2020年10月11日

陰謀論を面白がるつもりは無いが(大好きですけどねW)


俺もこういうネタは、、うーん「見逃せない、面白すぎる」

『アマテラスの暗号』01 ユダヤ人と国際金融資本




(元々歴史ネタの秦氏やら平氏がらみの、中東からの渡来人が神道を拡大させた説はアリだと思っているからね、古代出雲大社がピラミッドの石室とデザインが似ているとかも、ウ〜ン堪らない)

「パート3が楽しみです」
(と思っていたらアップされた―、末尾に貼っておきます)


●全く心理学に関係無い話でも無いのだよ、
キリスト教が戒律で利子を取る商売が禁忌なので、欧米においてユダヤ人が金融資本を牛耳る形になっているとかの話は、欧米『共同幻想』論やら経済学的にも鍵となる話だし、
過去記事に書いているけど、
ケインズ経済学は、フロイト心理学の影響を受けており、
このケインズ経済学(国が投資などで所得分配を図る)ってのがまた、国家が金融の一部を代行するような話でしょ(故に政策として左翼的だとかの論議が出ることもある)、

欧米における政府の関与を認めない自由主義経済は、間接的にユダヤ金融資本がどうたらって話にどうしてもなってしまう(これさ、ユダヤ人がそう望んでそうなるとかでは無く、キリスト教の都合で結果そうなってしまう論理なので陰謀論では無い)。

更に”マネー(通貨)って何か”なる論議になれば、
即ち信用ってことだが、そら勿論心理学だよね。
「金(ゴールド)には希少性があるから、物々交換の代わりに間接的に一度金貨と交換することで、流通が格段に便利になる(交換するべき商品の購入を流動的に行える)」
しかし、その金(ゴールド)にも相場があり、、、

●経済で言えば「その地方の特産品」って言葉があるけど、
意味するものは”潜在的な過剰資産品”のことだよね(その地域では消費仕切れない)
その地元では(過剰生産故に)安いワケだ、
単純な話、別の場所に移動させて(その品物が過小な地域に)売れば高値で売れるから莫大な利益となる(特定品の名産地もこの交換により不足する産品を手に入れられる)。
土地で生産できるものには地域性があるから、これシャッフルするだけで儲けとなるのが商人の始まりだけど、→ハイ、現代社会のグローバリズムってのは「資源産出国以外ではその差異無く、総じて世界的な過剰生産となること」を意味する(どこでも安値→ただし生産性向上によるものなので効率はあがってる)、
 ↓
そのまま放置すれば、(せっかく生産性が上がっているのに→更なる過剰生産も可能)安値競争が起きるだけなので経済は収縮してしまう。
(そこはケインズが説いたように需要不足を補えばよいとなり)
先進国は”資本輸出国(事実上の無限の金鉱脈を持つ国:国際通貨発行国)”らしくドドーンと財政出動し(或いは金融緩和により)、所得を分配(流通)することで「更に生産性を加速させ、世界中に商品を流通させましょう」ってな動きが期待される(結果第三世界含めて一発で世界にスマホが行き渡った)。
しかし、その通貨にも為替相場があり、、、
 ↑
ま、現在の経済学的には「インフレが起きなきゃ(ケインズ的にはまだ需要不足なんだから)」、鉱脈から掘り続けて大丈夫ってことになる(国債など中央銀行に引き受けさせればよい)。

■しかし、先進国が何から何まで消費財を輸入に頼れば、諸外国の要因で(関係悪化で輸出が止まるなど)特定分野でインフレが起きる可能性もある(先日のマスクな)、
てか、生産国との関係悪化含めて「それは安全保障ってことだね」となり(そらそうだ金鉱脈を持っていてもセキュリティーがガバガバなら大変なことです)、
『経済安全保障』『外交力』『軍事力』ってのがその信用を担保するんだねとなり、←それらが先進国を先進国たらしめる条件となった。

事実上「安全保障本位制」みたいな側面があるのはこれ事実だよね。
(米国の信用とは米軍本位制っちゅう話)

同時にそれは「国体(國體)」にも言えることで、
ネタバレしても崩壊しない(幻想では無い)合理性により担保された「普遍的『共同幻想』」なる←もう言葉として矛盾しているんだけどさ(笑
その代表が「言語や通貨や国籍」という部分で、
(吉本隆明の『共同幻想』論で言えば「国家」も『共同幻想』であるが)
そこには、国家のように幻想であっても「ネタバレ崩壊させる意味が無い」って項目もあるワケさ、
破壊する合理性が無いってこと(アナーキズムのフリーJAZZ的ナンセンス論だわね)、
 ↑
しかしここって、そのつもりが無いのにご都合主義的に壊れてしまう場合がある、
ソ連崩壊もそうだし、北朝鮮も今後どうなるかわからない、
中国共産党も言うに及ばすだ、

