2020年04月25日

コロナ後、米中で起きそうな揉め事

米国議会が大統領より反中なのはみなさんご存じのとおり、
この点、左派民主党ですらそうですから、ガチ、
そして今回のコロナ騒動で頻繁に目につくのは何?
WHO批判で「感染初期の台湾の報告を無視した」ですよね
事あるごとに台湾が話題にのぼり、
下手踏んでテドロスが台湾にイジメられたと謎の弁解をして(これケツ持ちの中国にこっぴどく叱られたと思うよ)、それが「国連機関が台湾を独立国扱いしてるぞww」なるブラックジョークとなった。

■重要なとこですが、米国は既に台湾カードを切る腹決めてる

現在台湾の政権は(素性としては本来左派なんですよ)蔡英文政権であり、
対中独立派ですが、国民党(外省人)の現在は親中ですから(これもまた変な話なんだけど)政権交代でどうなっちゃうのかわからない不安もあります。
加えて台湾政界のフィクサーは『青幇(ちんぱん)』と呼ばれる華僑って〜か(戦前から非合法なこともなんでもやる→北朝鮮に電子機器を輸出しているのも彼らだと言われる)武器商人ってか犯罪結社とも言われている組織です。
 ↑
戦後日本考えれば「あり得るかな」と想像つく方いるかもですが、
GHQが日本に検察特捜部を残したのは帝国軍や財閥の隠し資産がどうこうなんて名目になってますが、ま、あれです(ロッキード事件の児玉 誉士夫じゃないけれど)フィクサーとも言われる軍閥や財閥などを逮捕し自由に日本の政治を牛耳るためです。

●つまり、FBIあたりが出張って『青幇(ちんぱん)』系の大物を逮捕起訴でもしたら本気かな?
(表面的には政治疑獄事件みたいなノリで)
彼らの存在に米軍はかなり困っているようで(これがまた台湾軍ってのが案外親中だったりする)、中国けん制するためにF16戦闘機の最新バージョン輸出を決めましたが、
間違ってもF35は情報流出が怖くて売れないのですよ、、
(何故F16ならOKって、そりゃ中国はイスラエルのF16ライセンス生産のラビを購入もしていた筈だし、それをベースにコピー戦闘機を生産もしているからです→J-10戦闘機:『殲撃10』)


<えーそんなこんなで台湾が反中で固まり、米軍支援も遠慮なしにできるようになったとする>

・米陸軍は韓国から撤退(事実上の同盟解消)
・中韓空軍を台湾に移設(事実上の米台軍事同盟)
そこで大きな論議となるのは?
「米国が台湾に中距離核兵器を配備するか否か」です
 ↑
こりゃ中国にとっての”キューバ危機”になる

(※仮にこの時日本の政権がへっぴり腰で《マスコミも小躍りしてやれ第三次世界大戦だ核戦争だと騒ぐでしょうから》、米国に「中国を過度に刺激しないよう」などと外交すれば「だったら日本に配備するけどいいのか?」と返されるでしょうよ、)

この論議はそう遠くない未来に起こる可能性あると思う

→続きを読む

posted by kagewari at 17:52 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

民主主義のなんたるかを考えさせてくれるネタ


米各地で外出制限に抗議デモ、ミシガンではトランプ氏支持の右派集結
https://www.afpbb.com/articles/-/3279085?pid=22306738

(表示される画像の5番を見て欲しい)
(一部引用)
ミシガン州の州都ランシング(Lansing)には、民主党のグレッチェン・ホイットマー(Gretchen Whitmer)州知事が発令した厳しい外出制限に反発する約3000人が集結した。デモの参加者の一部は武器を携帯していた。

「グリッドロック作戦(Operation Gridlock)」と名付けられたこの抗議デモを主催したのは、「過度な隔離措置に反対するミシガン市民(Michiganers Against Excessive Quarantine)」と名乗る、複数の右派組織からなるグループ。デモ隊は「私たちは働きたい」「ロックダウンを解除しろ」といった標語を掲げ、ホイットマー氏をナチス・ドイツ(Nazis)の独裁者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)になぞらえた参加者もいた。

