2020年08月02日

「”日常(基礎的代謝)”と”非日常(インセンティブ)”の原則論」(番外編)


●さらっと話すけど、心理学的には【とても重要】な論議になります
今回(番外編)は「タルコフスキーの映画『惑星ソラリス』じゃないけども」みたいな
わけのわからない話ですが、「パスカルの賭け」を織り込みつつ謎に挑戦します。
 ↑
繰り返します、今回はちょつとワケのわからない話なので、
後から質問や確認のリクエストなども禁止でお願いします、
(俺にもよくわかっていないのだからw)


■「人は認識できるもの、考えたものしか手にできない」
(我思う故に我在り:cogito ergo sum byデカルト)
●「だとするなら、現実とは考えた事象であり、それが幻想世界への答えだ」
 ↑
はい、何のことだかさっぱりわからなくなってきておりますが、
シンプルな命題で考えてみよう

前回の話、覚えてますか?これです、これ
 ↓
■■■たとえばさ、■■■
「驚嘆や感動や尊敬や敬服や驚異などを表す言葉として”スゲー”しか知らなかったら?」
 ↑
この恐ろしい話の反対側を考える中で以下の現象の答えを求めなさい

■ケース1)
ある日の夕暮れ、近所の小学校から聞こえるキテレツなチャイムで目を覚ましたソフトヤンキーの姉ちゃんが枕元の時計を見る(ヒモの彼氏がそろそろパチ屋から帰ってくる時間だ)
姉ちゃんはキャバクラ出勤の前にと台所に立つ、
(母子家庭生まれの彼女は子供時代から家事を担当しており、料理の天才と呼ばれていた。夜の街に出勤前の母はよく言ったものだ「〇〇ちゃんは料理が上手だからきっと男運がいいよっ」)
なんとか冷蔵庫にあったありあわせのもので一見中華料理風の料理を作った(勿論レシピは無い)
「うん、なんかすごく美味しくできた気がする」
パチ屋から彼氏が帰ってくる
「んかさ〜スゲー美味しくできたからさ、夜お腹すいたら食べてダーリン」
「わかったよ」「これさ今日の戦利品」(袋一杯のカップラーメンを手渡す)
「スゲーじゃん〇〇チン今日もありがとね」
(暑い抱擁の中彼はその料理を口にすることはなかった、勿論彼女もそんなことを気にしない)
 ↑↑↑↑
●この時に人類のシンギュラリティ―が起きて、
彼女が世界一の料理の創作に成功していたら?
それを観測するものは誰もいない
 ↑
※というか彼らの生き様は実存など求めておらず「インセンティブとノスタルジーの織成す幻想世界」だから、これでいんだよ



■ケース2)
「世界一の料理を作りたい」それが彼の夢だ、
妻曰く”マッドシェフ”の異名を持つ彼が今日も超一流の食材を並べる。
「そうだな、今日は(奥さんが会社上司の退職飲み会で帰りが遅い)さっぱりとしたお茶漬けがいいだろう」
(最初は松茸と思ったが、いつものフランスかぶれが出た)
「トリュフのお茶漬けにしよう」
そそくさと鯛のアラを一度炭火で焙ってから出汁を取る
、、、
(飲み会帰りで奥さんが必ず乗ってくる個人タクシーのブレーキ音に気が付いた)
「時間ぴったりだ」
帰ってきた奥さんは彼とひとことも言葉を交わさずシャワーへ
「あのさ、ダイニングにお茶漬けあるから」
「あらそう、いつもありがとね」
「うん、今日は特別美味しくできた気がするんだ」
(彼女は食事に手を付けることなくベッドへ直行した)

彼はキッチンで朝ご飯のしたごしらえをしながら、ひと口お茶漬けを
「うん、今回は俺の中でも一番かな」(満面の笑み)
「でも今度は”奥能登のシイタケ”にしよう」
 ↑↑↑↑
●ハイ、世界一の料理爆誕!!!確認されました
(ところが、本当に旨いのは出勤前のキャバ嬢が作った”中華料理風の何か”だったのかもしれない)

→続きを読む

posted by kagewari at 19:12 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「”日常(基礎的代謝)”と”非日常(インセンティブ)”の原則論」(3)


●さらっと話すけど、心理学的には【とても重要】な論議になります
今回(3)は「ノスタルジーの誤謬」みたいな話です
(『共同幻想』世界のヤバさってのかな、、)

みなさん子供時代の夏休みの課題に「絵日記」なんてのがありますね
(勘のいいひとは何の話が始まるのかもうわかったと思うww)
「その日の楽しいイベンドを絵にして日記に残しましょう(ガチ・エピソード記憶を推奨してやがる)」
「今日は茶室で瞑想を」「今日は茶室で茶碗を愛で」「今日は台所で抹茶の選定」「今日は茶室に飾る庭木の手入れ」「今日は茶筅の扱いを基礎からやりなおし」「たまには珈琲もいいねって日だった」「ハンドドリップと茶の心」「作務衣を補修した」「焼き物とは何か」「ここで一句」、、、、
(勿論”挿絵”は茶室か庭だけ。課題の自由研究など一切しない、)
 ↑
「うーん先生思うんだけど、〇〇君はお友達と遊ばないの?」
ここで千利休師匠がひとこと  (オマエガシネ


●さて絵日記のテンプレ的にはさ「どういうのが期待されているのか?」
「今日は海水浴ゴッコのつもりでビニールプール広げて〇〇ちゃんと遊びました、スイカが美味しかったです」
「今日はお母さんとデパートにいきました。ソフトクリームが美味しかったです」
「〇〇ちゃんの友達と喧嘩しました、すごく悪い子なのでお父さんに相談しました」
「日曜日は家族と遊園地にいきました、暑いので乗り物はのらずにパラソルのある席でクリームソーダを飲みました」
「〇〇ちゃんとお化けの話をしました、お母さんはお化けなどいないって言います。先生はどう思いますか?」
「今日は課題の自由研究ってことで、カプセルのおもちゃが出てくるガチャの確率をノートに取りました」
 ↑
「よくできました。たくさん遊んだね、先生はお化けを見たことがありまぁす」
”ハイ、100点”

 この世の全ては幻想である(by岸田秀)



■楽しい(イベント系)エピソード記憶は、全てノスタルジーに通じ、
登場人物達は愛すべき友人となる。
(※しかしこれを構造論で見る時、その心象風景は設計され”そう期待されたもの”なんだわ)
 ↑
何かことさら『共同幻想』世界を揶揄するつもりは無いので誤解の無いように、
”そのまま”だから(どうでんぐり返しても心理学的にそうなワケで←これがまたフロイト心理学がノスタルジックな保守派から毛嫌いされる理由でもある→「妙なネタバレすんなや」ってな)、

「そのノスタルジーは誤謬なのか」or「それはノスタルジーの誤謬なのか」はともかく、、、
それが演出され、何かにそう期待されているイメージなのは確かだ。
これがエピソード記憶化するのがアリならさ、
(メンタルなんとかの原則論的に)個人の自我はいかようにも誘導されてしまう。

→続きを読む

posted by kagewari at 00:32 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0