2020年02月11日

巨星、野村監督(あえて監督と呼びます)の死去


何十年前になるんでしょうね、ヤクルト阪神楽天と、随分楽しませてくれました。
ノムさんのおかげでこの期間はとても面白かったなぁ、
監督はそんな事意識していなかっただろうけれど、
『巨人』や『西武』という『共同幻想』権威・日本球界という体制に対してポンコツ『単独者』達を率いて立ち向かって行くその姿はカッコ良かったし、痛快でした。
(実際に阪神監督というひのき舞台に上り詰めた時には、《今でもこれは読売ナベツネ氏あたりの策動だと思っている》マスメディア・東京地検から潰しにかかるという図式を《これはその後のフジ日枝氏によるライブドア堀江氏パージの前哨戦だったと思う》目の当たりにさせてくれたことにも感謝している。)

それでもね、
(外野席が騒ぐ中でも)彼はめんどくさい陰謀論などに執着することも無く、
当時自分を攻撃したメディアも恨まずに、頼まれればこころよく解説者として登場し続けた。
彼のことだから「それだけ(脅威であると)先方も評価してくれてるんでしょうよ」と嘯いていただんろうと思います。

■権威・体制側じゃないから「面白いことができる」
ノーコンピッチャーが大好きで、足を使った攻撃も大好きで、フォースボークみたいなバカ作戦真面目にキャンプで練習し(一三塁の時に一塁ランナーがスタート失敗した演技でズッコケるスキにサードランナーがスタートする)、
槇原の敬遠は中途半端でバットが届きそうだから打っていいですか?という新庄にOKを出す(敬遠のボールを打ってタイムリーという前代未聞のゲームとなる)、
古くはヤクザ者江夏を抑えの切り札として起用(日本球界クローザーの始まり)
盗塁阻止の投手クイックモーション導入、
現代野球では常識となる数々の前衛的戦術を先取りし、
(元ネタはメジャーリーグかな、彼が配給を読むことを始めるきっかけは確かNYヤンキースかどこかの名選手の著作を読んだのがきっかけだったと思う。)

●常にゲームチェンジャーでした

彼の活躍で、どれほどの『単独者』が勇気付けられたか、
一ノムラファンとして、感謝しかありません。
近況から「そろそろかな」と思っていたけれど(正直彼はサッチー亡くなったら後を追うように亡くなるかと思ってましたから)、高津が監督になったり稲葉が代表監督になるまで存命で、
よっぽど大谷登場や日本に次々現れる160キロ投げる投手見てるのが楽しかったのでしょう。

ノムさんは(横にそれちゃった古田を例外にww)多くの後継者も残した、
ほぼその全てが『単独者』達で(阪神矢野監督は『歩留まり』系かな〜?)、
楽天GMの石井、ヤクルト監督高津、将来の監督候補宮本や土橋、ナベ直にしても(山崎は監督タイプではないわな)、いつか池山広沢にもそんな機会あるでしょ。
弟子なんてのは柄じゃない『単独者』らしからぬ偉大な野球人でした。
(同時に存在した「野球人としての確信犯再選択者」の側面がそうさせたのかな)

敵が強ければ強いほど
自分のチームが弱ければ弱いほど、
(個人の能力ではなく「組織」対『単独者』の相対強者論を信じて)
「不敵にニヤニヤしながら(面白くなってきたぜと)敢然と戦いを挑む」


わかる人はわかると思うけど、
「願わくば、あの時もう一年楽天の監督やらせてあげたかった」
(今でも俺が野球の楽天は応援してもECサイトの楽天嫌いの理由ですww)
ご冥福をお祈りいたします




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:『単独者』
posted by kagewari at 15:54 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(ももちさん”マスゲームでは無いよ”)


ももちさん
>ありがとうございます仰ることは分かるのですが、羨ましさは出てくるので。
>羨ましくなるたびに「友人と遊びたいとか恋愛したいというのは北朝鮮のマスゲームやアリラン祭に参加したいと思ってるのと一緒だ。それらを楽しみたいと思ってるようなものだ」と言い聞かせてる
この方法は間違ってるのでしょうか?
他の子達が恋人や友人と遊んでる姿が北朝鮮のアリラン祭やマスゲームにいる人達にも見えることもあります。


■羨ましいって発想のネタバレをイメージできていないと妄想は消えません
(元ネタはマスゲームではありません←そう見える件は後述)
子供時代の「ありもしない幸せ家族の妄想」が元ネタです、
更に言えば、それは子供特有の想像で(実はそんな都合のいい家族は世界のどこにもいない)、過剰に美化されたサンタクロースが実存する世界みたいな”現実との乖離”がある。

「僕も欲しい、皆持っているのに!(厳密に言えば皆は嘘)」
 ↑↓
と同じ原理で(実際にはそんな人いないのに)
「皆が友人や恋人と幸せそうにしている(という空想:統計的にはネガティブだからね)」を理由にして癇癪起こしているんですよ(ガキがキーっとなっている様が、羨ましい気持ちだと錯覚している)。

●マスゲームのイメージは、
家幻想の実像が「独裁者みたいなものが率いる全体主義」なイメージがあったからじゃないですか?
(連想はランダムなものなので、必ずしも”であろう”的意味ではありませんが)

実像はマスゲームだけど、
僕の妄想は「僕も欲しい、皆が友人や恋人と幸せそうにしているのに!(統計的には嘘だけど)」
 ↑
のような構造かな?と思います。
「適応強迫」の元ネタは言うまでも無く”家幻想”だと(=子供時代の自我「ウチ以外の家族は皆仲が良くて幸せなのに!《子供特有の都合のいい勘違い:実はそんな家探す方が難しい》」→お前のせいだ!じゃなければ僕のせいだって言うのか!→誰のせいもクソも不仲な家族のどこに問題が?家族言うても赤の他人なんやから不仲とかどこにでもおるでってのが”落ち”←隠された問題の本質はそこじゃない)、

なんていうのかな”煽りに”乗れば乗るほど(裏山話に化けて)、本質的問題は隠蔽される。
「強迫心理」は自我防衛に成功=変われない
裏山話の心情は=「僕の「強迫心理」を守りたい」が同義であることを確認すべし、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:適応強迫
posted by kagewari at 15:47 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0