2020年08月27日

前記事のチョイ補足「神秘主義とはなんぞや」(ヤバい話シリーズ)

『神話的幻想』の話だけれど(既に神話としての理解が失われてくると神秘主義だけ残る)、この元ネタは人類普遍の幼児体験に起因する。
時々米国も面白い事するもので、
陰謀論大好き人間の集まりと言われている米国ですが(そら理由あるよねww、エヴァンジェリスト《福音派》が保守系のコアを成す国だよ?)、UFOが大流行した時「アブダクション被害者(宇宙人にさらわれた被害者)」についての(当時の臨床系かな)催眠術による記憶再現聞き取りが”どうもインチキ臭い”と踏んだ心理学者だったかな(当時から催眠術には誘導性があるなどマユツバ物として疑義があり、現代では催眠術はどこの学派でも流行って無い)、いろいろ裏取りしてみたワケさ、その結論が
「動けない自分の周りをぐるぐる回り何か道具を使って怪しげな行為をしている様」←これがさ、赤ん坊時代に自分を世話する両親を見た記憶だろうと(視力が万全では無いため正確には見えない)推定した。
 ↑
●考えてみたまえ、もしこの記憶が”何かの連想やフラグをモチーフ”に無意識下でイメージできるのだとしたら?(非ロジカル記憶なので事象として再現は不可能でも)追体験的に当時の不安感や自分の置かれた状況の無力感(立って歩こうとしても不可能)、そしてチラチラ見える超人の存在、
この辺が自我のアングラ領域から何気に自我に(漠然としたイメージのまま)心理的影響を与えているのだとしたら(赤ん坊にとってはエピソード記憶:この場合は”どちらか言えばトラウマ”)。
 ↑
俺は人類普遍の神のイメージの元ネタがこれだと思っている。
(同時に人類普遍のコンプレックスの存在を示唆している:進化における異例に長期の不具者《赤ん坊》としての記憶を発端とする根源的不安)


■フロイト先生の発見した『エディプス・コンプレックス』とは、
上記の根源的不安が、実際の親などに(言葉が話せるようになる第一次反抗期だっけか)投影されたもので(実際は当該人物なので当りなんだけど、本来言葉の無い時代の記憶を後発的に獲得した言語により追体験的に再解釈されているからね)、
俺はエディプスって二次派生的なものだと思っているのだよ。

※ちなみに、米国人の間で一時大流行した「UFOアブダクション被害」の記憶ってのは、日本で言えばさ「金縛りにあった時に幽霊見たとか」に通じるものだと思うよ。
※更にもっとヤバい話だけどさ、米国には「四肢切断願望」みたいな心理現象があって(それをトランスジェンダーみたいに解釈する医師などにより)本当に健常な手や足を切断する人がいます(その背景となる願望は何って考えりゃさ、誰でもわかるよね、、)。


<<<ちょっと生物学の補足だけど>>>

岸田心理学が「生物学ローレンツ系の”ニンゲンは本能の壊れたサル”」みたいな部分をかなり重要視しているのは(いちおう岸田教授は人類の進化を、生物学における二足歩行>産道狭隘化>未熟児出産の固定化>それが何かの拍子で成長そのものが著しく鈍化する突然変異=ネオテニー系進化説を仮説として推論している)、

「原始歩行だよ(原子遊泳みたいな説もあったんだっかな?)」
赤ん坊は、馬の子供が出産直後歩けるのと同じように、
自分も歩けるものだと思い、歩こうとするのさ。
(これ普通に小児科だったか産婦人科だかの定説なのでホントの話)
そして全員が体験するワケ、
 ↓
「あれ、オカシイ、歩けない」(全員が過去に身体障害者の体験を持つ)
これが人類普遍のコンプレックスさ、
(ハイハイなどで赤ん坊が暴走するのも、積もり積もった欲求不満の発露を求めてのことかもしれない。更に言えば身体障害者に対する差別意識の根源である可能性もある。)

まだ視力も万全では無い中で、慌てて周囲を確認すると、
謎の白衣を着た集団が、様々な器具をもって自分に何かしようとしている。
「UGOアブダクション」まんまだよね(笑
そして速攻その様子は「親を自称する人達に世話される体験」に収れんする。

→続きを読む

posted by kagewari at 03:23 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0