→続きを読む

posted by kagewari at 23:59 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(にしきさん”友達”)

にしきさん
>仲良くなりたいと思う人がいても私には無理だと言われます。能力や収入面は普通の人以下(底辺層)、単純労働しかこなせなくて人生経験が積めない、お得な情報を提供できるわけじゃない、面白い話題を提供できない(つまらないと言われる)、相手にとって私といることで新しい発見や刺激がない、私が与えられるメリットがないからのようです。やはり面白い話題や情報を与えられる、人生経験積んだり、新しい発見や刺激を与えられないとだめなのでしょうか?


■一見論理的な文章に思えますよね?
(もちろん文章を書いているにしきさんがそこに違和感を感じていたら大変)
ところが、にしきさんの文章には”心理学的な着想で読めば”論理矛盾している箇所があるんです。←どういう意味なのかっていうと、
「無意識に答えんの出ない命題”バラドックス”を自ら問いにしてしまっている」んです、
(無意識に誰が考えても答えの出ない禅問答やとんちみたいな事を、素で悩んでいる問いなんだと思ってしまっている)
 ↑
こんなことして何のメリットがあるのか?と思うでしょ
(自分で自分を詐欺のトラップにひっかけているようなものですから)

答えは簡単です
【対人依存の無条件肯定】(それを疑問の遡上にあげず、しれっと”前提条件”にしてしまうことで、あたかも無条件に対人依存に疑問の余地が無いかのような錯覚を”自分に与えている”)


●話の本質は「そもそも以下のようなものであるべき」なんです(事実関係として)
 ↓
「誰か特定の人物に対してどうしても親しい関係を築きたいと思い込んでしまいます。これは何かが投影した対人依存なのでしょうか?」

ど う し て そ う な る の か

だってそもそも”誰々と特に親しくしているんです”って、親しいって言語は能動形のもので、
親しくしていただくって受動形は、身分違いなどの差異がある時に「私のような身分のものにも」という意味でしか受動形は使用されないものです。
友人関係というのも、(能動的或いはそんな蓋然性から従前)親しくしている知人関係のことであり、
 ↓
今現在、親しいわけでは無い対象者(この時点で相手がどんな人物なのかすらよく知らないことになります=だって今現在親しくないんですから)に対して(言えば相手が誰なのか親しくないのでよく知らないのに)、親しくしてもらうことを希う(こいねがう)。
 ↑
オカシイですよね?
●極論すると、あなたの想定している問いは
「いきなり地下鉄降りた時に、気になった女子高生に僕と親しくしてくれませんか?」と尋ねたところ、誰からも色よい返事が無いのですが、どうしたらいいでしょうか?←これと同じなんですよ。
 ↑
いやいやいやいや、最初から無理とか以前の問題だろと、
そら確かにね、詐欺と言ってはアレですが、、、
歌舞伎町のスカウトのような特性あれば、声かけたらうっかりついてきちゃうお嬢さんもいるかもしれませんが、そんな詐欺師のスキルの話では無い筈です。

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 21:17 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

『単独者』の雑感「『単独者』が取り立てて多くを望まない件」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


■はたしてこの引用が『単独者』論としてあたっているのかわからないけどww
まずは、「月間ヤングギター・チャンネル」における、
ヘビメタ・ハードロック系バンドDream Theaterのギタリストであるジョン・ペトルーシ氏、
以下の動画を観てくれ
(ヴァン・ヘイレン氏追悼的にもギタリストの話はよろしいのではなかろうか、ヴァン・ヘイレンのファンではないのだが、、)

ジョン・ペトルーシが読者&ファンからの10の質問に回答!



