2020年10月20日

政治経済ネタだけども「保守リベラルの補足」

矛盾する言語の組み合わせなので、
時に『歩留まり』のことか?と思われる場合もあると思いますが、
「保守リベラル」なんてのは、”穏健な改革派”程度の意味でこれという決まった概念ではありません(政治姿勢や志向程度のことなんだし)。

『歩留まり』のように(人の一生単位という)タイムリミットがあるのでも無し、
規制緩和・改革派を意図するリベラリズムにも「無限の自由なる概念がまた概念として矛盾する」てな側面もありますから、
わかりやすい論議で言えば、こんな感じかな、
 ↓
「非合理的な慣習法的規制を文化として残るのはアリなのであって(拘束力は無く自由選択である)、崩壊するべきのような極論はナンセンスである(英語の利便性は評価しても日本語を捨てると息巻くのは→この段階で非合理的だ→英語の利便性論議も大概に《穏健な範囲に》するのが安全)」

●これに対して保守派に見られる反動は(反動なのでやり過ぎのことね)
「日本民族の誇りとして、旧時代表記の漢字(なんて言うのか忘れた)をカッコいいみたいなノリで使用するネトウヨ気取り」みたいなさ、
(気持ちはわかるけど、旧漢字を常用化に戻すってのは流石に、、君のファンタジーってことで)
(※これが確信犯保守の場合、持ち前の知識でTPOに合わせた「この時のこの書面は旧漢字がベター」などのケースバイケースの判断になると思う。)


日本の自民党は現在英語教育なんかも絶賛推進中なので、
言うまでも無く、自民党はリベラル系で米国なら余裕の左派です。
 ↑↓
但し、日本の場合原始『共同幻想』からして『歩留まり』的というか(一神教系では無く戒律的な社会運用が”緩い”:言い換えれば「穏健が伝統」)、海外から渡来人が来る度に誰かが外国語話せたり、江戸時代の武士官僚はほぼ全員漢文できるワケで(現代で言えば全員英字新聞読めるみたいなことだろ)、「伝統の日本文化を」って居丈高に語られてもね、、
(※先日の記事じゃないけど「愛すべき100発100中のこと?」みたいな)

日本文化の無意識には「穏健で融通無碍な精神が流れている」と、
俺なんか思っているんだけどさ、


●現代的には「保守リベラル=リアリスト」みたいな理解だよね、
(政策的に言えば、その典型は「核兵器全廃を叫ぶのでは無く、冷静に”核軍縮”を語る側」)
(故に、そんな日本の「非核三原則はエキセントリック」ってことになるんだが、そこは社会心理としてのトラウマ論のようなものだから、日本の宿命と見るべきでしょう。)


野党の大失敗は、
民主党政権当初「実は憲法改正も(保守で)後ろ向きな(てか右派に草案書かせたらダメダメだったりする)自民党では無く(実現する気が無いので支持団体の遺族会向けに威勢のいい草案出してる)、改革派である民主党こそが憲法改正も堂々と論議できる」みたいな裏コードがあったのだよ(PKO法案の小沢がいたから)。
そこが対米という部分で(これがいつもの左翼の保守派煽りに引っかかる的な)根拠不明な対米強硬論みたいな失敗から瓦解するんだが→気が付いたら組織票頼みで「ド左翼に堕ちた」みたいな。
 ↑
なんか当時の民主党にはいろんな角度から批判あるけども、
鳩ポッポ「トラストミー」暴走の背景に(これがまた近衛文麿とよく似た流れで)対米自立強硬論としての煽りがあったのは事実(TPP反対に動いた山田農相も同じパターンかな)、
財務省策動での消費増税三党合意も「笑うぐらいに陰謀臭い」ネタだし、

「バシバシ手を突っ込まれた」つーのが事実だと思う。
そんぐらい守りがガタガタ(ある意味党是も全然堅く無い)
セキュリティソフト全く無しのOSみたいなもんだったのだよ。
(小沢追放騒ぎもガチあからさまな陰謀論だったからね)

