2020年05月08日

ノーベル賞ISP教授の残念(心配)な話

何があったのでしょうねと、

この案件研究費の件で政府が一時ストップするって騒ぎの後、継続ってあったと思うのね。
(そこんとこの経緯はイマイチわからないんだけど官邸の補佐官が不倫の挙句暴走みたいなネタ記事があるだけで、これがまたおおよそ全部が全部信用できるような類の話にも思えない。何故ならISP教授が反論の記者会見を開いた後に研究費予算の継続があっさり決まったからだ。内閣官房はこの件で謝罪もしている「予算配分の相談に伺っただけなのですが、予算打ち切りの誤解を与えてしまった」的な、)

・前後して研究所の助教授が論文捏造事件とか(この時はIPS教授の辞任騒ぎも起きた)、
・非常勤職員がスパイ容疑で解雇事件とか、
・業界から「受賞研究に予算が集中し過ぎている」などの批判もあり、
官邸と関係ギクシャクしているところあったんだよね。
見方にもよるけど、アベガーにネタを提供している側面もあった。

(その意味では先日ニコ動で安倍首相との記者会見みたいな図式があったけど、これはどういう気持ちだったのだろう。ちなみに研究費予算は当初予定通り22年だかに満期で切れるという話。)

■この業界イロイロあるんだわ
「スタップ細胞ありまーす」彼女は無実説もあって
上司で残念なことに亡くなった教授も「こういう研究とかになると、代表の仕事はほとんどが金集めで実際の研究やっている暇は無い」なんて話もある。
(予算を取るために、スタップ細胞報道を意識的にフライングさせたのか?とかゴシップも様々←確かこの事件でもスパイ疑いの助手が登場したよね、)

●とにかく残念なのは
今回のコロナにおいてPCR検査がどうのこうのって、
普通の公開情報で(誰でもネットで調べればわかること)やればいいってものじゃないことは、医療関係者は勿論、一般素人でも知っていることだけれど、
(恥をしのんでというかさ)
そんなんお構い無しに、PCRガーと言い出した

うーん「そんなにお金が大変なのかな、、」
(或いは米国の動きを気にしているのか←彼がそう言っているみたいで、)
この件で、俺は「PCR検査がー」の裏に複数の利権話が動いていると確信したんだけど、
(このケースのアレは某楽〇なのかな、、、)


■いろんな意味で残念、、
お金が必要なのはわかるんだけど、日本文化の特性に「金が無くて追い込まれた時に何か発見する」みたいなものもあるじゃないですか。
(案外汲々としているところが大発明しちゃったり、十分な予算があるとこが失敗したり、)

流石に先日の首相出演番組はみていませんけど、
正直に一度腹割って話した方がいいのじゃないかしらね。
彼のためにも、日本の科学のためにも。
ここで無理して(バカでもわかる)PCRガーの間違いを先頭切って旗振るようなアレをさせてはいかんのじゃないかと思う。→ラサール某じゃないんだから、、
(旗振っても、政府の方針が変わらないことを彼は誰よりも知っているだろうに)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:20 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金正恩は〇んだのか?

「死んだ方にに20ペソ」

先日の記事お読みで無い方はこちら
サムネイルがふざけすぎだろ!
http://kagewari.seesaa.net/article/474884760.html


ジャーナリストの篠原常一郎氏の説を全面的に支持するワケではありませんが、
彼が非常に確度の高い情報ソースを持っていることは間違いない。
そこで、
先日の生きている姿報道の真偽は?って話ですが、
 ↑
誰が言ってたか忘れましたが、本人でも影武者でもどっちでもいんです。
【問題はそこじゃない】→理由はともかく「どうにでも妹を後継者としてまとめたい思惑がある」←ここが今回の話のコアだよ(今その理由《生きているのか死んでいるのか》を詮索しても大きな意味は無い)

●金正恩と思われる人物の隣に座っているのは(本来はNo2の座る位置)
(後継者として喧伝されている)妹、
これが前代未聞であることを北朝鮮専門家の朴斗鎮氏が語ってます
金正恩に身辺異常はなかったのか?
https://www.youtube.com/watch?v=fHOtE-UtqmY&t=540s


で、本来の現在No2は軍部の人間
(篠原情報的には、現在人民軍は中国寄り)
この点、李相哲教授が中朝国境付近に続々と戦車装甲車が集結する様子の現地で撮影された映像を紹介している。
(当時は死亡説根拠のひとつとされ、4月28日から警戒態勢に入っていた。北部戦区中心に解放軍は30万前後集結していたと言われている。)

※重要な情報としてどっかの外電でこの「(妹では無く)現在No2の軍人が後継者に決定」という観測記事が飛んでるんだわ。←【凄く怪しい】


さて、こっから推理だけれど、
この前後に中国は医師団を北朝鮮に派遣している(これはメディアが取材しており事実)
その流れから中国から「脳死かも」などの観測気球が上がった。
 ↑
これってさ、こういうことじゃないか?
 ↓
お抱えのフランス医師が12月か1月だかに入国していることも確定情報
中国は、北朝鮮に対するインテリジェンス情報からも「金正恩の安否確認ができなかった」
だから医師団派遣の形で、安否確認がしたかったのでしょうよ。
●その後観測気球情報のリークに至ったってことは、
医師団を派遣したが→安否確認できなかったのでしょ?
(それがわからないから、念のため解放軍を国境に集結させていたワケなんだから、、)

を、受けて、
「誰なんだお前と、妹とおぼしき人物がNo2のポジションに座る絵を出した」
(今回の生きてる報道)
 ↓
生きているか死んでいるのか?
そして後継者選定で国内の話はついているのか?
その状況(実は妹後継者でまとまっていない)を知られたくないって事でしょうよ。
(内部で権力闘争が始まっているなどの事情を知られたくない←だってもしこの状況で攻め込まれたら全く対応できないじゃん)
●この現在進行形の権力闘争に中国が介入してくることだけは避けたい

つまり、
「後継者を妹へって話は(動きの中心は情報部系:対米交渉派)、中国よりの軍部に反対されており、冗談じゃない金正恩は生きているってブラフをかけた」
狙いは時間稼ぎでしょう、
(その場に現在の本物No2呼べないよねww→「誰なんだだお前」になってしまう)


→続きを読む

posted by kagewari at 02:55 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0