ちなみに俺は残念ながらDream Theaterのファンでは無く(なんというかロック界には本筋のリズム&ブルース系に対して”白いロック”とでも言えばいいのかな、説明難しいんだけど白いJAZZにも通じる白人特有の旋律というかコードがあるようで)、Dream TheaterのことはBABYMETALが伝説の東京ドーム公演一回限り演奏した「TALES OF DESTANIES」がDream Theaterリスペクトで制作されていることで知っているぐらい(しかも本家よりTALES OF DESTANIESのが好きだと言うね、、)。

ま、そんなことはともかく

押しも押されぬ名ギタリストとして知られるジョン・ペトルーシ氏が、普段の生活を語っているのだが、
ギターが好きなのでスタジオ入ると6時間から8時間の練習、
普段の趣味は、ウエィトトレーニング、
ギター上達法の質問に「とにかく毎日20分でいいから」
ツアーで演奏生活する上での健康法は「睡眠」

このインタビューで修行僧とか仙人みたいな評価も出てこようかって話だけどさ、
よーく考えてみ(彼はとりたてて金銭欲にからむような話に及んでおらず)、
・毎日ギター三昧
・時にギター改造したりして楽しみ(彼の場合はメーカーと開発だけど)
・日々ウエィトトレーニング、
 ↑
●ニートでもできる生活だよな(笑
それがミュージシャンとして大成功した男の到達点であると、こういう話


オマケじゃないけど、彼のソロアルバムからかな一曲いきましょう

John Petrucci - Terminal Velocity (Official Video)



白いロックとかけまして→濁りの無い清涼感とでも解きますか
(やっぱりDream Theaterの時含めて個人的には好きになれない音なんだよね、、ww)

→続きを読む

posted by kagewari at 04:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

ひさびさにこのネタいっときますか(9月の連休2週後は大変じゃなかったの?)

えーどうやら今現在ほぼ9月連休の2週後みたいです。
昨日(7日)東京の陽性数は
【10/7の状況】新規陽性者数142人、うち65歳以上の高齢者数26人、死亡者数2人
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/hodo/saishin/corona876.html

(一部メディアでやれ連休の2週後大変とか言ってたみたいですが)
アレレ?9月以降安定の低空飛行継続してますが
※ちなみに今日の速報は陽性者数248人


日本は検査キットの精度も高いので(感染者いない筈の日本渡航者が空港の検査で続々陽性判定も出ているとも聞きます)、勿論”擬陽性も含む”だと思いますが陽性者カウントが伸びる中、重傷者や死者は増えておらず、7月以降流行を母数とすれば致死率もどんどん下がってきています。
(致死率の大幅低下は欧米でも観測されている)
普通に、例年のインフルと大差無い方向に落ち着いていくのではないでしょうか。

京大上久保教授の集団免疫説が全て的中しているとは思っていないのですが、
(教授による検査分析の結果、日本人の免疫反応が”ほぼ既感染者パターン”《B細胞抗体は無いが何らかの免疫を獲得している》となっている理由も、類似する地元コロナによる既感染の可能性もありますから、主張が全て証明されたとは言い切れないかと、)
自主規制を解除する度に「元々感染症に弱いグループ(インフルなどでお馴染みの毎年感染症拡大のリスクグループ)」の間で順次一巡し、概ねこのサイクルが2か月なのでしょう。
 ↓
解除範囲を拡大する度にその流行も小規模化しており(集団免疫論的に一致しているのかな)、
イベント含めて全面解除時には「ほんとど変化が無い」となり(今回の連休による陽性者上昇はほんの数パーセントだったと思われる)、
コロナ収束の証明として「インフルエンザの流行が確認される」←ここで終了ではなかろうか。
(ウイルスの相互干渉説が正しい場合《B型流行時はA型は流行できない》インフルの感染が拡大=コロナが縮小となるため)


上久保説だと、(あまりにも今回のコロナが弱いため:重症化パターンは免疫系と関係するある特定の感染パターンやサイトカインストームなど派生要因による)”T細胞抗体はガッツリ抗体記憶が行われる免疫では無い”とのことなので(有効期間が数ヵ月程度、B細胞抗体では無いので抗体検査では判定できない)、
■インフルの流行再開でコロナ終了が確認された以降、獲得された免疫の有効期間と外国からの観光客再開がどう関連するのか、そこに未知数な部分は残る。


但し上久保教授の説が正しい場合、「新型コロナS型からのG型」など特定流行パターンが多数の死者に繋がる(欧米パターン)と推測されているため、
外国人観光客が持ち込むであろうコロナが”何型に変異しているのか”で結果は違ってくるでしょう。
(総じてウイルスは時間経過での弱毒化が期待できるため、外国からの観光客解禁は遅いほど安心ではある)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:40 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