また多くの参加者がトランプ氏への支持を示すために、「アメリカを再び偉大に(Make America Great Again)」という前回大統領選での同氏のスローガンが書かれた共和党カラーの赤い帽子をかぶり、今年行われる次期大統領選のための「トランプ2020(Trump 2020)」と書かれた旗を振っていた。この抗議行動によって、ミシガン州議事堂の周囲では大規模な渋滞が起こった。

毎度のことだが言わせてもらいます
「俺はNRA(全米ライフル協会)の回し者じゃネーからな」

●民主主義の根幹は「殺るか殺られるか」です
そして米国憲法は「一列ランパン決裂シテ暴力ノ出ル幕ダ」となった時に、市民の革命権として銃を持ち放棄する権利を事実上認めてるワケです、
「最後はコイツで決着つけようなネーか」とね。
 ↑
意っとくけど、このやり方を俺が支持しているとか【そういうことじゃ無いからな】
またNRAがそれを奨励しているのでも”無い”
「その意図を汲んで考えてみればどうなるのかって話」
 ↓
その考えは自分の命張れる信念なのか?という問いかけだよ、
(自分の意見を言うってことは、銃を持って戦う覚悟持ってやることだ)
 ↑
この辺、米国は独立戦争から南北戦争まで建国の理念ってのがさ「力で勝ち取ったもの」でしょ、
アメリカって国は鉄火場否定したら、愛国心も成り立たないから。

「何が正義なのか(んなもん神でも無い人間にわかるわけがないのだから)勝負して決着つけようぜ」
(とか言ってながら福音派だから総じてキリスト教右派なんだけどさww)
仏教哲学とは違った意味で
「人間ごときに、何がいいとか悪いとかわかるわけが無いでしょ」を身体でわかっている。
米国民にとって大統領選はスーパーボウルみたいなもんだから(最強のヒーローは誰か大会)。
その是非はともかくだ、尖った国に違いない(民主主義が国技:勿論格闘技)。

→続きを読む

posted by kagewari at 16:09 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

ちょっとだけコロナネタ

各段に患者数・重傷者数ともに減少傾向に入ってますが
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
(退院者も急激に増加してますね 注:東洋経済のDATAにもPCRの検査数に民間分は含まれていない←全体総数の2割前後は民間検査の状態なので記載DATAの1.2倍ぐらいが実数だと思われる)

■一番心配なのがPCRの誤判定です
(性能いい検査仕様の基準値が「全く症無作為に状の無い人1万人を検査すると誤判定で200人陽性となる」レベル→「母集団に有意な症状がある場合精度が上がる」)

これがまた最近中国製の検査キットに性能上の問題があった件報道が欧州からじゃんじゃん流れてきておりますから「検査の精度」ってものに個体差というか、(日本がおこなっているCTスキャンのスクリーニング含め)運用上の性能差もあるように思います。

●今日本が検査を増やそうとかなり本気なのは、
「米国大使館などが、検査母数が不安なので在留米国人に帰国要請」なんて話があるためで(いやいや帰国する方が100倍危ないだろう、、、)、
知的水準に微妙に問題のある欧米メディアのスタンスに違いが無かった場合、来年オリンピックもありますし(実際やるかやらないかは別として)、経済活動再開時にも「入出国で不都合が出る可能性」があり、
「仕方がないのでアリバイ工作的にPCR検査が必要なため」です
(確かに外来から検査の請求が多くなっているのも事実ですが)

ある意味、頭のネジがちょっとオカシイ左翼メディアも黙らせないといけないので、
PCRのアリバイ検査数稼ぎと、一定規模の抗体検査はほぼノルマ化してます。
(推定するとPCRは100万《現在13万》、抗体検査は1万前後のサンプル調査かな←政府の目標そのままで進めば6週前後でクリアすると思います)
現在日本全国で行われているPCR検査数は1日約1万(政府の目標は2万)