●安倍ちゃんが言った「悪夢の民主党政権」が全て当たっているとは言わないが、
結果として「悪夢」だったのは事実、
「いろんな意味で政権取る資格が無かった」
(自民党は堅いって意味では無いよ、バリバリに日韓議連もあるしさ、二階さんの件といいガバガバなとこはガバガバでしょww、しかし自民は対抗性があるっていうか”何か外からやられてね?”って時には陰謀論的なところにも鼻が利く。←てか謎の怪文書が飛び交うんだけどね)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:31 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

地位と名誉が「『共同幻想』専用語である件」を簡単に

特定社会における専用語と言えば、
野球界の「ゲッツ―」だとか、サッカー界の「シュートをふかす」であるとか、
宗教界における「お布施」などのことで、

「地位と名誉」は『共同幻想』社会の専用語であり、
『単独者』の世界には、そのような概念が成立しようがありません
(人が個別単独に存在するため、社会の上下関係?という概念が成立しない:『単独者』の認識する社会は”ネットワーク社会”であって、ヒエラルキーのあるピラミッド型社会では無い《『単独者』から見ると『共同幻想』型の社会は”謎のカルト集団”のように見える》)
 ↑↓
ベタな表現で言えば、
●「詩人を相手に、チームプレーで大事にしていることは何ですか?」とか質問します?
(その質問した記者の頭は大丈夫かって話になりますよねww)

大雑把に言えば、論壇など文芸の世界(代表は小説家など)、
ほとんどが『単独者』なワケで、
「森鴎外相手に、プレー中アイコンタクトで重視していることは何ですか?」とか聞く?


ことほどさように「地位や名誉」というのは(個人の尊厳にかかわる名誉は例外だけど)、
『共同幻想』社会適応人格以外には、全く関係の無いもので、
(一匹狼の”八百屋さん”にとって、社会的地位に応じて接客内容が変わるとか無いから。:これに対して社会の権威構造を利益に当てこむ《高級ホテルなど》業態は違うでしょ。後者が『共同幻想』利権構造の上に乗っかっている業態であるおとがよくわかる。)


<オマケで言えば、現代比較多数の『歩留まり』選択者の場合>

勿論頭では「地位と名誉」などトンチキな集団心理みたいなものだぐらいのことは百も承知、
『歩留まり』曰く、
「それはそうだが、近代以降の”信用通貨経済”を考えるとだ、インセンティブは《物々交換や直接的利益供与から》個人が自由にその権利を行使できる”マネー”に代わったわけで、社会のインセンティブ論が時代遅れだとしても、実体経済《自分の生活含めて》考えれば”金はいるよね”」
●ここ重要なところですが
『歩留まり』選択者の合理性は、貨幣経済の登場によって”色やヒモのついたインセンティブでは無く”、一度《何にでも個人の選択で使い方が選べる》”カネ”の登場により”留保”されている。
 ↓
『歩留まり』曰く、「一度財布の中に入った金に地位や名誉の色はついていない」
(『歩留まり』選択者は、名刺やスーツのバッジを誇示する行為は「は?バカなの?」と心底思っていますが、”限度無しのクレジットカード”については大いに反応するワケですよ。←残念ながら”金《カネ》”の存在には一理あると、それを無視するのはバカげている。)

つまり、『歩留まり』階層の特徴として、「所得格差には敏感だが、所得の大小に社会的地位まで関連させて【いない】」のが特徴です→確認しているのは純粋に所得の金額差だけです、
(個人の投資で”大儲け”した話は、素直に「あらいいわね」と羨ましく思える。)
(同時に、「所得の大小は重要な要素”だが”、それが決定的な要素では【無い】と強く思っている」のが『歩留まり』階層の特徴になります。)

