2020年06月30日

政治家という人格

本来誰もやりたいなんざ思わないんだよ。
民度の怪しい支持者に頭下げてさ(立花が随分皮肉で言ってたけど)盆踊りに参加してさ、その後は自治会のみなさんにお酌して回って、
実態は外国語もペラペラだったり、元霞が関のエリート官僚だったりするワケだ、
(※訪米ではそこに実業家が自分の資産投げうってってトランプみたいなんもいるが、日本の場合経団連お歴々もサラリーマン社長である、、)

地方自治体議員からの叩き上げってのもある、
・地域のみんなのためって義侠心の右派(談合も特異だったり)
・弱者のためって思想からの左派(主として共産党)
・労働組合活動の一環として(主として旧社会・民社系)
・所属宗教団体を守るため

●そんなかでも”まあまあ中立中道保守”となる主力が
・先祖伝来政治家で保守系与党政治家の跡継ぎ
(しかし世襲なので二世三世が優秀とは限らない:半面後援会がその主力だったりするので政治家が少々アレでも後援会がしっかりしていればというところか、後援会は地元経済界となるパターンが多いので政策瀬的にはサプライサイドってこととなる。)

「いや、、この人材で国家の命運をって厳しいよね、、」
時にこのブログでは無能な左翼を批判もしているけどさ、
左翼に人材的問題があるっていうより、左翼が政治家となる背景が「そういう思想の人だから(=限りなく宗教みたいなもの)」彼らに何をいっても「最初からそういう人だから」と考えれば意味のあることなのか怪しい、

この辺の話となるとさ、もう昭和のころから
「金のかからない政治で、政策本位で誰でも立候補できるように」なる優等生的な論議になったものだけれど(現在各政党が候補を公募する制度もっているのはその系譜にある)、
どうでしょうか、
市井の民の中でさ、「おーし政治家なっちゃうぞ」って動機形成あるだろうかって、、
●「無いよな、、(めんどくさいし、自分の人生に忙しいワケで)」

うーんひとつ参考になるのが米国大統領選挙制度かな、
大統領選出の代理人(選挙人だっけ)を各地域で選出するんだよね、アレ、
そのやり方で、人口比ってか辺境地域やらの調整している。
■果たして可能なのかはともかく、
「次の国会だけ、ナントカ政策ではコレで都度選出された代理人がその時だけそれ系の部会だけに出席して、決を取ったらもう家に帰るみたいな」
(議員全体で議決必要な首相選出みたいな案件はまだ別制度とする)
マルチ代理人制度みたいなんして、政策登録代理人は職にあぶれた弁護士とかさ、ボランティアの大学関係者なり(登録している政策の知見が本当にあるのかの簡単な審査《論文提出できればOK》程度のチェックで)”政策個別の瞬間代理人制度”でも作らないとちょっと無理かなと、、

→続きを読む

posted by kagewari at 20:31 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

リクエスト関連(桃李ファンさん”面白いお題ですね”)

桃李ファンさん
>恋人との性行為で演技してる人がネットで話していると、必ず「演技してるなんて可哀想。私は気持ち良いから演技しない。彼がとても大事にしてくれる」と言う女性が現れます。また好きでもない人と結婚して子供を産んだ話(子供は可愛い)になると「好きでもない人の子供可愛がれるなんてすごい。私は好きな人との子供じゃないと無理。好きな人の子供育てられて幸せ」と言う人が現れるのは幸せアピールをしたいからですか?でも好きな人に性行為でも私生活でも大事にしてもらえて、好きな人との子供を育てられて幸せな女性が羨ましいです。