菅首相の動きには(インテリジェンスってことだと思うが)心理学的着想を感じる


学術会議の件「明らかに狙って仕掛けたネタだろw」断言しますよ、
(ひょっとすると数年前から念頭にあったのだろうと)
1)一般有権者にはほとんど関心が無い
2)不正がどうこう的な政権批判ネタにならない
3)左翼の釣りネタとしては大いにレスポンスが期待できる
(しばらくこれで盛り上がってくれる→これさ、コロナが流行るとインフルが流行れない相互干渉法則と同じ。左翼メディアがあるネタで炎上している時に、《また彼らモリカケサクラ&PCRやろうとしていたが》他は関心を失うんだよ。大流行できるのはせいぜい1ネタだけなのさ、) ↓
4)一般有権者がどっ白けの中、左翼は絶賛興奮するが彼らは最初から自民党支持者では無いので「ぶっちゃけどうでもいい」→どうぞぞうぞ、元気に炎上してください
5)中国の工作機関も疑われる学術会議などできれば潰してしまいたい(実際その存在意義が問われる事態にもなってきている)←ここは以下の経済安全保障がらみの話

※この作戦の監修が柿崎(共同)補佐官だったりするかもなww
ネタが炎上すればするほど官邸が得する話になっている


■さて本命はこの釣りネタ騒ぎで盛り上がっている間に、裏の動きがあるんだと読む
日印豪米「クアッド会議」のことかもしれない、
中国からの留学生のビザ厳格化のことかもしれない、
中国に対する貿易安全保障論議のことかもしれない、
米大統領選に関わることかもしれない、
 ↑
一概にどれがとは言い難いが、
マスコミ騒がれずに粛々と進めたいネタがあんでしょう。

菅首相、とんだタヌキだと思うよ(笑




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:26 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(槇さん「転勤の巻」)

槇さん
>早速ですが相談お願い致します。夫の仕事の関係で世帯数70程度の集落に来年引っ越すことになりました。私も夫も人付き合いはあまり得意でなく(小さい娘もおります)これまでの近所付き合いは緩く浅くできており田舎暮らしは初めてです。私はおそらく歩留まりのタイプだと思います。対人関係のコツとしては礼儀正しく表向き愛想良くしていれば大丈夫でしょうか?ブログなどで以前怖い記事を見ましたので心配になった次第です。


■集落にも個体差が激しく大きいので具体的なところには及べないのですが
ローカル『共同幻想』社会の一般論として、
(勘違いにもご注意くださいね、ローカル『共同幻想』社会は《その伝統が継続している点において証明されている》”総体としていい人”です。都会暮らしとはルールが違う・個人の自由時間の一部が”地域のイベントに代わる”ということですから、起きるであろうことが予測されていれば”何か怖い”とかありません。←すっごく気を使ってよくしてくれる可能性も十分あることですからね。)

「都会からきた人に、集落全体が見下されているのではないか?」
「お上品な方なので、田舎者と利く口は持っていらっしゃらないそうよ」
 ↑
この疑念は避けたいです
(宛てなくここにいるしかない人だろうと誤解されれば、奴隷労働に駆り出される可能性もあります)
地域の『共同幻想』も好きでそうなってしまうのではなく、
組織防衛上(これは半ば無意識の集団心理として)抑えておきたい重要事項になるので、
個々人の意思云々を考えず「そういうものだ」と認識して先読みすべきです。

誤解を招く腰の低さは(この土地に一生飛ばされんだわなどの誤解にもなりますので)むしろ不自然です。
一発目で(覚悟を決めて)「夫の仕事の関係で、”いついつごろまで《わかる範囲でみなしの期間を言い切る》”お世話になることになりました、この土地のことはまったくわからないので、どなたに教えていただければよろしいでしょう。」←どこかのレベルで、誰かに上記のように尋ねて(わからなければ市町村で町内会長などを聞けば教えてもらえるかと思います)、●堂々と挨拶するべきだと思います(地域の顔役に仁義を切らないと正当な挨拶にならない→噂でそこに話が回るに任せると誤解を招くので、自分で直接挨拶に行くのが話が早いし誤解も未然に防げます)。
 ↑
これもマストじゃないですからね(深刻に考えないでくださいね)それがモアベター程度に聞いておいてください


服従する必要はありません(逆に過剰にぺこぺこしてはいけない)、
きっちり(大声で)正体を明らかにして、且つローカル『共同幻想』に対するリスペクトを示す。
「だよねったら、そうだよねぇ(方言)」←そこまで地域に調子を合わせなくてもいいでしょう
槇さん的ポジションとしては
「だよねったら、”そうなんですねぇ(by 槇)”」←ぐらいで、

