の『家幻想』)は終わると保守化は危機感持つ
(言うまでも無く、現代社会では「家督相続」なんての死語なのでとっくに終わっているんだが、、)


<プロセスを各自我タイプ分離にあてこむと>

・ローカル『共同幻想』のような地縁血縁ゲマインシャフトが健在の場合、それはノスタルジー(退行原理主義)を発現するので、オンザレールのまま上部構造(家幻想が帰属ずるピラミッド型階層社会の論理)にシフトすることで継続と保守を試みる(これがオンザレール)
(※但し、現代社会ではその”上部構造”《たとえば高度経済成長型談合社会》がガタガタなので《インセンティブの分配もままならない》、『共同幻想』を既得権益権威社会へバージョンアップするような移行ができず、過半のオンザレールは”崩れ化《DQN化》”するより道が無い)


・フランス革命的に「なんだあれこれ思っていたものは迷信(幻想)や現世利益的な堕落(ネタが割れたら奇跡や神話も嘘やん)じゃん」と思いつつも、既存の社会が(縦割りやら規制改革の遅延で)なんだかんだ壊れた筈の上部構造(エスタブリッシュメントと言い換えてもいいかも)が残り続けている以上、「嘘でも上部構造にシフトして保守のフリをするのが合理的だ」と判断すれば『歩留まり』


・いやいや結局人間はひとりであってだな(無理して合わせないと団体行動できんのだから)、バラけているのが自然体であり、都度何かの事情(用事)があって協力することはやぶさかでは無いが、『共同幻想』(社会的評価による価値論)がまあ言えばまやかしなのだから、価値論の原則(希少性)を認識すべきでしょ(個体のユニークさは同時に”全体の利益”である)、
と考えれば『単独者』(変わっていることそれ自体が《中身を問わず》普遍的実存)


・人間という概念は種であり(身近なイメージなら民族)個人を指す言葉では無い。
人間の多様性やその試行錯誤のプロセスは伝統にあり(歴史に刻まれた知恵が引き継がれる)、そこには現代の人間が知ることのできない英知も隠されているだろう(人が神を評論できないように現在人のみで伝統と言うものを評価することはできない:先祖を含めた”永久比較多数”の正統性)。
「現代に連なるこの歴史そのものが《神話級に》偉大なのだ」(崩壊どころか”本当の神性”は保守思想の中に実存する)私は文化伝統の伝道者となろう、
と考えれば”確信犯的保守再選択者”となる。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:11 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0