2020年08月22日

話題になった「恋愛リアリティー番組問題」について少しだけ(観た事ないけど)

こんなクソコンテンツが原因で人が亡くなるなんて可哀想としか言いようがありませんが、
どうやら元ネタは欧米みたいですね(日本のはいつものパクリ二番煎じ)、
で、本家の欧米でも自殺騒動や類する問題で論議になっているそうです。

<背景を整理してみる>
1)このような番組の主たる視聴者は『共同幻想』崩れ階層である
(話を合わせるため、嫌々偵察視聴してる『歩留まり』も勿論いますが主たる視聴者では無い←これはイジメ事件における傍観者と同じ立ち位置です)
2)絶対では無いがキャストも(そこに関心がある時点で)類似階層
3)欧米でも日本でも事件や問題がSNSを通じて拡大した

●説明するまでもないけれど、、
上記三点セットってな(『共同幻想』崩れ当事者、『共同幻想』崩れの周辺、SNS)
「恋愛リアリティー番組」関係無くても自殺者出ているよね。

ではまず、関係無くても起こり得るそんな”悪い組み合わせ”の話から。
本来DQNに代表される『共同幻想』崩れとは、自身のコミュニティーが少数派であることを自認しており(だから目立つ車に乗ったり意味不明に大騒ぎするなどの自己顕示が派生する)、
言い方アレかも知れませんが、そこが彼らの安全弁にもなっているのです。
「あーあーアイツならこんなエキセントリックなこともするかも」的に、
(注:彼らがエキセントリックになるのは、少数派であるコンプレックスが要因なのですから)
ところが、
そこに「欧米が開発した”日本式”ナンチャッテ世間様教『共同幻想』RPGを導入したら?」
イジメ問題などでは、消極的(というか嫌々)参加者である『歩留まり』階層もコメント求められますよね(実社会では、レアな少数派コミュニティーだけの世間話で終わる筈の会話)
 ↓
それは(デジタルに誇張拡大され)『共同幻想』崩れにとっても、予想超えた反響を目にすることになります。
悪い言葉で言えば”調子に乗りやすい環境”が準備されている
(少数派故のエキセントリックな行為が、あたかも大承認されたような錯覚を発生させると言えばいいかな?)

ここまで説明すれば、もう十分でしょう。
(その暴走が織り込まれた炎上商法的コンテンツである)
類似する仕組みに”お祭り”がありますが、お祭りは伝統という厳しい規律があり暴走を抑制する制度設計が予め定められています(故に地域起こしの”インチキ捏造祭り”はちょっとヤバい→その代表は「渋谷のハロウィン」かな)。


●で、それを(昔のように広範な視聴率では無く、リーチなどの市場分析からターゲット絞ったコンテンツ作成に切り替わった)TVメディアが番組にしたら?
『共同幻想』崩れ=今でもTVに出たとかで大騒ぎする珍しい階層
加えて、SNSと同時進行です、
”悪循環にレバレッジがかかる”←誰でも予想がつくことでしょう

性質の悪いTVコンテンツだと思います。
(ある意味”崩れ”の皆さんも広告メディアに利用されているワケで)
かといって自由主義社会で規制は無粋です。
「こんな番組観てるのは恥ずかしい、キモイ奴しか見ない」という”即席『共同幻想』”を広めて潰すべきでしょう。
(やれ台本があるんだとか”ネタバレの拡散”には炎上『興奮』を抑制する幻滅効果がある)
それこそ、
「『歩留まり』さん仕事ですよっ」てことなんだろうと思います(こういう仕事は得意分野)。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 07:42 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々にコロナの件(官邸の動きを読む)

何せね特にTV新聞が過失致死罪並に狂ってるので、政府も慎重にならざるを得ない。
表だって発言はしていないが、明らかに政府は方針を変えた。
「集団免疫作戦」
官邸には専門家会議だけでなく、過去動画で紹介した上久保教授なども出入りしているぐらいなので、4月の『緊急事態宣言』に関係無く(各自治体の自粛要請レベルで)”あの時は収束した”判断があるのだと思う(あそこからの急激なオーバーシュートを憂慮したが感染時期の逆算から『緊急事態宣言』に関係無く収束したという分析がある)。

言うならば現在の流行は第二波となるのだけれど、
「何もしなくても(自治体の注意喚起程度で)収束の方向にある」
 ↑
これはどういうことかって「通常の風邪の流行カーブそのまんま」というか、、
(自粛解除で活動した人口の非免疫保有者にだけ感染し→通常のコロナ風邪として自然治癒するので、一巡したところで当該グループの流行は終了)
・日本の重症化率は欧米に比べて二桁低い(だとするとインフル同程度)
・よく考えたら法定感染症指定の必要も無かった
・放置しておけば流行は2か月程度で勝手に収束する
(勿論意欲的に拡大させることは医療リソースを疲弊させるので、マスクや手洗いなど常識的な感染予防の注意喚起継続は必要)
 ↑
●この手法はズバリ「スタガードな(感染する集団を分け時差をつけた)集団免疫作戦」
(収束には効果が無かったかもしれない『緊急事態宣言』も、活動自粛の段階的解除により感染グループを分散するのに役立った)


PCR検査の拡大で陽性者のカウントは4月5月以上になっているが、
実体は当時の半分〜3分の1程度の規模感だと思う。
(特に現在は高齢者が自主的に防衛行動を選択しているのだと推定できる)
「ほとんど重症化しない若い人だけでもひととおり免疫を獲得すれば(不特定多数と濃厚接触するような慣習のある階層の若い人)、媒介者が全員何らかの免疫保有者となるので小さな流行カーブを繰り返す度に感染そのものが完全終息していく」

公式的には発表されていないが、
●官邸の腹は「東京だけはある程度他府県への移動を制限し、東京の中だけでひととおり(濃厚接触する習慣や職業の)若い人が集団免疫を獲得してくれれば何段階目が完了」みたいな判断じゃないのかな。
メディアがあれなものだから(それを発表できないため)、
空気の読めない左派系自治体首長が「過剰なPCR検査」を推進して予定外の地方の感染拡大を招いてしまったのは誤算だが、そこは米国の民主党系自治体の状況と同じ、
「民主主義ですから、左派系首長を選んだ有権者の責任」としか言えない。
(仮に官邸から注意をしても、米国同様に「むしろ逆切れして更にPCR検査を推進し、感染の拡大を招くだけ」だから。)

→続きを読む

posted by kagewari at 04:08 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0