となると、日本でも多数の誤判定の後に院内感染で新型コロナに感染してしまうリスクを心配される方、少なく無いと思います。
その可能性が0とは言えませんが、
●岩手県HP、新型コロナウイルス感染症関連情報
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/iryou/covid19/index.html

これまでに実施した検査 全271件 全て「陰性」でした。(4月23日8時00分現在)
 ↑
これぐらいの精度はあるってことです

200人超える検査で誤判定は0
(この間岩手県では患者、重傷者は発見されていませんから正確であると言えるでしょう。少なくとも精度MAXの運用はできている。)

欧米などで起きたと推定される憂慮するほどの誤判定は無いかも知れません。
欧米の場合、検査場感染も疑われるのだが、、
(日本製検査キット自体も続々投入されていると思われます←生産情報的に)
 ↑
いずれにしても「PCR検査カウント稼ぎ」と連動するように、厚生省は「無症状、軽症者を問答無用でホテルへ」の方針を打ち出してますから、
仮に誤判定が出ても(ただの風邪)本物の感染者と接触することなくホテル隔離だけですから、
流石に欧米のようなことにはならないでしょう。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:23 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒乱と”無意識領域”の話

(誤解を招くといけないので最後の一行最初にも書いておく)
酔った時の荒れ方でその人の心理が占えるみたいな”話じゃない”ので勘違いしないでね。
(※4/23それでもまだ誤解を招きそうなので、中段一部追記編集と下段に追加解説)
記事中に出てくる「車のハンドルが微妙にズレているので、意識保ってないとあっちの方角に曲がっちゃうのと同じ」
そして「エピソード記憶とトラウマ論」
上記両者を『ゴルフのイップス』で考えるとわかりやすい
パットを大きく曲げて打ってしまった過去に影響され(常にその失敗した方向にパットがズレる感覚が発生)うっかりしていると「似たような失敗をあたかも自ら意識してやらかしたような現象が起きる」。

・俺はスポーツコーチではないが心理学的にその解決を示唆するなら
(”馬鹿か俺”技が有効なのだから)
「本当に間違った方向に曲がる角度がついているかもしれない」と考えるのは間違えで、
「バカな心配している(ほど暇じゃない)場合じゃない、スランプの今はただ真っ直ぐ狙え」のがベター
(※ゴルフというスポーツでイップスが起きやすいのは芝などを読んで予め”曲がりを予測してパットする”ことが日常化しているからかもしれない)
(※心理学一般に置き換えれば→「どうして(つい)もそう思ってしまう」という現象)


<ここから記事本文>
■『自意識』は抑圧され、本人にも無自覚な無意識における「強迫心理」がこのような影響を、、
 ↑
なーんて説明する時に、
「(そんな別人格のような)無意識など無い!」と思われる方もいるでしょうよ

「まるで人が違ったかのように」←なーんて現象は腐るほど世の中にあります
●その典型が酒乱

まー酒飲んで意識失って大暴れしている状態は、たとえるなら「悪い夢でも見てるようなもの」に等しいワケですが、その行動選択モジュールはどっからきたものですか?
「自分の脳」ですやん、

●また男性の場合、酒乱の典型的な暴れっぷりは?→「DV」
おもっいきり「強迫心理」マターですわな、

楽しい酒乱の一覧は?
「泣き上戸」「笑い上戸」「キス魔」「全裸魔」「酒乱DV男」と
「駅のホームに多発するピュークス(こ、、これは違うか、、)」
 ↑
一から十まで強迫がらみの快感代謝ですやん、
(鬱、躁、性欲、変態、DV)

