2020年03月08日

デマの買い占めと「だよね、そうだよね」(『共同幻想』論:ミニ)

SNSのデマ情報でやれトイレットペーパーが無くなっただの恥ずかしい報道もありましたが、
日本人の事ですからね、
本気でデマを信じた人は一部でしょう、
その多くは
「とち狂って買い占めにくるバカが在庫を空にするかもしれない」→それはマジ困る
 ↑
だったのではなかろうかと思います。
●デマをきっかけに、以降は実ネタで在庫が本当に消えた

何度も説明してきましたが、
SNSってのは欧米が(発明したと思い込んでいる)日本的『共同幻想』(世間様教)のRPGコミュニケーションソフトです。欧米人には新しいものでも、日本人には「正直ゲゲゲ」な代物で、
最初に飛びついたユーザが『共同幻想』崩れ(インチキ原理主義派)であろうことは説明するまでもありません。
(イジメの温床なんて言葉があるように、そらコアメンバーが崩れじゃそうなりますわな、、)

比較対数を占める『歩留まり』階層(実は嫌々周囲に合わせている偽装社会適応者:世俗派)
言うまでも無く「SNSの付き合いも嫌々です」
※最初は歓迎した欧米も、現在米国の某アンケート調査で「本音はSNSをやめたい6割」だったりするのが現状。


■『共同幻想』における合意形成や、共有概念の手法はすごくベタなもので、
「何々だよね〜(米国なら語尾の you know)」
「だよね〜、そうだよね(必殺オウム返し技で情報共有・共通化を図る)」
 ↑
もうわかりますよね?SNSで言えば「イイね」ですよ(笑
(それ見た時には苦笑いするしかなかったものですが)


「トイレットペーパーが無くなっちゃうんだって、」
「えーほんとー」
「急いで買いにいこうよ」
「だよね(そうだよね)」
 ↑
デマがリテラシーでストップ効かない理由は考えるまでも無く、
『共同幻想』の原則が”オウム返しの技”だからです。
(確認もクソも無い、追従するのが決まりですからww)


横目で見てる『歩留まり』階層は、『共同幻想』崩れのやりそうなことを誰よりもよく知ってますので(でなければ偽装して潜入できない)、
(ため息つきながら)「あーきっと”奴ら”ならやらかす」と読んで、
すっごく嫌な気持ちでドラッグストアに向かい、
トイレットペーパーのビニールにかけた指の重さの虚しいこと虚しいこと、、、

まあ、ほとんどそんな状況だったのだろうと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 08:06 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0