2020年05月04日

人格、パーソナリティー、ペルソナ(ユングはやらんからな)とかあるけれど

「オオカミはウサギを狩るもの」とかさ、あるじゃん
人物としての素性のまたそれ以前の生物としての素性ってのが。
なんだか、人間の考えるご託には「レーゾンテートル」などに代表されるような、『自意識』の人としての僕みたいな部分を核というか、コアというか本質みたいに捉えがちだけれど、
(そら当事者にとってはそれでいんだけどさ)

たとえばペンギンを見る時に、
はたまた魚類全般の生存競争や進化のプロセスを見るときに、
パーソナリティ以前の主としての習性があって、またそれ以前に有性生殖生物の市場最適化原理というか仕組みがあるでしょ(そこの中間に個としての生存競争もあるけどさ)、
●そんな全体像としてのビヘイビアを考えるとさ、

個のプレーヤーとしてのパーソナリティーってのは、枝葉末節なんだよね
言うまでも無く、
「俺が誰」ってのはミクロであって、マクロには「人類ヒト科」ってカテゴリあるんだから、
(ミクロはマクロの枝葉末節のことでしょww)

「どうだっていいことだから、どうやってもいいのだよ」
 ↑
ここは哲学論争になっちゃうけどさ、
(別段進化を是としているワケでは無く、まーちょっと運命論的解釈としてさ)
それでも尚(マクロなビヘイビアに対してすら)『抗(あらがう)』のが『自意識』だとするなら、
●ぐるっと回って「レーゾンテートル」ってのは、

結果、何にも意味が無いのだろうという前提の中でも、
「俺が誰」って問いをあれこれ・ゴリゴリ考える様それ自体が(またぐるっと回って)種としのてレーゾンテートルに合致するでしょ(でなきゃ種に進化なんか起きないから→「無限に続く個と個のせめぎあいこそが進化の原理」なのだから)。

実存主義哲学における”不条理”論ってのは、
かといって全ての個が(意味が無い事無限大だと)それを断念するならば、種として終わっていると(進化の可能性というマクロの全否定)真っ逆さまにダウンしちゃうワケなのだよww
 ↓
だとすると、その反対は?(人類が種としてもテイクオフするじゃないけれども)
 ↓
■「当人の感覚的には、どう考えても全く意味の無い事に拘り考え続ける(『抗(あらがう)』)様」が、【最強伝説】なのさ(笑
 ↑↑↑
このアホみたいな禅問答の答えが、
「不条理こそが、自己の実存証明である」って筋立てになるのであって
(文学的には神がやれどうこうとかでめんどくさいから、そこは生物学的合理性に置き換えるのが中立的でわかりやすいかなと、)

岸田『唯幻論』心理学的にはさ、
所詮『自意識』が観測している世界はVRなんだし、
「この世にどうでもよくないことなどない」から
「どうだっていいでは【無く】」→「どうであってもいいから【命賭けて選べ】」に転じるワケで、
その様子はいずれかの方角なりを正解みたいに指し示すものでは”無い”ので、
 ↑
この動作の様子を客観的に『抗(あらがう)』と表現しているワケだけれど
(『抗(あらがう)』って言葉は単なる独自の説明方便)

現実を舞台にたえれば
『抗(あらがう)』を”踊る”と置き換えてもいいのね、
うんでさ、
「その時にどんな踊りをっ!」って部分がパーソナリティーなり人格って事なんだが、
(ここでユング心理学的発想は完全排除でおながいしまふ)
マクロで言えばさ「枝葉末節でどうでもいいこと」だよね、
(文化人類学ならどこぞの土人がキテレツな踊りを踊っている程度の意味)
しかし、それ当事者(ミクロ)にとっては命賭けで一番大事なことなのさ、
 ↑
<ここ経済学と全く同じだからな>

→続きを読む

posted by kagewari at 19:52 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

緊急事態宣言の解除方法が色んな意味でアレになるだろう

奇しくも小池知事が言いっちゃってますが
(あれこれ官僚からダメが出ていた岩盤だがこの機に乗じて一気に9月入学制を押し込んだろか)
普段できなかったことが、
合理性を最優先とする緊急事態宣言(四の五のいっていられない)により「これまで懸案事項であったものまで」大きく踏み出す結果となる。

■まず解除の流れはこんな感じになると思う 「適当に予測してみよう」
・学校の解禁(これは前述の9月入学制論議でちょっと流動的)
・小規模飲食業他店舗の解禁(営業時間は夜21時ぐらいまで)
・屋外行楽の解禁(公園や海、遊園地など)


●第二段階:実質的にはここでほぼ解禁(全国レベルで新規患者数二桁に)
・大手法人含む7割削減要請の解除
(現状でも生産性向上などが確認されている可能な範囲での自宅SOHOについては”継続”)
・夜の接客業の再開
・小規模飲食業他店舗の営業時間規制解除
・越境含む移動・旅行の解禁(旅行助成金GO)


●第三段階(ワクチン開発に向け、持続的対策)
(※本感染症は世界的に根絶とはならないのだから一部のリスク回避は特にオリンピックを控える日本の場合《海外からの渡航者》半ば恒久的なリスク管理となる)
「というか以降は今度も平時目標として固定化」
 ↓
・自宅SOHOが可能な法人は全力でテレワークを維持(働き方改革の一環とする)
・全ての飲食業は席が混雑しない配慮を(密集集客の禁止:ソーシャルディスタンスってのは普遍的な社会リスクの管理項目として定着)
・タクシーの流通業兼業の継続も論議の対象に→「宅配兼業タクシー制度」
・置き配制も大規模に拡大