なにか記憶に残らない時の反省文とかに
「きっと魔物がいるんです(魔が差した)」なんて言葉もあるけどさ、
それは「強迫心理」と同じ仕組みだっちゅうの。

<<<<重要なことなので言っておきますが>>>>>

酒で暴かれるのは、アルコールで無力化される神経に関わる”とこだけ”の話で(更にその部位は日常「抑圧されているとは”限らない”」ので「強迫心理」の実態を表すものでも【無い】)、
飲ませればその人の強迫心理が覗けるって事じゃネーからな。
(酒の勢いで《エスカレーション》、実態が編集や誇大化する場合もあるだろし)
近現代の心理学で試して現在ダメが押されてる催眠術程度の話で、
●今回の話は「『自意識』の無自覚なとこにも、
「行動選択モジュールみたいなオプションが個別に存在することで」あたかもそこに人格主体が存在するかのような行動なりができちゃってっでしょって証明までの話。


しかも「行動選択モジュールみたいなその存在を『自意識』は自覚できていない。
=同様のモジュールは脳に多数存在しているであろうから、「エピソード記憶とトラウマ論」のように無意識下のイメージが自我の動機形成に影響を与えうるって話。
 ↑
いやいや(酔っ払いの例で言えば)『自意識』が健全な日常には(行動企画は却下されるので)影響無いでしょって思うかもだが、
 ↓
よーーーく、考えてくれ、
それってさ、「車のハンドルが微妙にズレているので、意識保ってないとあっちの方角に曲がっちゃうのと同じでしょ」、
ご存じのとおり『自意識』マターは常に覚醒状態では”無い”(緊張感や集中力が全開状態を維持できる人はいない)、→それが【うっかりミス】の仕組だよね。
 ↓
●そこに加えてだ
疲労から『自意識』が弱っていたり、後退している場合とか、
ストレス過多によって『自意識』が処理能力超えてフリーズしているとか、
外的刺激に追われて(何かめんどくさい事情など)『自意識』がビジーだとか、
 ↑
この状況は「軽い酩酊状態に近い『自意識』覚醒レべル」って事になるのさ、

するとどうなる?
「途端に車はズレてる方向に曲がり出し、あっ!」ってな事が頻発する、
(ハンドルズレてるって部分をさ「認知の偏向ベクトル」に置き換えりゃ心理全般に何がおきるかわかるよね)
このズレの顕在化は更に新たな『自意識』のストレス要因となり、
 ↑
どう思う?当事者としての『自意識』としても「何が起きているのか(第三者の分析抜きには)もうわからなくなる場合もあるだろう(場合によってはパニック)」ってことさ。

→続きを読む

posted by kagewari at 06:12 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

リクエスト関連(たぬこさん”ファティーグ・ジャケット”)

たぬこさん
>ありがとうございます。服装が奇抜だとこいつヤバそうだから説教はやめようとなるかもですね(笑)
(今後は人との関わりは殆どないと思いますが、もし遭遇した場合)マウンティングする奴、人を陥れたがる人、幸せな人を妬む等の厄介なタイプも撃退できますか?他の人ように上手に掌の上で転がせられないからいつも標的にされるからそれを避けたいです。いつもTシャツにジーンズの格好だからだめなのかしら。。流行がなく(流行物買うと金がかかるし、流行遅れの服を捨てるのがもったいない)、動いたり、洗濯するのが楽なんです。



■まさか心理学講座的なネタでファッション論に及ぶとは思わなかったのですがww
(やはり記事リクは有意義であると再確認しました)

”ファッション”非常に重要です
(以降出てくる『共同幻想』『歩留り』『単独者』”再選択者”などについてはサイドバーの基本用語などから探して不明な用語は自分で中身確認しておいてください。)

『歩留り』は、『共同幻想』に紛れてナンボですから「象徴的に言えば迷彩服が必要ですね」
『共同幻想』オンザレールは「地域名産の特攻服」が決まってますよね
”保守系再選択者”は、「別名が the ユニフォーム(on duty)」みたいな世界なので、自らの意思で再選択した組織の制服を1oも乱れる事無く”着用”します
『単独者』は、「一体何故」な自由さが”そこはかとなく感じられる”個性が表現されていなければなりません(自由へ向かう『自意識』が no 『抑圧』状態の場合だから→【R-18指定します】→ムダ毛がボーボーのような個性化やその痕跡が見えるのは科学的・乃至自然現象としての個性化)