※ある意味『歩留まり』階層にとって一番悩ましいのが
(彼らがよく使う表現で書くと)
「とっても性格も素敵なミュージシャンンのフリーターと、キモイんだけど所得額が凄いオヤジ、選ぶのはどっち」ってテーマでさww、女性誌なんざ、ほぼほぼ毎号どこかしこにそのネタが入り込んでいたりするワケで、
(そこが『歩留まり』固有の逃れようの無い矛盾《打算》であり、テーマ《本音は抜け出したい》でもあるからです)

この貨幣経済論自体が(いわば現代経済学)、
仮想通貨の登場により、大変革する可能性があって(MMTも同じく)、
この時『歩留まり』階層を繋ぎとめていた「マネー発明による打算的合理性」も雲散霧消する可能性があります。
<いやこれがまたね、仮想通貨デジタルマネー時代の経済学がどうなるのが”正直わからない”>

→続きを読む

posted by kagewari at 19:02 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

日本文化を別角度から「100発100中が異様に好きなバカ伝説」

諸説あると思うけど、
「銃で狙撃」を最初に考えたのは日本人です(多分あってる)、
日本の火縄銃は鋼の質がいいため強度が均一で精度も高かった、
確か長銃身の狙撃専用モデルもあった筈で、
城の銃眼などから狙うワケだけど、当時西欧で銃と言えば突撃前の弾幕張るとか数撃ちゃ当たる程度の運用でしかなかった。

さて、この話の根本だが、
西欧の連中が一番驚くのが「サムライはどうして盾を持たないのかね」って話、
(確かに槍による攻撃を防ぐ機動隊の盾みたいなのはあるよね、上記は携帯する装備の話。右にロングソード、左に盾だろ?あれなんで?って意味)
しかも当時の刀剣は(ダマスカスあたりを例外に)鉄の板をぶち込むみたいな使い方なんだが(細身で折れてもいかんだろ)、
●日本刀は?→「カッターナイフばりの切れ味を持つレーザーブレードですが何か?」
(いやいや西欧の刃物が切れないってこっちゃネーよ、ハンティングの解体用ナイフは切れるからね。→それをめっちゃ長く伸ばして振り回すって感覚がわからない。)
しかもさ、理想は一撃一閃で切り伏せるだろ、←●俺は日本人の百発百中神話はここが始まりだと思っている

WWUの38式ボルトアクションしかり、南部14年式サイドアームしかり、
意味のわからない変態エアサス付いた74式戦車しかり、
戦後の64式自動小銃しかり、ミリタリー用途としての使い勝手を無視してもww、えー命中精度優先の設計だったりする。
特に拳銃設計の非合理的なとこは「一種病的で」、
「どこに安全装置つけてんねん!」「安全装置がこうなって、、えーーー!!」のようなですね、
 ↑
咄嗟に安全装置が解除できないようになっとんのです

俺思うんだ、根本的に発想が違うんだろねと、
銃の文化が根付いている欧米では、戦闘準備モードになれば薬室(チェンバー)に装填していつでも撃てる状態で安全装置をかけるワケさ(自動拳銃に至っては”コックアンドロック”のポジションとかもある)、でもね、日本人って実際の戦闘・戦争になればアレなんじゃないかな、
「抜刀!」モードだと、薬室に装填して安全装置も外しちゃうんじゃないの(笑
使用する時には、安全装置は外れてるから「はずし難いとかいんだよっ!むしろ使用しない時に安全でいいじゃん」って発想

■これがまた、妙なところでサブカル拗らせてるからさ、、
最新式の自動小銃の安全装置の表示が「ア・タ・レ」だよ?
(いやいや、、世界標準のアルファベット表記でいいだろ、AUTOとかSAFEとか、)
きっと、ア(安全)、タ(単発)、レ(連発)なのかな、、、
ここに拘る意味がわからない、、、



<<ちなみにだけど「オーバーエンジニアリングが文化のドイツ人の場合」は>>
「構造上必要の無いギアが何個もある、、、」
「必要無いとこにまでベアリング入ってる」みたいな話になる、
すっごく典型的な逸話は、
現代イタリアのマテバ系登場まで、回転式(リボルバー)は米国の独壇場だったんだけど、
昔さ、ドイツの某メーカーがコルトパイソンを意識した高級リボルバーを作ったんです。

