2020年07月16日

道徳的優位感の”大悪循環”(アリ地獄的な)

また正論か?優等生発言とか?生徒会長みたいなどと呼ばれるアノ現象です
(※道徳的優位なる表現は某K国で頻繁に登場するアレ)
●よく耳にする話に「鬱病になる人は真面目な人が多い」ってありますね、
ほとんどジンクス並にこれという根拠のない話ですが

そこんところの謎解きです

最初に注記しておきますが、
”確信犯的選択者”的な「道徳的な人」と、
今回説明の「無意識に道徳的発言をしてしまう現象」は全く別なのでそこから解説しましょう。
前者は人政権であるとか文献含め『自意識』があれこれ考えを巡らせた結論(自分の考え)だが、
後者は無意識である《終わり》←ここがキモだから

<ちなみに>
前者は「問いかけ調が多くなり」
後者は「断言調が目立つ」
この文法・文体の結果、まあ世界的に無数の「行き違いによる対人関係悪化現象が発生してます」
(場面としては「右翼と左翼の喧嘩」のような様相となる)

●無意識的である=自分では説教じみた事を意識して言おと思ってもいないし、本当にそんなつもりが無いんですよ。
所謂コレって
 ↓
また正論か?優等生発言とか?生徒会長みたいなどと呼ばれるアノ現象

どういう原理でそれがおきるのか、
みなさん小学生のホームルームでこんな台詞を聞いたことありませんか?
「〇〇さんは悪いと思います(事実上その場にいる先生に言いつけている)」
子供の自我は「強迫心理」論のイロハにあるように、子供であるが故のハンデに呼応する不安から「これを守れば大丈夫」的な概念(道徳や躾け)をガッツリ導入しますので、依存無いし従属する上位権威を(子供特有のハンデ不安に対象する形でその存在感は大きくなったり小さくなったりする)関係性の前提であるとかルールであると認識してます。

これに対して大人の自我は子供ほど上位権威の存在感は大きく無いので(『単独者』にもなれば上部構造の存在そのものが崩壊している)「ケースバイケース」的なる相対論になりますね。
(何がいいとか悪いとかも状況によるよね的、融通無碍《場当たり的・打算的対応》が大人の特徴)
(昭和のドラマにおける思春期の青年が「大人は汚い!」って言うとこですね。「世俗化」と言い換えてもアリ。)


■さて、「強迫心理」とは思春期『反抗期』の不発や不完全燃焼みたいな結果で残留するものですが、同時に『依存無いし従属する上位権威』も当然そこくっついてきます。
(てかそれが「強迫心理」の後ろ盾ですから)
自分無いしその周囲で”不快な関係性”がある時、
(自我の立ち位置は受動形『被(こうむる)』ですから)
「不快を感じた側は”無条件に被害者”で、その関係者が”悪い加害者”」←無意識にこの絵が脳内で展開します(反射的認知です:「そう思っちゃう」と体感される認知)
 ↓
結果として”不快な関係性事例”に対処なり発言する時、
(「強迫心理」下にある=『自意識』は『抑圧』されてますので=「ちょっと待った」という『一拍置く』リテラシーチェックのプロセスも停止)
●オートマチックに「誰々が悪いのに」という認識が高い確率で固定化します(固定観念)
そして「どうしてそんなことするんですか?」的口調になる
 ↑↑↑
無意識に相手を加害者として断定(上記文節はとっくに犯人扱いしているので容疑者ですらありません:犯人と断定している)
いきなり道徳的非難を伝える結果となります←この一連の流れは無意識・無自覚・オートマチックです
(※現代用語的には”被害者マウント”←この図式は”上から”であることが重要)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:07 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(小池と意識低い系に腹が立つさん”コロナ2”)


小池と意識低い系に腹が立つさん
>ありがとうございます。確かに皆ほ民度が高ければ感染は防げるのかもしれません。しかし最近はマスクを外し、居酒屋などでも大声で話している人が増えてきています(民度が低い人達ばかりの中GOTOキャンペーを強行して税金を無駄使いするのもおかしい)。外には怖くて出られません。私は医療機関で働いてるからなおさらです。ここ数ヵ月遊ぶのも我慢してるのに民度低い人達のためにこの先もまだまだ我慢しなきゃならないのでしょうか。