■着想はなかなかいいところ行ってます
ご自身でわからないのは「前提が間違っている」からです

まず『共同幻想』(この場合は「動機が”社会的慣習だから”」でもいいですが)
この社会の循環構造がわかっていません。
・契約した時間に働き、給与をもらう
「お疲れ様でした、ありがとうございます」←これは本音がどうとか気持ちが誰とか無関係のお約束(舞台俳優が芝居中に私的な本音を言ってどうするよww)
・所謂地域が名店と太鼓判を押す蕎麦屋に家族と食事に行き
店主に向かって「正直な感想言っていいですか」←こんなサイコパス野郎がどこの世界にいますか?
・社会的慣習としての結婚制度(そもそも自分の考えとして社会学的思考経験も無い人が”学術的見解を私的意見として持てると思う?”)「なんのことかわからず、唯々諾々とそれに適応した自我」にとって、
 ↓
●「それは地元の名店蕎麦屋に食事にいったようなもの」なのさ
(正直な感想は本当の本当に非公式な場でしか言えない、「実はSEXが凄くいいんだよw」小声でこっそり←しかもこれは大人の論議にたえる自分の意見と言える?ww)
 ↓
【意味がわからない?】
名店と呼ばれる蕎麦店の店主に向かって小声で「わさびって苦いから嫌い」とか言うとさ、
隠さずに本音を言える嘘の無い人になるのかしら?→「いやいや、ただの恥ずかしい愚か者だよねw」
(少なくとも、そば粉は北海道ですか?一冬寝かせるとかそういうアレですか?←程度のウンチクなけりゃ蕎麦を自分の考えとして語る資格は無い。)


社会学的見解をあれこれしこうした経験の無い(常識だけしっていればいんだよ〜ってオンザレールな)『共同幻想』適応人格に「自分の意見は?」なんてさ、そこ考える脳の領域が”集団と共有されているので”(もう自分専用では無いのだから)
「そもそも自分の意見なんざ持ち合わせていない」のだってば、
●「社交辞令としての台詞なのか、それは自分の気持ちなのか、強迫心理なのか」彼らは自分でもわからないの。
唐突にルール違反な質問されても、彼らは小声で「へ?いきなり言われても、なんか嬉しかったとかそんな感じの」程度のことしか言えないんだよっ
「そういう生き方なの」←なんていうかな、仮に彼らの生きざまを尊重する時には(切ない思いで”お前は”)「それでいんだよ」って事なんだわ


■それから以下は(どんなタイプのお花畑系芳香剤を嗅がされて意識が後退しているのかわかりませんが←これを作品として創造すれば別の意味での芸術になるかもしれないけれど、、)
日本語として矛盾しているのです
(無意識・無自覚なので「気が付いていなかった」点と思います)
>でも好きな人に性行為でも私生活でも大事にしてもらえて、好きな人との子供を育てられて幸せな女性が羨ましいです。

・あのね「自分が何をするか」なの(わかる?「してもらうとか、される」受動形では無く)
つまりそれは(自分の考えや自分の意見とは
【相手がそれをどう思うのか常に予想できない(予定調和も《決まった台詞》無い:自分が好きだと思うことは相手にとって不快かもしれない)”賭け”でなければならない】
そこに自己責任を担保して(人生を賭けて)決断する行為を”選択”といいます(選択する行為を”決断”と呼ぶでもいんだけれど)。
(※故に「愛するという行為選択は、害する覚悟《相手にとってそれは不快かもしれない》無しにあり得ない選択なのさ」←ある意味左記が暗韻→「それは演技なのかもしれない」も同じっス)

・「してもらうとか、される」受動形ってのは、言えば従属系、奴隷系です、
「私は幸せな奴隷になりたい」←言葉として矛盾しているよね?
あり得るとしたら
「社長の年収超えるパートタイマー」←どんなヤツだよ?(笑


●え?「『共同幻想』適応系で女性の受動形はよく聞きますが」?
再三説明してますが、『共同幻想』の原罪病とでもいう悪癖は、
「男の出世願望(マチズモ)」「女の結婚願望(愛され願望)」であり、うーんこの部族の風土病みたいな伝統芸の「強迫心理」です。
(名前つけるとすれば「女《奴隷》化洗脳」←あれだよ、フェミ系テロロストが発狂するやつさ)
(※女性に関して言えば、そんな習俗にも長年女性を下層階級として差別・従属させてきた『共同幻想』社会の歴史的背景が垣間見られている。)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 13:30 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

いやはやアニメ『サイコパス』じゃないけれど”日本以外全滅”も空想ではないのか?