パイソンの特徴はなめらかなトリガープルにあったんだけど、
米国ではなめらかはなめらかだけど、レットオフのタイミングが取りずらいとも言われ(別にそんな時にはシングルアクションで撃てばいいのでどってことないんだけど)実用性はやっぱS&Wかなって評判だったのよね。
ところがこのドイツのメーカーは「究極の滑らかさ」を目指し(ハイこの段階でもう間違い)
トリガーとシアーの間にベアリングを入れたんだわ、
「もうね、なめらかどころかスルスルスルんって引き金が引ける」
 →「いつ弾が飛び出すかわからない、、危ないだろーーがーーー」という駄作に、、

→続きを読む

posted by kagewari at 14:41 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

「論理性と自我」

<注:今回の話は試論も含まれるため、難解な上にまとまりを欠く話になっております>

「何々をかくかくしかじかに思える」だとか、
「ってことはこういうことかなと考える」だとか、
 ↑
それ抜きに”本音”の動機形成は不可能です
(思いつけない、想像が及ばないことを実行することは不可能ですから)
(重要なことですが「それを模倣することも不可能」です→ピカソのキュビズムの絵を模倣するには、そら何らかの知識でイメージぐらいはできていないと不可能)

●さてしかしみなさん
「人間には思いもしない、想像も及ばない言動は無いのか」と聞かれば?
誰にだって、なにがしかそれっぽいことある筈です、
それは以下のような言葉で表現されることが多いです
 ↓
「何かの間違いで」

その違和感こそが「本音じゃないから」ってことです。
つまり『自意識』が自立的に行った動機形成では無いの意味、

「論理性の無いものは自我に導入できんのです」
(学校教育で考えれば誰でもわかりますよね?「はい、みなさんわかりましたか?」←このやりとりの中で概念なり思考というのは導入されます。逆に「わからないものは導入できない」)
 ↑
それが理解力の差異ならまだしも(時間をかけりゃわかることの範囲)、
最初っから論理性の破綻している事項を導入しようったって100パー不可能です。
(=それは本音になりようが無い)


<ちょっと分析的に考えてみましょうか>

「何かの間違いで」→代表例は?→「うっかりミス」
さて「うっかりミス」って何?
連想による錯誤行為ですよね。
 ↓
「あなた今日のコロッケは※※※※なので、いつもの癖でお醤油とかやめてくださいね」
と言われてんのに、
醤油をジャーで、
「ちょっと何をしてんのよ!!」「あっ”うっかり”」


■記憶法に連想法ってのがあります(所謂一夜漬け記憶法みたいな奴)、
「指=銀行」「耳=貝」「足=歴史」、、、、、←こんな風に”絶対忘れようのない”指や耳や足とかのキーワードに”関連付け”することで、通常なら忘れる事項もしばらくは覚えてますよって手法。
もうひとつ「ナクヨウグイス平安京」って記憶法もありますね、
「平安京=794年」
これはエピソード記憶の模倣です(ストーリー仕立てというか絵日記手法による疑似エピソード化)

トラウマ論で考えれば一目瞭然でしょう、
エピソード記憶や連想により「判断する猶予(考える間も)無しに超越的に答えがもう明示されているもの」(超自我領域の道徳野もその典型になりますが)
判断や、考える間も無いんですからどうなりますか?→『自意識』による判断や考えを超越する

「俺にとってコロッケは醤油」←この格言が「八紘一宇」みたいに自我内に君臨している場合、
『自意識』マターもバリバリ全開に緊張でもしていない限り、
(ちょっとでもオートモードになれば)
コロッケ見た瞬間、自動人形のように醤油をジャーっとやっちまうんです。
 ↑
人間の自我はそういう仕組みになっとるワケで
(これを全てパブロフの犬で説明するのは違うと思うのね)


