2020年09月10日

コンプレックスと『退行性』(ほとんど同じことなんだけど)

一連の流れにあると言えばいいのかな、
この辺は心理学業界でも経済学みたいにカチっとした説明になっておらず(アンナフロイトのなんちゃら論とか同じことなんだけど各人そこ自己流で解説してたりする)、一見すると複数の論議があるように見えるけれども「これがこういうことだってば」と言わんとしている事象は同じことなんだわ。

これは説明言語が不足しているのやら、
それ用の単語というか概念そのものの追加を必要としているのか(ほれ明治維新の前には日本語に”社会”って言葉が無かったとかそういうレベル)、なんとも言えないことなんだけど、
 ↓
●まとまってない論議なので説明すると冗長でダラダラとした文になる

わかり難いとか読み難いとか言われてもさ、心理学的にも取り立ててまとめてこなかった分野なので仕方がないじゃん(笑
という理解で以降ついてきてくれたまへ


通常コンプレックスなる現象がどういった動作かっていえば、
「何かを躊躇する方便」だよね(かくかくしかじかがあるのでダメに決まっている的な)、
それは自動的に『退行化』を発動する”約束事”みたいなとこがあり(自作自演で一時的欲求を《自発的断念という》失敗に導くんだから)、
人間の自我における「退行現象」の行き着く先には「the ノスタルジー」が待っている。
そこにはホームシック的に依存性を誘発させる性能があり(エディプス的お花畑)、
落とし込まれると依存性から抜け出せなくなる。
注:決してそこに解決の出口が無いことは確定しているのにだ、
 ↑
経済で言えば、デフレ不況みたいなものさ、
(デフレから抜け出す手法は、マネーサプライなり吹かしてインフレにすることだけど、「ダメに決まっている」とか言えばその反対ってことだろ?→つまりコンプレックスや退行フラグってのは”デフレ”と同じなんだわ。)


■事実「少子高齢化などで日本経済では安定的成長はもう見込めない」←ほらな、これ一種のコンプレックスだよな。
なんかすっげ軽薄な考えでそれをネガティブなんとかだので説明する輩もいるけどさ、
”そう思ってしまう構造(或いはそう誘導する概念)”だから、ネガティブなんとかでは【無い】んだわ、

端的に言えば、 悪 循 環 
「わかっちゃいるけど、とめられない」


もうちょっと”そうならない状況”説明すると、
コンプレックス(まあルサンチマンみたいなものだ)さえ無ければ、話しは違うのさ
一次的欲求が実行できない無いし失敗に終わるなんざ、誰でもしょっちゅうでしょ(トンデモ勝ち組なる人種でもいない限り)、
この時に、オルタナ・サブカルって代用案を面白がれる動機形成プロセスがあることを意味するんだわ、
(つまり反動化レバレッジ、反動化係数による誇大・肥大化が発生しない←なんのことかって冷蔵庫のプリンを食われた時の賠償が倍化するアレさ)
このプロセスを『抗(あらがう)』と俺は定義している、
『抗(あらがう)』って言葉には”諦めない”も含まれてるよね。
 ↓
つまり、オルタナ・サブカルを面白がるってのは、一次的選択を断念していないワケよ、
(こっちのルートがだめなら、別ルートって抗い続けて初期の目標を諦めていないワケよ)
●経済で言えば、自由主義経済の在り方かな、
「ダメでした」と音をあげない(諦めない、抗い続ける)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:59 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0