名作となったアニメ『サイコパス』の設定は、
日本以外の国家で民度を保っている国がもう無い(他は全部内戦中みたいな)ってなことになっており、ネタバレするとあれだけど日本はAIのつもりが、実は某サイコパスなシステムによる管理社会によりその民度が維持されたって話なんだが、

最近の米国・欧州の状況はちょっとヤバい、
「西洋文明の限界」が見え始めている
とにかく、理屈の通じない(イデオロギー宗教のような)暴動や暴徒化が(どこの指図かは別として)可能となっているって深刻さには計り知れない怖さがある。

■日本では
「あーグレタさんね(そういうネタが面白いんでしょ)」
※こと環境詐欺への問題提起としては”武田教授の貢献”が本当に大きい
「アンティファ?なんかこないだもシールズとか、あの共産党のでしょ」
 ↑
流石に誰もひっかからないというか、、
一部に変なグルーピーみたいなの発生しましたが、カルトなアイドルのファン層と何ら違いありません。
欧米のような異様な世論形成には至っていない、

●一部の論議では(海外経験や帰国子女関係)
「日本の同調圧力がキモイとか凄いですって?冗談じゃ無い欧米の同調圧力はそんな半端なものでは無い、ってか怖い」←割と常識だそうで、
そんな様子を「異端審問からの拷問処刑がエンタメだった時代と何も変わっていないのではないか」なーんて評論家もいるほどなんですよ、、

社会学的に「都市ほど『共同幻想』は壊れ、世俗化(自由化)する」法則そのままに、
中世から近代の「ウィーン、パリ」、近現代の「NY」
そして現代の「東京」と見立てているんですが、
(世界の『単独者』系サブカル人格がいずれ東京に集まってくる的に)

●日本のことだから、移民の条件として「日本語で日常会話ができる云々」のハードル付けると思いますから、少なくとも親日系の世俗化階層を想定したものになると思われですが、
<そんなことはともかく>
「欧米はこれ、大丈夫なんでしょうか」
(アブラハムの宗教って関連では中東や一部東南アジア諸国も同じく)

欧米で起きている現象は、
崩壊局面にある欧米社会『共同幻想』が、伝統宗教系という非常に強い権威性認知であるためで、
すんごくでかい反動(ジハード級)が発生しているからなんですが、
日本がソフトランディングできてる理由には、江戸文化や上方文化のような”『単独者』系オルタナ(サブカル)”が予め存在していたって部分もあるでしょう。

■そんな日本ではピンときていないと思うけど、
さしずめ、米国中部の保守系州住民は「LAやSFやNY」の言を「ソドムとゴモラ」ぐらいに思ってますぜ。

→続きを読む

posted by kagewari at 18:10 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

『単独者』の雑感、で「だったら上等だオカルト論争もしてみようか」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


●前回の続きです
「なーんでオカルトってあるんですか?」←と命題化するといけんじゃないのか

■フロイト心理学だかんさ、王道の『夢判断』で行こうか(ちょっと違う話になるけどw)
睡眠中、その筋でデフォルトネットワークと呼ばれる領域は日中の反対に盛んに活動するが(これをバックヤードで在庫管理作業中《記憶書庫の整理中》と理解している)、昼間大活躍する『自意識』の座とも言うべき前頭葉が睡眠時休息中なのは事実らしい。

つまり、昼間と睡眠中では脳の活動領域が違う
(睡眠中だけ盛んに活動する領域があるのよ)

するとさ、
夢見ている時にも感じられる『自意識』は(前頭葉爆睡しとんのに)どこに座っとるのかね?
さあ、オカルトで言うとこの魂の論議ってのが沸騰するよね(笑
「ほらみー、前頭葉仮死状態でも『自意識』が認知として成立しとるやん、これをどう説明してくれとんの?言うたら脳死してはってもどこかに『自意識』宿るとかあり得るってことにならへんの?」