●そこにトラウマ論をはめ込めばもっとよくわかりますよね、
「こっぴどいパワハラ受けた上司の顔見た瞬間お腹痛くなる」
 ↑
お腹痛くなるのは本音じゃないでしょ(お腹いたくなりたいなんて思ってないんだから)

人間の心理に度々起きる「強迫心理現象」ってのは、
ある意味「広義のトラウマ論」と置き換えることもできます。
「どうしてもそう思ってしまうんです」←よく聞きますよね、
=その意味するとこは?「本音じゃない」

と こ ろ が、
なかなか当事者には「本音じゃない」部分は強く自覚されません。
 ↓
「あなた今日のコロッケは※※※※なので、いつもの癖でお醤油とかやめてくださいね」
と言われてんのに、
醤油をジャーで、
「ちょっと何をしてんのよ!!」「あっ”うっかり”」
●「いや〜本音じゃやないから(悪気は無いだろ)」←平気でこう言えと「開き直るのか」なんて余計叱られますよね。


この場合の謝罪は前段の
「あなた今日のコロッケは※※※※なので、いつもの癖でお醤油とかやめてくださいね」←これに同意していたのに、生返事で(『自意識』の覚醒不足)無意識に「いつもの過去用例が優先された」ため、
「本音じゃ無い方が”出ちゃった”」ことを謝罪しているワケです。
(自我管理責任と申しましょうか、、)

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 01:38 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

具体的な「認知リミッター」の話(サンプルはイマイチながら)

今回は一歩間違うと(いやぁなんてか間違いなく)自慢話なんだけどさw
いちおう最後に「それはチゲーから」って”落ち”がちゃんとあるから
(トータルで読めば全然自慢話じゃないのがわかっていただける筈)

いくつかの断片的な話を列挙してみよう
・ひとつの着想は「地方と都会の間の情報格差」って謎現象に始まる
(インターネットの回線インフラにはほぼ差が無いってのに)
はたまたそれは民度の問題なのか?
ローカル『共同幻想』社会の仕業なのか?

様々ご意見あると思うけどさ、
実際通信販売含め、地方のインターネット利用率が著しく低いだろうって感触が実体験としてもある(時々北海道帰省するからね)、
・確かにスマホの普及以来、ハード面においても地域格差はほとんどなくなったため、近年は
地方でもインターネットを利用した情報取得が急速に拡大しているのも事実なんだが、

<そ れ は さ て お き>

『共同幻想』の縛りで、検索キーワードなどに絶妙な認知リミッター(思いつかない機能)かかっていると、ある筈の結果に(そのルートに何ら難易度無いのに関わらず)辿り着けないって現象が起きる。
たとえばローカル『共同幻想』の縛りで「非常識(『共同幻想』ルール違反)なことを思いつけない」←これがハンデになっているのではなかろうかと思うのね。
(※経済においても政治においても「保守性やナショナリズム・地域性はグローバリズムやリベラリズムの対立概念」になるだろ?←どっちがいいとか抜きの話として。「保守性=思考の枠組み《常識》がある」ってことだから、それは同時に非常識な発想に対し認知リミッターが機能していると同義になる。)
 ↑↓
いかにも起こりそうな現象を類推するとさ、
「ハローワークでトンデモな面白バイトを発見する確率」←ここで起きる個人差のこと
(選択以前に、発見し認知することができない現象が無意識に起きる可能性)


■■■<ちょっと話が逸れるけど:ここから個人的な話>■■■

まず「ヤフオクや、Amazon」
自慢じゃないが、俺はヤフオクやamazonなどでトンデモ級に廉価に商品をゲットしていたりする
ここでノウハウをアレするのも(ド・自慢話になってしまい)”感じのいい話では無いので”割愛するけれど、それほどの難易度で発見しているワケじゃない。
時折(いや〜いまどうしても必要ってのでも無いんだよねということで)暫くお気に入りにだけ入れて観察することがあるんだけど、「ほんとに誰も見つけないのな」、笑うぐらいに。
オカシイと思わないかね?何万人ものユーザが利用してんだぜ?

