2020年09月04日

菅氏は冒頭解散できるだろうか?

今政界で流れる噂は「首相辞任により支持率が高まり、首相選により関心も高まる今解散すればバカ勝ちできるだろう」です。
最短で冒頭解散からの10月総選挙、
菅長官への質問でもこの件取り上げられていましたが、
「コロナ対策が急務」との表向きの返答だけでした。

さて、それがそうなら(東京でも急速に陽性者が減少中)
(いずれにしても来年10月任期満了までには選挙となる)
陽性者が終息し、「今をおいて他に無い(冬には再感染の可能性がある)」となった場合、
米大統領選の前にしっかりした体制を固めるため、解散はあり得ると考えます。
●勿論そのための条件は、15日前後にほぼほぼ終息したなって状況になっていることですが、
(インテリジェンス重視の安倍首相がそこに賭けてない筈も無く、尾身会長だけでなく、個人的なブレーンからも感染状況の予想を徹底的に精査している筈で)
安倍首相の読みは「15日前後にほぼほぼ終息」ってことだからこその「辞任は今を置いて他に無い」でしょう
 ↓
辞任を賭けた勝負の機微を菅長官が共有していない筈も無く

条件さえ揃えば躊躇なく解散に打って出ると思います。
(この時野党の壊滅もほぼ確実)
国民民主の玉木新党が憲法論議に応じる形で、憲法改正まで一気にいけるかも知れません。
(安倍ちゃんの賭けもそこが’狙いかな)
「来年を、オリンピックと憲法改正の年にします」

ちなみにオリンピックとコロナ感染症の関係ですが、
私はこう読んでます(既にドイツなどもそうらしいんですが)、
世界的に「今回のコロナの脅威はインフルエンザと同じである」という結論が出る《終わり》。

●辞職をかけて、安倍首相が発表した「指定感染症2類の解除」
これがさきがけになると思います。
(米国とも根回ししているんじゃないですかね、最近米国報道で「本当にコロナだけを理由に亡くなった人は全体の6%」という記事も出回ってます。)

中国包囲網含め、
世界は激動の時代に突入しますよ(中国がハマっていた勢力図が変化するんですから)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:47 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0