●我々が『自意識』の座として理解している、前頭葉が爆睡中なのに何故夢の世界に『自意識』が存在できるのかってのは謎ち言えば謎だわね。
「その観察者は誰だ?」
その答えは
■「それを見ている自分も記憶の一部なのだ」ってことなんだろうけどさ(笑
さーそうなると、おかしな夢を見るので有名な俺が登場しますよ、
(続きものの夢を数年に渡り見る→season4ナントカ編とかなりながら継続する夢←あたかもその世界でも時系列に従い物語が進行している)
 ↓
ええ、時々夢の現実の境目がつかず、
「困ったどうしよう」と目が覚めて暫く(夢だと思っておらず)あれこれ考える中で、
「あっ、このネタ夢の世界の仕事だった、、、はーよかった」
ええっと、このような現象が何度もあるのでございますが、、、
(その場では夢でよかったで終わるんだが、また夢でその続きが始まれば、結局その問題なり仕事なりをそこの世界で解決しなくちゃいけないので、逃げられない場合もある《ファンタジー世界のご都合主義の範囲だけどね》、、、)

ある時、夢の世界で原稿書いておりまして、
その世界では『共同幻想』の概念が別の呼称になっており、、(あーチクショー思い出せない)その世界ではすっごく「なるほどそうか」とわかっていて、何度も確認とかしてんだけど、
起きて考えているんだが、夢の中で考えているんだがよくわからない時がある。
 ↑
「この夢の世界の観察者は誰だ?(ここに出てくる自分も記憶の一部だろうか)」

→続きを読む

posted by kagewari at 23:16 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

宗教と心理学(或いは実存主義、はたまたパスカルの賭け)


最近歴史解説動画で紹介している茂木さん(塾の講師だけれど実質歴史評論家)の動画で彼は盛んに歴史を読むうえで、或いは社会を読む上で宗教抜きに語れないと(特に古文書や神話は宗教がらみだし)そんな場面が頻繁に登場しますが、
この宗教が世の中にこれだけ種類が多く存在している時点で、どれが正しいのかって論議もあまり意味を持たないってのは小学生でもわかる話でしょう。
同時に、それでも尚信者の数ってことで言えば世界的規模になります。
(世俗化率も先進国では過半数を超えますが、途上国では3割行くだろうか。近代世界であれば世俗化=異端なんてことでもあったでしょう)

■改めて、あまり各宗教信者の方のえー心情を害さない範囲で
社会学・心理学的に『宗教』の役割や、社会学的変遷と「世俗化」ってものを考えてみよう。

発掘される古代遺跡からもシャマーニズムが予見される壁画が発見されたり、
人類ヒト科のルート的には傍流のネアンデルタール人遺跡にも墓や死を悼む行いがあった痕跡が発見されています。
「原始時代からの話」っちゅうことです

所謂寿命を全うすることも珍しい古代人にとって、生物の死そのものが現代より身近なものでしょうから、殊更死を恐れる事は無かったと思いますが、「殺される恐怖」は現代の数倍だったでしょう。
自身も殺人者となる場面も少なく無いでしょうし、
狩猟系集落で無くとも、家畜を締めて殺し食べる機会は必ずあった筈です。
(日本でもついこないだまで農村部では飼っているニワトリなどを、親に命じられ子供が締めて羽をむしるなんて風景は一本的な世界でした。)

事が自然災害などになれば、「超自然的何者かの怒りで罰として大量殺戮にあった」と考えても不思議ではありません。
●生贄を思いつくってのはそういうことかと、
(大災害は怖いので、定期的に死を税のように”献上する”)

■そんな世界に以下のような解釈というか知見がもたらされる
「かくかくしかじかのルールを守ると、寿命全うの可能性だけでなく、良い死が待っている(天国いけるかも)←この誰も知らない法則を私は知っている(勿論大災害を鎮めることや、その延長から病を治すこともできるだろう)」
 ↑
「思いつきなんだが、当時なりの”自然科学のつもり”アプローチ」ですよ、

”漠然とした不安”は(抽象概念を原因とする『興奮』の一種であるため)天井知らずにエスカレートしますので、少なくとも
”計測・計量可能な恐怖”に変換したい
(具体的『恐怖』であれば、対応策を考える事もできる)
●「わからないこと」ってのは放置できんのです(不安という計量不能な心理になるから)


<<<<ここまで読んでいただければわかるとおり>>>>

「文明化・科学の発達」と「宗教的知見」には代替関係というか相克関係というか、
こっちが深まるとあっちが薄まる関係にあります。
ワイルド時代の元祖自然科学が「宗教的知見」だからです。
(「エクソシストや占い師VS医師や科学者」の構図)
●実際学校制度の始まりは、宗教者により創設されます
(欧米のスコラしかし、日本の寺子屋しかり)