同時にそれはヘアースタイルにも適応されますよね

『歩留り』は、流行りのヘアースタイルを(知人には内緒で)すっげー高いヘアーサロンの腕利きに頼む
『共同幻想』は、「最近はパンチパーマだよね?」と言えば「だよね、そうだよね」のように集団変遷
”保守系再選択者”は、「床屋は週一です」ってぐらいにスタイルが決まっている
『単独者』は、「この髪形ってのは、、、」(所謂ボブであるとかモホークなど一般表現としての累計例が無いので)自分の髪形に固有名詞が無いので言語で説明できない


●たぬこさんは「洗濯などめんどくさいので云々」と触れていますが
 ↑
この認識がガチ「強迫心理」であり(今回の記事リクに登場する概念の中で最凶の病理性のある無意識下の「強迫」性とカウンターあてて理解しても”ちょうどいいぐらい”です)、
【もの凄く重要な事】ですから、以降をしっかり読んでください

「何故刑務所や、軍隊のファッションは強制された様式なのか?」

・仮に地域の不良を集めて以下の罰ゲームを条例で強制したとします
「衣類は洗濯の容易な、メリヤス下着にステテコ限定」
「髪形は一度丸刈りからのパンチパーマ」
「靴の着用を禁止し、便所サンダルの強制」
「A4サイズで指名住所を書いた札を首から下げること」
 ↑
暴動が起きると思いませんか?=『抗(あらがう)』=反抗=『自意識』の存在証明
(でも機能的には?洗濯も楽そうですよね→たぬこさんなら無条件でOKということになる)

たぬこさんは”うっかり”今の自分のスタイルに合理性があるんだと、
思っているんですよね(ところがあら不思議そこに『自意識』が中二病的にあーだなこーだなと考えあぐねた痕跡が”どこにもない”)、しかし、その概念は「夢遊病的無意識的結論」になってませんか?

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 15:20 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

地上波TVなどに顕著な「痴呆化洗脳『共同幻想』の手法」について

『共同幻想』論でお馴染みの「認知リミッター」のオプション機能に「痴呆化」ってのがある、
(もちの論仮説だけどさ、そう断言してもいいのじゃないかしらね)

●ちょっとそれがどういう流れでそれが行われるのか説明してみよう
 ↓
巷ではなーんとなく「あれ、インフレって何のことかしら?知らないと恥ずかしいことだから明日にでもネットか本屋さんで調べておきましょうね」なんて思う人口が100万人いたとする。
この人たちが夜のニュースを見て
人気のある美人キャスターなどが横に座るコメンテーターに
「あの経済学は難しくて、なかなかインフレって言われても何の事かよくわかりませんよね」と話を振ったとする。
 ↓
すると?おおよそ該当する世帯の80万ぐらいの食卓から
「そうよね〜、わからないわよね〜!!」元気よく「だよね、そうだよね」が聞こえる結果となる

この瞬間「インフレなる用語は”普通”知らなくてもいいことであり、間違っても自分で調べるなどめんどうなことしなくてもいい」という”概念”が80万に共有される。
最初はちょっと調べてみようかなと思っていた80万人が、自分をバカでいいと安堵する瞬間だ。


■この話が成立する条件は
・テーマとなる事項が”知るべきことなのかあやふやで未確定”(せいぜい不安に思う程度)
・人気のある美人キャスター=権威性の象徴(女性階級社会的に上位者イメージ)
・テーマとなる事項がその場であれこれ詳しく語った上で「解説お願いします」”では無く”
そもそも「なーんにも知らないのですが、どんなことでしょう」と識者に対する設問が”丸投げ”であること(依存的設問)
 ↑
<<<もうピーンときている人いると思うんだけど>>>