■医療関係の方ならストレスなどでイライラすると免疫力が下がるのご存じですよね

無駄に怒っても何も得しないのです、
(そこで心理学ですが)
私も属性柄医療関係者と縁が無いワケでは無いので(感染症指定病院関係者もいます)、現場の事情も知らないでは無いですが、
煽るメディアもありますが、現場では案外普通のインフルみたいな対応で不通に退院しているという話で(まあねそういう話はメディアも面白くないですから報道しませんが)、

情報としては
1)(感染者では無く)発症者と直接農耕接触する業務に派遣また従事した自衛官にひとりも感染者は無い
2)時々臨床系の方は(それも職業心理だと思いますが)極端に危機感強く感じるタイプの方もいる(それが必ずしも学会などのエビデンスと一致しないこともある:職業選択における人格傾向という見方もあります:これに対し著名な内科医で市中ではマスクをしない豪語している方もいます)
3)「だっららUSAやブラジルはいかがですか?」(笑
(※マスクしないデモであるとか、米国では市議会などでマスクしない派が福音派を取り込む形で大騒ぎしている州もあります:神の与えた自然な姿を穢してはならない論)

腹が立つさんは
どうでしょう、
日本に暮らしているだけでかなり勝ち組です
(むしろニヤリとする場面で)
そこで腹が立つ言い出したら
「本格的な江戸前寿司を食べたいと思ったが、日本の民度に腹が立ち、シンガポールへ行ってみた」←バッドチョイスですよねww
「じゃあどこに行きたいのか?」と考えればよいのです(怒るんじゃなくて
※今回のコロナゲームの優等生は”台湾・ベトナム”ですが、
コロナはいいにしても、ほかの疾病に対する医療制度・保険制度含めて、
今移住して殊更得することは無いでしょう。

じゃあ「人類ヒト科の民度を問題にしますか?」
(偉そうにしてますが、私たちはたかがサルの亜種ですよ?ww)


●「そこで腹が立っていたら負けでしょう」って話です(笑
心理学的には、
『自意識』全開、あらゆるリソース総動員して
「こりゃ案外いけてるな(ニヤリ)」に持っていき免疫力も向上と←これが吉
 ↑
合理性においてこの判断で瑕疵ありません
(また繰り返しになりますが、現在報道されている陽性者は偽陽性を含むカウントになりますので《ザックリ計算はできませんが3割4割は実際に感染すらしていない無実の無症状者の筈です》、専門知識ある方ならそこは割り引いて”収束したな”の認識で問題無いかと思います。)

流石に陽性者を出しているのに営業続けた札幌のキャバクラは洒落になりませんが、
大きく報道されているように社会的制裁も受けておりますし(鈴木知事もこのままでは済まさないでしょう)、”概ね全体的に日本の民度が世界的にトップクラス”なのは事実です。
(中世ペストの時からの優等生ですから歴史が違います)

個人的には「テレワーク自宅SOHO」拡大狙いで、
”何わんさか通勤してんだよ”を問題視していますが(笑
某ブログ記事に提案した「管理職を全員自宅SOHOにする働き方改革の論議をして経済団体脅すべき」←この案最強だと思うんですけどね(こ安倍ちゃんに頑張ってもらいましょう)。
※ついでに働き方改革の一環として「法人は、自宅SOHOの労働時間を”超過労働以外は確認しない”」を設けるべきですね(基本労働時間は確認するまでも無く達成している前提とする)、
超過労働を自己申告として「雇用主が合理的根拠のある時だけ確認を求めることができる」とする
 ↑
基本的には自宅SOHOに超過労働は無いの意です→また課すべきでは無い
(自宅SOHO雇用は雇用コストも軽くなるので超過労働が必要な場合は”自宅SOHOパートタイム”の補填が容易ですから)
 ↑
民度+制度で(今回コロナに関わらず)日本の感染リスクは更に低下する筈です
今度自民党のご意見フォームに入れておきますよ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 14:59 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0