社会学の定説である、テンニースの社会進化論には”宗教がらみの何”は出てきませんが、
(ヤバいから避けたのかしらね)
「宗教的権威社会」は、文明の発達で自動的に「一部を自然科学に代替され世俗化」します。
(神秘的権威性が後退し、宗教は文化や習俗や哲学に変化する)

→続きを読む

posted by kagewari at 19:39 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

「無意識的・無自覚」って何か

PCといっしょです、
デスクトップ画面(ヒトで言えば前頭葉)で確認できる事項は限られている。
タスクマネージャー見ればわかるとおりで、バックグラウンド(ヒトで言えば無意識)に無数のソフトウェアなり制御関係のシステムが稼働しており、
随分乱暴なたとえになるけれど、

タスクマネージャーで「これイラね」とか固まったブラウザを強制終了する作業が、
心理学でいえば「バカか俺」
 ↑
うんでこの作業は、マシンの動作を観察しながら
「あーあーあーいつものアレがリソース食ってんじゃね?」とあたりをつけて判明する。
(残念な事にヒトは脳のタスクマネージャーを覗けないからねw)
●「癖というか、その端緒を補足し」←なんか難しいことみたいだけど誰でも日常やってます

1)「どうですかもう一杯っ!」
「いやいや、ほんと(コップを手で蓋をして)これ以上は私ダメなんで」
2)「もう一個食べちゃう?」
「ダメ、これ以上食べると帰り道で20キロ走ることになるからw」
 ↑
●なんていうのかな、上記のいずれも「バックグラウンドからの要求を『自意識』が(なんぞやの端緒を感じ取り)ストップさせてますよね?」
「そう思っちゃうからやってしまう」←では【無い】動作です
『自立的制御』とでも言えばいいかしら。
その主体は『自意識』であり、

だ と す す る と
『自意識』が後退乃至抑圧されているとどうなりますか?
「そう思っちゃうからやってしまう」←これを誰も止められなくなります
・醜形なんとかやら(関係する過食や拒食や)
・汚部屋がどうしたとか
・興奮を止められないとか
(逆にいえば集中力が保持できない:集中力のコアは?『自意識』マター)
・鬱であるとか(落ち込み系思っちゃうと止められない)
・清潔ナントカ症とか(嫌煙ファシストもこれ系かな)
・『被(こうむる)』受動形を止められないとか(=バックグラウンド暴走がむしろ主体化) 
・セキュリティーもガバガバなので「(占い宗教フェイクニュース他)煽り耐性が無い」


■まずもってさ、winでもそうなんだから、
人間の自我ロジックにあるバックグラウンドのプロセスなんて(半ば行き当たるばったりとかエピソード記憶に起因してとか)バグだらけなんです(誰もかれも「強迫心理」だらけ)。
いちおう、反省という「アップデート処理」の機能は実装しているけど、
せいぜいが、レジストリ(記憶を遡る)見てわかる範囲でしかない、
これは、熟練の(自分になってはや何年選手なんだから)経験で、
 ↓
「俺ってさ、こういうところがあんだよ」←だいたい左記のような管理になります。
 ↑
(※確かに大規模な反省作業に至るような新たなエピソード記憶の登場<大規模上書きアップデート>が全く無いとは言いません。←精神分析なんてそういう意味だから、)


ある意味俺が(当人は誰でもわかりやすく翻訳しているだけのつもりなんだが)『唯幻論』なり『エディプス・コンプレックス論』なりを、世俗的・実存主義などもからめて説明している手法は、
『自意識』全能主義的なさ、自分は『自意識』だけのことでしょ的見解の”否定”なんだわ。
(※ここ誤解している方少なく無いかもだけど、『自意識』万能主義の”否定”なのよん←俗に言う理性主義の否定でもいいよん。)
●俺が(当人は翻訳のつもりで)説明している『唯幻論』なり『エディプス・コンプレックス論』は、
『自意識』admin(Administrator)主義です
「管理者権限でログインしようぜ」って話なのさ、

