2020年10月13日

アカデミズムが左翼政治思想の牙城となったのは大問題だった

俺の学生時代はどうだったって、さ、
(茂木さんあたりにはロシアのスパイ扱いされている某人物がらみの大学でしたがw)
どちらか言えば右寄り大学だったので(確かダライ・ラマもきたよ)、
「まったくそういう感じはなかった」のだが、そんな自由があったのも四流大学だったからなのでしょう。

メディアからインテリ知識人階層から左翼政治思想が顕著に感じられる背景が、
所謂『共同幻想』認知である”偏差値”評価で一流大学なる存在が、左翼政治思想かぶれ教授の牙城となったことに起因するのだとしたら、
「それは心理学も大いに関係する『共同幻想』ネタ」ですわね、

●左翼政治思想と『共同幻想』論は過去に書いているのでここでは割愛しますが、
学問と権威は切っても切れませんでございましょ?
そもそも古代から学校の始まりは「宗教系神学校」であり、
(当時の知識階級としては最高の)「宗教系『共同幻想』のネタ元を知る人達」に始まります。
といっても、当時のネタ元って「経典を読めた」とかの意味です、
(当時一般庶民は文字が読めず、また宗教の経典は門外不出の非公開であり《神のテキスト》、当時で言えば人類の・宇宙の真理みたいなものだから、)

最初の動機はそうじゃなかったと思うんだが、
後に、「非公開の経典を独占し庶民の識字率を低いままにすることが、権力にとって都合がいい」なんて形に陥り、ルターの宗教革命ガーみたいな戦乱を招いたりもしたと。

「自由で開かれた民主的アカデミズム」→ぶっちゃけ馴染まないんだわ、
ある意味、その権威を誇示する一流有名大学になればなるほどね、
(一流なる上下関係を自称するが故の宿命として)
■エリート知識階級の特権なる概念をカチっと成立させる条件って言えばさ
・オンザレールな『共同幻想』適応社会、
・反自由主義、反民主主義
・談合的な”偉くなる仕組みのお約束”
 ↑
現代社会でこれ兼ね備える『共同幻想』ってさ、左翼しかないじゃん(笑
芸が無いのではなくして、それしか手が無いんだわ



実際のとこ、
出世のためというか、大学に残るため「嘘でも左翼の論調に乗る『歩留まり』教授」が大半なんだと思うけど(『歩留まり』鉄板の法則:生活のため妥協せざるを得なかった)、
「正論吐いてる右派論壇のド貧乏ぶり見てりゃさ、、、誰でもわかることでしょ」

●逆説的に言うと
「一流大学」とかその概念自体がもうNGなんだわ(権威主義だから)
かといって?「一億総四流大学」が何か意味のあるスローガンとも思えない(笑

そこはそれ、
俺の個人的意見だけど、
(『歩留まり』って「先送りしてきた”選択の時”をいつか迎える」って説明してんじゃん)
会社も退職し、老後を前に”腹を決めた世代”が、
生涯教育とかの一環で、続々と社会人学生として大学に行くようになると思います。
(もう生徒の三分の一はリタイア組の高齢者とかになるんじゃないかしら)
 ↑
この実社会でキャリアのある人物ってのが、大学講師や教授にとって「もっとも恐ろしい生徒」らしいのね、だって教科書に出てくる話の当事者だったりしてさ(笑
『歩留まり』の終局を迎え、続々と『単独者』か”再選択者”を選んだ後みたいな人材こそが”再び大学へ”とか考えそうじゃん。
 ↑
この人達の突き上げくらうと
「アカデミズムの左翼ごっこなんざ一発で崩壊するのだろう」と思う。
(ゼミでも「どっちが教授だかわからない」みたいなね、)
●「『歩留まり』の逆襲」とでもネーミングしておきますかww




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0