お茶の間の80万人は「確実にコメンテーター先生の難しい解説は一切耳に入りません」
不安の解消快感代謝は、美人キャスターの「わかりませんよね====!」で発生し、
「あら、そうよね〜、わからないわよね〜!!!!」で完結するため。

●この手法を使うと、メディアはかなり情報弱者を自由自在に操れる


どうなんでしょう、
意識的に狙っての場合もあるだろうし、無意識の場合もあるだろうし、世田谷自然左翼特有の庶民への蔑視感もあるのでしょう←俺はこの手法「乱発されていると思う」


→続きを読む

posted by kagewari at 14:46 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

右派メディアへの期待というかアレちょこっと補足

昨今期待も大きかった右派メディアの一部が「反安倍」みたいなことになった背景と、
どこでヘマしたのかの具体例を挙げておこう
(ま〜反省会的に誰か読んでくれるかも知れないからねww)

■保守系右派メディアの初動の失敗「第一段階」
中国って聞こえると条件反射でビクッと怒りのスイッチが入ってしまうものだから、
当初「中国の感染症」と聞いてまたやらかしたのかと彼らは思い、
(実はね昨年夏前後だったかにも中国の高山地方で特有の感染症も出たんよ)
期待感もあって”トンデモに被害者が出たら面白そうだ”と認識した

■反安倍になってしまった背景事情「前段階」
とにかく習近平の国賓訪日が嫌で
(習近平は米国にも過去国賓訪米しているので、日本が国賓にはできないとかパワーバランス的に言える立場に無いのにさ:ほらトランプが近平にケーキ出しだしながら「ミサイル撃っちゃった」とやった時のアレ)
首相に国賓だけはストップするべきと懇願していた
彼らは首相が「官邸で力を持つという経産省やら、はたまた経済団体やら、二階さんやらの圧力と理解していた」←まずこれが【間違い】
・訪日の要請は米国の圧力でちょっとヤバくなってる北京政府が裏から日本にお願いしたもので、
来るとなればそりゃ(米国での国賓前例があるので)慣例上「国賓で」と、
その代わりここがあーですよ、そこがあーですよと(中国の弱みに付け込んだ)交渉が始まり、そこを契機に中国からいろいろ譲歩を引き出せるかもって狙いもあって進めたものです。
 ↓
コロナ感染症拡大時に「何かやたらと北京政府が親日的だった理由」
(政府が仮に中国に媚びていたとしたらむしろ中国は威圧的な発言をしていた筈)


●保守派の一部は「訪日するならウイグル問題をねじ込め」とか威勢のいいこと言いますが
それほどの大問題は宣戦布告でもしなけりゃ相手を強制できない政治マターです、
「国際世論でなんとか」←多分これが日本にできるベストですよね?
(そして自衛隊の増強→日本は軽空母開発からF3戦闘機の国内主体開発など着々とその手をうってます←これが一番効いてる筈、てか【ウイグルのためにも軍事増強こそが最優先政策】でしょ)
直接習近平に厳しく言え?は、言ってどうするの。
てか、どうなるの?
晩さん会で「あなた悪いですね〜」っていうとウイグル人が開放されるとでも?
(日本にはトランプみたいに、ケーキ片手に「悪の枢軸某国にミサイルぶち込んできましたよ」とかできないんだから)
 ↑
保守派の脳内で鳩ポッポを笑えないお花畑があったことになりますよ、これさ、
「あなたの留飲は下がるかもしれないけど(ウイグル人置いてきぼりか?)」
(自分が悪〜い奴をやっつける正義のポジションでいたい気持ちはわかるけどさ。冷静になれと、進撃の巨人じゃないけれど、世界は残酷なんですから。)
 ↑
前にも言ったことあるけど、
保守派の中でもガチ右翼の方の場合、やるべきことわかってますよね?
アフガンあたりから中古のAK買い付けてウイグルに武装組織を立ち上げることでしょ。
実際にそれができなくても、広告戦術としてさ、
・『AK47募金』をやってみるとかさ、方法はいくらでもあると思うんです。
「中国からウイグル人を守るためAKを送ろう」キャンペーン←なんかふるさと納税的なww

それがどうして「アベガー」になるん?