更に、だ と す る と
ワケのわからないことになる現象は?
「マルチユーザーログインで(管理者権限も無く)バックグラウンドが放置されている状態」
 ↑
これが、「無意識的とか無自覚な人格」ってこと
(※都度場当たり的にユニークユーザ作成すれば多重人格になるのもわかるでしょ?)
 ↑
ある意味無間地獄の「承認欲求」ってのはだな、
適当に作った誰だかわからないアカウント名をだ、ネットワーク内で本アカウント(admin)だと承認させようって話でさ(できるわけないじゃん、そんな誰ともわからない匿名アカウントがセキュリティー通る筈が無い)、
承認のリクエストってのは、
「OSのバージョンは?機関ソフトウェアのバージョンは?マインボードのチップセットは何ですか?」
まず、これに答えられなければならない(自己紹介の事)。
その時に、
「〇〇だと思います、〇〇かもしれません、〇〇と聞いてます、、、、とかそう思っちゃうんです」
 ↑
リクエスト受けたネットワーク側(社会)としてもさ
「 はっ ? なんですの、 」って事になるでしょ
(※そのマルチアカウントを流石に”本人では無い”とは言わないけれど、本人が無自覚に作成した”仮想人格”の一種であるのは確かだよね:本人の一部しか代弁できない→ですからその人格の発言は「おおよそ本音とは言えない《本人確認ができない》」となるワケ)


■ちなみに『共同幻想』社会適応とは、
特定法人の排他的イントラネットに組み込まれることなので(インターネットには自由に接続できない)、
まず、その特定法人の正規構成員であることが条件であり、
同時に「好き勝手にインターネットに接続するなどの行為を放棄する」誓約書も必要。
機関サーバから共有で提供される〇〇に従い構成端末を運用し、
外部から勝手にソフトをインストールすることも許されない。
(※ゲームや、動画などのインセンティブも共有フォルダが独占的に提供する)

この特定法人は、他の特定法人と常に敵対関係にあり、
世界の覇権をめぐってめくるめく闘争している。

(言うまでも無く、野良のインターネット社会は《マスメディアにけるアンチネット世論同様に》、異端であり、愚劣な低位の存在として否定されてる。←ま、『単独者』社会のことなww)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 13:57 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

リクエスト関連(実月さん”無気力です”)

実月さん
>相談です。ここ半年ほど無気力が続いています。何をするのも面倒くさく、休日はずっと寝てばかりいます。寝過ぎて頭が痛くなるほどですが、それでも起き上がって何かする気になれず寝てしまいます。集中して何かしようとしてもすぐにだるくなってしまいます。特に大きな悩みがあるわけでもなく、原因もわからないのです。このまま何もできなくなってしまうのではないかと不安です。通院や投薬はしていません。とりとめのない内容で申し訳ありません。お忙しいところ恐縮ですが、助言を頂ければ幸いです。

■必ず何らかの悲観や忌避や自暴自棄的アイデアへの耽溺があります
「無気力とは=所謂『興奮』し過ぎで疲れ切っている放心状態のこと」だからです。
(怠け者過ぎて飢え死にする生物はおりませんので、生理現象としてそれはあり得ない)

記載された文章からターゲットを探すと、これでしょうね
 ↓
「面倒くさい」←←(推測になりますが、ほぼほぼ100%近い的中率だと思います)

一見なんのことない言葉だと思っているかも知れませんが、
いえいえ、とんでもない
めんどくさいとは「何かに比べてなになに以下じゃないか」という見解で、
(めんどくさい=その価値も無い=どういう価値があれば動機形成足るんだい?←裏コード的に”こうじゃないから嫌なんだ”が隠れます)

まさか、そのまんまの意味の、
ズボラで無頼過ぎて、トイレに行かずおむつで生活にチャレンジしているとかではありませんよね?
(だったらどこか面白がる要素無しにその動機形成はできませんから)
だとしたら、前述の説明のとおりです、
●「その価値も無い」的な抽象概念がまかりとおっている
●或いは、自分からそんな概念が流通することを放置している