他にも(一部は過去記事に書いたけど)
某リクルートのインチキライターだった時代に、彼らが外注していたブログ運営会社のサイドバー設定に間違いがあってさ(何ら英語力無くても誰でもタグ見りゃわかるミス)、そこ自力で修正してるの俺ひとりなんだよ。たまりかねて運営にお知らせしたんだが「そんな事(気が付いて)言うのあなたひとりです」だってさ(いやいやソフトハウスの方でも気が付けよと)、
このブログ運営のseesaaのサーバ移転メンテの後で過去記事の画像が非表示になる変換上の問題があった時も、ちょっと運営さん知り合いなものだから「これみなさん過去記事の画像乱れて大変なことなってませんか?」と尋ねたところ、「そんな事(気が付いて)言うのあなたひとりです」だってさ、、(いやいや何万もユーザおるでしょ、、どうして平気でいられんだ?)

こんな話もありました、
某有名な加熱式タバコの登録サイトで(故障時など交換サービスが受けられる)、あるプレゼントコーナーである問題が発生(ちょっとここでは書けない事件がありましてww)、
ちなみに上記括弧の”ある事件”にしても「こんなんSNSで拡散されたら大変なことになるぞ」と思ったんだが、、(そんなニュースはどこにも出ていなかった)
な事態が起きるぐらいにここのサイト管理がちょっとアレなところで、
 ↓
そこで、他にも追加的に謎なことがおきたものだから、サポートにお知らせした、
(思うんだけど、きっとここでも「そんな事言うのあなたひとりです」が起きたんかしらんけど)
上の者がお話を聞きたいと、、、
(上の者って誰なんだよっ!てか高い給料貰ってるホワイトカラーが余っているでしょ。言われる前に気づけよって、変な事言われてこっちが驚くわ、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:49 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(にしきさん”勘違い”)

にしきさん
>私が質問していたのは対人依存がどうとかじゃない。
能力や収入面は普通の人以下(底辺層)、単純労働しかこなせなくて人生経験が積めない、お得な情報を提供できるわけじゃない、面白い話題を提供できない(つまらないと言われる)、相手にとって私といることで新しい発見や刺激がない、私が与えられるメリットがないからのようです。やはり面白い話題や情報を与えられる、人生経験積んだり、新しい発見や刺激を与えられないと友人はできないものなのか?ということです。本題に答えてください。


答えてますよ?

>やはり面白い話題や情報を与えられる、人生経験積んだり、新しい発見や刺激を与えられないと友人はできないものなのか?
 ↑
話が逆さまだって説明してんの、
あなたの言っている人物像は「個性的な人」であり、
個性的な人ってのは、日常において「殊更友人とか必用としない人」のことだから。

(友人が欲しいので”そういう人”になれるかなってのは論理矛盾になるのさ)



<もう一度、頭から説明しましょう>
「にしきさんは、この世に存在し得ない人物になる方法を質問してますよ(パラドックスになってますよ)」とお答えしてるんです(にしきさんもガキじゃ無いんだからその程度の話本来は自力で答えを見つけられる筈なんですよ。それが何故見つけられないのか?にしきさんの【問い自体が矛盾している罠】にひっかかっているからです)。

【心理学の出番としては】その(矛盾する問いにひっかかる仕組み)説明のが早道だろと、
そういうことですが、

●もう少し具体的に説明しましょう
 ↓
1)個性と所得しゃ社会的地位には【全く関係が無い】
(部長が読んでも、アルバイトが読んでも「太宰治の価値は同じです」)
 ↑
あなたは、『共同幻想』適応時の組織内カーストと、自然権的に存在する個性の違いを理解できていません(ホームレス寸前な人にも普通に魅力的な人物とか存在しますが何か?)
(※まあある意味俺の過去の人間関係には、生活保護の入り方教えたげた某往年は〇〇の営業マン〇さんって爺ちゃんいたけど、それはそれは魅力的な人でバイトの女子大生にも好かれてたぜ。金欲しさに某外国人国籍取得のために偽装結婚とかにも手を出してる人だったけどさww:あーちなみにその四谷の営業マンも社員では無く軒だけ借りるローンウルフな、)