▲派生的に起きる事
・オフィース街の人口が大幅減少したままとなるため(自宅SOHO可能な限り恒久的継続)
いずれにしてもこの商圏をあてにしている飲食業が次々廃業(特にFC系)→乃至業態の転換
・飲食業における賃貸契約時の保証金が増額(自転車操業は審査NG)
・反対に、小規模で人を使わないミニマル飲食は拡大(移動店舗も規制緩和:自宅SOHO拡大で住宅街など商圏が拡散するため)←この業態は実は財務が強い(ノーコストであるため)
・政府は10万円支給により、世帯と口座番号の紐付けをゲットするため
【経済政策(需要政策)として、所得の直接支給が選択肢として確立】
・「置き配専用自動運転車両の開発始まる」
・TVCM広告の減額も定着(民放の経営悪化)

けっこう大きな変化になるんじゃネーか?
『共同幻想』壊れる方角に、
(俺が昔試案で記事に書いたベーシックインカムのモデルも世帯単位だったからな、そこの読みもあたってたかなと思う。←てかあたるもクソも米国なので税金の給付付き還付制度を参考にしているからなんだがww)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 05:00 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

サムネイルがふざけすぎだろ!

ニュース動画は再生しなくてもいいですからね
サムネ画像造ったやつ、これ確信犯だろww




 え、誰?



 ↑
特にテレ東ーーー!!


(左から三番目は立憲民主の陳さんですよね?)




動画自体削除されるかもだから「サムネイル画像だけ」保存しとこ
最初の動画サムネイル
tigaudaro01.jpg


テレ東サムネイル
tigaudaro02.jpg





posted by kagewari at 20:30 | 「気になる」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

政権の「観測気球論」は少し違うと思う(説得法逐次投入論も)

経済評論家の上念氏は「観測気球論」を言い、
BSフジプライムニュースでお馴染みの日大危機管理学教授は「説得法による結果論としての戦力の逐次投入になっている」と説明していますが、

(ええ、安倍政権が「お肉券といってみたり、30万円から一律10万円だったり」「緊急事態発令を都や医師会からも遅いと言われるまで待って踏み込んだり」などなどの一件なし崩しにみえる状態のこと。)

■私は一度岸田政調会長に任せてからの、菅さん激高(二階、公明ルートで)一律10万円への転換すら、プロレスだと思っています。
 ↑
多分上念氏は「この緊急事態に財務省相手に一芝居打つ暇があるのか」的な批判もあるのでしょう、

■政権の緊急事態宣言が1週遅れた(一部には都の対応も1週遅れた説もある)という指摘も、
十分DATAを見据えたものだと思います。
※この件ではジャーナリストの須田氏が「専門家会議内の対立」を挙げていますが、それも違うのではないかと思います。

■<まず一点目>
・実はこの騒ぎの渦中で上念氏は櫻井よしこ氏との対談番組に出ており(彼はスポーツジム経営者でもあることから)、まー事実上自分の会社経営から「消費税の中間納税とかどうなっているんだ」力説するワケですが、この話は番組後に元産経キャップ黒シャツ評論家から官邸の耳に入り、
「即座に対応されている」
 ↑
意味わかりますよね、即座に対応されているんです(財務省マターが)
加えて、世帯30万なのか一律10万円なのかの政策転換の際、転換後に岸田氏は当初自民案が通ってよかったと(苦し紛れ説もありつつも)これを評価しており、
岸田氏のポジションとしてあーなったという事情があったのでは無いか(まさか政調会長を飛ばして官房長官が最初から指揮するのもオカシイ)、
※重要な事ですが一律10万円案が凄いみたいな言われ方してますが、いずれの案にも消費税減税は含まれておらず、財務省から見れば「どちらでもどうぞ」だった側面もある。
 ↑
私はこの動きを(政界にもいろいろ事情ありますから)財務省ポジションの政治家を守るためのプロレスだったのだろうと思います。
(※勿論安倍叩きをしたいメディアは首相の決断が二転したことに批判を集中させます=どのメディアも岸田さんをひとことも批判していない。)
 ↑
●そして国会対策です(10万円一律支給とか言っていた野党は)
この転換で表立って反対できなくなった→この結果国民への10万円支給が最速となる。
注:この動きは日本政府として「異例の早さ」だった


■<次に緊急事態宣言の件>
・須田情報によれば、海外からの欧米株第二波拡大をどう認識するのかで専門家会議が割れ、まだクラスターでいけるとの判断ミスが対応を遅らせたとの情報ですが、
「はたしそうでしょうか」
あの感染上昇カーブがそれまでと(3月で収束しかけていた流れ)大きく違うことは小学生の目にも明らかです。
「クラスターで追えるかなと思った」的な情報はフェイクじゃないのかなと、
(須田氏は同時期に同じ専門家会議からの内部情報で「これが帰国者による欧米株第二波であること」も報じているんです。)
※政権は当然思った筈です「イタリアで大きな被害を出している欧米株第二波が拡大しています」なんこの時言えばパニックが起きる。
(ワイドショーの報道状況見ていれば、メディアが何を煽るのか誰でも予測が付くでしょう)

結果として「都の対応は遅れた三連休拡大説」ってのもフェイクであったことが後からわかっています。
感染症センター論文でも第二波流行の要因は「海外、特に欧米からの帰国者」と報告されている。
 ↑
わかりますよね?三連休説は欧米株流行説をマスキングするためのフェイクだったのでしょう。
(首相が判断を躊躇していない証拠が→「学校の休校措置はほぼ独断で決めている」←ですよ)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:49 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0