もうちょい解説すると、
実月さんは「無気力過ぎて何もしていない」のでは【ありません】
「●●●●とか”その価値も無い”と、ふてくされて寝てばかりいる」というのが正しい、
(●●●●は具体的に明示されず、ぼかされている)
まあ、ふて寝ですよ、ふて寝、

要約すれば”ふてくされている”んです。
 ↑
そして何故、何にふてくされているのかって(伏字●●●●の部分)ところが妙に自覚できないのかって言えば、ネタバレしてしまうと、ふてくされていられなくなるからです。
(つまらない理由が、中二病の黒歴史並に恥ずかしいことだとかね、ネタバレするのもはばかられる内容だったりすると、無意識領域から表に出ないこともあります→阿吽の呼吸であえて言わないとかってあるでしょ?→これを自問自答の仕組みに入れ込むと、あえて自覚できないって構造もできちゃいますから。)
それが自覚されると、都合が悪いから自覚できないようになっとんのです、


■解決法としては、
以下のように定義し自分に思考の『枷』をハメちゃうんです
「何にふてくされてんの?」
「その価値もないってさ、どういう価値があれば動機形成足るんだい?」
 ↑
と、自分に問いかける(無自覚禁止の罠にハメる)

まずはそれからですね、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:18 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やるかやらんかわからないけど、てかできないと思われてる敵地攻撃能力

実はもうあんだよね、、、《終わり》
(潜水艦発射の対艦ミサイルあるんだけど、船舶にしか撃てないワケでは無いからな、、【ただ潜水艦は作戦中地上と通信ができないんだわ】)


さ、そんなことはともかく
■「日本式敵基地攻撃能力憲法9条モデル」→それは可能です
弾道ミサイルのブースト段階、乃至移動式のランチャーなどを破壊できればいんでしょ
言えば、ミサイル(乃至運搬手段)だけを破壊できればよい
 ↓
「驚くほど破壊力の少ないミサイルにしればよいのです」
人も殺せないって言うと極端だけれど、
ジュネーブ条約には「アンチマテリアルライフル」などというインチキありますね、
(実際は対人狙撃に用いられているんだが、ジュネーブ協定違反の可能性があるため名前だけ対物狙撃中と変えた。←あまり戦争法ご存じない方いるかもですが、小銃の弾頭も貫通銃創になるようになど残虐性を排したルールがあんのよ。歩兵は負傷させて戦闘能力奪えば十分で一撃で殺傷に至るような銃弾の使用を禁じられている。、、、まあだったら大砲は人に向けて撃たないの?って話だが、、)

ええっと、んなワケで「アンチマテリアルライフル」詐欺みたいな方法にすればよい。
敵基地攻撃能力とは呼ばず、
「敵”ミサイルだけ”破壊能力」と定義して、50口径の銃弾一発程度の破壊力とする。
現在技本が開発中の高速滑空弾やらを改造して「異様に小さい弾頭をピンポイントで」とかね。

(念のため自民党へのご意見にも送っておいたww)

レーザー使おうかとか、レールガンでってのも似た方向でできそうだよね。
「EMPで弾頭を爆発させない」のができるなら越したことはないけれど、
ちょっとそれは難しいのではなかろうか。


●なんでもアショア用のイージスシステムは
「契約しちゃっているので上物はどうしたって買うのかな」
元防衛大臣の小野寺さんが、
「なんならイージス艦に使うって手もある」とのことだから、あれも使い道はあるんでないの。
(小野寺さんはBSフジの番組で「海底油田などに使う海上基地にくっつけちゃうとかどうだろう」なんて話もしていた。)

憲法のからみもあって、
いろんな兵器に詐欺的名前付けさせたら日本は名人芸だからね(笑
なんかアイデアあるんだと思うぞ。
F15のJSI近代化改修でなんか追加する手もあるかもね←これは3年で初号機がくる
(護衛艦からMk45で撃つ超高速弾って方法も無いでは無いらしい)

いずれにしても今回のイージス・アショアの計画”一時”停止は、官邸も党に知らせることなく進めたようなので思惑あっての事だろうと思うぞ。
過去記事のここだよ
 ↓
この政権が「左翼も真っ青」な判断する時には”必ずなんらかの意図”があると見るべき




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:06 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0