2020年06月03日

関係性の階層構造(なんとか関係などと名前のあるものそれ自体に意味は無い)

特に「承認欲求」であるとか、対人依存や権威依存などで(ありもしない不安を煽られて)行動選択が矛盾してしまうなどの方に(本来”ひとりぐらしの推奨”のように『単独化』で「強迫心理」を刺激せず主導権を回復しなくちゃいけないところで、罠にひっかかってフラフラ『共同幻想』に近づき”取巻き化リスク”満載で、自覚の無いまま「強迫心理」の狙い通り、対人関係トラブルを連発してしまうなど)、

えー是非読んでいただきたいと、


■話は若干『共同幻想』論(階級社会)と『単独者』論(水平ネットワーク社会)行き来するため、わかり難いところもあるかもですが、ゆっくり読んでいただければ構造自体は簡単です。


●ベタな論議の信頼関係なんて言う話の典型に以下のような場面があります
「結婚10年目、子供もいるが離婚の相談で、学生時代の親友と会った」
 ↑
よくある景色ですよね?
この状況が表しているものは何かと言えば?
信頼度の順位が
「親友(頻繁に会っていることすら無い)>夫(『共同幻想』属性夫婦、しかも法的に担保された関係)>子供」←となっていることで、
(オマケで付けておくと、「話が更にややこやしくなるので、間違っても親には相談しない」)

●その中身をより詳細に見ていくと
親友は”よくある友人関係ですらない”ってことです。
(所謂、飲み友達、遊び友達、セフレ、カラオケ友達、DQNなBBQ友達、DQNなママ友、サバゲー仲間、ネトゲ仲間でも無い)

もうひとつ【参考】として挙げておかなければならない事象
・SNSをめぐる事件によくある話「自殺願望話に釣られて性的関係」「相談がきっかけで幼女の家出ほう助と監禁事件」←これらの事件には前述の(友人関係では無い)親友っぽさ詐欺にひっかかていると考える事ができる

話を戻しますが、大学時代の親友とSNSなどで騙されてしまう親友詐欺に共通するものは?
「『共同幻想』適応人格を含む、「強迫心理(本音を抑圧する概念)」が外れた状態=『自意識』が本音を吐露してもOKな信頼関係がある(或いはあるように錯覚される)」です。
 ↑
大事なポイントは、(相手の関係性などから)抑圧を受けない『自意識』が自由に語れる状態や環境を有すること。
 ↓
●勿論、仮に当事者が『単独者』の場合、日常生活全部本音ですから(0抑圧)、この場合の何でも話せる信頼関係が「人類すべて」になります。
(いちいち話の通じない相手とネットワークを構成するほどド・Mでも暇でも無いので、結果的には”個性派”の機知の人物がその対象となりますが。→故に”普段親しくしているワケでは無いがアイツは親友”という関係性が成立する)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:38 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0