2020年06月18日

『単独者』の雑感「そもそもヒトに頭のいいひと悪い人なんて違いがあんのか?」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



■同じ人類ヒト科の脳にさ、
(そらグラボの性能がとかさ、CPUの速度がって大人と子供の脳の発達レベルの違いはあるかも知れないけど、、、だ け ど よ)
だけれど、ちょいと思い出してみ、
 ↓
子供の脳の発達には個人差ある筈だよな?
いちおう常識的に信じられている幻想では、大人になるに従って賢くなることになっている。
し か し だ
『大人の諸君』→君たちどう思うかね
「ひょっとしたらこの15歳って俺より頭いんじゃねか」な人物いると思う?

思うよね(それこそ常識的判断力るヒトならそう思うべ)
実際諸外国には飛び級認める天才発掘系の国もあるでしょう。
だ が
圧倒的多数の『大人の諸君』、同時に思うでしょ
「限りなく、ほとんどの中学生は、やっぱ中学生だよね(だよねそうだよね)」

●そして更に思い出してくれたまへ
識字率が50%にも満たない中世以前の欧州とかの民衆(やれ異端狩りに明け暮れて庶民のエンタメが広場の絞首刑だった時代)、
「あーなんか未開民族みたいな認識でいんじゃね」
その未開民族って何だそれ?
年齢は十分に大人なんですよね。

※近代において一部の国では(まあ欧州とか)あえて識字率を低くしておいて、宗教系組織が知識を独占するとこでその権威性を誇示した時代もあったよね(ブチ切れしたのがルター)。
■最近耳にする民度の問題ってあるけど、民度って何?

あえて暴言上等で言ってみるけど、
学校のカリュキュラムから脱落してしまった後のDQN率の高さは「なんだあれ?」
(この現象を「どうしてなのか」と誰一人研究してないのは何故?:『退行化』との関連は?)
時に、米国人種問題などに聞かれる「教育の問題」とかあるけれど、
現代逆差別とも言われる(マイナー人種を受験時など優遇する法律:アファーマティブ・アクション)マイノリティ優遇とかで、無能すぎる人材がタイトル取ったとか”その後問題になっているか?”
 ↑↑↑
そ も そ も 暗記能力に傾斜することの多い受検判定って頭の良さと何の関係ある?
(このググってなんぼの時代にさ)

注:言うなら『偏差値』ってのは『共同幻想』技のひとつで階級主義のこと


俺はさ、共産主義を持ち上げようなんざ思わないけど、
単純な話ですよ、
昔の中国でもソ連でもどこでもいいっス、
経済運営などで(或いはインセンティブ誘導で)「得意の計画経済が破綻」したのだが、
それに代わる案は「自由市場(パレート最適)」ですよね。
自由市場に学歴とか関係ありますか?
共産党テクノクラートやノーメンクラツーラって学歴エリートなんじゃ?
(あれれ、共産党国家は人間もバカになるんですか?)
「おっかしいな、日本の戦後も事実上開発独裁だぞ」
そして学歴バカ(Intellectual yet idiot)って何か?
昭和でよく知られた「オバチャン人格」なるナントカ症の発生理由は?
(カリキュラム脱落とDQN化プロセスに似てないか、、或いは前述の「やっぱ中学生だよね」)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:49 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0