2020年10月04日

更に勘レベルの話だけれど中東和平

これトランプ政権がガンガン進めているんだけど(クシュナーが主導しているって話もある)、
その実態というか根拠は、
イスラエルには多数のパレスチナ人が暮らしており(普通に仲良く共存している)、一部地区の難民キャンプ化している地域って(独立闘争の名を借りた)座り込み抗議活動のための意図的籠城みたいな図式もあるワケね(闘争運動をリードしているとことがそれを半ば強要みたいな)。
●これつまりさ、周辺アラブ諸国がイスラエルと友好関係にあるのであれば(同居して共存共栄でいんじゃんって趣旨で)、ゴリ押しで独立する意味は何って話になってくる。
(まさかエルサレムからユダヤ人を全員追い出せとかじゃないよなって:できっこネーだろ?)

そもそもが一部のアラブ・モスリムは古代から”異教徒いてもいる分にはOKよ”な寛容性があって、
(そもそも誇大のアラブ・モスリムは異教徒の奴隷と共存共栄で《奴隷も奴隷扱いされない》、奴隷階級が政府の要職に就くとか常識なのね。奴隷ですら差別しないのにさ、異教徒だから殺してもいいに転じるとかんなもの伝統文化的に本来あり得ないんだわ。←皮肉で言えば、イスラム教徒が異教徒を殊更に差別したり殺してもいいとか言うってキリスト教の影響ですかってさ、、)

トランプ政権は明示的に「中東和平」ってものを、
「アラブ・イスラエル連合VSイラン勢力(ペルシャ)」に置き換えようとしている。
これがまたさ、
イラン(ペルシャ)って言えば、ユダヤ人に匹敵するインテリ階級であって、
●本来話せばわかる民度がある筈なんだわ
 ↑
歴史的にもイランがイスラム原理主義って「冗談ですかっ?」ってネタでさ、
(だってほぼほぼ嫌々改宗したんであって本来ゾロアスター教だからな)
おかしなひねくれ方しなければ、トルコを超える世俗派の筈なんだわ、

つまり
「アラブ・イスラエル連合VSイラン勢力(ペルシャ)」←これは
イランが本来の世俗化国家に戻ると、平和的な関係になるって話さ。
(これがまたイランの宗教革命一派や革命防衛隊の今後がどうなるってまったく予測はできないんだけれど、シリアやイラクへの影響力ってものが後退する可能性はあるよね。→だってイスラエルを巡る問題当事者のイスラエルとアラブが手打ちすんだからさ、)
 ↑
これがまたイランのケツ持ちが今中国でしょ、
テーマは共通することになる、
「イランと中国の民主化が解決すれば、世界平和の実現でいっちょあがり」←しかもこれってそれぞれの国民の利益でもあるじゃん(トランプはその民主主義が米国と同じである必要性は無いとまで言ってる)


話は極々シンプルになるよね、
トランプ政権はほんと有能だわ
●そんな大統領がコロナ感染、彼の事だからきっと生還してくれると祈りましょう。てかもしもの時には誰が大統領候補になるのだろうか、、、ペンス?←その場合はその場合で弔い合戦でペンス勝つでしょ。)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:40 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0