※お子さんいらっしゃることは「大きな武器」になります
(ローカル『共同幻想』社会は子役に弱い)
適当な内用でいいと思います(お約束程度の)お子さんにも「挨拶の口上」練習に協力していただいて(最初の一発目だけでOKなんで)、
子供特有の棒読み台詞で「よろしくおねがいします(ハイ大きな声で!)」←やるべし
(この期間のお子さん自身の利益にもなる筈です→『歩留まり』な方なら、私立幼稚園の面接と同じだぐらいの勢いで考えておけば慣れた日常です。)
その場で地域の顔役がお子さんの”ケツ持ち”(後見人)になってくれたら、勝ったも同然です。

→続きを読む

posted by kagewari at 13:10 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

台湾有事が本当にあるかもしれないという話

その発言以上に石平さんは問題を深刻に捉えている気がする
昨今の中国政府の動きを石平さんは「共産党内の権力闘争」中心に発言してきたのだけれど、
米国高官が台湾蔡英文総統との会談をきっかけに(一枚岩に戻ったじゃないけれど)北京政府が強硬になってきたと説く。
石平氏の話はこの辺の論議ね


ポイントは上記動画の部分では無いと思っているんですよ、

先日米軍が南シナ海演習時に中国がミサイル発射演習した件で石平さんは
「ひょっとしてだけど、解放軍の東部戦区暴走の可能性を否定できない」とも言ってる、
そして
最近の話題として、解放軍が「明日戦争になったら」とかのタイトルの謎のプロモーション動画をアップして、そこに米軍グアム基地を爆撃するシーンが出てくるものだから、大きな反響となりヤバくなったのか動画そのものを削除したって話がある。
勿論後者は北京政府の許可なくやって、後からダメ出し食らったって話だよね。

引用の動画で石平さんは「いやいや台湾独立ネタになると共産党も権力闘争どころではなくなる」的解説しているんだけど(ちょっと方針転換早すぎ)、
●実体はこういうことなのではなかろうか
台湾独立ネタになると(得意の面子の問題で)
「解放軍東部戦区を北京政府も抑えきれない」
東部戦区を抑えきれないので、どうしても強硬論を押し出させざるを得ない。
 ↓
その姿勢に自分で困って、現在絶賛日本にすり寄り中
(軍部を抑えられないので、日本が中国のメンツを保つような形で欧米との関係をとりなしてほしいってことじゃないかしらね)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:01 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

『単独者』の雑感「あえて9条を外した憲法改正論議もあり得る」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



「当初の目的は(9条改正)それ(9条を除く改正)でも達成できる」
心理的にね、
(それが反対派にはわかっているからなんでもかんでも反対してくる←ほら、ここに答えがある)
●ゴリゴリ9条がどうこうも一種教条的な話だって、
これ上念やらが主張している「現行憲法でも軍隊は持てるし国土防衛戦争も可能」論議がポイントで(やれ芦田修正がどうとかの論議も同じ)、
現在の憲法論議はちょっとどうかしている東大憲法学の問題だったりして、
それを覆すために(本来解釈でどうにでもなるのに)憲法本体を修正すべきってのも変な話でね、

ある意味前述の問題団体ってのは、所謂「憲法改正反対(法律改正反対ってスローガンもスゲーなこれと思うんだが、、、)」を主張しているワケだから、
憲法さえ改正できれば9条を外しても問題無いのだよ、
必要があれば、後日9条も改正すりゃいいってだけだから。

うんで、憲法改正反対派は「戦争ガー!軍靴の音ガー!」なワケだろ?
そこで自民党のしょっぱい反論が「ほら環境権とか、基本的人権とかも改正の余地があるのであって、私たちは9条9条ってことではありません」なんだけども(笑

ぶっちゃけ「手ぬるい」(これじゃ野党にのらりくらりかわされる)


■そこで「憲法改正論議において、自民党は9条改正に反対です」と言っちまう作戦
保守派は怒るかもだけどさ、
時の首相談話で「明快に自衛隊は憲法に違反しておらず、近代におけるような現状変更を意図した戦争を放棄するのが9条であり、外部からの”武力を用いた脅威”と戦う軍隊を保持することは合憲である」←どーんと言ってしまえばいんです、
(その談話に白黒つけられるのは→9条改正論議しか方法が無いが、左翼は構造的にこの論議に乗れない=談話内容は確定する→ほらやっぱり民主的プロセスのが大事じゃん「9条改正論議をタブー視するのは全体主義である」←この結論を目に見えるようにすりゃいんだよ)

だってさ、現状の流れのまま9条改憲に成功したとしても、
与野党協議でまた意味不明の謎の縛りができてしまうことのがめんどくさいだろ?
(それはそれで、別の談話を求められる可能性もある)
俺は前者の「自民党が9条改憲に反対する作戦」がいいと思うんだけどねww




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:55 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0