→続きを読む

posted by kagewari at 04:16 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

「ネット中心に拡大する右派メディアは既存メディアのオルタナになるだろうか?」

これがさ、”ちょっと難しい”んだわ、
今回のコロナ騒動でネットの右派メディアまで煽られて右往左往したのは残念でした、
(ちょっと中国絡むと『興奮』抑えられずに、左翼みたいにアベガーになるとかさ、、何やってんだか)
 ↑
思うにだね、一部の人は「あれ間違えたかな、、」とちょっと気が付いてると思うのね。
しかしさ、売国奴まで大騒ぎしてしまった都合上、にわかに元には戻れんよね。
ついこないだまで自分が批判していた野党とたしして変わらんじゃんってさ、
(間違えました言うにはかなりの勇気がいるんだと思う←”タニマチ”でもある単細胞右翼からも叩かれちゃうからね)

■彼らが共産党嫌いで反中だけは譲れないってのはわかる
わかるんだけども、
(元釣り人オザーファンとしては余計に思うんだが)
メディアの問題を阪神時代の野村監督パージ時代から憂慮してきた人間としてはさ(オザーさんの国策捜査の件もそうだったけど)、
『一拍置く』の忘れて即レス反射でギャーギャー騒ぐって段階でダメダメだろ。

安倍ちゃんの件で言えば
後から(誰のツィートだったか忘れたけど)「中国からの観光客は《感染初期から》実質ほぼほぼストップしている」だとかさ(中国当局の顔を立てたのは事実だけど)、
習近平の訪日は「裏から中国側が打診してきたもの」だとかさ、
後からネタバレしているものも少なく無いワケ、

流石の俺も右派ネット論壇の一部までが「布マスクでギャーギャー言うとは思わなかった」。
(これには激しくがっかりした)
左翼メディアのプロパガンダに瞬間湯沸かし器みたいにノリノリに煽られてんじゃん。
(どこがリアリストだってちゅうのよ)
期待の上念氏も麻生さんに切れすぎ(まあわかってやってるんだろうけど”落ち着け”と)


心理学的に言えば、
■とにかく事実認定の基本中の基本は『一拍置く』だから
「てか『一拍置いて』考えろや」
情報に対して速攻で反応しても(ストレス発散にはなるだろうけどさ)、
リアリズムとして得るもの何も無いですって。
とにかく冷静に、

思えば、
左翼メディアの商業主義も食い扶持だよね、
ネット右派論壇も(実はこの界隈食うのが凄く大変なんだよね)生活ってか食べていかないといけないからね(保守系の幸福のナントカと関係する程度なら”やむを得ない”とも思うけど)、
エキセントリックに目立っておけって←気持ちはわかるがそこ違うから。

<ちょっと話逸れるけど、こういうエキセントリックに目立ってとかシンクタンクにもある話>

ここもまた、期待している須田のオジキが(須田慎一郎氏)ちょっと勘違いしているんだけど、
米国のホプキンス大学だったかな、
既に何年も前に新型コロナなどの感染症シミュレーションをしていて、
この時「何十万人だか死ぬ死なないの大変な数字が」(だから欧米の危機感は強かったみたいな)そんな読み方しているんだけど、

シンクタンクに詳しい政治評論家に言わせれば(チャンネルくららによく出ている渡瀬裕哉氏)
「いやあ、シンクタンクの言う数字をうのみにしちゃいけんですよww、しょぼい数字出したって”誰も注目しない”じゃないですか(ちょっと煽り調で数字を盛るのはシンクタンクの性みたいなもの)」
なワケだよ、
ご多聞に盛れず、ホプキンス大だか?のシミュもそうだと思う。
(クラスター追跡班の西浦教授もしょっちゅう言うとこ極端でしょ←ちょっとファンタジー入ってるってか)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:12 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0