2020年10月12日

菅政権が飛ばす飛ばす(それもえらい勢いで)


やはり二階幹事長とも密約あったんでしょう
習近平国賓発言とのバーターとして、二階幹事長が派閥の領袖集めて「憲法改正論議の促進を求める集会」、年内めどに条文の詰めまでやりましょう的な、
(憲法改正の原動力となることと引き換えに二階さんは中国関係自由に発言していいよと)

次の総裁選立候補しそうな勢いの下村政調会長には
「行政改革の一環として学術会議の存在そのものを検討する方向」を指示(やはりここにきたか)
政府としても河野大臣に見直しの検討を指示


立憲民主党に対しては
「本国会は学術会議のアレで諸君が荒れると思うので、(前の国会であらぬ検察人事デマで流れた)公務員の定年延長法案は見送るから」とのこと、
(立憲支持母体《公務員組合の》自治労は大ショック)

携帯各社は次々と「値下げを検討します」
(電波使用料による脅しの本丸はTV局だという噂も)

さらに控えているのが「福島処理水問題」「沖縄基地問題」←そのいずれも大きく動かしていくという観測が既に流れています(沖縄の選挙情勢にはもう動きが出ている)
●懸案事項はもう年内に目途を立てちゃおうと、


時に田中角栄と比較されるガースーですが←いや似てないだろ、、
政策を推し進める剛腕さは田中角栄以上なのかも知れません。
帰国したポンペイオ長官からトランプ大統領にも話が入っているでしょうから、(トランプ再選はガチの前提ですが)大統領も早く会談したいと思っているのではないでしょうか。
ビジネスマンが本業のトランプ大統領と(即断即決の)菅首相は、違う意味で話が合うだろうと予想します。

えらいことですぜ、
来年あたり、本当に憲法改正までいけるかもしれない。
ちょっと何が何なので詳しいことは控えますが、某報道から類推されることで(だいたい地方議員からの叩き上げの方はだいたいそうなんですが)「菅首相はやっぱり左翼にも気脈通じるところある人で」それって、事実上左翼陣営内部にも影響を及ぼすことができるって意味です。
アイヌ関連法の時も、何らかの意図を持った取引があったのだろうと見てます。
(現場の地域左翼は、なんというか利権がらみの団体なので角さんばりの利益誘導がらみで便宜供与してみたり、逆に手を突っ込むこともできる。)
 ↓
ええ、菅氏自身は政治信条として特別保守派ってことでは”ありません”から、
政策実現のためなら、相手が左翼だうろと躊躇せず連携もする。
(靖国参拝や歴史問題をテーマにしている政治家では無い)
 ↑
ここもちょっとトランプ大統領と似てるとこあります、
(大統領選立候補前のトランプ氏が民主党に献金していたのは割と有名な話←NY界隈でビジネスしていればそれはそういうことなんでしょう)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:45 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0