2)あなたの説の(お得がどうとか)それは営業マンの”からめ手”であって、それで気を引くことができたとしてもそれは何らあなたへの好感などに”関連しませんよ?”
(相手が興味を示しているのは、情報提供者のあなたでは無く”情報そのもの”だからです)

3)「メリットを与えて関係を結ぶ」←売春ですか?
人が何故どこぞの誰かと親しくなるのかって、(そういう腐れ縁が発生する時の話ですが)そりゃ接触遭遇した時に「表現しようとする意欲的な個性を見て」ケースバイケースで判断することになります。
(イスラム過激派がユダヤ教シオニスト相手にいきなり私的な好感持つとも思えないでしょ)
自分自身の本音を肯定し(肯定すると自然と表現することになりますから)表現される本音の断片を錦して「相手が興味を持てば」って話で、
 ↓
そら言うまでもなく、「この地域ではその個性に好感持つ人はいないぞ」って場合もあるでしょうが、
【全く問題ありません】

■原理原則として、大人とは他者を必要としない(基本ひとりで生きる)自己完結性所有者のことだからです。
殊更「知人や友人を必要としない」のです。
(『孤高のローンウルフ』に何か問題が?←基本的にカッコいいタイプの自我だと思いますが)

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 02:30 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

アカデミズムが左翼政治思想の牙城となったのは大問題だった

俺の学生時代はどうだったって、さ、
(茂木さんあたりにはロシアのスパイ扱いされている某人物がらみの大学でしたがw)
どちらか言えば右寄り大学だったので(確かダライ・ラマもきたよ)、
「まったくそういう感じはなかった」のだが、そんな自由があったのも四流大学だったからなのでしょう。

メディアからインテリ知識人階層から左翼政治思想が顕著に感じられる背景が、
所謂『共同幻想』認知である”偏差値”評価で一流大学なる存在が、左翼政治思想かぶれ教授の牙城となったことに起因するのだとしたら、
「それは心理学も大いに関係する『共同幻想』ネタ」ですわね、

●左翼政治思想と『共同幻想』論は過去に書いているのでここでは割愛しますが、
学問と権威は切っても切れませんでございましょ?
そもそも古代から学校の始まりは「宗教系神学校」であり、
(当時の知識階級としては最高の)「宗教系『共同幻想』のネタ元を知る人達」に始まります。
といっても、当時のネタ元って「経典を読めた」とかの意味です、
(当時一般庶民は文字が読めず、また宗教の経典は門外不出の非公開であり《神のテキスト》、当時で言えば人類の・宇宙の真理みたいなものだから、)

最初の動機はそうじゃなかったと思うんだが、
後に、「非公開の経典を独占し庶民の識字率を低いままにすることが、権力にとって都合がいい」なんて形に陥り、ルターの宗教革命ガーみたいな戦乱を招いたりもしたと。

「自由で開かれた民主的アカデミズム」→ぶっちゃけ馴染まないんだわ、
ある意味、その権威を誇示する一流有名大学になればなるほどね、
(一流なる上下関係を自称するが故の宿命として)
■エリート知識階級の特権なる概念をカチっと成立させる条件って言えばさ
・オンザレールな『共同幻想』適応社会、
・反自由主義、反民主主義
・談合的な”偉くなる仕組みのお約束”
 ↑
現代社会でこれ兼ね備える『共同幻想』ってさ、左翼しかないじゃん(笑
芸が無いのではなくして、それしか手が無いんだわ



実際のとこ、
出世のためというか、大学に残るため「嘘でも左翼の論調に乗る『歩留まり』教授」が大半なんだと思うけど(『歩留まり』鉄板の法則:生活のため妥協せざるを得なかった)、
「正論吐いてる右派論壇のド貧乏ぶり見てりゃさ、、、誰でもわかることでしょ」

