2020年01月21日

リクエスト関連(ニコニコニコルさん”嫉妬の続き”)


ニコニコニコルさん
>ありがとうございます。アドバイスして頂いたようにしてみます。大変面倒ですが。その子の家庭環境が原因で人間関係が上手くいかなかったり、恋愛や遊ぶ人がいないのでしょうね。僻みからその子が何かしでかすのではないかと怖いです。私達が楽しく過ごしてたり、彼氏がいるからって僻むのはやめてほしいです。自分や親の育て方が問題なのに私達に矛先を向けるのはお門違いも良いとこですよね。


そら違いますよ
経済学の概念で説明するほうがわかりいいでしょうかね、
大儲けしいる運送会社があるとします、その営業が可能なのは高速道路工事に従事したブルーヵラーの存在があってこそです。←このように全ての関係性の上にあなたの「所謂普通の人の生活」が乗っかっている訳で(あなたの先祖が歩いた道を誰が工事したとか知りませんよね?)、

紹介された、あなたの言うところの困った人も、そんな日本社会の一部を構成してきた世帯のひとつであり、何か自分にとって都合が悪いからと「出来の悪い世帯は迷惑だ」のような一元的な考え方は、仮にニコルさんが保守系政治思想だとしても判断間違ってます。
(更に経済学的に言えば、デフレ対策として不採算部門を倒産させて国外追放すると経済は健全化するとか←この発想間違いですから。デフレそのものの解決抜きに不採算部門をリストラ的に整理しても、更に景気が悪化するため、更に次の不採算部門をってな感じでタコの足を切ってなんとやらみたいな話になるだけです。不採算部門が”迷惑で悪い”のでは無く、市場のマネー流通が需要不足だってのがデフレの原因ですから。)

人間どこで生まれるのかなんてわかりませんので、
ニコルさんが困った誰子さんとして生まれてきた可能性だってあるワケで、

(その人と仲良くしましょうみたいな話とは全く違うことですが:別段嫌いな奴は嫌いなままでいいワケで)
●社会問題は社会問題として理解しなければ、肝心なところで間違うだけです(あなたと彼氏の人生選択も)。
本来マクロ的な問題意識で理解するべきところを、
ここが悪いんだねとかミクロ的に即断すれば(財務省のアホアホ政策じゃないですが)、
知らない間に自分の首絞める論理矛盾の罠に落ちることもありますからね、

(自分のためにも)判断は慎重に(”ご利用は計画的に”と同じイントネーションでどうぞ)、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:06 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時には『共同幻想』思想を代弁してみる


えーーちょっとパスカル的にいってみようかww
(これ半分冗談だからな、一種のレトリックであってそこ勘違いしないように)
得意の別人格をシミュレートしてガチ近代の『共同幻想』適応保守系人格になったつもりでお送りします(さてどうなることやら)、狙いは”崩れる前”の『共同幻想』社会を回顧してみようというものです。

タイトル
「プロ野球選手引退時の振舞いに宗教的『共同幻想』道徳と天国と地獄の実存を証明する」
 ↑
めんどくさい話に見えるでしょww
実際はごくごく簡単な話ですのでご安心を

■人間の自我は言うほど(件の臨床ナントカが言うほど)統合して”いません”
火事場のクソ力状態を記憶していないとか(無我夢中で覚えていない)、
犯罪者を担保してみたら「会社ではとっても温厚ないいひとで」だとか
悪辣なイジメっ子が自宅ではいい子だったり、
腰の低い営業さんが自宅では亭主関白だったり
 ↑
完全に自我統合してっか?
俺はそう”思わない”のですよ
(特にそれぞれ所属先で俗称《役名》を持つ、『共同幻想』では更に顕著となる→同時に彼らはコスプレイヤーでもあって→「ネクタイ巻くとスイッチ入る」みたいな)

そうそうその典型例に”女装趣味の人の変身願望”ってのがあるでしょ
これ自我が統合していたら楽しめませんよね?
別人になるから面白いのだろうから。

●ことほど左様に人間の自我が言うほど統合しておらず(記憶の継承も案外ずぼらだったりする)、あるキャラクターの再上映が無い事は「事実上の臨死体験に相当する」と考えらるんです。
(ウルトラマンに返信できないハヤタ隊員の姿は、ウルトラマンの死を暗韻として踏んでいる)

もうわかりました?
わかったでしょ
「退職鬱に代表される自分の一部が死に直面する事案」
劇場的にそれが極端に観察できるのが「プロ野球選手の引退」です。
●引退を前にやたらバタバタしたり、絶望的に思いつめたりする選手ってどういう人格なのか?←仮にその場に聖職者がいて、なるほどこれが死かと観察しているとする。
「(やけ酒飲んだり)バタバタする選手は死後《引退後》きっと地獄がまっているのだろう《現役選手を辞めたら何をしたらいいかすらわからない:無間地獄だ》」
これに対して、
いさぎよくという意味ではないが(ギリギリまで現役にこだわることもするが)、いざ引退を前に泰然自若な選手を観察して、
「引退を前にしてもおだやかに普通にしているということは、死後《引退後》きっと天国にゆかれるのだろう《引退後も野球に関われたらボール拾いでもうれしい他、引退で何かが終わる感覚は無い》」 ↑
違いは何よ?
「普段の行いや考え方《お金の使い方含めて》」だよね(笑
 ↓
これが『共同幻想』論における道徳倫理の論理だと思うのだよ。
「宗教道徳的にちゃんとしている人は天国に行けるが、ダメダメな奴は《どれほど現世での経歴や所得が立派でも》地獄行きだ」

はたしてこれ理論的根拠はしっかりしているんだよね(笑
(※想定に登場する普遍的道徳や倫理の概念が《幻想にすぎず》存在しない点を除けば)

→続きを読む

posted by kagewari at 13:38 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0