2020年06月09日

WW2で日本は負けたが、太平洋戦争でアジアは負けてないぞ?

左派から右派までちょっと自己中過ぎやしませんかね。
確かにWW2を主要国の勝ち負けだけで見ることが一般的かも知れませんが、
戦ってたの主要国だけじゃネーぞ
(それこそポーランドは戦勝国?敗戦国?死者数から言えばダントツのロシアはそれでも戦勝国なんだろうか、などなどいろいろありつつの)

どちらか言えば右派に属する武田教授あたりは、
日本の掲げた欧米からアジアを開放する大東亜戦争の背景(ウイルソンが反対した人種差別反対決議云々)、そっち大きく押し出すならさ、
日本の起こした戦争の後、アジア各国は欧米植民地から解放され(チャンドラボースとの関係含めればインドの独立にも貢献している)、中国共産党にしても間接的には日本のおかげで火事場泥棒的に欧米植民地的不平等条約からの独立を果たした。
結果的に共産党多いな〜って側面あるけど(そもそも当時の日本陸軍には《皇道派も統制派も》共産党贔屓なとこあったからね→つかロシア革命支援したの明石機関じゃん:そこまで含めりゃソ連革命も日本の手柄だ)、
申し訳無いって、カンボジアに関しては和平交渉で尽力もしたじゃん。
(ベトナム戦争すら、ベトナム軍教練したのも元日本陸軍だったりするので、ベトナム戦なら対米戦にも勝利したことになる。)

●その大きな流れの中で、日米戦においては日本は負けたんだけれど、
全体としてみた場合のアジア解放戦争は勝ったんじゃね?

後にさ(経済学もまともに機能していなかった時代を背景に)「ソ連が超先進国で経済成長も凄いらしい」ってのが”嘘”だとわかって、「なんだ憧れの共産主義とか全然ダメだったの」的落胆からの、
そこで初めて「あーーー満州を計画経済の陸軍管轄領地にみたいな発想も最初からダメじゃん」、
(上念氏あたりが再三指摘している以下のような批判も)
「米国との戦争とか馬鹿みたいとかいうけど、スケールの問題で、そんな事言ったら日露戦争も日清戦争も無謀な戦争だったぞ?」←当時の人に聞けばそういう側面もあったでしょう。

加えて、
「今考えると、アジアって地域概念も欧米が勝手に言ってるもので、日本独自の地政学的な概念ではなかったかも?(ここ修正したのが安倍政権の《セキュリティダイヤモンド構想》)」


●更に、最近評論動画見まくってる歴史家兼塾講師の茂木誠氏の
日本史シリーズで初めて知ったのだが
(この人も偏ってるとこあるけど、とにかく話が面白い。且つ世界史・日本史どちらも詳しいので、とても参考になる。)
 ↓
な ん と ! 江戸時代以前から 
東南アジアを舞台に「サムライ傭兵だらけ」だったとの話
サムライが海外に流出!?【CGS 茂木誠 超日本史 第16回】


この話ってさ、
WW2後に「日本軍撤退後のアジアを見捨てることはできん」と、
多数の元軍人達が”その後”もアジア解放戦を戦い続け、
(ある意味ベトナム戦争により対米戦に勝利するまで戦った)
そもそもWW2において”誰かに呼ばれたように”南方へ赴いたことも、
当時から、現代まで「やっぱり中国とはケリつけないと収まらない」ってところも、

なんか繋がっているように思える。

→続きを読む

posted by kagewari at 21:04 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0