●逆説的に言うと
「一流大学」とかその概念自体がもうNGなんだわ(権威主義だから)
かといって?「一億総四流大学」が何か意味のあるスローガンとも思えない(笑

そこはそれ、
俺の個人的意見だけど、
(『歩留まり』って「先送りしてきた”選択の時”をいつか迎える」って説明してんじゃん)
会社も退職し、老後を前に”腹を決めた世代”が、
生涯教育とかの一環で、続々と社会人学生として大学に行くようになると思います。
(もう生徒の三分の一はリタイア組の高齢者とかになるんじゃないかしら)
 ↑
この実社会でキャリアのある人物ってのが、大学講師や教授にとって「もっとも恐ろしい生徒」らしいのね、だって教科書に出てくる話の当事者だったりしてさ(笑
『歩留まり』の終局を迎え、続々と『単独者』か”再選択者”を選んだ後みたいな人材こそが”再び大学へ”とか考えそうじゃん。
 ↑
この人達の突き上げくらうと
「アカデミズムの左翼ごっこなんざ一発で崩壊するのだろう」と思う。
(ゼミでも「どっちが教授だかわからない」みたいなね、)
●「『歩留まり』の逆襲」とでもネーミングしておきますかww




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

菅政権が飛ばす飛ばす(それもえらい勢いで)


やはり二階幹事長とも密約あったんでしょう
習近平国賓発言とのバーターとして、二階幹事長が派閥の領袖集めて「憲法改正論議の促進を求める集会」、年内めどに条文の詰めまでやりましょう的な、
(憲法改正の原動力となることと引き換えに二階さんは中国関係自由に発言していいよと)

次の総裁選立候補しそうな勢いの下村政調会長には
「行政改革の一環として学術会議の存在そのものを検討する方向」を指示(やはりここにきたか)
政府としても河野大臣に見直しの検討を指示


立憲民主党に対しては
「本国会は学術会議のアレで諸君が荒れると思うので、(前の国会であらぬ検察人事デマで流れた)公務員の定年延長法案は見送るから」とのこと、
(立憲支持母体《公務員組合の》自治労は大ショック)

携帯各社は次々と「値下げを検討します」
(電波使用料による脅しの本丸はTV局だという噂も)

さらに控えているのが「福島処理水問題」「沖縄基地問題」←そのいずれも大きく動かしていくという観測が既に流れています(沖縄の選挙情勢にはもう動きが出ている)
●懸案事項はもう年内に目途を立てちゃおうと、


時に田中角栄と比較されるガースーですが←いや似てないだろ、、
政策を推し進める剛腕さは田中角栄以上なのかも知れません。
帰国したポンペイオ長官からトランプ大統領にも話が入っているでしょうから、(トランプ再選はガチの前提ですが)大統領も早く会談したいと思っているのではないでしょうか。
ビジネスマンが本業のトランプ大統領と(即断即決の)菅首相は、違う意味で話が合うだろうと予想します。

えらいことですぜ、
来年あたり、本当に憲法改正までいけるかもしれない。
ちょっと何が何なので詳しいことは控えますが、某報道から類推されることで(だいたい地方議員からの叩き上げの方はだいたいそうなんですが)「菅首相はやっぱり左翼にも気脈通じるところある人で」それって、事実上左翼陣営内部にも影響を及ぼすことができるって意味です。
アイヌ関連法の時も、何らかの意図を持った取引があったのだろうと見てます。
(現場の地域左翼は、なんというか利権がらみの団体なので角さんばりの利益誘導がらみで便宜供与してみたり、逆に手を突っ込むこともできる。)
 ↓
ええ、菅氏自身は政治信条として特別保守派ってことでは”ありません”から、
政策実現のためなら、相手が左翼だうろと躊躇せず連携もする。
(靖国参拝や歴史問題をテーマにしている政治家では無い)
 ↑
ここもちょっとトランプ大統領と似てるとこあります、
(大統領選立候補前のトランプ氏が民主党に献金していたのは割と有名な話←NY界隈でビジネスしていればそれはそういうことなんでしょう)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:45 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0